J:COM

【高校野球2017夏 西東京大会 チーム紹介】都立保谷高等学校

提供元:J:COM

お気に入り
  • facebook
  • twitter
  • google plus
  • LINE
番組紹介

西東京市住吉町にある都立保谷高等学校。

監督から見た今年のチームは、勢いが乗ると
面白いゲーム展開に運ぶことが出来るということです。

今大会の目標であるベスト8進出を目指し、
日々練習に励んでいます。

一戦一戦を大事にこなし 、後悔しない野球をすることを心がけて行きます。

シリーズ/関連動画

この動画には関連動画があります、他も見てみませんか?

高校野球2019夏 東東京大会 チーム紹介「正則高等学校」

正則のキーマンはキャプテンの松岡徹郎選手。 捕手として4番打者として攻守の要となっています。 チーム全体を把握している松岡キャプテンですが、 岸本監督いわくチャンスでのバッティングが課題とのこと。 この夏はチャンスで打って、チームを勝利に導けるか。

【高校野球2019夏 西東京大会 チーム紹介】早稲田大学高等学院

練馬区上石神井にある早稲田大学高等学院。 秋、春の大会と、投手力に課題がありましたがこの春、試合を作れる1年生投手が3人入り、投手力に厚みが生まれました。怪我をして投げられなかった友貞投手も復帰しチームの士気も高まります!念願の西東京を制覇して初の甲子園を目指します。

【高校野球2018夏 東東京大会 チーム紹介】都立戸山高等学校

明治21年創立の都立戸山高等学校。大会成績は2016年の夏の大会で3回戦進出以来不調が続いていますが、今年は、打撃力の高い選手が揃い、打ち勝てるチームとなっています。

高校野球2019夏 西東京大会 チーム紹介「國學院大學久我山高等学校」

過去5回の甲子園出場を果たしている國學院大學久我山高等学校野球部。 現在、66人の部員が所属し、大会に向け日々練習に励んでいます。 去年の夏の大会では、4回戦に進出。 また新チームになって、公式戦8勝2敗と勝率は8割!の勢いのあるチームです。 好成績の原動力は「チーム一丸となって総合力で勝つ」意識の高さ。 大会まではあと少し、甲子園を目指してさらに意識を高め練習に取り組みます。

【高校野球 2017夏 西東京大会チーム紹介】都立杉並高等学校

昭和28年に創部した都立杉並高等学校・野球部。 部員数は、現在マネージャーを含めて40人が所属しています。 杉並のモットーは、「球導夢限(きゅうどうむげん)」。高校野球に打ち込んできたことを 人生の宝に出来るよう、一人ひとりが目標を持って 日々、練習に取り組んでいます。 今年の目標は大きく、創部初のベスト16以上です。

【高校野球2017夏 東東京大会 チーム紹介】東京高等学校

多摩川の河川敷で練習に励む東京高校。 80人の部員が熱い戦いに向けて汗を流しています。 選手たちが特に大切にしているのが声。 常に大きな声をだし、仲間を、そして自分を奮い立たせます。 チームを率いる松下浩志監督が特に力を入れているのが守備。 打たせてとるタイプの投手が多いということで、 堅実守備が試合のカギを握ります。 去年の夏は初戦敗退。 その悔しさをバネに、今年は「下剋上 ゼロからの挑戦」というスローガンを掲げ挑みます。

編集チームおすすめ

激流と闘う乙女たち 栄光への軌跡

第44回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード グランプリ総務大臣賞に輝いた作品をどうぞご覧ください。

ランキング

【高校野球2017夏 東東京大会 チーム紹介】安田学園高等学校

安田学園高等学校野球部は創部89年。千葉県鎌ケ谷市にあるグランドで練習をしています。2013年には、春の選抜高校野球大会で甲子園に初出場を果たし、今年も2度目の甲子園を目指します。 走・攻・守の3拍子が揃った今年の安田学園。打線の主軸を担うのは、渡部賢也選手です。 また投手陣もエースの森航洋選手を中心に充実したメンバーで大会に挑みます。 マネージャーもおむすびを作って選手たちをバックアップしています。 安田学園野球部は「今日一日のこと」、この学校創始者 安田善次郎のことばをモットーに、全力でプレーしています。

【高校野球2017夏 東東京大会 チーム紹介】都立小山台高等学校

2014年に21世紀枠で甲子園出場。「全員野球」も重きに置いていて、レギュラー以外のメンバーもモチベーションを下げず、練習に励んでいる。

高校野球2019夏 東東京大会 チーム紹介(二松學舎大学附属高等学校)

平成最後の2年を連覇!そして令和最初の年も優勝し、三連覇! 二松学舎だけが挑める記録です。 そのプレッシャーを力に王者は挑戦者の気持ちで大会に挑みます。 三連覇を目指す戦い、初戦は甲子園出場がある修徳高校の可能性も!! いきなりの大勝負!!注目の一戦です。

【高校野球2017夏 東東京大会 チーム紹介】聖学院高等学校

員数19人とコンパクトながらチームのモットー「いつも喜び全てに感謝」を胸に、日々の練習に励む聖学院高等学校。素直で結束力が強く実力以上のプレーが期待できるチームです。この夏は声を出し続け少人数でも気おくれせず立ち向かい勝利を獲りにいきます。

島の成り立ち物語第1話

長崎県壱岐は玄界灘に浮かぶ小さな離島。その島の成り立ちを探る。島ではマンモスや淡水魚の化石などが発見されている。マンモスが海を渡ったのではなく、かつては島は大陸とつながっていたことが分かる。島の土台となっているのは勝本層と呼ばれる堆積岩。島にはいくつもの火山口があり、島の中央には東西に走る大断層がある。壱岐の「巨樹」、「名水」と紹介してきた島の自然シリーズ最終章。第一話は島の土台となる勝本層を見る。解説は山内正志さん、聞き手は井山裕貴さん。

あなたにおすすめ

夏の高校野球千葉大会 出場校紹介 佐倉西

7月10日に開幕する千葉大会に向けて、エリア内の主な出場校をダイジェストで紹介。選手・監督のインタビューや練習風景を交えながらチームの一球に込めた想いを総力取材!この夏に向けた球児たちの姿をお見逃し無く!

第100回全国高等学校野球選手権記念東千葉・西千葉大会 出場校紹介動画 県立犢橋高等学校

千葉県立犢橋高校野球部には一年生から三年生まで37人が所属。三年生の5人のメンバーが中心となってチームを盛り立てています。犢橋高校の目指す野球は、しっかり守ってチャンスがあれば点をしっかり取る野球です。全員野球で全力を尽くして部員一丸となって夏の大会に挑みます。

高校野球2019夏 東東京大会 チーム紹介「共栄学園高等学校」

葛飾区お花茶屋にある、共栄学園高等学校。部員数は現在82人。春の大会では悔しい思いをしましたが、その気持ちをバネに、日々練習に打ち込んでいます。 このチームをひっぱるのは、主将の杉山高道選手。お手本になるよう積極的に声を出し、チーム全体の士気を高めています。 監督とコーチと選手が同じ方向を向いて野球に取り組み、いいところも悪いとこもチーム全体で指摘をし合って練習を積んできた共栄学園。好投手との対戦を想定し、無駄な失点を防ぐ守備の連携、バントや足を絡めての得点など細かいプレーを強化して競り勝つ野球を目指します。

【高校野球2017夏 神奈川大会 チーム紹介】新城高等学校(川崎市中原区)

新城高等学校(川崎市中原区) スローガン・意気込み 応援してもらえるチームであること

高校野球2017夏 東東京大会 チーム紹介 開成高等学校

荒川区西日暮里の開成高校は、全国でも有数の進学校。その野球部が目指す野球は緻密な野球?? 今年の中心選手2人に選手同士でどんな選手か紹介していただきました。

ピックアップ

ちば♪うみ

屋久島おおぞら高等学校 映画研究部 制作作品 千葉といえばきれいな海!そしてその海の恩恵を受けあたたかい心を持った人たちが暮らしています。天気は悪くても、海は荒れていても、気持ちが沈んでいても、あたたかい心はそこにあります。

【高校野球2016夏 西東京大会 チーム紹介】都立小川高等学校

走塁や守備で主導権を取り、有意に試合を進めれば勝機があります。個々の力が劣る分、チームワークでこの夏1勝を目指します。

第101回全国高等学校野球選手権千葉大会 出場校紹介動画 県立我孫子東高校

我孫子市新々田にある県立我孫子東高校。 「志・誠・和」の校訓の下、高き理想で何事にも誠実に取り組み、周囲とのつながりを大事にする生徒の育成にチカラを入れています。 我孫子東高校野球部は現在56人で活動。 日々の厳しい練習の合間にはマネージャー特製のカレーライスで英気を養い、野球の技術力向上と身体づくりに励む毎日です。 また、オフシーズンには小学生向けの野球教室を開くなど地域との交流を深めることも大切にしながら活動を行っています。 今年のチームを引っ張るのは安本倭キャプテン。 サードを守る傍ら、チームの4番も務めるプレーヤーです。 去年、先輩たちがサヨナラ勝ちとサヨナラ負けを味わったことで、チームとしては、悔しさを晴らす大会になります。 ピッチャーは、左右2人のWエースで大会に臨みます。

ニュースウォーカー0113放送「須坂市消防出初式」

1月13日放送のSTVニュースウォーカーから、新春の恒例行事「須坂市消防出初式」を紹介します。今年は市内から632人が参加して、一年の無火災を祈念し、防災への想いを新たにしました。

福丸がゆく2017年8月7日放送 大阪市住之江区御崎

福丸がゆく2017年8月7日放送 大阪市住之江区御崎

第101回全国高等学校野球選手権 千葉大会 出場校紹介動画 千葉経済大学附属高校

千葉経済大学附属高校 野球部は、昭和30年に創部し、 今年で65年目を迎えました。 現在部員は、選手67人、マネージャー5人の総勢72人が所属しています。 「凌駕」を今年のスローガンに掲げ、他校を追い抜く事を目標に、 日々の練習に取り組んでいます。 一戦一戦全力で戦い、11年ぶりの甲子園出場を目指します。

STVニュースウォーカー0324「豊丘にオートキャンプ場オープン」

3月24日放送のSTVニュースウォーカーから、5月にオープンする須坂市豊丘のオートキャンプ場を紹介します。

J032 夢への翼

eiga worldcup2016 自由部門出品作品 明桜高等学校 明桜高校 放送部 冴木と枝先は昔のトラウマを乗り越えながら前に進んでいく作品になっています。時間が限られた中でも一生懸命作りました。

高校野球2019夏 西東京大会 チーム紹介「明治大学付属明治高校」

過去に春4回、夏3回の甲子園出場経験を持つ 調布市の明治大学付属明治高校。 現在は、マネージャーを含め41人の 部員が所属し府中市内にある 専用グラウンドを拠点に練習しています。 冬場の練習では 連日ウエイトトレーニングを行い 筋力アップを図ってきたという明大明治。 打線の破壊力は例年以上です。 夏の大会では 昭和20年代から30年代にかけて 輝かしい実績を残した明大明治野球部。 令和最初の夏、どんな戦いを見せるのでしょうか?

ほんでミーゴ 2019年10月3日

岩井・澤井の2人が県内のいろいろな場所を散策しながら、『ほんでミーゴ』を合言葉に皆さんに街のこと、人のことを根掘り葉掘り聞いちゃいます。今週は近鉄橿原神宮前駅周辺を散策しています。