J:COM

【高校野球2017夏 西東京大会 チーム紹介】都立農業高等学校

提供元:J:COM

お気に入り
  • facebook
  • twitter
  • google plus
  • LINE
番組紹介

府中市の都立農業高校と調布市の都立神代高校は、去年につづいて、連合チームで夏の大会に出場します。
野球部の部員は、両校であわせて15人。
特徴である機動力などを活かし、夏の大会のに挑みます。

シリーズ/関連動画

この動画には関連動画があります、他も見てみませんか?

【高校野球2019夏 西東京大会 チーム紹介】拓殖大学第一高等学校

武蔵村山市の拓殖大学第一高等学校野球部。現在、部員は74名。過去には西東京大会ベスト4の実績もあります。今年のチームの特徴は、積極性を意識した得点力の高い打線と全員で連動した堅実な守備力。チームスローガンは「百花繚乱」を掲げます。昨年果たせなかったベスト8入りを超え、神宮進出を目指します!

高校野球2019夏 東東京大会 チーム紹介「都立戸山高等学校」

都内トップクラスの学力を誇る都立戸山。 野球部には、34人の選手が所属し、 文武両道、勉強と野球を両立し練習に励んでいます。 考える野球がモットーであるこのチーム。 練習メニューは自分たちで考え、 気付いたことは口にすることで、 チームで成長しています。

【高校野球2016夏 西東京大会 チーム紹介】都立大泉高等学校

部員数は、マネージャーを含め13人と少ないですが、「一連托生」をモットーに、「全員野球」で勝利を目指します。

第101回全国高等学校野球選手権大会 千葉大会出場校紹介動画「県立市川東高校」

去年、初戦で涙をのんだ県立市川東高校。 今年は「3勝以上」を目標に守りからリズムを作る野球をテーマに掲げ、 チーム一丸となり練習に取り組んできました。

【高校野球2019夏 西東京大会 チーム紹介】都立府中高等学校

中庭にアカマツ林が連なる、府中市栄町にある府中高等学校。 部員が少ない為、日頃からノックを受けるときも全てのポジションで受けており、全員がユーティリティプレイヤーです。9人で挑むこの夏の大会は、強い相手でも気持ちでは負けません!

【高校野球2019夏 西東京大会 チーム紹介】明治大学付属中野八王子高等学校

一昨年の大会では、準々決勝、去年は4回戦に進出し、接戦に持ち込むも、粘り負けを喫することの多かった明大中野八王子高校。 接戦に打ち勝つ忍耐力を強化しようと、総勢71人の野球部員は部員同士が密に声を掛け合い一打、一投に気迫を込めてプレーする練習に取り組んでいます。これまで競り負けてきた悔しさを胸に秘め明大中野八王子高校はチームの結束力を武器に、今大会に挑みます。

編集チームおすすめ

激流と闘う乙女たち 栄光への軌跡

第44回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード グランプリ総務大臣賞に輝いた作品をどうぞご覧ください。

ランキング

高校野球2017夏 東東京大会 チーム紹介 日本大学豊山高等学校

文京区大塚の日大豊山は2000年、平成12年に東東京大会制覇! この2年間は準優勝、ベスト8とあと少しで甲子園でした。 2年前の準優勝を経験した1年生は今年最高学年。最後の夏の目標はもちろん甲子園です。 今年の中心選手に選手同士でどんな選手か紹介していただきました。

【高校野球2017夏 西東京大会 チーム紹介】都立清瀬高等学校

清瀬市松山にある『都立清瀬高校』 今年の野球部は1年生7人、2年生6人、3年生16人、マネージャー5人の合わせて32人。 強みは『チームワーク』。良いところも悪いところ言い合いながらここまでチームを作り上げてきました。 出塁したら確実に得点圏までランナーを進め 得点に結びつけます。 これまで築き上げた『チームワーク』を武器に 一丸となって清瀬高校野球部 ベスト8に向けてこの夏 全力で走り抜きます!

【高校野球 2017夏 西東京大会チーム紹介】國學院大學久我山高等学校

昭和20年に創部した國學院大學久我山高等学校野球部。 春・夏あわせて5回の甲子園出場経験をもつ都内屈指の強豪校です。 今年の久我山の武器は、守備力。失点を最小限に抑え 攻撃へのリズムをつくることで試合の主導権を握ります。

満天!ゆるりと下呂(12月放送)

日本三名泉の下呂温泉。ゆるりと心から温まる宿の紹介や旅人をおもてなす料理を毎月紹介します。下呂に来たら是非立ち寄って頂きたいオススメスポットも紹介します。

第101回全国高等学校野球選手権千葉大会 出場校紹介動画 県立沼南高柳高校

県立沼南高柳高校野球部は25人で構成、去年の夏は1回戦で松戸六実高校に敗退しました。 今年は「愛される野球部」をスローガンに掲げ、一人一人が足を生かしたプレーを心がけ1つでも多くの勝利をつかみます。 チームキャプテンはセンターの中村選手。とにかく足が速く、守備でも攻撃でも走力を生かしたプレーでチームを引っ張ります。 注目選手は3年生ピッチャーの川口選手。去年もレギュラーで出場し、ピッチャーに転向した今年の春以降、ぐんぐん力をつけ、エースとしての貫禄が出てきました。

あなたにおすすめ

第98回全国高等学校野球選手権長崎大会シード校紹介「長崎日大高校」

第98回全国高等学校野球選手権長崎大会シード校紹介「長崎日大高校」 【制作局:諫早ケーブルテレビ】

「高校球児の夏2016」(都立小松川高等学校)

文武両道を校訓に創設100年を迎えた都立小松川高等学校。野球部員はマネージャー3人を含む総勢32人。チームのモットーは「ワンプレーを大切に」。チームメンバーがお互いフォローし合い1球1プレーを大切にする気持ちを常に持ち、野球に取り組んでいます。一人一人が積み重ねてきた成果を、この夏、全力で出し切ります

【高校野球2019夏 西東京大会 チーム紹介】都立清瀬高等学校

清瀬市松山にある清瀬高等高校。 春の大会以降、「打って守り切るチーム」を目指して守備・打撃ともに練習を強化してきました。打撃力アップのため一日700回を目標にバットを振る選手たちへ監督も期待を寄せます

第101回全国高等学校野球選手権千葉大会 出場校紹介動画 県立松戸六実高校

松戸六実高校野球部は総勢45人。 今年のチームは例年に比べ攻守ともに欠点が少なく、特にどこからでも得点ができる打線がウリのチームです。 注目の選手は小園啓太選手。 攻撃ではクリーンナップ、守りではキャッチャーを務めるチームの中心選手です。 キャプテンを務めるのはサードを守る武川将孝選手。 チームを鼓舞するムードメーカー、そして打撃では先頭打者として チームを引っ張ります。 目指すは、去年、おととしを越える4回戦進出。 武川選手を中心に部員全員一丸となって夏の大会に挑みます。

【高校野球2019夏 西東京大会 チーム紹介】都立拝島高等学校

昭島市にある都立拝島高校。野球部は総勢22人と少ないながらも、集中して、日々の練習に取り組んでいます。野球部のモットーは「凡事徹底」。「返事」「あいさつ」「全力疾走」を大切にしています。勝利のために重ねてきた努力の日々。 拝島高校は「凡時徹底」を胸に夏の大会を迎えます。

ピックアップ

【高校野球2019夏 西東京大会 チーム紹介】都立府中工業高等学校

府中市若松町にある府中工業高等学校。 去年の夏は強豪「東海大菅生」に敗れ4回戦敗退。新チームになってからはキャッチボールや素振りなどの基礎練習を重視。春以降、その成果が練習試合などで見え始め、選手達も今大会には自信をのぞかせます。練習ではレギュラー以外の選手で紅白戦を度々実施。大会直前までチーム全体のレベルアップをはかります。

どーでもネタ百科 夏の未公開・総集編2017 前編

どうでもいいけど何か気になる・・・街にあふれるそんな話題を徹底取材!明日からすぐに使える「話のネタ」をご提供します。

福丸がゆく2019年3月4日放送 尼崎市大庄北

今回の「福丸がゆく」も、前回に引き続き大庄北を散策します。 実際に住んでいらっしゃる方が声をそろえて「住みやすいまち」と話す大庄北。 永らくこの地で営業なさっている種苗屋さんや、コミュニティの中心(?)と感じさせるほど賑わいのある立ち飲みやさんまで、大庄北をたっぷりお届けします。

レーシングスピリット 2015年8月号(鈴鹿8耐親子参戦 大内田親子)

鈴鹿8時間耐久ロードレースに親子で挑戦する、父・大内田実選手、息子・大内田拓選手に密着。2人の挑戦には思いがけないドラマの連続がありました。

福丸がゆく2017年7月10日放送 大阪市西成区鶴見橋

福丸がゆく2017年7月10日放送 大阪市西成区鶴見橋

海遊人

今月は高知県宿毛市で開催された「第1回宿毛チヌパラダイスカップ」に参戦した模様をお送りします。大会前日の華やかなセレモニーとは一転、当日は雨中の戦いとなりました。全国でも名だたるチヌの名手が集結するなか、素人やのっちは上位に食い込むことができるのか!?宿毛マッスルチヌとのガチンコ勝負!果たしてその結果は・・・?

ブラインド シンクロクラブ ~いつか白鳥になる~(ダイジェスト)

横浜ケーブルビジョン:制作 第43回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード コンペティション部門奨励賞 【番組概要】 2016年4月、視覚障がい者のみなさんが中心となったシンクロナイズドスイミングクラブが旭区にある神奈川県ライトセンターで立ち上がりました。 シンクロの醍醐味は振りをあわせること。メンバーが演技を成功させるためには音だけがたよりです。そんな状況の中、11月の発表の成功を信じ、練習を続けるメンバーの7か月間に迫りました。「もっと右」「向きが反対!」などプールに響く指導者の声に自分の感覚を磨いていくメンバー。少しずつ増えていく振付を習得しながら、高度な技にもチャレンジしていきます。すべての振付が完成したのはなんと「発表の1週間前」。不安を抱えながらも成功を信じ、本番直前まで練習を続けられました。そして迎えた本番・・。決してすべてがうまくいったわけではないけれど、メンバーの気持ちが一つになった瞬間、1羽の白鳥が飛び立つ姿が見えました。 【審査員コメント】 ユニークな題材。視覚障害を持つ主婦がシンクロに挑み発表会に向かう映像だが、軽やかに作られていて方が凝らない作品。さりげなく失明の心理、人生を描き、でも楽しんでいることを伝えていて、感情移入してしまった。発表会の成功を祈っていたが、フォーメーションなどあまり成功とは言えなかったかも知れないが、一羽の白鳥が飛び立つ姿が見えたというナレーション、皆頑張ったという感じですっと受け入れら、面白い作品だと思った。

目黒区動画ニュース(2016年5月31日更新)

目黒区内のイベントや取り組みなどをご紹介する 「目黒区動画ニュース」 5月15日・日曜日、 碑文谷公園で「ポニーまつり」が開かれました。 碑文谷公園は、 都会ではめずらしくポニーに乗ることができる公園で、 目黒区民の憩いの場となっています。 ここでは毎年1回、園内の馬や動物に親しんでもらおうと 「ポニーまつり」を開催しています。 多くの親子連れが参加し、 動物との触れ合いを楽しんだイベントの様子を是非ごらんください。

心霊クラブ

屋久島おおぞら高等学校 映画研究部 制作作品 “心霊クラブ”というチャットで心霊スポットに行くことになった5人組。最初は霊などいないと思っていたが、「あること」がきっかけに壊れていく人間関係。途方にくれる5人に更なる追い討ち。果たして5人の運命は?

カブトガニの物語

かえるが好き!いきものが好き!そして自然が大好き! かえる先生と歩くといろいろないきものたちの姿が見えてきます。 見つけたよ!かえる先生のいきもの交遊録。今回はカブトガニの物語。 名前や形からエビやカニの甲殻類と間違われるカブトガニですが、クモやサソリに近い仲間。環境に適応したからだで古代から生きつづけてきました。