イッツ・コミュニケーションズ(株)

【高校野球2017夏 東東京大会 チーム紹介】攻玉社高等学校

番組紹介

スローガンは「渾身の力をこめて」。今年の3年生は9人。中高一貫校で中学から6年間一緒に練習してきているので団結力が強く、仲もよい。

シリーズ/関連動画

この動画には関連動画があります、他も見てみませんか?

【高校野球2017夏 東東京大会 チーム紹介】都立小山台高等学校

2014年に21世紀枠で甲子園出場。「全員野球」も重きに置いていて、レギュラー以外のメンバーもモチベーションを下げず、練習に励んでいる。

【高校野球2017夏 東東京大会 チーム紹介】都立大崎高等学校

チームのモットーは「常に感謝の気持ちを忘れないこと」。創部4年目で、公式戦では一度も勝てていないので、まずは一勝を目標に頑張っています。

【高校野球2017夏 西東京大会 チーム紹介】都立小川高等学校

チームのスローガンは「機動力野球」。学年問わず仲がよく、それが長所でもあり、弱さでも。

【高校野球2017夏 東東京大会 チーム紹介】自由ヶ丘学園高等学校

基本的な練習で積み重ねた堅実な守備力。夏の大会ではまず1回戦を突破し、1つ1つ目の前のプレーに集中してコツコツと勝ち進んでいきたい。

【高校野球2017夏 神奈川大会 チーム紹介】森村学園高等部(横浜市緑区)

森村学園高等部(横浜市緑区) スローガン・意気込み「全員野球」

【高校野球2017夏 東東京大会 チーム紹介】東京学園高等学校

部員は1人。都大会に出場するために周辺高校の4連合チームで出場。東京学園の最後の試合になりますが、連合チームで出場して先輩の伝統を受け継いで最後まであきらめないで頑張りたいと思います。

編集チームおすすめ

平成30年7月豪雨 義援金募集のお知らせ

ご支援・ご協力をお願いします。

ランキング

【高校野球2016夏 東東京大会 チーム紹介】大東文化大学第一高等学校

大東文化大学第一高校は、投手を中心に内野を固く守り、チャンスを確実にものにする、守り勝つ野球を目指しています。 今年は、創部40周年の節目の年。夏の大会へ向けて、チーム一丸となり、甲子園出場を目指しています。

視聴者プレゼントヒーロー「チョーダイナー」#11~疑惑の変身?!前編~

大得寺貰(おおとくじ・もらう)は 正義の変身ヒーロー、「チョーダイナー」である。ベイコム視聴エリアの自由と平和を守るため、悪の秘密結社・ゴーストノイズと日夜戦い続けるのだ!「視聴者プレゼントヒーロー」である彼がチョーダイナーに変身する為には、「プレゼントエネルギー」のチャージが必要である。エネルギーをチャージする為、今日も大得寺貰は「視聴者プレゼント」を頂戴するのだ!

第100回全国高等学校野球選手権記念東千葉・西千葉大会 出場校紹介動画 翔凜高等学校

君津市の翔凜高校では「妥協せず、一戦一戦を大切に」を心掛け、夏の予選での勝利のため部員それぞれが日々の練習に励んでいます。打撃陣は昨年以上の仕上がりを見せており、チャンスで確実に得点し勝利に貢献することが期待されています。練習でもチームワークを意識して互いを高めあう翔凜高校野球部。強豪校に勝って甲子園出場を目指します。

ほっとあーと ガラス作家 森康一朗

富山で活躍するアーティストを紹介しています

【広報きりしまとMCTのコラボ番組】山の温泉①

霧島市の市報「広報きりしま」と南九州ケーブルテレビネットのコラボ番組です。今回は、霧島ジオガイドで森林セラピストの遠竹美代子さんをナビゲーターに硫黄谷噴気地帯や丸尾滝、丸尾自然探勝路にいき、山の温泉の魅力に迫ります。

あなたにおすすめ

「太陽生命ウィメンズセブンズシリーズ2017」第1戦 秋田大会 カ・ラ・ダファクトリー Rugirl-7 対 追手門学院女子ラグビー部VENUS

5月13日・14日に秋田市のあきぎんスタジアムで開催された第1戦 秋田大会の試合をお送りします。エキサイティングなゲームをお見逃しなく!

【高校野球2016夏 東東京大会 チーム紹介】大森学園高等学校

部員98人が所属する大森学園高校は区内でも有数の大きな野球部です。 現在3年生47人は2年前の東東京大会でベスト8に入ったときの先輩を見て、 入部した人が多いということです。 本番が近づき、練習にもいっそう気合がはいる大森学園高校。 最高の夏にしたいと部員全員が意気込んでいます。

【高校野球2018夏 西東京大会チーム紹介】武蔵野北高校

武蔵野市八幡町にある都立武蔵野北高校。クラブ活動が盛んで、今年は陸上部と男子バレーボール部が関東大会出場を果たしています。他のクラブの活躍に負けじと「凡事徹底」をスローガンに掲げ、日々懸命に練習に励んできた選手たち。一致団結して勝利を目指します。

【高校野球2017夏 西東京大会 チーム紹介】日本大学櫻丘高等学校

今年の「ニッサク」野球部は、体幹トレーニングやタイヤ押しなど筋力強化を行い、一人一人が最大限の力を発揮できるよう体力向上に努めてきました。

【高校野球2018夏 西東京大会 チーム紹介】都立小平高等学校

小平高校野球部は、1年生11人、2年生14人、3年生25人の計50人で、西東京大会に挑みます。 特に3年生が多く、レギュラー争いも熾烈です。 「一戦必勝」を合言葉に、目の前の試合に勝つことの大切さを伝えているそうです。

ピックアップ

ならカフェめぐり「いとをかし」奈良市 茶の湯

奈良にはお洒落で可愛いカフェがたくさんあります。おいしい料理やスイーツ、素敵な店内や雑貨など、カフェの『いとをかし』な魅力をのんびりご紹介する番組です。(放送:2018年3月)

C007 団欒

eiga worldcup2016 地域部門出品作品 埼玉県立芸術総合高等学校 映像芸術科 私の小学校、私の中学校、よく遊んだ川、駆け回った山。人も自然もここで生きています、力強くて綺麗な自然とそこに生きる人たちの「団欒」をご覧ください。

第33回魁星旗争奪全国高校女子剣道大会 東京学館浦安 対 帯広南商

2017年3月29日から31日にかけて、秋田県立武道館で開催された熱戦の模様をご覧ください。

「高校球児の夏2016」(都立葛西工業高等学校)

江戸川区一之江にある都立葛西工業高等学校。今年の葛西工業高校野球部はマネージャー2人を含む、部員14人と人数は少ないものの、声と足を止めることなく全員野球で強豪校に挑みます。今春に1年生部員6人が入部し、今大会は待望の単独チームでの出場となります。

【高校野球2017夏 東東京大会 チーム紹介】攻玉社高等学校

スローガンは「渾身の力をこめて」。今年の3年生は9人。中高一貫校で中学から6年間一緒に練習してきているので団結力が強く、仲もよい。

J067 IRIDESCENT

神奈川県立大磯高等学校SF研究部 制作 噛み合わない10代の気持ちを過激に描きました。

激流と闘う乙女たち ~栄光への軌跡~

第44回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード グランプリ総務大臣賞 ケーブルテレビ徳島・池田ケーブルネットワーク:制作 2017年10月、日本で初めて徳島県三好市でラフティング世界選手権が開催されました。 ラフティングとは、「ラフト」と呼ばれるゴムボートを川に浮かべ、チームで操り急流を下るウォータースポーツです。舞台は四国三郎とも呼ばれる日本三大暴れ川の一つ吉野川。「瀬」と呼ばれる激流ポイントがいくつもあり、落差は大きいもので2メートルを超えます。 その激流で世界の強豪たちに挑むのは日本代表チーム「ザ・リバーフェイス」。 メンバーは、吉野川に魅せられ、全国各地から徳島に移住してきた女性8人です。 地域の人々に支えられての日々の練習。その姿に憧れて世界大会初出場を果たした地元女子ユースチーム「TRAKT」の奮闘と成長。激しい戦いが繰り広げられるレースラフティングの世界で勝ち抜く、彼女たちの強さの秘密に迫ります。

第100回全国高等学校野球選手権記念東千葉・西千葉大会 出場校紹介動画 県立流山おおたかの森高等学校

流山市の県立流山おおたかの森高校野球部には現在64人が所属。今年のチームは特に投手陣がそろっていて、守備・打撃どちらをとってもバランスが良いので、試合では常に主導権を握って戦っていきます。去年は木更津総合高校に2回戦で負けてしまいましたが、今年は「狙う」をスローガンに掲げ最後まであきらめない気持ちで1回戦でも多く勝ち進みます!

出会いふれあいそぞろ歩き27年4月 境港市森岡町編

境港市の中央に位置する森岡町。 地域で有名なネギ農家さんを訪ねたり、住民の方の集まりに参加しました。

病院は何処へ 地域医療を考える(ダイジェスト版)

伊万里ケーブルテレビジョン:制作 第43回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード 準グランプリ 【番組の概要】  へき地医療を担ってきた公的病院が老朽化のため移転新築を計画していることがわかった。過疎化が進む現地では黒字が見込めないとして建て替えはせず、伊万里市中心部か隣県の松浦市へ移転するという。伊万里市は公的病院の流出を防ごうと市内移転を推進するが、医師会は医療圏内で統合したばかりの自治体病院と競合するとして猛反対。一方、救急告示病院のない長崎県松浦市も誘致を表明、事実上の誘致合戦に発展した。しかしこの移転は、国が進める地域医療構想に逆行する様々な問題をはらんでいた。専門家や関係者の意見を聞きながら、過剰病床、救急救命、医師・財源不足など、地域医療の課題を考察する。 【審査員コメント】 ・すごく優れた作品。病院問題は、全国どこでもある問題だが丁寧に描いている。病院、医師会、議会、行政を多角的に分かり易く描かれている。記者会見とインタビュー中心の構成ながら普通のドラマより緊迫感があり、ドラマチックで構成力が優れている。 ・問題意識が良い。今伝えるべきことを今伝えるというジャーナリズムに挑む姿勢が素晴らしい。 ・導入部、複雑な話を分かり易く入った。気配りが生き届いた作品。 ・3つ学んだ。公立病院の経営が厳しく統廃合が進んでいること。国は緊急医療に力を入れている。医師会が依然として力を持っている。 ・日常から市、医師会に対し積極的に取材してきたことがこのような番組の制作を可能としたと思う。  ・ケーブルテレビのジャーナリズム性を提起している。