イッツ・コミュニケーションズ(株)

【高校野球2017夏 東東京大会 チーム紹介】都立青山高等学校

番組紹介

学校の目の前が神宮球場で、勝ち進んで神宮でプレーすることを目標に練習している。今年は初戦を突破して、勝ってうまくなっていくことが目標。

シリーズ/関連動画

この動画には関連動画があります、他も見てみませんか?

【高校野球2017夏 東東京大会 チーム紹介】渋谷教育学園渋谷高等学校

3年が2人で2年が中心のチームで人数も少ないので先輩、後輩関係なく何でもいいあえるチーム。しっかり練習してできることを発揮できるようにしたい。

【高校野球2017夏 東東京大会 チーム紹介】朋優学院高等学校

チームのスローガンは「凡時徹底」。個別に特徴のある選手はいないチーム全体でひとつにまとまるチーム。

【高校野球2017夏 東東京大会 チーム紹介】文教大学付属高等学校

チームのスローガンは「脚下照顧」。19人の少ない部員ですが一人ひとり全力プレー出来ることが持ち味。限界に挑むことをテーマに品川から江ノ島まで歩行訓練を実施、26時間掛けて往復した。

【高校野球2017夏 神奈川大会 チーム紹介】横浜翠陵高等学校(横浜市緑区)

横浜翠陵高等学校(横浜市緑区) スローガン・意気込み「走打圧倒 (そうだあっとう)」

【高校野球2017夏 東東京大会 チーム紹介】都立大崎高等学校

チームのモットーは「常に感謝の気持ちを忘れないこと」。創部4年目で、公式戦では一度も勝てていないので、まずは一勝を目標に頑張っています。

めざせ!甲子園2018 国際高等学校

夏の甲子園出場を目指すイッツコムエリアの高校野球部をご紹介する「めざせ!甲子園2018」。大会を直前に控えた各チームの練習風景や主将・監督のインタビューをお届けします。 国際高等学校のスローガン・意気込み:「全力野球」 【イッツコム夏の高校野球 特設サイト】 https://www.itscom.net/089

編集チームおすすめ

平成30年7月豪雨 義援金募集のお知らせ

ご支援・ご協力をお願いします。

ランキング

コロコロチキチキペッパーズの「やっべぇぞ!!」(桜美会奈良)

漫才コンビ「コロコロチキチキペッパーズ」がお届けする15分番組「やっべぇぞ!!」 日々練習に励む学校の部活や、地元のサークルに突撃してガチンコ対決。 今回は舞踊サークル「桜美会奈良」に突撃。

それいけ爆釣中!vol.20

平成26年12月放送「スズキさんに片思い編」 年末最後の放送にも関わらず、大きいスズキが釣れない限り顔は出さないと宣言。 過去最高に辛かったロケです。最後まで顔は映りませんが、どうぞご覧ください。

NAGASAKI水中散歩#35 大村湾に大寒波襲来!

長崎にやってきた大寒波!! 大村湾は水温6度と真冬の津軽海峡なみの冷たい海となりました。 生き物たちは無事か!! 水中観察家中村さんが真冬の生き物を観察します

この坂のぼれば 2月 「中島川からどんの山」

数え切れないほど坂道がある坂の町長崎 今回は眼鏡橋がかかる中島川周辺から、長崎ランタンフェスティバルの 会場を通り、ドンの山へ向かいました。

【高校野球 2017夏 西東京大会チーム紹介】都立杉並高等学校

昭和28年に創部した都立杉並高等学校・野球部。 部員数は、現在マネージャーを含めて40人が所属しています。 杉並のモットーは、「球導夢限(きゅうどうむげん)」。高校野球に打ち込んできたことを 人生の宝に出来るよう、一人ひとりが目標を持って 日々、練習に取り組んでいます。 今年の目標は大きく、創部初のベスト16以上です。

あなたにおすすめ

【高校野球2017夏 東東京大会 チーム紹介】聖学院高等学校

員数19人とコンパクトながらチームのモットー「いつも喜び全てに感謝」を胸に、日々の練習に励む聖学院高等学校。素直で結束力が強く実力以上のプレーが期待できるチームです。この夏は声を出し続け少人数でも気おくれせず立ち向かい勝利を獲りにいきます。

第100回全国高等学校野球選手権記念東千葉・西千葉大会出場校 東海大学付属浦安高校

東海大学付属浦安高校は、マネージャーを含めて124人。 今年は、強力な打撃が売りのチームに仕上がりました。 東海大浦安が甲子園で準優勝したのは2000年。 ことしの3年生は、その2000年に生まれた選手ということで、そんな運命的なつながりも感じられる中、甲子園を目指します。

「高校球児の夏2018」都立荒川工業高等学校

荒川区南千住の荒川工業は、昨年4年ぶりに夏の1勝をあげました。2年連続で初戦突破なるか!今年の中心選手3人を紹介します。

スポーツ応援番組 SPORTS TIME 9月

地域のスポーツ情報をお届け!ナビゲーター・スポまると一緒にスポーツを頑張るみんなを応援しよう! 今月のチームナビは「三重高校ダンス部」をご紹介。 全国大会に出場したメンバーの練習を取材しました。

第98回全国高等学校野球選手権長崎大会シード校紹介「海星高校」

第98回全国高等学校野球選手権長崎大会シード校紹介「海星高校」

ピックアップ

Bureau of Broken Hearts

横浜インターナショナルスクール 新映画部:Filmeisters 制作作品 多数高校生の皆さんが共感しやすい作品になっていると思います。

Y025 輪廻の鎖-AiHana- 予告編

eiga worldcup2016 自由部門出品作品 共立女子中学高等学校 映画部 少女達の愛憎うずまく時をこえた終わることのない世界

レーシングスピリット 2016年12月号(ST600 伊藤レーシング)

全日本ロードレース選手権ST600クラスに参戦している地元チーム「伊藤レーシング」のチャンピオン争いに迫ります。

幸福のカタチ Report to the UN ~from the happiness city~ 夢を追いものづくりのまちに移住 ~子育て世帯 移住幸福度日本一 福井で暮らす~

丹南ケーブルテレビ:制作 第43回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード コンペティション部門奨励賞 【番組概要】 番組では、丹南地域で、“幸福のカタチとは?”“女性が輝く社会とは何か” を探訪し、取材から感じたそのヒントを国連女性問題の第一人者アンワルル K チャウドリー国連大使(元国連事務次長、国連の友アジアパシフィック会長)にレポート。国連NY本部ハイレベルフォーラムやUNWOMAN、UNFPAなど関係機関にて報告を行う番組を掘り下げるファシリテーターに、国連の友アジアパシフィックと提携している日本歌手協会より、歌手で女優の大場久美子さんと、早見優さんを起用。進行役のモデレーターには、国連の友アジアパシフィックの小松田有理が担当。毎回二人の女性が、地域のデータを元に、地域で輝く様々な人に出会い、協働・持続可能な社会発展への考え方や施策、道筋などを探求し、そのヒントを探って行く。今回応募した番組は、「夢を追いものづくりのまちに移住~子育て世帯 移住幸福度日本一福井で暮らす~」と題し、高校卒業と同時に越前市に移住し、打刃物職人としての道を歩みはじめた山本直さんに、移住へのきっかけや、職人としての想い、地域の人との関わりについて話を聞いた。 【審査員コメント】 インタビューとスタジオトークの番組だが、事前リサーチがしっかりしていたのかインタビューが濃く、早見優さんのようなタレントさんを使うと善し悪しもあるが、出過ぎずに良い役割をしていた。全体構成として移住してきたご主人の仕事から入り、奥様の目線での移住生活、子育てなど住まう方の気持ちに沿っており好感が持てる。女性や高齢者が輝く社会が大事だが、このような形で情報発信が重要になっていくと思う。

ふわっと・・・欣様 -What? KIN-SAMA-2016年1月後半号

ふわっと・・・欣様 -What? KIN-SAMA-、新年、二回目の放送は、東大阪市で~す。 モノづくりのまち・東大阪市でオリジナルノートの製造販売を行っている会社にお伺いしたり、体質改善のお手伝いをしてくれる所にお伺いしたりして地域の魅力を ご紹介していきまーす。 ■ふわっと・・・欣様 -What? KIN-SAMA-  web: http://www.myjcom.jp/tv/channel/kansai/fuwakin.html  BLOG: http://blog.zaq.ne.jp/fuwakin/

J035 トマトくん

東京都立日比谷高等学校HOSHIKUs 制作 夏休みのある日、公園で遊んでいた姉妹の元に落語家見習いの「ビビンバビビンバさんまの蒲焼きシュウマイギョウザの(略)サンタみたいな砂糖菓子」、通称「トマトくん」が現れる。名前も怪しければ行動も怪しくて!?

ふるさと散歩

埼玉県立芸術総合高等学校 映像芸術科 制作作品 埼玉県の秩父方面を撮影しました。電車、山、川、おじぞうさんなど一つ一つが大事なふるさとを作っていました。

【高校野球2017夏 東東京大会 チーム紹介】都立青井高等学校

足立区青井にある都立青井高校。 三年生4人、二年生3人、一年生4人の合計11人。 「野球が好きだ」という気持ちがつないだチームメイト。 一球一球に思いをこめて、練習に取り組みます。 まずは、1勝。実践的な練習を繰り返し、動きを体に叩き込みます。

福丸がゆく2016年9月19日放送 西宮市浜脇町・浜町

福丸がゆく2016年9月19日放送 西宮市浜脇町・浜町

東海の肖像「北海道の名づけ親 松浦武四郎」

今年で生誕200年を迎える松浦武四郎は、生涯を蝦夷地の探索に捧げました。今でこそ「北海道」という名称でなじみ深い北の大地ですが、武四郎の努力によってその名がつけられた事はあまり知られていません。 北海道でも今年で命名150年を迎え、あらためて武四郎の功績にスポットライトが当てられています。 今回は、その松浦武四郎が夢中になった北海道の魅力と武四郎の人物像に迫ります。 ※「東海の肖像」は毎月第4金曜夜7時からキャッチ地上デジタル12chで初回放送!