(一社)日本ケーブルテレビ連盟

病院は何処へ 地域医療を考える(ダイジェスト版)

提供元:(一社)日本ケーブルテレビ連盟

お気に入り
  • facebook
  • twitter
  • google plus
  • LINE
番組紹介

伊万里ケーブルテレビジョン:制作
第43回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード 準グランプリ
【番組の概要】
 へき地医療を担ってきた公的病院が老朽化のため移転新築を計画していることがわかった。過疎化が進む現地では黒字が見込めないとして建て替えはせず、伊万里市中心部か隣県の松浦市へ移転するという。伊万里市は公的病院の流出を防ごうと市内移転を推進するが、医師会は医療圏内で統合したばかりの自治体病院と競合するとして猛反対。一方、救急告示病院のない長崎県松浦市も誘致を表明、事実上の誘致合戦に発展した。しかしこの移転は、国が進める地域医療構想に逆行する様々な問題をはらんでいた。専門家や関係者の意見を聞きながら、過剰病床、救急救命、医師・財源不足など、地域医療の課題を考察する。
【審査員コメント】
・すごく優れた作品。病院問題は、全国どこでもある問題だが丁寧に描いている。病院、医師会、議会、行政を多角的に分かり易く描かれている。記者会見とインタビュー中心の構成ながら普通のドラマより緊迫感があり、ドラマチックで構成力が優れている。
・問題意識が良い。今伝えるべきことを今伝えるというジャーナリズムに挑む姿勢が素晴らしい。
・導入部、複雑な話を分かり易く入った。気配りが生き届いた作品。
・3つ学んだ。公立病院の経営が厳しく統廃合が進んでいること。国は緊急医療に力を入れている。医師会が依然として力を持っている。
・日常から市、医師会に対し積極的に取材してきたことがこのような番組の制作を可能としたと思う。 
・ケーブルテレビのジャーナリズム性を提起している。

シリーズ/関連動画

この動画には関連動画があります、他も見てみませんか?

eiga worldcup 2017 自由部門 punpunP

鹿児島県立松陽高等学校

放送セミナー戦後70年 「戦時下の鈴鹿市 戦争の記録と記憶」 「戦後の鈴鹿市 軍都から緑の工都へ」

ケーブルネット鈴鹿:制作 第42回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード コミュニティ部門奨励賞   戦後70 年を機に、戦中・戦後の鈴鹿市の歩みをまとめました。軍都として生まれた鈴鹿市には、多くの軍需施設が作られ、苦難の道を歩みますが、戦後は、幾多の努力と逸話を重ねて、「軍都から緑の工都へ」と変わることができました。戦中・戦後の記録と記憶。それは一人ひとりの小さな体験から、市政の舵取りまで、鈴鹿市民の心の原点なのです。

eiga worldcup 2017 地域部門 岡山の魅力

岡山県立岡山東商業高等学校

編集チームおすすめ

激流と闘う乙女たち 栄光への軌跡

第44回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード グランプリ総務大臣賞に輝いた作品をどうぞご覧ください。

ランキング

【高校野球2018夏 西東京大会チーム紹介】調布北高校

調布市深大寺にある都立調布北高校。春の大会では一次予選の初戦で敗れたものの、10点ビハインドから粘り強い攻撃で、8点を返す激戦を演じました。キャプテン・南選手を中心に、「つなぐ野球」にさらに磨きをかけ、ジャンプアップを目指します。

【2016夏・高校野球 埼玉大会 チーム紹介】立教新座高等学校

立教新座高等学校の野球部員はマネージャーを含めて81人です。1985年以来の、夏の甲子園出場を目指し、練習に励んでいます。疑問があれば、選手同士で話し合い、問題点を出し合うことでチームとしての一体感を生んでいます。

夏の高校野球千葉大会 出場校紹介 佐倉南

7月10日に開幕する千葉大会に向けて、エリア内の主な出場校をダイジェストで紹介。選手・監督のインタビューや練習風景を交えながらチームの一球に込めた想いを総力取材!この夏に向けた球児たちの姿をお見逃し無く!

福丸がゆく2018年5月14日放送 大阪市此花区伝法

前回に引き続き此花区伝法を散策する福丸さん。 伝法の史跡や旧跡をめぐりながら伝法の隅々を練り歩きます! 意外と知らなかった町の魅力を次々に発見!

ほんでミーゴ@Kパラnext 2017年11月2日

岩井・澤井の2人が県内のいろいろな場所を散策しながら、『ほんでミーゴ』を合言葉に皆さんに街のこと、人のことを根掘り葉掘り聞いちゃいます。

あなたにおすすめ

防災特番 あの日からの私たち~船橋・習志野・八千代~(ダイジェスト)

ジェイコム船橋習志野:制作 第43回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード コミュニティ部門優秀賞 【番組概要】 2011年3月11日の記憶はそれぞれにある。何を感じ、考え、どうしたのか? 番組では「命を守るために」「帰宅困難に備えよう」「生活のベースを確保しよう」「地域とつながろう」「情報収集」の5つのテーマをベースに、あの日を振り返りながら東日本大震災を教訓に進められている各自治体や各団体の備えの取り組みを紹介。保育所では「あの日」、何人もの子ども達の迎えが来られずにいた。そして先生達は泊まりで子ども達をあずかる事を決断。食事は? 寝床は? 親との連絡は? ・・・。あの日、気がついた多くの事は今の備えに活かされていた。備蓄倉庫や災害時の体制等、行政でもあの日を教訓に様々な備えが進んでいる。自治会や近所付き合いが希薄といわれているマンションでも災害時に共助を可能とする備えが進んでいた。残念ながら「あの日」は、また、やって来る。様々な取り組みの紹介を通して『今』だから備えられる事例を盛り込みながら、あの日からの私たちを紹介する。 【審査員コメント】 これほど優れた地域防災番組を見たことがない。観念的でなく実務的な知恵と知識と実例が報告されている。液状化現象など首都圏では最も過酷な被害体験が自治体を動かし、メディアがそれを増幅した成果である。J:COMは日本全体でキャンペーンすべきだ。

さくらとあゆ アンコール特別篇~後編~

吉備ケーブルテレビ:制作 主人公「さくら」は地元「高梁」を離れ東京で暮らしているが、たまたま帰省した時に、東京から移住してきた新規就農者「陽一」と出会う。価値観が違う二人はなぜか次第に引かれていく。地域住民たちもそんな二人を温かく見守り、やがて結婚。あたたかな家庭を気付いていく。当たり前に見えるけど特別な「ふつう」を作り出していく人々の物語。(一話30分・全5話のドラマのうち主に3~5話で再編集したもの)

NAGASAKI水中散歩 ~タツノオトシゴと鮎~

長崎ケーブルメディア:制作 第43回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード 4K部門4K技術賞 【番組概要】 海に囲まれた長崎県。 北に玄界灘、西には東シナ海、そして県の中央には大村湾とそれぞれ性質の違った海に囲まれています。水産資源も多く全国でも有数の漁獲量を誇る長崎の海にはたくさんのいきものが生息しています。そんな生き物たちを毎日観察する水中監察家の中村拓朗さん。もっと自然のいきものと向き合いたいと勤めていた水族館を辞め、ダイビングショップを営みながら、毎日長崎の海に潜り、生き物たちを観察しています。中村さんが見る長崎の生き物たちの生き生きとした姿。美しくも儚いそんな生き物たちの姿を、水中観察家中村拓朗さんの解説とともに4K映像で取材しました。 【審査員コメント】 本当に見たことない世界をみせて頂ける、ものすごく興味深かった。タツノオトシゴの赤ちゃん、アユの卵が生き生きとそこにあるような、そこにいるような気持ちにさせる作り方になっている。

天高く 三頭の龍が舞う町 ~長崎くんち 筑後町 龍踊~

長崎ケーブルメディア:制作 第43回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード コンペティション部門奨励賞 【番組概要】 長崎くんちの踊町の一つ筑後町には、青龍2頭、白龍1頭 3頭の龍がいます。 この3頭の龍が、狭い踊り馬場をひしめき合いながら一斉に踊る「巴踊り」が筑後町最大の見せ場です。この筑後町の龍踊に憧れ、そして、長崎くんちの舞台に立つことを目標にしてきた田川省吾さん。田川さんは、保育園の頃から龍踊りを始め、今回ようやくその夢を実現させます。この夢の実現には、田川さんの恩師の存在がありました。かつては先生と園児という関係だった二人が、今回は仲間、そして、ライバルとして長崎くんちに出演します。二人の長崎くんちにかける想い、龍踊にかける想いを通して「長崎くんち 筑後町 龍踊」の魅力を伝えます。 【審査員コメント】 独特の音色で構成された導入部に引き付けられた。伝統文化を守る人達の熱意にも、もちろん魅せられたが、保育園の存在がとても効いている。 また、 私なら、若干インタビューを減らして、現場の生音をもう少し生かして臨場感を少し増やせていたのではないかと思う。地域の中に目標やほこりがあることは、素晴らしいと言うことを再認識させてもらえた。

コトマチ ~子どもが育む、地域の未来~

新川地域介護保険・ケーブルテレビ事業組合:制作 第42回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード コンペティション部門優秀賞 富山県黒部市の社会福祉法人あいじ福祉会理事長、岩井恵澄さんへのインタビューを軸に、地元の保育環境の変遷を振り返るとともに、「シニアサポーター」という取り組みを紹介します。少子高齢化・労働力人口の減少・女性の活躍・地域コミュニティの希薄化・保育士の負担軽減など、諸問題に波及していく、その「一石多鳥感」を感じていただければと思います。

ピックアップ

満州 富士見分村~戦後70年の証言~

エルシーブイ:制作   第42回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード グランプリ・総務大臣賞   戦時中、長野県からは全国最多の約3 万3 千人が満州に渡りましたが、県内で最も多くの開拓移民を送った旧富士見村のことはほとんど知られていません。なぜ、多くの村人が満州に渡ったのか。そして、戦後の混乱をどう生き、今、何を思うのか。この番組は、元開拓団員とその家族の貴重な証言、資料映像をまとめたものです。

2016 高校球児の夏 二松學舍大学附属高等学校

出演:我妻美月(オスカープロモーション)

グレイシュブルー(予告編)

名古屋大学教育学部附属高等学校 映像演劇サークル 制作作品 夢を見ること、支えるということ、何事もきれいに行かないこと。むなしくて全部から逃げたくなること。青春特有の寂寥感の色、グレイシュブルーを味わってください。

シオン(予告編)

開智高等学校 にゃ---んず 制作作品 ー夏、2人の少女が、出会うー   にゃ---んずがお贈りする感動の夏のストーリー「シオン」お楽しみください。

日立が世界に誇る文化

平成24年 辰年、7年に1度の神峰神社大祭礼が執り行われました。 宮田町のおまつりロードに繰り出した4町の日立風流物、4台同時公開の魅力、 曳山の迫力、大祭礼のご神幸行列。 7年に1度しか見られない祭礼の荘厳な姿を追いかけました。

なるほど!聞きコミテレビ#54中田校下

“聞きコミ”とは“聞いてコミュニケーション”の略。 身近な話題から時事の話題まで、毎週さまざな質問を携え、いろいろな場所でインタビューします。 第54回:中田校下 テーマ「今、欲しいもの」

J:COMpark 2017年4月後半号「JR野崎駅周辺」

JR野崎駅は大東市にございまして、 これでJ:COMpark北河内エリア街ブラコンプリート!!! まぁコンプリートではありますが、引き続き北河内エリアも どんどん街ブラしていきたいと思います!! WEB:http://c.myjcom.jp/jch/p/jpa/ ブログ:http://jcomch-kansaiobp.blogspot.jp/ ツイッター:https://twitter.com/JCOMPark

【高校野球2017夏 西東京大会 チーム紹介】都立調布北高等学校

限られ場所で濃い練習内容をするため、複数班にわかれて練習を重ねてきた調布北野球部。攻撃では、つなぐバッティングでチャンスメイクからの得点を狙います!

思い出~ものづくりの街 墨田~

都立橘高校 課題研究動画編集班 作成作品 卒業して会うこともないと思っていた二人が偶然の再開。過去のシーンを頑張りました。

それいけ爆釣中!vol.53

平成29年9月放送「本厄男の神だのみ釣行編」 釣れない…本当に釣れない…全ては厄のせいだ!! 今回は神社でお参りしてから釣りに出かける。 狙うのはスズキ。前回のリベンジをするべく浦ノ内湾に船を出すが… 久しぶりに魚が登場するのか!? お楽しみに。