(一社)日本ケーブルテレビ連盟

市民が創り上げた天下一

提供元:(一社)日本ケーブルテレビ連盟

お気に入り
  • facebook
  • twitter
  • google plus
  • LINE
番組紹介

ケーブルメディアワイワイ:制作
第43回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード コミュニティ部門奨励賞
【番組概要】
宮崎県北部の工業都市「延岡市」。企業城下町として発展してきた一方、城山公園をはじめ江戸時代以前からの歴史を感じられる町でもある。延岡では、旧藩時代から受け継がれる「天下一の能面」を活かし街づくりにとりくもうと、1997年から城山公園で薪能「のべおか天下一薪能」を上演してきた。市民ボランティアと能楽師の協働で創り上げられる舞台。城下町の歴史を体現するイベントとして2016年に開催20回を迎え、今年は屋外公演で記録のほとんどない能「道成寺」を上演した。また薪能は、次の世代への継承も始まっている。延岡の伝統文化として薪能を継承する姿や想いを伝える。
【審査員コメント】
延岡は室町時代から能に因があり天下一の面30点を残す。その延岡が20年前から始めた薪能。京都片山家10世、それに市民・学生が全力で参加、舞台や大道具の制作から舞や詠いに参加。能の大作道成寺を大雨の中で見事に成功。高感度の高い地域番組。

シリーズ/関連動画

この動画には関連動画があります、他も見てみませんか?

にっぽんの富士1

いにしえの時代から日本人に愛され、心の拠り所であり続ける「富士山」。 2013年6月、世界文化遺産にも認定され、名実ともに世界の名峰となった。 美しい富士山の姿とともに“郷土富士”と呼ばれる山々を、各地のケーブルテレビが提供した映像で綴る。

にっぽんの富士2

いにしえの時代から日本人に愛され、心の拠り所であり続ける「富士山」。 2013年6月、世界文化遺産にも認定され、名実ともに世界の名峰となった。 美しい富士山の姿とともに“郷土富士”と呼ばれる山々を、各地のケーブルテレビが提供した映像で綴る。

eiga worldcup 2017 自由部門 夏風のくじら

茨城県立並木中等教育学校

編集チームおすすめ

激流と闘う乙女たち 栄光への軌跡

第44回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード グランプリ総務大臣賞に輝いた作品をどうぞご覧ください。

ランキング

UP!アップ!関ガール シーズン2 vol.74.MXF

関西のケーブルテレビを応援するために結成されたアイドルユニット「関ガール」が毎回、過酷な企画にチャレンジするバラエティ。

【高校野球2017夏 西東京大会 チーム紹介】大成高等学校

粘り強く最後まで諦めない大成高校野球部。シード校や強豪校に対しても堂々と戦い一戦必勝の気持ちで臨みます!

【高校野球2017夏 東東京大会 チーム紹介】都立小岩高等学校

江戸川区本一色にある「都立小岩高等学校」。 今年の野球部員は3年生16人、2年生12人、1年生11人、マネージャー3人の総勢42人。 小岩高校野球部のモットーは「全力疾走、カバーリング、ベンチワーク」。 そして、勢いに乗ると連打でビッグイニングを作ることができる打線が魅力です。 昨年のチームより打撃と粘りが強化され、先攻逃げ切りが小岩高校の勝ちパターン。 自慢の打線で「都立高校初の甲子園一勝」を目指します。

どーでもネタ百科 第1回 入りにくい建物に入ってみよう!

どうでもいいけど何か気になる・・・街にあふれるそんな話題を徹底取材!明日からすぐに使える「話のネタ」をご提供します。

北信濃の美景~Amazing Place~

高精細映像の4Kカメラで収録した北信濃の素晴らしい景色をゆったりとお伝えします。

あなたにおすすめ

品川に生きる

ケーブルテレビ品川:制作 第43回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード コンペティション部門優秀賞 【番組概要】 2020年東京五輪に向けて開催準備の動きが加速し、日本の表玄関としても期待が高まるまち、品川。JR山手線大崎駅周辺地区では近代的ビル群が誕生し、街が生まれ変わろうとしている。一方で、旧東海道周辺の街並みは歴史の面影や江戸風情を残し、そこに住む人には、下町気質や人情、近隣とのふれあいなど今も変わらずに根付いているものがある・・・。そんな歴史と文化のまち品川を、そこに生きる人々にスポットを当て、まちの息づかいを伝えていく試みが本企画制作の狙いです。開局20周年を迎えたケーブルテレビ品川が積み重ねてきた映像制作の実績と地域とのネットワークを活かし、地域に根ざしたメディアとして当社ならではの特別番組を制作。 【審査員コメント】 品川という町の奥行きを感じる作品で訪れたくなった。一眼レフのカメラで撮られた表情とナレーターがマッチしていて温かい雰囲気を出している。4部構成だが4つの作品のクオリティーのばらつきは感じた。1、2本目は人の表情なども丁寧に取られていて好感が持てた。それに比べると3、4本目は、ナレーションありきで流れてしまった印象。全体的には街や人を描くというケーブルの大事なテーマをしっかり捉えている作品かと思う。

おんばしら 山出し篇

エルシーブイ:制作 第43回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード 4K部門4K大賞 【番組概要】 長野県の諏訪地域で干支の申と寅の年に七年目ごとに行われる天下の大祭「諏訪大社御柱祭」1200年以上前から勇壮な祭りとして諏訪地域に伝わります。御柱祭は奥山から大木=御柱を切り出し、山から里に人力で曳き出し、社殿の四隅に御柱を建てます。祭には諏訪市・茅野市・岡谷市・富士見町・下諏訪町・原村の6市町村の諏訪大社の氏子が心を一つにして挑みます。本番組は平成28年の御柱祭を初めて4Kカメラで撮影、編集したものです。当社は、「おんばしら 」のシリーズとして3タイトルの4K番組を制作しました。ケーブル4K、チャンネル700で全国配信しました。応募番組はそのうちの1作品です。初めて御柱を見た人でも、諏訪人が御柱に掛ける想い、そして伝統の祭りに携わっている心意気を伝えます。 【審査員コメント】 今までもおんばしらについては見ていたが、今回やはり、たまげました。迫力があるのは分かっているはずだが、画面いっぱいに溢れる迫力であった。 また、おんばしらが群像スペクタクルであることをあらためて感じ、そして一人一人の表情がよく捉えられていた。劇場の大きいスクリーンで是非観てみたい。祭りが伝承されるだけではなく、番組の作り手たちが向き合ってきた伝統がしみ出ている。

検証!屋島源平合戦 ~源義経軍の足跡を追う~

第44回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード コンペティション部門奨励賞 ケーブルメディア四国:制作 源義経が源平合戦の終盤に大きく活躍した「屋島の戦い」において、大坂を出発した義経軍が徳島に入ってから、どのようなルートを経て屋島(香川)までに至ったのか、実際のルートを大学の先生とたどりつつ、解説を加えながら紹介しました。 ルートの要所では、「各地に残る伝説」と「実際の歴史」を対比させ、定説とは異なる新たな考察から新しいルートを紹介し、最終章では、屋島で行われた戦いであったにも関わらず、屋島の対岸に多くの伝説が残っている理由を推測しました。 さらに、視聴者が同じルートを辿ることを想定し、現地への行き方、休憩場所としてランチの紹介を加えました。

さくらとあゆ アンコール特別篇~後編~

吉備ケーブルテレビ:制作 主人公「さくら」は地元「高梁」を離れ東京で暮らしているが、たまたま帰省した時に、東京から移住してきた新規就農者「陽一」と出会う。価値観が違う二人はなぜか次第に引かれていく。地域住民たちもそんな二人を温かく見守り、やがて結婚。あたたかな家庭を気付いていく。当たり前に見えるけど特別な「ふつう」を作り出していく人々の物語。(一話30分・全5話のドラマのうち主に3~5話で再編集したもの)

「やまぐちひわだ」で伝統を継ぐ

山口ケーブルビジョン:制作 第43回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード コンペティション部門奨励賞 【番組概要】 約200年前から山口県で唯一、桧の皮で寺社の屋根を葺く「桧皮葺」(ひわだぶき)を専門に請け負う「有限会社ひわだや」。番組では、「ひわだや」が初めて生産した県内産の桧皮「やまぐちひわだ」を作る過程、そして作った桧皮で30年ぶりに屋根を葺いた山口県山口市阿知須の「北方八幡宮」の本堂の屋根葺きの様子を約半年間かけて取材しました。番組では、社長で職人の佐々木さんが「やまぐちひわだ」を作るための職人不足に対応するため、「ひきこもり」の人たちを職人に育てる様子や「ひきこもり」の人たちのサポートをする様子、材料となる桧の皮を確保するため山口市内の森林を保全しながら桧の皮を採取する様子を紹介するほか、「北方八幡宮」で職人たちが竹の釘で屋根を葺く伝統的な屋根葺きの姿を紹介しながら、「やまぐちひわだ」を通し屋根葺きに関わる人たちの情熱や想いをお伝えします。 【審査員コメント】 ヒノキの皮の柔らかい手触りが、伝わってくるような作品。質感を感じ、良いきれいな作品と感じた。審査の過程でもかなり審査委員の方からの評価もあった。

ピックアップ

【高校野球2018夏 西東京大会 チーム紹介】都立井草高等学校

練馬区上石神井にある都立井草高等学校 1941年に、創設され1951年に硬式野球部が創部しました。 過去夏の大会最高成績は、2004年のベスト16。 現在部員数は、1年生4人、2年生3人、 3年生2人の、合計で9人です。 少ない人数ではありますが、チーム一丸となって夏の大会に挑みます。

福丸がゆく2018年7月23日放送 西宮市西宮浜

前回に引き続いて、西宮市西宮浜を散策しました。 西宮浜ならでは、船舶関係のショップを訪れたり、 西宮浜に幼い時から住んでいる若者たちの地元愛の強さに驚かされたりと、 今回も、たくさんの触れ合いを重ねました。

第100回全国高等学校野球選手権記念東千葉・西千葉大会 出場校紹介動画 木更津高等学校

昨年の夏は一回戦敗退と悔しい思いをした木更津高校野球部。今年は雪辱を誓いチーム全体のレベルを順調に上げてきています。チームは考える野球を信条にしており、選手が常に練習の意図を組みながら技術向上に繋がるよう励んでいます。木更津高校野球部は、夢の甲子園へ走り続けます。

J024 希望の鐘

eiga worldcup2016 自由部門出品作品 北海道シュタイナー高等学園いずみの学校 映画研究会 いじめられたことのある人、いじめたことのある人、見てください。

レーシングスピリット 2016年8月号(TSR 鈴鹿8耐への挑戦)

この春、世界最高峰のオートバイの耐久レース「ル・マン24時間耐久ロードレース」で3位表彰台を獲得した地元チーム「TSR」。鈴鹿8耐に挑戦し続けるTSRのレースに密着しました。

美濃和紙とうだつのまちから 3月号

岐阜県美濃市の広報番組。市の取り組みやできごとをお届けします。

【高校野球2017夏 東東京大会 チーム紹介】大東文化大学第一高等学校

板橋区高島平にある大東文化大学第一高等学校は、今年で創部56年。 総勢53人の野球部員が夏の大会に向け、練習に励んでいます。 チームのモットーは 一戦必勝で攻め勝つ野球です。 全員でしっかり守備を固め、粘り強く勝負をつかむため、一人一人が全力で役割を全うする事を心掛けています。

Y030 WEtuber(予告編)

北海道旭川工業高等学校KBS旭工放送局 制作  とある高校の少年二人が動画投稿に興味を持ち動画を作っていく、しかし、その中で、ある出来事が起き二人の関係が悪くなってしまう。二人の少年の感情の変化がこの作品の見所になっています。

【2016夏・高校野球 埼玉大会 チーム紹介】南稜高等学校

埼玉県立南稜高等学校は高校が設立された昭和55年に創部。平成24年度春季埼玉県大会では優勝し関東大会に出場しています。学年にこだわらず部員同士で意見を出し合い、一致団結してチームを強化しています。

エギング&タイラバin宿毛湾.MXF

今月の海遊人は、エギングで春の大型アオリイカを狙います。舞台は、大型のアオリイカの実績がある高知県宿毛市。フィッシングハヤシの宮地店長を迎え、番組記録更新の2キロアップを目指します!