(一社)日本ケーブルテレビ連盟

市民が創り上げた天下一

提供元:(一社)日本ケーブルテレビ連盟

お気に入り
  • facebook
  • twitter
  • google plus
  • LINE
番組紹介

ケーブルメディアワイワイ:制作
第43回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード コミュニティ部門奨励賞
【番組概要】
宮崎県北部の工業都市「延岡市」。企業城下町として発展してきた一方、城山公園をはじめ江戸時代以前からの歴史を感じられる町でもある。延岡では、旧藩時代から受け継がれる「天下一の能面」を活かし街づくりにとりくもうと、1997年から城山公園で薪能「のべおか天下一薪能」を上演してきた。市民ボランティアと能楽師の協働で創り上げられる舞台。城下町の歴史を体現するイベントとして2016年に開催20回を迎え、今年は屋外公演で記録のほとんどない能「道成寺」を上演した。また薪能は、次の世代への継承も始まっている。延岡の伝統文化として薪能を継承する姿や想いを伝える。
【審査員コメント】
延岡は室町時代から能に因があり天下一の面30点を残す。その延岡が20年前から始めた薪能。京都片山家10世、それに市民・学生が全力で参加、舞台や大道具の制作から舞や詠いに参加。能の大作道成寺を大雨の中で見事に成功。高感度の高い地域番組。

シリーズ/関連動画

この動画には関連動画があります、他も見てみませんか?

放送セミナー戦後70年 「戦時下の鈴鹿市 戦争の記録と記憶」 「戦後の鈴鹿市 軍都から緑の工都へ」

ケーブルネット鈴鹿:制作 第42回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード コミュニティ部門奨励賞   戦後70 年を機に、戦中・戦後の鈴鹿市の歩みをまとめました。軍都として生まれた鈴鹿市には、多くの軍需施設が作られ、苦難の道を歩みますが、戦後は、幾多の努力と逸話を重ねて、「軍都から緑の工都へ」と変わることができました。戦中・戦後の記録と記憶。それは一人ひとりの小さな体験から、市政の舵取りまで、鈴鹿市民の心の原点なのです。

eiga worldcup 2017 自由部門 ロジック大戦

神奈川県立横浜翠嵐高等学校

eiga worldcup 2017 自由部門 1年後

埼玉県立芸術総合高等学校

天高く 三頭の龍が舞う町 ~長崎くんち 筑後町 龍踊~

長崎ケーブルメディア:制作 第43回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード コンペティション部門奨励賞 【番組概要】 長崎くんちの踊町の一つ筑後町には、青龍2頭、白龍1頭 3頭の龍がいます。 この3頭の龍が、狭い踊り馬場をひしめき合いながら一斉に踊る「巴踊り」が筑後町最大の見せ場です。この筑後町の龍踊に憧れ、そして、長崎くんちの舞台に立つことを目標にしてきた田川省吾さん。田川さんは、保育園の頃から龍踊りを始め、今回ようやくその夢を実現させます。この夢の実現には、田川さんの恩師の存在がありました。かつては先生と園児という関係だった二人が、今回は仲間、そして、ライバルとして長崎くんちに出演します。二人の長崎くんちにかける想い、龍踊にかける想いを通して「長崎くんち 筑後町 龍踊」の魅力を伝えます。 【審査員コメント】 独特の音色で構成された導入部に引き付けられた。伝統文化を守る人達の熱意にも、もちろん魅せられたが、保育園の存在がとても効いている。 また、 私なら、若干インタビューを減らして、現場の生音をもう少し生かして臨場感を少し増やせていたのではないかと思う。地域の中に目標やほこりがあることは、素晴らしいと言うことを再認識させてもらえた。

世間遺産 ~美浜町古布 後編~

知多半島ケーブルネットワーク:制作 第43回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード コミュニティ部門奨励賞 【番組概要】  誰の心にもある「大切なもの」、「未来に残したいもの」をこの番組では『世間遺産』とよんでいます。『世間遺産』は、場所や物である必要はなく、その人が思う「大切なもの」、「未来に残したいもの」であれば、考え方でも人物でも何でも『世間遺産』になります。そのルールのもと、毎月放送エリア内の1つの地域をリポーターが散策し、出会った人たちの『世間遺産』を伺い、それにまつわるエピソードをご紹介していきます。平成24年3月から始まったこの番組は、今年で6年目を向かえ、地域の人たちからお伺いした『世間遺産』の数は350を超えました。この回は、太平洋戦争開戦に向けて海軍航空隊が設置されることになり、地区ごと移転を迫られた美浜町古布地区の人たちから『世間遺産』を伺いました。番組尺:1地域につき前半15分(月の上旬放送)、後半15分(月の下旬放送)リポーター:小島 一宏(フリーアナウンサー、大同大学准教授) アシスタント:松田 唯(知多半島ケーブルネットワーク株式会社 社員) 【審査員コメント】 未来に残したい大切なものを「世間遺産」と名付けそれを地域で探す。海軍航空基地建設の為に地域丸ごと強制移住された集落で、集まった数人の古老から言われたことは”平和ぐらい尊いものはない、守り続けなければ”ということだった。15分のシンプルな番組づくりだが、ふるさとの歴史の断面が切々と伝わる佳作。

編集チームおすすめ

激流と闘う乙女たち 栄光への軌跡

第44回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード グランプリ総務大臣賞に輝いた作品をどうぞご覧ください。

ランキング

万照の岐阜発!!音楽のチカラ 2019年2月放送 Track48「ぎふジャズフェスティバル前日に」

岐阜出身のプロサックスプレイヤー「野々田万照」 がお送りする音楽番組。 夏は鮎漁師、音楽スクールの校長先生など多彩な顔がある万照さん。 番組では岐阜だけでなく世界各国でのコンサートの裏話など 「ギョーカイ」の裏話も交えて楽しく語ってくれています。

UP!アップ!関ガール シーズン2 vol.90.MXF

関西のケーブルテレビを応援するために結成されたアイドルユニット「関ガール」が毎回、過酷な企画にチャレンジするバラエティ。

【高校野球 2017夏 西東京大会チーム紹介】中央大学杉並高等学校

昭和38年に創部した中央大学杉並高等学校・野球部。 部員数は現在、マネージャーを含めて40人です。 専用のグラウンドを持たず実戦的な守備の練習ができない分、 バッティングの強化に力を入れています。

ふわっと・・・欣様 -What? KIN-SAMA-2016年3月前半号

2016年3月前半号、今回、欣様がお邪魔したのは藤井寺市でーす。 初心者の就職対策やシニアのパソコンライフをサポートするパソコン教室「スマイル・カフェ」で苦手なパソコン体験をさせてもらったあと、バドミントンと卓球の専門店にお伺いして様々な用品を見せていただいたり、卓球体験をさせていただいたりしました~ また、同じ施設のなかでカイロプラクティックも行っているということなので、合せてこちらも体験させていただきました~。 今回もふわっと番組をお届けしますのでみなさま最後までよろしくお願いしまーす。

J:COMpark 2016年11月前半号「ミュージックJパークinひらかたパーク」

J:COMpark11月前半号は、 話題沸騰中のアップアップガールズ(仮)をはじめ、フレッシュアイドル3組と、 ジュニアダンスチーム5組が登場するJ:COM主催のミュージックイベント! 「ミュージックJパーク」が行われるということで、ひらかたパークにやってきました!! 今回は、アップアップガールズ(仮)へのインタビューをはじめ、 ステージの模様、さらにはひらかたパークに来たからには乗り物に乗らないと帰れません!ということで、ひらかたパーク一押しの乗り物にも乗せてもらっています!高いところが苦手という岩井ちゃん! 果たしてどんな乗り物に乗ったのかーー!!! WEB:http://c.myjcom.jp/jch/p/jpa/ ブログ:http://jcomch-kansaiobp.blogspot.jp/ フェイスブック:https://www.facebook.com/jcompark/ ツイッター:https://twitter.com/JCOMPark

あなたにおすすめ

NAGASAKI水中散歩 ~タツノオトシゴと鮎~

長崎ケーブルメディア:制作 第43回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード 4K部門4K技術賞 【番組概要】 海に囲まれた長崎県。 北に玄界灘、西には東シナ海、そして県の中央には大村湾とそれぞれ性質の違った海に囲まれています。水産資源も多く全国でも有数の漁獲量を誇る長崎の海にはたくさんのいきものが生息しています。そんな生き物たちを毎日観察する水中監察家の中村拓朗さん。もっと自然のいきものと向き合いたいと勤めていた水族館を辞め、ダイビングショップを営みながら、毎日長崎の海に潜り、生き物たちを観察しています。中村さんが見る長崎の生き物たちの生き生きとした姿。美しくも儚いそんな生き物たちの姿を、水中観察家中村拓朗さんの解説とともに4K映像で取材しました。 【審査員コメント】 本当に見たことない世界をみせて頂ける、ものすごく興味深かった。タツノオトシゴの赤ちゃん、アユの卵が生き生きとそこにあるような、そこにいるような気持ちにさせる作り方になっている。

激流と闘う乙女たち ~栄光への軌跡~

第44回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード グランプリ総務大臣賞 ケーブルテレビ徳島・池田ケーブルネットワーク:制作 2017年10月、日本で初めて徳島県三好市でラフティング世界選手権が開催されました。 ラフティングとは、「ラフト」と呼ばれるゴムボートを川に浮かべ、チームで操り急流を下るウォータースポーツです。舞台は四国三郎とも呼ばれる日本三大暴れ川の一つ吉野川。「瀬」と呼ばれる激流ポイントがいくつもあり、落差は大きいもので2メートルを超えます。 その激流で世界の強豪たちに挑むのは日本代表チーム「ザ・リバーフェイス」。 メンバーは、吉野川に魅せられ、全国各地から徳島に移住してきた女性8人です。 地域の人々に支えられての日々の練習。その姿に憧れて世界大会初出場を果たした地元女子ユースチーム「TRAKT」の奮闘と成長。激しい戦いが繰り広げられるレースラフティングの世界で勝ち抜く、彼女たちの強さの秘密に迫ります。

さくらとあゆ アンコール特別篇~前編~

吉備ケーブルテレビ:制作 第43回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード コミュニティ部門審査員特別賞 【番組概要】 主人公「さくら」は地元「高梁」を離れ東京で暮らしているが、たまたま帰省した時に、東京から移住してきた新規就農者「陽一」と出会う。価値観が違う二人はなぜか次第に引かれていく。地域住民たちもそんな二人を温かく見守り、やがて結婚。あたたかな家庭を気付いていく。当たり前に見えるけど特別な「ふつう」を作り出していく人々の物語。(一話30分・全五話のドラマのうち主に1話と2話で再編集したもの) 【審査員コメント】 ストーリーの展開は見え見え、演技は未熟だが、子育て世代を増やそうという企画の熱意は十分伝わる。現場で実務に当たる人の演技には説得力があり情報量も多い。カメラワークや映像処理は上手でケーブルTVの仕事として興味深い。自治体の町興し・縁結ぶサポーターの延長で婚活ドラマまで作る実行力には恐れ入る。ケーブルTVの信用度も想像され努力賞もの。

3年1組ロド先生

第43回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード コンペティション部門優秀賞 【番組概要】 豊田市立保見中学校。そこに1人の教師がいる。日系ブラジル人3世 伊木ロドリゴ、通称「ロド先生」。愛知県の公立中学校における外国籍教員の数は、わずか6人。 外国からの出稼ぎ労働者が多く住む保見地区の保見中学校は、外国籍の生徒が約3割を占める。一口に外国籍の生徒と言っても、その内実は様々。夢に向かって頑張る生徒もいれば、学校に馴染めない生徒もいる。日本の社会の中で生き、様々な壁を乗り越えて教師となったロド先生。厳しくも前向きなメッセージを生徒達に伝えている。ロド先生の言葉を胸に、生徒達は保見中学校を巣立っていく。ブラジル人としてではなく、1人の人間として、生徒達に向き合うロド先生の1年を追った。 ※数字は2016年4月の放送当時のものです 【審査員コメント】 良くできている作品だと改めて感じた。1つの教室なかだけでカメラを据えてそこから見えてくるものをすくい上げ、地域そのもが見えてくる。子供たちの背景も丁寧に描かれている。先生と生徒のやり取りなど良く撮れており感慨深いものがある。見終わった時に感動もある。見ている中から考えさせられる良い作りとなっている。信頼があったから家庭も含めた困難な取材を可能とし、番組全体の温かさに繋がっているように思う。

佐伯なぜ旅漫遊記 蒲江編

ケーブルテレビ佐伯:制作 第42回日本ケーブルテレビ大賞番組 コミュニティ部門奨励賞   平成の大合併により、大分県佐伯市も一市八町村がひとつの市として生まれ変わりましたが、新しい佐伯市民は、合併前の隣町隣村の歴史・風土に驚くほど無知だったのです。「佐伯なぜ旅漫遊記」は、このような状況を踏まえ、新佐伯市の各地域の歴史や風土を紹介する番組です。ドローンによる、日頃見ることの出来ない上空からの映像も番組に特色を出しています。

ピックアップ

コロコロチキチキペッパーズの 「やっべぇぞ!!」(関西中央高校 バスケットボール部)

お笑いコンビ「コロコロチキチキペッパーズ」がお届けする番組 「やっべぇぞ!!」 日々練習に励む学校の部活や、地元のサークルに突撃してガチンコ対決。 今回は「関西中央高校 バスケットボール部」に突撃。

郷愁

埼玉県立芸術総合高等学校 映像芸術科 制作作品 昔と現代を祖母と妹をキャストにして対比してみました。何気ない毎日の大切さを伝えたいです。

【高校野球2018夏 東東京大会 チーム紹介】海城高等学校

文武両道を掲げる海城高校野球部は総勢41人。チームを率いて7年目となる梶監督は、選手の自主性を大切にしています。

ながさき水中散歩#1ウミガメに会いに行こう!

長崎の海で意外と知られていないのが、ウミガメ! 実は長崎の海でも見ることができるんです。 今回は、水中観察家の中村さんのマル秘ポイントでウミガメを探したいと思います。

C016 かいじゅうたちの棲みつく街

eiga worldcup2016 地域部門出品作品 東京都立新宿山吹高等学校 映画クラブ 大衆が動めく大都会で暮らす孤独な女子生徒。流浪の日々をその街で暮らす女性は、自分の在処を見て何を思うのかという作品。特定の人物にフォーカスを当てることで1コマ1コマが写真のようになっています。

【2019夏・高校野球 埼玉大会 チーム紹介】川口市立高等学校

川口市上青木にある川口市立高等学校。野球部は去年、市内の市立3校が統合したことにより新たなチームとしてスタートしました。現在の部員数は64人。今年の春の県大会ではベスト16入りを果たしています。今年のチームは打撃に注目。選手一人一人の能力を伸ばそうと日々の練習メニューには、必ずバッティングが盛り込まれています。大会が近づくにつれ、選手たちの気合が高まっています。3年生を中心に打ち勝つ野球で埼玉県の頂点を目指します。

高校野球2019夏 東東京大会 チーム紹介(荒川工業高等学校)

都立荒川工業は新チーム発足から残念ながら公式戦未勝利。 しかし、対戦相手は桜美林高校、都立足立西と強豪校ばかり。 チームとして得たものは大きかったはず! 荒川工業の初戦は麻布高校。 強豪校との試合で得たものをぶつけ、2年ぶりに初戦突破だ!

鮎の棲む川~長良川ストーリー~#2「登り落ち漁でヨシノボリ」

世界農業遺産に認定された「清流長良川の鮎」。長良川流域の食文化は、鮎をはじめ、様々な川魚とともにあります。番組では、それらの食文化を中心に、長良川漁法・生態系・人々の暮らしを学びます。 今回のテーマは「ヨシノボリ」。 地域によって「うるり」「うるる」「ちちこ」など様々な呼び名のある、ハゼ科の川魚です。 ヨシノボリの漁法や調理法、どの地域でどんな呼ばれ方をしているのかに迫ります。

シオン

開智高等学校 にゃ---んず 制作作品 ー夏、2人の少女が、出会うー   にゃ---んずがお贈りする感動の夏のストーリー「シオン」お楽しみください。

Y022 削り、生み出す~愛と希望~(予告編)

埼玉県立坂戸高等学校放送部 制作 この作品は、私たちの高校の文化祭で飾るためのオブジェを作った先生と生徒さんにスポットライトを当てた作品です。オブジェの製作過程に注目しながらご覧ください!