(一社)日本ケーブルテレビ連盟

思いを伝えよう心の詩コンクール10周年記念特別番組(ダイジェスト)

提供元:(一社)日本ケーブルテレビ連盟

お気に入り
  • facebook
  • twitter
  • google plus
  • LINE
番組紹介

大垣ケーブルテレビ:制作
第43回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード コミュニティ部門奨励賞
【番組概要】
岐阜県大垣市で小学生を対象に開催されている「思いを伝えよう心の詩コンクール」の10周年記念番組。入賞作品の紹介やコンクール関係者へのインタビュー、過去の最優秀受賞者の今など。
【審査員コメント】
子供の詩が素晴らしい。高校生の朗読と映像も素晴らしい。審査風景や教育長の挨拶は余計のようだが、これも地域社会ぐるみで次世代を見守る気持ちが伝わってくる。10年間付き合ったケーブルテレビの姿勢も見えてくる。

シリーズ/関連動画

この動画には関連動画があります、他も見てみませんか?

ええやん!!あかし

明石ケーブルテレビ:制作 第42回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード 準グランプリ 「ええやん! ! あかし」は、その名のとおり明石の 「ええとこ」 にこだわり、地元情報を面白おかしく紹介することがモットー。地域を知り尽くした市民リポーターたちが、飾らない普段の言葉で 「わがまち自慢」 をしてくれることで、番組を見た市民が改めて地元明石に誇りを感じるきっかけとなっています。コミュニティづくりに一役買える番組として、これからも明石の魅力を発信していきたいと思います。

ながさき原爆記録全集~アメリカ戦略爆撃調査団編総集編~

長崎ケーブルメディア:制作 第43回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード グランプリ総務大臣賞 【番組概要】 長崎に原子爆弾が投下されてから45日後、昭和20年9月23日から11月23日まで2か月に渡って長崎を撮影したカラーフィルム映像がある。通称、海兵隊フィルムと呼ばれる映像で、未編集の状態で1万700フィート、合計5時間30分のカラー映像だ。しかし、その映像はニュースなどで一部が使用されるだけで、全編が紹介されることはなかった。映像には廃墟と化した長崎の街の様子や人々が復興に向けて動き始めている様子が鮮明に映し出され、カラーで見る被爆地の臨場感は計り知れないものがある。長崎の人々に向けて、この映像を全て見せることが出来ないだろうか、それも詳しい解説付きで…。それはケーブルテレビにしか出来ない放送かもしれない。そんな思いで制作、放送を続けた。番組の反響は大きく、地元大学の研究室から映像提供協力の申し出があり、2016年4月からは、米戦略爆撃調査団撮影の6時間30分を解説付きで紹介する「ながさき原爆記録全集」の第2弾の制作放送制作を開始した。放送を続ける中、視聴者からの反応も多く寄せられ、そんな反応を盛り込みながら放送を続けている。 【審査員コメント】 まず、コミュニティ部門からグランプリが出たことに評価したい。衝撃を受けました。テレビメディアというものが行き着いたひとつのかたちを見た。記録映像を単に流すということだけではなく、番組に寄せられた様々な発見や意見を取り入れた番組で、まさに双方向の番組。また画面が片隅に情報が出ているが、邪魔に思わずとても有効的に出ている。この様な例をあまり見たことがない。

住民パワーでふるさと創り 下郷沢活性化組合

上田ケーブルビジョン:制作 第42回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード コンペティション部門審査員特別賞 1 6 万人だった上田市の人口は、合併から1 0 年で5 千人余り減りました。そのようななか、市街地周辺部にある下郷沢区では人口がほとんど変わっていません. その秘密は活性化組合。番組では1 4 年前から始めた炭作りを中心に組合の活動を追い、住みやすいふるさとを創ろうと取り組む下郷沢の住民パワーの謎に迫ります。

川越まつり

ジュピターテレコム:制作 川越まつりは、10月14日に氷川神社が執行する「例大祭」を根源に「神幸祭」「山車行事」から成り立つ。慶安元年(1648)に、当時の川越藩主、松平伊豆守信綱が氷川神社に神輿・獅子頭・太鼓等を寄進して祭礼を奨励したことに始まり、慶安4年(1651)から華麗な行列が氏子域の町々を巡行し、町衆も随行するようになった。これが「川越まつり」の起源とされる。以来、360年以上にわたって川越の文化として脈々と受け継がれている祭礼行事である。

編集チームおすすめ

激流と闘う乙女たち 栄光への軌跡

第44回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード グランプリ総務大臣賞に輝いた作品をどうぞご覧ください。

ランキング

ぎふでないと(バル・バロッサ)

岐阜の夜の街。スマホ片手に“いちはしだいすけ”が西へ東へ気の向くままに歩きます!大きなTVカメラはありません!すべてをスマホで撮影する番組です。是非、「岐阜の夜」をスマホ感覚でご覧下さい。 今回は岐阜市金町にある「バル・バロッサ」にぶらり立ち寄ります。

グレ狙いin鵜来島

今月の海遊人は、愛媛県より口太グレの磯釣りをお送りします。 ゲストにフィッシングハヤシの宮地師匠を迎え、冬磯攻略を目指します! この時期は、かなりの数釣りが見込め、さらに大型もガンガンアタックしてくるとの事前情報を聞きつけ、意気揚々と乗り込んだ海遊人軍団でしたが・・・。 冬磯攻略に挑む海遊人軍団の戦い!是非ご覧ください!

ベイコム・地元ニュース(大阪版)2019年3月5日号

婚姻届提出の記念に!写真撮影コーナーを設置(大正) 福島区防災フェスタ 知る体験あそぶDAY2019(福島) 第18回市岡寄席(港) ギネス世界記録に挑戦(此花) みんな集まれ!ファミリーひろば ちびっこのつどい(西淀川) 小学生防災士から学ぶ防災講座(西)

ベイコム・地元ニュース(兵庫版)2019年3月12日号

ゆめ・まちGLASS to HAPPY~楽しく飲んで被災地を応援~(西宮) 50mダッシュ王選手権(西宮) 伊丹市民オペラ プレトーク(伊丹) 春の美味いもん市2019(尼崎) 築地「南浜」地車 入魂式・お披露目式(尼崎) 阪神電車×桃園メトロ連携記念ラッピング列車お披露目式(西宮)

J:COMpark2017年4月前半号「KC,s×J:COMparkコラボグッズ第四弾!」

今年も決定しましたKC,sさんとのコラボグッズ第四弾! ついにデザインが決定しました!今回はどんなグッズになるのか!? 詳しくは番組をチェック!!! WEB:http://c.myjcom.jp/jch/p/jpa/ ブログ:http://jcomch-kansaiobp.blogspot.jp/ ツイッター:https://twitter.com/JCOMPark

あなたにおすすめ

市民が創り上げた天下一

ケーブルメディアワイワイ:制作 第43回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード コミュニティ部門奨励賞 【番組概要】 宮崎県北部の工業都市「延岡市」。企業城下町として発展してきた一方、城山公園をはじめ江戸時代以前からの歴史を感じられる町でもある。延岡では、旧藩時代から受け継がれる「天下一の能面」を活かし街づくりにとりくもうと、1997年から城山公園で薪能「のべおか天下一薪能」を上演してきた。市民ボランティアと能楽師の協働で創り上げられる舞台。城下町の歴史を体現するイベントとして2016年に開催20回を迎え、今年は屋外公演で記録のほとんどない能「道成寺」を上演した。また薪能は、次の世代への継承も始まっている。延岡の伝統文化として薪能を継承する姿や想いを伝える。 【審査員コメント】 延岡は室町時代から能に因があり天下一の面30点を残す。その延岡が20年前から始めた薪能。京都片山家10世、それに市民・学生が全力で参加、舞台や大道具の制作から舞や詠いに参加。能の大作道成寺を大雨の中で見事に成功。高感度の高い地域番組。

コトマチ ~子どもが育む、地域の未来~

新川地域介護保険・ケーブルテレビ事業組合:制作 第42回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード コンペティション部門優秀賞 富山県黒部市の社会福祉法人あいじ福祉会理事長、岩井恵澄さんへのインタビューを軸に、地元の保育環境の変遷を振り返るとともに、「シニアサポーター」という取り組みを紹介します。少子高齢化・労働力人口の減少・女性の活躍・地域コミュニティの希薄化・保育士の負担軽減など、諸問題に波及していく、その「一石多鳥感」を感じていただければと思います。

幸福のカタチ Report to the UN ~from the happiness city~ 夢を追いものづくりのまちに移住 ~子育て世帯 移住幸福度日本一 福井で暮らす~

丹南ケーブルテレビ:制作 第43回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード コンペティション部門奨励賞 【番組概要】 番組では、丹南地域で、“幸福のカタチとは?”“女性が輝く社会とは何か” を探訪し、取材から感じたそのヒントを国連女性問題の第一人者アンワルル K チャウドリー国連大使(元国連事務次長、国連の友アジアパシフィック会長)にレポート。国連NY本部ハイレベルフォーラムやUNWOMAN、UNFPAなど関係機関にて報告を行う番組を掘り下げるファシリテーターに、国連の友アジアパシフィックと提携している日本歌手協会より、歌手で女優の大場久美子さんと、早見優さんを起用。進行役のモデレーターには、国連の友アジアパシフィックの小松田有理が担当。毎回二人の女性が、地域のデータを元に、地域で輝く様々な人に出会い、協働・持続可能な社会発展への考え方や施策、道筋などを探求し、そのヒントを探って行く。今回応募した番組は、「夢を追いものづくりのまちに移住~子育て世帯 移住幸福度日本一福井で暮らす~」と題し、高校卒業と同時に越前市に移住し、打刃物職人としての道を歩みはじめた山本直さんに、移住へのきっかけや、職人としての想い、地域の人との関わりについて話を聞いた。 【審査員コメント】 インタビューとスタジオトークの番組だが、事前リサーチがしっかりしていたのかインタビューが濃く、早見優さんのようなタレントさんを使うと善し悪しもあるが、出過ぎずに良い役割をしていた。全体構成として移住してきたご主人の仕事から入り、奥様の目線での移住生活、子育てなど住まう方の気持ちに沿っており好感が持てる。女性や高齢者が輝く社会が大事だが、このような形で情報発信が重要になっていくと思う。

思いを伝えよう心の詩コンクール10周年記念特別番組(ダイジェスト)

大垣ケーブルテレビ:制作 第43回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード コミュニティ部門奨励賞 【番組概要】 岐阜県大垣市で小学生を対象に開催されている「思いを伝えよう心の詩コンクール」の10周年記念番組。入賞作品の紹介やコンクール関係者へのインタビュー、過去の最優秀受賞者の今など。 【審査員コメント】 子供の詩が素晴らしい。高校生の朗読と映像も素晴らしい。審査風景や教育長の挨拶は余計のようだが、これも地域社会ぐるみで次世代を見守る気持ちが伝わってくる。10年間付き合ったケーブルテレビの姿勢も見えてくる。

米子が生んだ心の経済学者~宇沢弘文が遺したもの~

中海テレビ放送:制作 第43回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード コンペティション部門審査員特別賞 【番組概要】 鳥取県米子市出身で2014年9月に亡くなった東京大学名誉教授の宇沢弘文さん。「心を持った経済学者」として、経済成長至上主義の社会の在り方を批判し続けた宇沢さんは、「人間の心を大切にする経済学」を追求し続けた経済学者であった。番組では、宇沢さんのプロフィールや功績を紹介するとともに、「宇沢理論」を継承する経済学者、さらには家族らの証言なども交えながら宇沢さんの人物像を探っていく。 【審査員コメント】 宇沢弘文さんは日本を代表する経済学者でシカゴ大学で教員をしていたが、米国の自由主義的な経済学が異を感じ帰国、自動車問題や晩年は成田闘争にも関られた。非常に優しく、経済学の学問を武器にしつつ人々に分け入っていく人だった。その方の生涯を優しく番組として作られており、かつ、宇沢さんの仕事と米子をうまく入り込みながら番組にし、丁寧な人物記になっている。

ピックアップ

J007 幸せの味

eiga worldcup2016 自由部門出品作品 埼玉県立芸術総合高等学校 映像芸術科 あるとき主人公が出会ったのは、珍妙な二人組みの男子生徒。「料理研究同好会」と人との出会いを通して、主人公は変わっていきます、自分の心にある「食べること」とは何なのかと・・・・・。

【高校野球2017夏 西東京大会 チーム紹介】明治学院東村山高等学校

東村山市富士見町にある明治学院 東村山高等高校。 部員数は、1年生16人、2年生14人、3年生21人の、合わせて51人。 チーム史上最高成績のベスト8を目標に、昨年改修された真新しい天然芝のグラウンドで、日々練習に励んでいます。

J:COMpark 2016年2月前半号「大阪市旭区 千林商店街」

J:COMpark(ジェイコムパーク)2016年2月前半号をお届けします! 今回のぶらぶらスポットは、大阪市旭区の千林商店街です! 「多田平安堂」で占ってもらったたつをの運命はいかに!「ワンニャンホンポ」では、キュートなチンチラにメロメロ。そして、和菓子と日本酒というコラボが楽しめる「おもちcafe&バル 柳屋」では、またもやお酒を・・・最後に、「99円ベーカリー」でできたてのパンを頬張る2人・・・魅力たっぷりの商店街散策をお楽しみ下さい! WEB:http://c.myjcom.jp/jch/p/jpa/ ブログ:http://jcomch-kansaiobp.blogspot.jp/ フェイスブック:https://www.facebook.com/jcompark/ ツイッター:https://twitter.com/JCOMPark

ふわっと・・・欣様 -What? KIN-SAMA- 1月前半号

番組リポーターの欣様こと安田欣司さんは、 河内地域のJ:COMチャンネルで活躍する、 もって生まれたオーバーリアクションと もって生まれた大きな声が特徴の地域タレントです。 皆さま、新年明けましておめでとうございまーす。 あっというまに2017年になりましたねー。 月日が流れるのは早いものです。 さてさて、今回、私たちがお伺いしたのは、 八尾市でーす。 地域産業の栄える八尾市の企業や美味しいお店にお伺いしながら、 地域の魅力をご紹介していきまーす。

ニュースウォーカー0210放送「善行賞 表彰式」

2月10日放送のSTVニュースウォーカーから、「善行賞 表彰式」の様子をご紹介します。地域のために日々貢献している児童を対象に、須坂市が設けている「善行賞」。事務員不在の集会場の花に、2年間毎日かかさず水やりを続けた兄弟が学んだことは・・?

隠岐★ドキ!あまチャンネル・アーカイブ Vol.8「海士の本氣米と隠岐ジオ博SP未公開シーン集」(2016年11月放送)

かつて後鳥羽上皇遠流の地として、隠岐中ノ島(海士)が選ばれた理由に、元々海産物の宝庫として名高く、離島でありながら平野が広がり地下水も豊富で米づくりに適しているといことで食べものには困らないということがあったそうです。 その後も都の貴族が島に次々と流されたことが、この島の文化に大きな影響を与えました。 そのように島の歴史の背景として貴重な役目を果たしてきた田園風景が、このままでは後継者不足で消えてしまう.. ということで誕生したのが島の農家さんたちが魂を込めて「本気」で作ったお米「本氣米」。今回番組で紹介します。 もう一つは、前回まで3回シリーズでお送りした『隠岐ジオ博Sスペシャル』の未公開シーン集です。

福丸がゆく2018年5月21日放送 伊丹市 新伊丹駅~稲野駅界隈

今回は阪急新伊丹駅から散策を開始! フォークソングを愛する御主人が営むカフェや、 江戸時代から5代続くヘアサロンへ! そんな個性的なお店が同じビルにあったりと、 街の魅力を再発見した福丸さんでございました!

ニュースウォーカー0525放送「ニュースポーツフェスティバル」

5月19日に行われた、須坂市のスポーツフェスティバルの様子をお届けします。

西三河フォークジャンボリー2016 #4

2016年4月に愛知県刈谷市の「ハイウエイオアシス刈谷」で開催された「西三河フォークジャンボリー2016」の模様をお届けします。 懐かしの70年代フォークソングから、80年代のニューミュージック、そしてロックまで、名曲の数々をお届けします! 登場アーティスト 15:<シークレットゲスト>マイク眞木 曲:気楽に行こう/Puff/バラが咲いた