(一社)日本ケーブルテレビ連盟

さくらとあゆ アンコール特別篇~前編~

提供元:(一社)日本ケーブルテレビ連盟

お気に入り
  • facebook
  • twitter
  • google plus
  • LINE
番組紹介

吉備ケーブルテレビ:制作
第43回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード コミュニティ部門審査員特別賞
【番組概要】
主人公「さくら」は地元「高梁」を離れ東京で暮らしているが、たまたま帰省した時に、東京から移住してきた新規就農者「陽一」と出会う。価値観が違う二人はなぜか次第に引かれていく。地域住民たちもそんな二人を温かく見守り、やがて結婚。あたたかな家庭を気付いていく。当たり前に見えるけど特別な「ふつう」を作り出していく人々の物語。(一話30分・全五話のドラマのうち主に1話と2話で再編集したもの)
【審査員コメント】
ストーリーの展開は見え見え、演技は未熟だが、子育て世代を増やそうという企画の熱意は十分伝わる。現場で実務に当たる人の演技には説得力があり情報量も多い。カメラワークや映像処理は上手でケーブルTVの仕事として興味深い。自治体の町興し・縁結ぶサポーターの延長で婚活ドラマまで作る実行力には恐れ入る。ケーブルTVの信用度も想像され努力賞もの。

シリーズ/関連動画

この動画には関連動画があります、他も見てみませんか?

eiga worldcup 2017 自由部門 Darkness

北海道旭川工業高等学校

eiga worldcup 2017 地域部門 紡ぐ

神奈川県立弥栄高等学校

eiga worldcup 2017 自由部門 センチメートル

埼玉県立芸術総合高等学校

eiga worldcup 2017 自由部門 ROOM ~ルーム~

沖縄県立那覇国際高等学校

平成28年国府宮はだか祭

稲沢シーエーティーヴィ:制作 第42回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード コンペティション部門奨励賞   奈良時代に起源を持つ国府宮はだか祭。毎年このお祭では、触れると厄が落ちると言われている神男が神籤によって選ばれます。非常に危険が付きまとう神男に今年選ばれたのは池谷悟・44 歳。この番組は、その人間像や、それを見守る両親や仲間たち、さらに、鉄鉾会という歴代の神男で構成された組織に迫ったドキュメンタリーです。

市民が創り上げた天下一

ケーブルメディアワイワイ:制作 第43回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード コミュニティ部門奨励賞 【番組概要】 宮崎県北部の工業都市「延岡市」。企業城下町として発展してきた一方、城山公園をはじめ江戸時代以前からの歴史を感じられる町でもある。延岡では、旧藩時代から受け継がれる「天下一の能面」を活かし街づくりにとりくもうと、1997年から城山公園で薪能「のべおか天下一薪能」を上演してきた。市民ボランティアと能楽師の協働で創り上げられる舞台。城下町の歴史を体現するイベントとして2016年に開催20回を迎え、今年は屋外公演で記録のほとんどない能「道成寺」を上演した。また薪能は、次の世代への継承も始まっている。延岡の伝統文化として薪能を継承する姿や想いを伝える。 【審査員コメント】 延岡は室町時代から能に因があり天下一の面30点を残す。その延岡が20年前から始めた薪能。京都片山家10世、それに市民・学生が全力で参加、舞台や大道具の制作から舞や詠いに参加。能の大作道成寺を大雨の中で見事に成功。高感度の高い地域番組。

編集チームおすすめ

平成30年7月豪雨 義援金募集のお知らせ

ご支援・ご協力をお願いします。

ランキング

第33回魁星旗争奪全国高校女子剣道大会 横浜創英 対 札幌丘珠

2017年3月29日から31日にかけて、秋田県立武道館で開催された熱戦の模様をご覧ください。

【2016夏・高校野球 埼玉大会 チーム紹介】西武文理高等学校

西武学園文理高等学校は、入間川の流れと武蔵野台地に囲まれた 狭山市柏原にあります。 野球部は1981年創部、去年の埼玉県大会、今年の春の大会とベスト8。 部員77人が持ち前のチーム力を発揮し全国大会出場を目標に日々練習に励んでいます。

なないろゆでたまご

BAN-BANネットワークス:制作 第42回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード コミュニティ部門優秀賞 「なないろゆでたまご」は、番組のコンセプトが 「予算ゼロ」 という実験的な番組で、いかに地域を巻き込むかアイデアを出しながら、毎月企画を変えて放送しています。ケーブルテレビでは珍しく、再放送なし生放送一度きりの30分番組。2015 年11 月放送分は、地元小学校で開催された、学校のオリジナルキャラクター総選挙の前日特番を制作しました。

視聴者プレゼントヒーロー「チョーダイナー」#1~阻止せよ!ゴーストノイズの恐怖電磁波作戦!前編~

大得寺貰(おおとくじ・もらう)は 正義の変身ヒーロー、「チョーダイナー」である。ベイコム視聴エリアの自由と平和を守るため、悪の秘密結社・ゴーストノイズと日夜戦い続けるのだ!「視聴者プレゼントヒーロー」である彼がチョーダイナーに変身する為には、「プレゼントエネルギー」のチャージが必要である。エネルギーをチャージする為、今日も大得寺貰は「視聴者プレゼント」を頂戴するのだ!

清流と緑のまち やまがた 12月号

自然豊かで美しい岐阜県山県市を紹介する番組。 市の取り組みのほか、元気な山県の子供達も沢山紹介します。

あなたにおすすめ

ええやん!!あかし

明石ケーブルテレビ:制作 第42回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード 準グランプリ 「ええやん! ! あかし」は、その名のとおり明石の 「ええとこ」 にこだわり、地元情報を面白おかしく紹介することがモットー。地域を知り尽くした市民リポーターたちが、飾らない普段の言葉で 「わがまち自慢」 をしてくれることで、番組を見た市民が改めて地元明石に誇りを感じるきっかけとなっています。コミュニティづくりに一役買える番組として、これからも明石の魅力を発信していきたいと思います。

「やまぐちひわだ」で伝統を継ぐ

山口ケーブルビジョン:制作 第43回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード コンペティション部門奨励賞 【番組概要】 約200年前から山口県で唯一、桧の皮で寺社の屋根を葺く「桧皮葺」(ひわだぶき)を専門に請け負う「有限会社ひわだや」。番組では、「ひわだや」が初めて生産した県内産の桧皮「やまぐちひわだ」を作る過程、そして作った桧皮で30年ぶりに屋根を葺いた山口県山口市阿知須の「北方八幡宮」の本堂の屋根葺きの様子を約半年間かけて取材しました。番組では、社長で職人の佐々木さんが「やまぐちひわだ」を作るための職人不足に対応するため、「ひきこもり」の人たちを職人に育てる様子や「ひきこもり」の人たちのサポートをする様子、材料となる桧の皮を確保するため山口市内の森林を保全しながら桧の皮を採取する様子を紹介するほか、「北方八幡宮」で職人たちが竹の釘で屋根を葺く伝統的な屋根葺きの姿を紹介しながら、「やまぐちひわだ」を通し屋根葺きに関わる人たちの情熱や想いをお伝えします。 【審査員コメント】 ヒノキの皮の柔らかい手触りが、伝わってくるような作品。質感を感じ、良いきれいな作品と感じた。審査の過程でもかなり審査委員の方からの評価もあった。

世界農業遺産-高千穂郷・椎葉山地域-

ケーブルメディアワイワイ:制作 第43回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード 4K部門4K技術賞 【番組概要】 高千穂郷・椎葉山地域は、面積の9割以上を森林が占める。林業と共に原木椎茸の栽培や、日本で唯一継承されている焼畑、山を切り拓いて作られた棚田での米作りなど、独自の伝統農法が継承されている。これらは、地域共同の作業によって維持されるものが多く、各地区で受け継がれる伝統芸能「神楽」によってコミュニティが形成されてきた。一方、過疎化による人口減少により地域の将来を担う人材不足などの課題もある。これに対し、地元の高校では独自の農村文化を伝える授業も始まり、世界農業遺産を契機とした地域の再生が期待されている。 【審査員コメント】 色がすごかった。自然が持っている豊かな色がいろんなところに出てきたと感じた。朝とか夕方とか時間によっても違うところが良く出ていた。

幸福のカタチ Report to the UN ~from the happiness city~ 夢を追いものづくりのまちに移住 ~子育て世帯 移住幸福度日本一 福井で暮らす~

丹南ケーブルテレビ:制作 第43回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード コンペティション部門奨励賞 【番組概要】 番組では、丹南地域で、“幸福のカタチとは?”“女性が輝く社会とは何か” を探訪し、取材から感じたそのヒントを国連女性問題の第一人者アンワルル K チャウドリー国連大使(元国連事務次長、国連の友アジアパシフィック会長)にレポート。国連NY本部ハイレベルフォーラムやUNWOMAN、UNFPAなど関係機関にて報告を行う番組を掘り下げるファシリテーターに、国連の友アジアパシフィックと提携している日本歌手協会より、歌手で女優の大場久美子さんと、早見優さんを起用。進行役のモデレーターには、国連の友アジアパシフィックの小松田有理が担当。毎回二人の女性が、地域のデータを元に、地域で輝く様々な人に出会い、協働・持続可能な社会発展への考え方や施策、道筋などを探求し、そのヒントを探って行く。今回応募した番組は、「夢を追いものづくりのまちに移住~子育て世帯 移住幸福度日本一福井で暮らす~」と題し、高校卒業と同時に越前市に移住し、打刃物職人としての道を歩みはじめた山本直さんに、移住へのきっかけや、職人としての想い、地域の人との関わりについて話を聞いた。 【審査員コメント】 インタビューとスタジオトークの番組だが、事前リサーチがしっかりしていたのかインタビューが濃く、早見優さんのようなタレントさんを使うと善し悪しもあるが、出過ぎずに良い役割をしていた。全体構成として移住してきたご主人の仕事から入り、奥様の目線での移住生活、子育てなど住まう方の気持ちに沿っており好感が持てる。女性や高齢者が輝く社会が大事だが、このような形で情報発信が重要になっていくと思う。

世間遺産 ~美浜町古布 後編~

知多半島ケーブルネットワーク:制作 第43回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード コミュニティ部門奨励賞 【番組概要】  誰の心にもある「大切なもの」、「未来に残したいもの」をこの番組では『世間遺産』とよんでいます。『世間遺産』は、場所や物である必要はなく、その人が思う「大切なもの」、「未来に残したいもの」であれば、考え方でも人物でも何でも『世間遺産』になります。そのルールのもと、毎月放送エリア内の1つの地域をリポーターが散策し、出会った人たちの『世間遺産』を伺い、それにまつわるエピソードをご紹介していきます。平成24年3月から始まったこの番組は、今年で6年目を向かえ、地域の人たちからお伺いした『世間遺産』の数は350を超えました。この回は、太平洋戦争開戦に向けて海軍航空隊が設置されることになり、地区ごと移転を迫られた美浜町古布地区の人たちから『世間遺産』を伺いました。番組尺:1地域につき前半15分(月の上旬放送)、後半15分(月の下旬放送)リポーター:小島 一宏(フリーアナウンサー、大同大学准教授) アシスタント:松田 唯(知多半島ケーブルネットワーク株式会社 社員) 【審査員コメント】 未来に残したい大切なものを「世間遺産」と名付けそれを地域で探す。海軍航空基地建設の為に地域丸ごと強制移住された集落で、集まった数人の古老から言われたことは”平和ぐらい尊いものはない、守り続けなければ”ということだった。15分のシンプルな番組づくりだが、ふるさとの歴史の断面が切々と伝わる佳作。

ピックアップ

コロコロチキチキペッパーズの「やっべぇぞ!!」(法隆寺国際高校 ダンス同好会)

漫才コンビ「コロコロチキチキペッパーズ」がお届けする15分番組 「やっべぇぞ!!」 日々練習に励む学校の部活や、地元のサークルに突撃してガチンコ対決。 今回は「法隆寺国際高校 ダンス同好会」に突撃。

C005 覗いて見つけたスピーカー

eiga worldcup2016 地域部門出品作品 埼玉県立芸術総合高等学校 映像芸術科 私の住んでいるまちのいろいろな場所をいろいろな目線で覗いてみた。じぃっと覗いていると、周りの音がいつもより生き生きと聞こえてくる。人、車、植物、鳥。それはこのまちが生きている音なのだ。

【高校野球2017夏 西東京大会 チーム紹介】東京工業高等専門学校

25歳の青年指揮官が率いる東京高専。学校近くの坂道を走って鍛え上げた強靭な足腰で、強豪校撃破を狙う!

ロックフィッシュ狙いin宿毛 後編

高知県西部よりオオモンハタなどの根魚ルアーゲームをお送りします。 梅雨時期でコンディションの悪い中、価値ある1匹を釣り上げるべく海遊人軍団が奔走!!何とか結果を残したい海遊人軍団・・・。はたして釣果はいかに!?

街ビジョン_若者の定住促進を考える(前編).MXF

 大学生が街の課題や問題点を見つけて、よりよい街の未来像を考える番組「街ビジョン」  毎回さまざまなテーマで大学生がディベートを行い、各分野の専門家に意見をうかがいます。 ※この番組は、茨城大学「COC地域課題解決型特定研究プロジェクト」と連携しています。

日立が世界に誇る文化

平成24年 辰年、7年に1度の神峰神社大祭礼が執り行われました。 宮田町のおまつりロードに繰り出した4町の日立風流物、4台同時公開の魅力、 曳山の迫力、大祭礼のご神幸行列。 7年に1度しか見られない祭礼の荘厳な姿を追いかけました。

コロコロチキチキペッパーズの 「やっべぇぞ!!」(バウンドテニス さくら【橿原市】)

漫才コンビ「コロコロチキチキペッパーズ」がお届けする番組 「やっべぇぞ!!」 日々練習に励む学校の部活や、地元のサークルに突撃してガチンコ対決。 今回は橿原市のバウンドテニスクラブ「 さくら」に突撃。ヒガシ逢ウサカ「高見」も登場。

目黒区動画ニュース(2015年8月18日更新)

目黒区内のイベントや取り組みなどをご紹介する 「目黒区動画ニュース」 8月6日の広島原爆の日、 目黒区では、平和を祈るつどいなどが開かれました。 目黒区総合庁舎前にある、中目黒しぜんとなかよし公園では、 原爆が投下された午前8時15分にあわせて 萠友会(目黒区被爆者団体)の会員や 区民、区の職員などが黙祷を行いました。 また、区民センターでは平和祈念のつどいが開かれ、 参加者による献花のほか、 平和祈念標語優秀賞受賞者への表彰が行われました。 正午からは、区民センター公園で平和の鐘が打ち鳴らされました。 参加者は平和への思いをこめて鐘を鳴らしました。 今年は終戦から70年という節目の年を迎えました。 番組では、 平和の尊さを改めて感じる日となった様子をご紹介します。

PACいちのみや

打合せから撮影・編集まで、市民ボランティアが手掛ける「市民制作番組」です。 今回は「ロコモヨガ138」をご紹介します。

【高校野球2018夏 東東京大会 チーム紹介】目白研心高等学校

新宿区にある目白研心高等学校が共学になったのは10年前。その時 創部した野球部、モットーは「あと少し低く」。何事にも謙虚な気持ちを忘れず、地に足をつけていこうという意味。