(一社)日本ケーブルテレビ連盟

「やまぐちひわだ」で伝統を継ぐ

提供元:(一社)日本ケーブルテレビ連盟

お気に入り
  • facebook
  • twitter
  • google plus
  • LINE
番組紹介

山口ケーブルビジョン:制作
第43回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード コンペティション部門奨励賞
【番組概要】
約200年前から山口県で唯一、桧の皮で寺社の屋根を葺く「桧皮葺」(ひわだぶき)を専門に請け負う「有限会社ひわだや」。番組では、「ひわだや」が初めて生産した県内産の桧皮「やまぐちひわだ」を作る過程、そして作った桧皮で30年ぶりに屋根を葺いた山口県山口市阿知須の「北方八幡宮」の本堂の屋根葺きの様子を約半年間かけて取材しました。番組では、社長で職人の佐々木さんが「やまぐちひわだ」を作るための職人不足に対応するため、「ひきこもり」の人たちを職人に育てる様子や「ひきこもり」の人たちのサポートをする様子、材料となる桧の皮を確保するため山口市内の森林を保全しながら桧の皮を採取する様子を紹介するほか、「北方八幡宮」で職人たちが竹の釘で屋根を葺く伝統的な屋根葺きの姿を紹介しながら、「やまぐちひわだ」を通し屋根葺きに関わる人たちの情熱や想いをお伝えします。
【審査員コメント】
ヒノキの皮の柔らかい手触りが、伝わってくるような作品。質感を感じ、良いきれいな作品と感じた。審査の過程でもかなり審査委員の方からの評価もあった。

シリーズ/関連動画

この動画には関連動画があります、他も見てみませんか?

eiga worldcup 2017 自由部門 Love Impossible

大阪府立阿倍野高等学校

eiga worldcup 2017 自由部門 ReSTART!

神奈川県立藤沢清流高等学校

eiga worldcup 2017 自由部門 待つ

千葉県立小金高等学校

世界農業遺産-高千穂郷・椎葉山地域-

ケーブルメディアワイワイ:制作 第43回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード 4K部門4K技術賞 【番組概要】 高千穂郷・椎葉山地域は、面積の9割以上を森林が占める。林業と共に原木椎茸の栽培や、日本で唯一継承されている焼畑、山を切り拓いて作られた棚田での米作りなど、独自の伝統農法が継承されている。これらは、地域共同の作業によって維持されるものが多く、各地区で受け継がれる伝統芸能「神楽」によってコミュニティが形成されてきた。一方、過疎化による人口減少により地域の将来を担う人材不足などの課題もある。これに対し、地元の高校では独自の農村文化を伝える授業も始まり、世界農業遺産を契機とした地域の再生が期待されている。 【審査員コメント】 色がすごかった。自然が持っている豊かな色がいろんなところに出てきたと感じた。朝とか夕方とか時間によっても違うところが良く出ていた。

eiga worldcup 2017 自由部門 僕の証明

千葉県立柏中央高等学校

編集チームおすすめ

激流と闘う乙女たち 栄光への軌跡

第44回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード グランプリ総務大臣賞に輝いた作品をどうぞご覧ください。

ランキング

検証!屋島源平合戦 ~源義経軍の足跡を追う~

第44回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード コンペティション部門奨励賞 ケーブルメディア四国:制作 源義経が源平合戦の終盤に大きく活躍した「屋島の戦い」において、大坂を出発した義経軍が徳島に入ってから、どのようなルートを経て屋島(香川)までに至ったのか、実際のルートを大学の先生とたどりつつ、解説を加えながら紹介しました。 ルートの要所では、「各地に残る伝説」と「実際の歴史」を対比させ、定説とは異なる新たな考察から新しいルートを紹介し、最終章では、屋島で行われた戦いであったにも関わらず、屋島の対岸に多くの伝説が残っている理由を推測しました。 さらに、視聴者が同じルートを辿ることを想定し、現地への行き方、休憩場所としてランチの紹介を加えました。

【高校野球2017夏 西東京大会 チーム紹介】東京電機大学高等学校

小金井市梶野町にある『東京電機大学高等学校』 野球部は今年で69年目。 部員は1年生8人、2年生4人、3年生8人の合わせて20人です。 今年のチームのモットー全力野球で夏の大会に挑みます!

【高校野球 2017夏 西東京大会チーム紹介】佼成学園高等学校

攻・走・守、三拍子揃った今年、 43年ぶりの甲子園出場を狙う 佼成学園高等学校野球部。 男子校ならではの友情と熱い信頼、 そして、規律正しい行動を重んじる、 121人の部員が所属しています。 今年のモットーは、「優勝」の二文字。 春・夏合わせて甲子園出場 3回の実績を誇る強豪校が、 今年こそはと悲願達成に挑みます。

わがまちの風景【尼崎市尾浜】

わたしたちの住むまちの風景を音楽とともにお届けします。

UP!アップ!関ガール シーズン2 vol48

関西のケーブルテレビを応援するために結成されたアイドルユニット「関ガール」。この番組はそんな彼女たちが毎回ゆる~いチャレンジを繰り返しながらアイドルとして成長していくバラエティ!

あなたにおすすめ

おんばしら 山出し篇

エルシーブイ:制作 第43回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード 4K部門4K大賞 【番組概要】 長野県の諏訪地域で干支の申と寅の年に七年目ごとに行われる天下の大祭「諏訪大社御柱祭」1200年以上前から勇壮な祭りとして諏訪地域に伝わります。御柱祭は奥山から大木=御柱を切り出し、山から里に人力で曳き出し、社殿の四隅に御柱を建てます。祭には諏訪市・茅野市・岡谷市・富士見町・下諏訪町・原村の6市町村の諏訪大社の氏子が心を一つにして挑みます。本番組は平成28年の御柱祭を初めて4Kカメラで撮影、編集したものです。当社は、「おんばしら 」のシリーズとして3タイトルの4K番組を制作しました。ケーブル4K、チャンネル700で全国配信しました。応募番組はそのうちの1作品です。初めて御柱を見た人でも、諏訪人が御柱に掛ける想い、そして伝統の祭りに携わっている心意気を伝えます。 【審査員コメント】 今までもおんばしらについては見ていたが、今回やはり、たまげました。迫力があるのは分かっているはずだが、画面いっぱいに溢れる迫力であった。 また、おんばしらが群像スペクタクルであることをあらためて感じ、そして一人一人の表情がよく捉えられていた。劇場の大きいスクリーンで是非観てみたい。祭りが伝承されるだけではなく、番組の作り手たちが向き合ってきた伝統がしみ出ている。

検証!屋島源平合戦 ~源義経軍の足跡を追う~

第44回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード コンペティション部門奨励賞 ケーブルメディア四国:制作 源義経が源平合戦の終盤に大きく活躍した「屋島の戦い」において、大坂を出発した義経軍が徳島に入ってから、どのようなルートを経て屋島(香川)までに至ったのか、実際のルートを大学の先生とたどりつつ、解説を加えながら紹介しました。 ルートの要所では、「各地に残る伝説」と「実際の歴史」を対比させ、定説とは異なる新たな考察から新しいルートを紹介し、最終章では、屋島で行われた戦いであったにも関わらず、屋島の対岸に多くの伝説が残っている理由を推測しました。 さらに、視聴者が同じルートを辿ることを想定し、現地への行き方、休憩場所としてランチの紹介を加えました。

放送セミナー戦後70年 「戦時下の鈴鹿市 戦争の記録と記憶」 「戦後の鈴鹿市 軍都から緑の工都へ」

ケーブルネット鈴鹿:制作 第42回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード コミュニティ部門奨励賞   戦後70 年を機に、戦中・戦後の鈴鹿市の歩みをまとめました。軍都として生まれた鈴鹿市には、多くの軍需施設が作られ、苦難の道を歩みますが、戦後は、幾多の努力と逸話を重ねて、「軍都から緑の工都へ」と変わることができました。戦中・戦後の記録と記憶。それは一人ひとりの小さな体験から、市政の舵取りまで、鈴鹿市民の心の原点なのです。

品川に生きる

ケーブルテレビ品川:制作 第43回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード コンペティション部門優秀賞 【番組概要】 2020年東京五輪に向けて開催準備の動きが加速し、日本の表玄関としても期待が高まるまち、品川。JR山手線大崎駅周辺地区では近代的ビル群が誕生し、街が生まれ変わろうとしている。一方で、旧東海道周辺の街並みは歴史の面影や江戸風情を残し、そこに住む人には、下町気質や人情、近隣とのふれあいなど今も変わらずに根付いているものがある・・・。そんな歴史と文化のまち品川を、そこに生きる人々にスポットを当て、まちの息づかいを伝えていく試みが本企画制作の狙いです。開局20周年を迎えたケーブルテレビ品川が積み重ねてきた映像制作の実績と地域とのネットワークを活かし、地域に根ざしたメディアとして当社ならではの特別番組を制作。 【審査員コメント】 品川という町の奥行きを感じる作品で訪れたくなった。一眼レフのカメラで撮られた表情とナレーターがマッチしていて温かい雰囲気を出している。4部構成だが4つの作品のクオリティーのばらつきは感じた。1、2本目は人の表情なども丁寧に取られていて好感が持てた。それに比べると3、4本目は、ナレーションありきで流れてしまった印象。全体的には街や人を描くというケーブルの大事なテーマをしっかり捉えている作品かと思う。

3年1組ロド先生

第43回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード コンペティション部門優秀賞 【番組概要】 豊田市立保見中学校。そこに1人の教師がいる。日系ブラジル人3世 伊木ロドリゴ、通称「ロド先生」。愛知県の公立中学校における外国籍教員の数は、わずか6人。 外国からの出稼ぎ労働者が多く住む保見地区の保見中学校は、外国籍の生徒が約3割を占める。一口に外国籍の生徒と言っても、その内実は様々。夢に向かって頑張る生徒もいれば、学校に馴染めない生徒もいる。日本の社会の中で生き、様々な壁を乗り越えて教師となったロド先生。厳しくも前向きなメッセージを生徒達に伝えている。ロド先生の言葉を胸に、生徒達は保見中学校を巣立っていく。ブラジル人としてではなく、1人の人間として、生徒達に向き合うロド先生の1年を追った。 ※数字は2016年4月の放送当時のものです 【審査員コメント】 良くできている作品だと改めて感じた。1つの教室なかだけでカメラを据えてそこから見えてくるものをすくい上げ、地域そのもが見えてくる。子供たちの背景も丁寧に描かれている。先生と生徒のやり取りなど良く撮れており感慨深いものがある。見終わった時に感動もある。見ている中から考えさせられる良い作りとなっている。信頼があったから家庭も含めた困難な取材を可能とし、番組全体の温かさに繋がっているように思う。

ピックアップ

【高校野球2017夏 東東京大会 チーム紹介】日本大学第一高等学校

日本大学第一高校野球部は今年で創部93年。千葉県船橋市にある千葉日大一高のグラウンドで練習をしています。甲子園に、春夏併せて10回出場している伝統校が1988年以来の甲子園を目指します。 今年はシートバッティングにベースランニングを組み込み、走塁の感覚とスタミナの強化に取り組んできました。その日大一高の攻守の要となるのが、4番を任される大塚巧巳選手とエースの下野湧雅選手です。 チームの中心的存在、キャプテンの根本隆平選手にも期待がかかります。 「全員主役」をスローガンに日大一高はチーム一丸となって甲子園を目指します。

【高校野球2017夏 西東京大会 チーム紹介】都立石神井高等学校

練馬区関町北にある都立石神井高等学校。 野球部員数は、1年生17人、2年生8人、3年生8人、マネージャー4人の、あわせて37人です。 今年のチームの強みは、打撃力。 オフシーズンから素振りと下半身の強化を行い、どの打順からでもヒットを打って流れを作り 打ち勝つことができるチームに仕上げてきました。 チームのモットーは 「凡事徹底)」。 当たり前のことを徹底的に行うという精神で、日々の練習にも真剣に取り組んでいます。 夏の大会は、全員野球で一戦一戦しっかりと戦い、甲子園出場を目指します。

第100回 全国高等学校野球選手権記念 東千葉・西千葉大会 出場校紹介 成東高校

7月11日に開幕する東千葉・西千葉大会に向けて、エリア内の主な出場校を紹介。選手・監督のインタビューや練習風景を交えながらチームの一球に込めた想いを総力取材!この夏に向けた球児たちの姿をお見逃しなく!

FC岐阜応援番組 緑の話を聞け!#6

リーグ参入11年目を迎えたFC岐阜!チームの新たな歴史の幕開けとなる今シーズンを、番組ではチームの戦い・魅力を紹介します!

それいけ爆釣中!vol.7

平成25年11月放送「今夜お前を食べちゃうぞ編」 お酒が飲みたい。 ただそれだけを目的に、宴会用の食べられる魚を釣りに行く。 後半のエギングが見もの!?

それいけ爆釣中!vol.11

平成26年3月放送「大きくてキュンキュンしちゃう編」 高知じゃ何も釣れない…ってことで愛媛遠征。 尺メバルを探す!

犬旅 Daisuke & Sakura@Akita Inu Honbuten,Odate Akita

CNA秋田ケーブルテレビでは、CNA社員の秋田犬「し~なだいすけとさくら」が全世界に向けて、秋田をPRする動画コンテンツを発信しています。最新作は「犬旅 Daisuke & Sakura@Akita Inu Honbuten,Odate Akita」です。ぜひご覧ください!

本日モ晴天ナリ(予告編)

東京都立新宿山吹高等学校 映画クラブ・放送部 制作作品 赤ずきん他(yuuka)童話世界におきた不思議な物語。かわいい画像にもご注目下さい。

【第100回全国高等学校野球選手権記念東東京大会 出場チーム紹介】都立葛飾商業高校

葛飾区新宿にある葛飾商業高校。部員数は総勢25人です。春の大会では、公式戦数十試合ぶりの1勝をあげた自信を更に高めるため、練習にも熱が入ります。チームの主将は、サードの合六諒真選手。長打を狙えるパンチ力とともに打順に応じた役割の器用な打撃もできる攻撃の要の選手です。自然と周りから応援してもらえる、そんな野球部を目指し、まずは初戦に全力で挑みます。

レーシングスピリット 2016年12月号(ST600 伊藤レーシング)

全日本ロードレース選手権ST600クラスに参戦している地元チーム「伊藤レーシング」のチャンピオン争いに迫ります。