(一社)日本ケーブルテレビ連盟

米子が生んだ心の経済学者~宇沢弘文が遺したもの~

提供元:(一社)日本ケーブルテレビ連盟

お気に入り
  • facebook
  • twitter
  • google plus
  • LINE
番組紹介

中海テレビ放送:制作
第43回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード コンペティション部門審査員特別賞
【番組概要】
鳥取県米子市出身で2014年9月に亡くなった東京大学名誉教授の宇沢弘文さん。「心を持った経済学者」として、経済成長至上主義の社会の在り方を批判し続けた宇沢さんは、「人間の心を大切にする経済学」を追求し続けた経済学者であった。番組では、宇沢さんのプロフィールや功績を紹介するとともに、「宇沢理論」を継承する経済学者、さらには家族らの証言なども交えながら宇沢さんの人物像を探っていく。
【審査員コメント】
宇沢弘文さんは日本を代表する経済学者でシカゴ大学で教員をしていたが、米国の自由主義的な経済学が異を感じ帰国、自動車問題や晩年は成田闘争にも関られた。非常に優しく、経済学の学問を武器にしつつ人々に分け入っていく人だった。その方の生涯を優しく番組として作られており、かつ、宇沢さんの仕事と米子をうまく入り込みながら番組にし、丁寧な人物記になっている。

シリーズ/関連動画

この動画には関連動画があります、他も見てみませんか?

世間遺産 ~美浜町古布 後編~

知多半島ケーブルネットワーク:制作 第43回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード コミュニティ部門奨励賞 【番組概要】  誰の心にもある「大切なもの」、「未来に残したいもの」をこの番組では『世間遺産』とよんでいます。『世間遺産』は、場所や物である必要はなく、その人が思う「大切なもの」、「未来に残したいもの」であれば、考え方でも人物でも何でも『世間遺産』になります。そのルールのもと、毎月放送エリア内の1つの地域をリポーターが散策し、出会った人たちの『世間遺産』を伺い、それにまつわるエピソードをご紹介していきます。平成24年3月から始まったこの番組は、今年で6年目を向かえ、地域の人たちからお伺いした『世間遺産』の数は350を超えました。この回は、太平洋戦争開戦に向けて海軍航空隊が設置されることになり、地区ごと移転を迫られた美浜町古布地区の人たちから『世間遺産』を伺いました。番組尺:1地域につき前半15分(月の上旬放送)、後半15分(月の下旬放送)リポーター:小島 一宏(フリーアナウンサー、大同大学准教授) アシスタント:松田 唯(知多半島ケーブルネットワーク株式会社 社員) 【審査員コメント】 未来に残したい大切なものを「世間遺産」と名付けそれを地域で探す。海軍航空基地建設の為に地域丸ごと強制移住された集落で、集まった数人の古老から言われたことは”平和ぐらい尊いものはない、守り続けなければ”ということだった。15分のシンプルな番組づくりだが、ふるさとの歴史の断面が切々と伝わる佳作。

さくらとあゆ アンコール特別篇~後編~

吉備ケーブルテレビ:制作 主人公「さくら」は地元「高梁」を離れ東京で暮らしているが、たまたま帰省した時に、東京から移住してきた新規就農者「陽一」と出会う。価値観が違う二人はなぜか次第に引かれていく。地域住民たちもそんな二人を温かく見守り、やがて結婚。あたたかな家庭を気付いていく。当たり前に見えるけど特別な「ふつう」を作り出していく人々の物語。(一話30分・全5話のドラマのうち主に3~5話で再編集したもの)

ええやん!!あかし

明石ケーブルテレビ:制作 第42回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード 準グランプリ 「ええやん! ! あかし」は、その名のとおり明石の 「ええとこ」 にこだわり、地元情報を面白おかしく紹介することがモットー。地域を知り尽くした市民リポーターたちが、飾らない普段の言葉で 「わがまち自慢」 をしてくれることで、番組を見た市民が改めて地元明石に誇りを感じるきっかけとなっています。コミュニティづくりに一役買える番組として、これからも明石の魅力を発信していきたいと思います。

検証!屋島源平合戦 ~源義経軍の足跡を追う~

第44回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード コンペティション部門奨励賞 ケーブルメディア四国:制作 源義経が源平合戦の終盤に大きく活躍した「屋島の戦い」において、大坂を出発した義経軍が徳島に入ってから、どのようなルートを経て屋島(香川)までに至ったのか、実際のルートを大学の先生とたどりつつ、解説を加えながら紹介しました。 ルートの要所では、「各地に残る伝説」と「実際の歴史」を対比させ、定説とは異なる新たな考察から新しいルートを紹介し、最終章では、屋島で行われた戦いであったにも関わらず、屋島の対岸に多くの伝説が残っている理由を推測しました。 さらに、視聴者が同じルートを辿ることを想定し、現地への行き方、休憩場所としてランチの紹介を加えました。

ながさき原爆記録全集~アメリカ戦略爆撃調査団編総集編~

長崎ケーブルメディア:制作 第43回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード グランプリ総務大臣賞 【番組概要】 長崎に原子爆弾が投下されてから45日後、昭和20年9月23日から11月23日まで2か月に渡って長崎を撮影したカラーフィルム映像がある。通称、海兵隊フィルムと呼ばれる映像で、未編集の状態で1万700フィート、合計5時間30分のカラー映像だ。しかし、その映像はニュースなどで一部が使用されるだけで、全編が紹介されることはなかった。映像には廃墟と化した長崎の街の様子や人々が復興に向けて動き始めている様子が鮮明に映し出され、カラーで見る被爆地の臨場感は計り知れないものがある。長崎の人々に向けて、この映像を全て見せることが出来ないだろうか、それも詳しい解説付きで…。それはケーブルテレビにしか出来ない放送かもしれない。そんな思いで制作、放送を続けた。番組の反響は大きく、地元大学の研究室から映像提供協力の申し出があり、2016年4月からは、米戦略爆撃調査団撮影の6時間30分を解説付きで紹介する「ながさき原爆記録全集」の第2弾の制作放送制作を開始した。放送を続ける中、視聴者からの反応も多く寄せられ、そんな反応を盛り込みながら放送を続けている。 【審査員コメント】 まず、コミュニティ部門からグランプリが出たことに評価したい。衝撃を受けました。テレビメディアというものが行き着いたひとつのかたちを見た。記録映像を単に流すということだけではなく、番組に寄せられた様々な発見や意見を取り入れた番組で、まさに双方向の番組。また画面が片隅に情報が出ているが、邪魔に思わずとても有効的に出ている。この様な例をあまり見たことがない。

編集チームおすすめ

激流と闘う乙女たち 栄光への軌跡

第44回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード グランプリ総務大臣賞に輝いた作品をどうぞご覧ください。

ランキング

【高校野球2018夏 西東京大会チーム紹介】調布北高校

調布市深大寺にある都立調布北高校。春の大会では一次予選の初戦で敗れたものの、10点ビハインドから粘り強い攻撃で、8点を返す激戦を演じました。キャプテン・南選手を中心に、「つなぐ野球」にさらに磨きをかけ、ジャンプアップを目指します。

【2016夏・高校野球 埼玉大会 チーム紹介】立教新座高等学校

立教新座高等学校の野球部員はマネージャーを含めて81人です。1985年以来の、夏の甲子園出場を目指し、練習に励んでいます。疑問があれば、選手同士で話し合い、問題点を出し合うことでチームとしての一体感を生んでいます。

夏の高校野球千葉大会 出場校紹介 佐倉南

7月10日に開幕する千葉大会に向けて、エリア内の主な出場校をダイジェストで紹介。選手・監督のインタビューや練習風景を交えながらチームの一球に込めた想いを総力取材!この夏に向けた球児たちの姿をお見逃し無く!

福丸がゆく2018年5月14日放送 大阪市此花区伝法

前回に引き続き此花区伝法を散策する福丸さん。 伝法の史跡や旧跡をめぐりながら伝法の隅々を練り歩きます! 意外と知らなかった町の魅力を次々に発見!

ほんでミーゴ@Kパラnext 2017年11月2日

岩井・澤井の2人が県内のいろいろな場所を散策しながら、『ほんでミーゴ』を合言葉に皆さんに街のこと、人のことを根掘り葉掘り聞いちゃいます。

あなたにおすすめ

「やまぐちひわだ」で伝統を継ぐ

山口ケーブルビジョン:制作 第43回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード コンペティション部門奨励賞 【番組概要】 約200年前から山口県で唯一、桧の皮で寺社の屋根を葺く「桧皮葺」(ひわだぶき)を専門に請け負う「有限会社ひわだや」。番組では、「ひわだや」が初めて生産した県内産の桧皮「やまぐちひわだ」を作る過程、そして作った桧皮で30年ぶりに屋根を葺いた山口県山口市阿知須の「北方八幡宮」の本堂の屋根葺きの様子を約半年間かけて取材しました。番組では、社長で職人の佐々木さんが「やまぐちひわだ」を作るための職人不足に対応するため、「ひきこもり」の人たちを職人に育てる様子や「ひきこもり」の人たちのサポートをする様子、材料となる桧の皮を確保するため山口市内の森林を保全しながら桧の皮を採取する様子を紹介するほか、「北方八幡宮」で職人たちが竹の釘で屋根を葺く伝統的な屋根葺きの姿を紹介しながら、「やまぐちひわだ」を通し屋根葺きに関わる人たちの情熱や想いをお伝えします。 【審査員コメント】 ヒノキの皮の柔らかい手触りが、伝わってくるような作品。質感を感じ、良いきれいな作品と感じた。審査の過程でもかなり審査委員の方からの評価もあった。

激流と闘う乙女たち ~栄光への軌跡~

第44回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード グランプリ総務大臣賞 ケーブルテレビ徳島・池田ケーブルネットワーク:制作 2017年10月、日本で初めて徳島県三好市でラフティング世界選手権が開催されました。 ラフティングとは、「ラフト」と呼ばれるゴムボートを川に浮かべ、チームで操り急流を下るウォータースポーツです。舞台は四国三郎とも呼ばれる日本三大暴れ川の一つ吉野川。「瀬」と呼ばれる激流ポイントがいくつもあり、落差は大きいもので2メートルを超えます。 その激流で世界の強豪たちに挑むのは日本代表チーム「ザ・リバーフェイス」。 メンバーは、吉野川に魅せられ、全国各地から徳島に移住してきた女性8人です。 地域の人々に支えられての日々の練習。その姿に憧れて世界大会初出場を果たした地元女子ユースチーム「TRAKT」の奮闘と成長。激しい戦いが繰り広げられるレースラフティングの世界で勝ち抜く、彼女たちの強さの秘密に迫ります。

3年1組ロド先生

第43回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード コンペティション部門優秀賞 【番組概要】 豊田市立保見中学校。そこに1人の教師がいる。日系ブラジル人3世 伊木ロドリゴ、通称「ロド先生」。愛知県の公立中学校における外国籍教員の数は、わずか6人。 外国からの出稼ぎ労働者が多く住む保見地区の保見中学校は、外国籍の生徒が約3割を占める。一口に外国籍の生徒と言っても、その内実は様々。夢に向かって頑張る生徒もいれば、学校に馴染めない生徒もいる。日本の社会の中で生き、様々な壁を乗り越えて教師となったロド先生。厳しくも前向きなメッセージを生徒達に伝えている。ロド先生の言葉を胸に、生徒達は保見中学校を巣立っていく。ブラジル人としてではなく、1人の人間として、生徒達に向き合うロド先生の1年を追った。 ※数字は2016年4月の放送当時のものです 【審査員コメント】 良くできている作品だと改めて感じた。1つの教室なかだけでカメラを据えてそこから見えてくるものをすくい上げ、地域そのもが見えてくる。子供たちの背景も丁寧に描かれている。先生と生徒のやり取りなど良く撮れており感慨深いものがある。見終わった時に感動もある。見ている中から考えさせられる良い作りとなっている。信頼があったから家庭も含めた困難な取材を可能とし、番組全体の温かさに繋がっているように思う。

おんばしら 山出し篇

エルシーブイ:制作 第43回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード 4K部門4K大賞 【番組概要】 長野県の諏訪地域で干支の申と寅の年に七年目ごとに行われる天下の大祭「諏訪大社御柱祭」1200年以上前から勇壮な祭りとして諏訪地域に伝わります。御柱祭は奥山から大木=御柱を切り出し、山から里に人力で曳き出し、社殿の四隅に御柱を建てます。祭には諏訪市・茅野市・岡谷市・富士見町・下諏訪町・原村の6市町村の諏訪大社の氏子が心を一つにして挑みます。本番組は平成28年の御柱祭を初めて4Kカメラで撮影、編集したものです。当社は、「おんばしら 」のシリーズとして3タイトルの4K番組を制作しました。ケーブル4K、チャンネル700で全国配信しました。応募番組はそのうちの1作品です。初めて御柱を見た人でも、諏訪人が御柱に掛ける想い、そして伝統の祭りに携わっている心意気を伝えます。 【審査員コメント】 今までもおんばしらについては見ていたが、今回やはり、たまげました。迫力があるのは分かっているはずだが、画面いっぱいに溢れる迫力であった。 また、おんばしらが群像スペクタクルであることをあらためて感じ、そして一人一人の表情がよく捉えられていた。劇場の大きいスクリーンで是非観てみたい。祭りが伝承されるだけではなく、番組の作り手たちが向き合ってきた伝統がしみ出ている。

ピックアップ

2018となみ野の風景「春の息吹」

雪解け水がとめどなく流れる庄川。小鳥たちのさえずりとともに、ひと時も休むことなく、川上から春を運んでいます 。(2018年3月)

高校野球2019夏 西東京大会 チーム紹介「國學院大學久我山高等学校」

過去5回の甲子園出場を果たしている國學院大學久我山高等学校野球部。 現在、66人の部員が所属し、大会に向け日々練習に励んでいます。 去年の夏の大会では、4回戦に進出。 また新チームになって、公式戦8勝2敗と勝率は8割!の勢いのあるチームです。 好成績の原動力は「チーム一丸となって総合力で勝つ」意識の高さ。 大会まではあと少し、甲子園を目指してさらに意識を高め練習に取り組みます。

コロコロチキチキペッパーズの「やっべぇぞ!!」(グラミーゴ三笠FC)

漫才コンビ「コロコロチキチキペッパーズ」がお届けする15分番組 「やっべぇぞ!!」 日々練習に励む学校の部活や、地元のサークルに突撃してガチンコ対決。 今回は奈良市大安寺西小学校で活動する「グラミーゴ三笠FC」に突撃。

Y001 リリーオブバリー(予告編)

学校法人羽黒学園羽黒高等学校IMSC 制作 「今を生きる、今を頑張る意味」を訴えたかったのでこの作品を作りました。また、私たちの暮らす地域は田舎の美しい風景が自慢なので、「四季の風景の美しさ」を裏テーマに、画面に収めました

おしえて!獅子舞テレビ #26下黒田(後編)

1400年の歴史を持つ日本の民俗芸能。獅子舞。 中でも富山県は1170の地区で舞が伝承されていて、獅子舞の数が日本一だといわれています。 おしえて!獅子舞テレビは地域の宝として受け継がれてきた獅子舞の魅力を富山県高岡市から発信する日本初の獅子舞エンターテインメント番組です。 ★第26回:下黒田(後編) ・獅子舞解説コーナー ・獅子舞練習用の教材 ・目録名場面集 ・新クイズ「このあとどうなった?」 ・飲食する獅子? ・下黒田の謎のヒーロー

C009 カメラに写る街

eiga worldcup2016 地域部門出品作品 鎌倉学園中学校・高等学校 映画研究同好会 街が嫌いな少年があるカメラを持った青年と出会い、何を見て、何を得るのか。というところが見所です。

ほんでミーゴ@Kパラnext 2017年6月22日

岩井・澤井の2人が県内のいろいろな場所を散策しながら、『ほんでミーゴ』を合言葉に皆さんに街のこと、人のことを根掘り葉掘り聞いちゃいます。

OH YEAH ぐっjob vol10

開高明日香とゆりやんレトリィバァが、様々な企画をひっさげてあべのハルカスを紹介する番組。 今回はグランドオープンから1周年を迎えるハルカスの探検ツアーに、ゆりやんが潜入レポ。

HYPER DASH基地#3【エンペラー進化体ライズエンペラー組み立て!】

この世のどこかに存在するHYPER DASH基地。笑いあり!涙あり!レーサーに必要な情報あり!“ミニ四駆”にかけたあの頃の熱い想いを持った大人達必見!心のスイッチをONにするのは今だ!