よさこいケーブルネット(株)

それいけ爆釣中!vol.57

提供元:よさこいケーブルネット(株)

お気に入り
  • facebook
  • twitter
  • google plus
  • LINE
番組紹介

平成30年1月放送「今年も最初は総集編」
今年もやっぱり最初は総集編!
昨年一年間の放送を振り返りながら楽しく飲む。
裏話もあるかも!?お楽しみに〜

シリーズ/関連動画

この動画には関連動画があります、他も見てみませんか?

それいけ爆釣中!vol.56

平成29年12月放送「チャリティー罰金企画・後編」 毎年恒例の罰金編。今年のルールは英語禁止じゃない…!? 果たして誰が一番お金を払うのかw 結果の分かる後編。お楽しみに!!

それいけ爆釣中!vol.58

平成30年2月放送「10匹釣るまで帰れまテン編」 毎年魚が釣れないこの時期に…10匹釣るまで帰れない企画を提案してきた男。 にも関わらずバラしまくる…。 そしてもう一人の男は役に立たない…。 大寒波が押し寄せ雪が降る中での実釣となった今回、果たして無事に家に帰れるのか!?

それいけ爆釣中!vol.59

平成30年3月放送「メコササイズとピーコックとコブラ編」 毎年恒例の海外ロケ、今回の行き先もタイw 昨年好評だったメコササイズに再び挑む。 さらに天然の魚を釣るため、バンコクから車で約4時間も移動…なのに結果は…。 ご当地グルメも味わうなど、なかなかディープなタイをお届けします! そして最後には重大発表が!!!!

それいけ爆釣中!vol.2

平成25年6月放送「今夜は家に帰さない編」 まさかのvol.1放送直前に交通事故を起こし6カ月間番組が休止。 事故の影響で頭のネジが壊れたのか少しずつ番組がオカシナ方向に進みだす… この回では「高知に縁のある偉人」が登場する。

それいけ爆釣中!vol.3

平成25年7月放送「清流の女王を捕まえろ編」 この回はもはや、とみ~の趣味。 事故の影響で足を引きずりながら撮影するディレクターを無視し、河原を一人で進む優しい男が主役です。

それいけ爆釣中!vol.51

平成29年7月放送「100%エイは釣れない編」 昨年のリベンジを果たすべく、我々は高知県黒潮町に向かった。 狙うのはそう、エイである。 昨年、100%と釣れると言われたにも関わらずアタリすらなかった。 今年こそは…と思ったけど、今回も釣れませんw 悪いのは我々か、それとも情報提供者のアイツか…。 地元住民の証言と共にお楽しみください。

編集チームおすすめ

志賀高原から始まる市川海老蔵「いのちを守る森」づくり

海老蔵さんの熱い想いをお聞き下さい。

ランキング

J041 脱出教室

西大和学園高等学校映画研究部 制作 私立の学力のレベルに追い付けなかった高校生を救済する、通称落ちこぼれ救済プログラム。それに参加した主人公坂野は、そこに隠された真実を知る。脱出しようとする坂野の前に、過去唯一の脱出成功者田村が現れる...

香川県+鳥取県=香取村

国立米子工業高等専門学校 放送部 制作作品 鳥取県の大山の麓にある「香取村」は,戦後,香川県出身の方の手によって開拓され,できあがった新しい村です。開拓に携わった方に耕作する土地を求めて故郷を離れた思いなどを伺いました。村の歴史に触れることで故郷のあり方や大切さを伝えていきます。

この坂のぼれば11月

カメラマンが長崎の街を巡ります 今回は大浦天主堂をスタートし唐八景に向かいます

C016 過去から現在へ

東京都立若葉総合高等学校映画制作部 制作 これは、過去から現在へ移りゆく時の流れを、水の色の変化と主人公の周りの風景の変化であらわしたものです。自然が減るにつれて、主人公が離れうつむいていくが特徴です。

UP!アップ!関ガール シーズン2 vol.87.MXF

関西のケーブルテレビを応援するために結成されたアイドルユニット「関ガール」が毎回、過酷な企画にチャレンジするバラエティ。

あなたにおすすめ

海遊人 10月

今月の我ら海遊人は、香川県高松市沖よりシーズンインしたばかりのアオリイカを船からのエギングで狙います。シーズンはじめとあって数釣りの期待大!さらに、タイも狙う欲張りなプランを画策!何とか爆釣したい海遊人軍団ですが・・・。はたして地元の瀬戸内で大爆釣となるか!?

やっべぇぞ!!ハラが減っては戦はできぬ第15回

漫才コンビ「コロコロチキチキペッパーズ」が、奈良の美味しいグルメを堪能。 お腹いっぱいになった2人は部活やサークルに突撃してガチンコ対決を挑みます。 今回は、バルnobu(王寺町)と王寺工業高校ボクシング部を訪ねました。

わがまちの風景【尼崎市潮江】

わたしたちの住むまちの風景を音楽とともにお届けします。

それいけ爆釣中!vol.35

平成28年3月放送「何も釣れない編」 いよいよちゃんとした魚を釣らないとヤバいと焦る我々。 下した決断は四国外への逃亡。 初めて四国を飛び出し向かったのは淡路島。 この地で、ある巨大魚を狙うが…完全なるボウズで終わる。 魚が一匹も映らないというある意味伝説を残した回ですw

わがまちの風景【第35回 いたみ花火大会】

わたしたちの住むまちの風景を音楽とともにお届けします。

ピックアップ

Kパラnext Tuesday2018年3月27日

奈良で放送中! スタジオから飛び出し、MC藤原・中村が今話題のスポットから送りする番組です。 何が起こるかハラハラドキドキな中継番組。皆さんもテレビの前に釘付け間違いなしですよ!ぜひご覧ください!(最終回)

Kパラnext Tuesday2018年3月6日

奈良で放送中! スタジオから飛び出し、MC藤原・中村が今話題のスポットから送りする番組です。 何が起こるかハラハラドキドキな中継番組。皆さんもテレビの前に釘付け間違いなしですよ!ぜひご覧ください!(中継:ことのまあかり)

2017となみ野の風景「春を待つチューリップ」

4月を迎えるとなみ野。まだまだ冷え込む日は続きますが、球根栽培用のチューリップは春を感じて、たくましく育っています。一日一日暖かくなるとなみ野。春は着実に近づいています。(2017年3月)

2017となみ野の風景「花しょうぶ」

富山県砺波市の県民公園頼成の森には北陸最大級の水生植物園があります。梅雨の季節に開かれる花しょうぶまつりは600品種70万株の花しょうぶが咲き誇ります。花しょうぶの花言葉は「うれしいしらせ」「やさしさ」。(2017年6月)

ブラインド シンクロクラブ ~いつか白鳥になる~(ダイジェスト)

横浜ケーブルビジョン:制作 第43回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード コンペティション部門奨励賞 【番組概要】 2016年4月、視覚障がい者のみなさんが中心となったシンクロナイズドスイミングクラブが旭区にある神奈川県ライトセンターで立ち上がりました。 シンクロの醍醐味は振りをあわせること。メンバーが演技を成功させるためには音だけがたよりです。そんな状況の中、11月の発表の成功を信じ、練習を続けるメンバーの7か月間に迫りました。「もっと右」「向きが反対!」などプールに響く指導者の声に自分の感覚を磨いていくメンバー。少しずつ増えていく振付を習得しながら、高度な技にもチャレンジしていきます。すべての振付が完成したのはなんと「発表の1週間前」。不安を抱えながらも成功を信じ、本番直前まで練習を続けられました。そして迎えた本番・・。決してすべてがうまくいったわけではないけれど、メンバーの気持ちが一つになった瞬間、1羽の白鳥が飛び立つ姿が見えました。 【審査員コメント】 ユニークな題材。視覚障害を持つ主婦がシンクロに挑み発表会に向かう映像だが、軽やかに作られていて方が凝らない作品。さりげなく失明の心理、人生を描き、でも楽しんでいることを伝えていて、感情移入してしまった。発表会の成功を祈っていたが、フォーメーションなどあまり成功とは言えなかったかも知れないが、一羽の白鳥が飛び立つ姿が見えたというナレーション、皆頑張ったという感じですっと受け入れら、面白い作品だと思った。

秋田犬がいく!わんダフルあきた

“動物にやさしい秋田”の取り組みを、3頭の秋田犬が紹介していく番組です。 秋田犬の歴史や文化、特徴、人との共生にはじまり、阿仁熊牧場「くまくま園」の動物愛護エピソード、「命の教室」「犬のしつけ教室」「長寿動物飼い主表彰式」といった活動まで、あますことなくお届けします。

What a beautiful place! ~なんて素敵な場所でしょう!~

~須高地域の冬の景色2017~ お休みになる方も、そしてお目覚めの方も、一日の始まりと終わりはこの番組で。高画質4Kカメラで撮影した北信濃の映像美をお楽しみください。

【高校野球2017夏 東東京大会 チーム紹介 都立科学技術高校 かえつ有明高校都立浅草高校連合チーム 】

江東区大島にある都立科学技術高校。 グラウンドでは、同じ江東区にある「かえつ有明高校」との連合チームが練習をしています。 2校は、2016年の夏に連合チームとして初出場しています。 そして、この2校にこの夏から新たに、今年創部した 台東区の都立浅草高校野球部が加わりました。 その浅草高校の選手として出場するのは、3年生の臺一慶選手です。 実は、このチーム、3年生は二人だけ。 もう一人は、チームのキャプテンで科学技術高校の3年生、宮下選手です。 浅草高校野球部としてひとりで大会に挑む臺選手にとって、頼もしい仲間です。

ニュースウォーカー1216放送「第8回 子どもわくわくフェスティバル」

12月16日放送のSTVニュースウォーカーから、須坂市メセナホールで開催された「第8回 子どもわくわくフェスティバル」をご紹介します。展示も含め14団体が参加し、琴や舞を披露するなど、日ごろの練習の成果を発表しました。

ほんでミーゴ@Kパラnext 2017年10月26日

岩井・澤井の2人が県内のいろいろな場所を散策しながら、『ほんでミーゴ』を合言葉に皆さんに街のこと、人のことを根掘り葉掘り聞いちゃいます。