となみ衛星通信テレビ(株)

しあわせの黄色いトラック(2018年1月)

提供元:となみ衛星通信テレビ(株)

お気に入り
  • facebook
  • twitter
  • google plus
  • LINE
番組紹介

「しあわせの黄色いトラック」本年もどうぞよろしくお願いいたします。去年の大晦日、杢野隊員は高瀬神社を訪れました。高瀬神社で行われたのは「師走の大祓」
日常生活を送る中で知らず知らずのうちに身に降りかかった罪や穢れを人形に移して川に流し祓い清めます。年が変わる1時間前…杢野隊員は城端別院善徳寺を訪れて人生ではじめての除夜の鐘、イオックスアローザでは新年を迎えるカウントダウン花火が行われ来場者たちが新年を祝いました。今年も一年、みなさまにとって良い年でありますように…

シリーズ/関連動画

この動画には関連動画があります、他も見てみませんか?

しあわせの黄色いトラック(2018年2月)

今回のしあわせの黄色トラックは富山県南砺市城端で行われた雪無しデーを取材しました。雪無しデーとは住民総出で雪かきをする除雪活動で1997年以降1月の第4日曜日に実施されています。大雪の影響でしょうか、まわりには大きいつららが沢山見られました。自然の芸術を探しに出た杢野隊員。沿道に植えられた木には車の水しぶきで出来たつららのオブジェがズラリ!冬にしか見られない神秘的な光景に興奮を抑えきれない杢野隊員でした。

しあわせの黄色いトラック(2018年3月)

~5年間の思い出を振り返って~みなさん、こんにちは!「しあわせの黄色いトラック」リポーターの杢野です。2013年3月にリポーターに抜擢され5年間となみ野を巡りましたが、今年3月をもって「しあわせの黄色いトラック」を卒業することになりました。今回は「しあわせの黄色いトラックスペシャル」として5年間の歩みを振り返ります。みなさんとの出会いを通してたくさんのことを勉強させていただきました。ありがとうございました!

しあわせの黄色いトラック(2018年4月)

4月より杢野隊員にかわり漫才コンビ『コンパス』の二人が番組を進めます。初めて向かった先は南砺市井口で開催していた「いのくち椿まつり」です。会場内でいろいろな方にお話を伺ったり、体当たりレポートも。 今回からもお楽しみに!

2017となみ野の風景「五箇山の祭り」

南砺市下梨にある地主神社で行われる五箇山麦屋まつり。地主神社には獅子舞が奉納され、舞台競演では伝統の五箇山民謡の唄と踊りが披露されます。歴史ロマンに溢れた五箇山。人々は生活とともに伝承される民謡を今も大切に唄い踊っています。(2017年9月)

しあわせの黄色いトラック(2018年6月)

漫才コンビ『コンパス』の二人が行くしあわせの黄色いトラック。今回は「五箇山を行く」南砺市五箇山地域をコンパスの二人が満喫します。山奥で山菜取りに挑戦し、道の駅では五箇山伝統の和紙すき体験、そして世界遺産相倉合掌造り集落におじゃまして山里の幸を味わいました。

2017となみ野の風景「冬の五箇山」

世界遺産菅沼合掌造り集落は深い雪に覆われています。しんしんと降る雪。静寂の世界にある人々の生活。モノトーンの風景。この時期はひたすら春を待ち望む時間だけがながれています。(2017年2月)

編集チームおすすめ

平成30年7月豪雨 義援金募集のお知らせ

ご支援・ご協力をお願いします。

ランキング

企画 信州須坂みそ蔵探訪「糀屋本藤醸造舗」

長野県須坂市には、多くのみそ蔵があります。今回はその中の「糀屋本藤醸造舗」をご紹介します。次世代映像4Kカメラで撮影。職人がこだわり抜いた味噌と昔ながらの製法をご覧ください。

金足農業高校

いよいよ、夏の甲子園出場校を決める「第98回全国高校野球選手権秋田大会」が 12日に開幕しました。甲子園をかけた球児たちのアツイ思いをお伝えします。 今回は秋田県立金足農業高校を紹介します。

ヒットの兆し(FRUTICO)

新たなビジネスで岐阜を盛り上げようとしている企業、岐阜の地で頑張る仕事人を紹介します。 今回は、「FRUTICO」の相馬 慎悟さんを紹介します。

それいけ爆釣中!vol.35

平成28年3月放送「何も釣れない編」 いよいよちゃんとした魚を釣らないとヤバいと焦る我々。 下した決断は四国外への逃亡。 初めて四国を飛び出し向かったのは淡路島。 この地で、ある巨大魚を狙うが…完全なるボウズで終わる。 魚が一匹も映らないというある意味伝説を残した回ですw

UP!アップ!関ガール シーズン2 vol.114.MXF

関西のケーブルテレビを応援するために結成されたアイドルユニット「関ガール」が毎回、過酷な企画にチャレンジするバラエティ。

あなたにおすすめ

ぎふでないと(羝)

岐阜の夜の街。スマホ片手に“いちはしだいすけ”が西へ東へ気の向くままに歩きます!大きなTVカメラはありません!すべてをスマホで撮影する番組です。是非、「岐阜の夜」をスマホ感覚でご覧下さい。 今回は岐阜市にある「羝」にぶらり立ち寄ります。

ふわっと・・・欣様 ―What? KIN―SAMA― 2015年9月後半号

2015年9月後半号は、東大阪市石切周辺を訪れます。石切劔箭神社(石切さん)の鳥居を横目に向かった先は…「河内木綿 はたおり工房」では糸つぎ・ミニ織り体験をご紹介します。そして、「UPPER RILY MARKET」では、進化したキャンドルに驚きながら、欣様がキャンドル作りを体験します。 ■「ふわっと・・・欣様 ―What? KIN―SAMA―」  web: http://www.myjcom.jp/tv/channel/kansai/fuwakin.html  blog: http://blog.zaq.ne.jp/fuwakin/

福丸がゆく2018年4月23日放送 西宮市・夙川~苦楽園口

今回訪れたのは、ちょうど見ごろを迎え、 お花見客でにぎわっていた西宮市・夙川公園。 桜満開の中、老若男女、沢山の人と触れ合えました。

わがまちの風景【尼崎市大庄北】

わたしたちの住むまちの風景を音楽とともにお届けします

ふわっと・・・欣様 -What? KIN-SAMA- 12月前半号

ふわっと・・・欣様 -What? KIN-SAMA- さてさて、今回も私たちがお伺いしたのは、羽曳野市でーす。 そして、今回は番組始まって以来のとーても素敵なゲスト・ 羽曳野市の北川嗣雄(きたがわつぐお)市長に 番組ご出演いただくことになりましたー。 これまでにないスタッフに囲まれながらも欣様は あいも変わらずふわっと番組をお届けするのでしょうか~!

ピックアップ

第100回全国高等学校野球選手権記念東千葉・西千葉大会 出場校紹介動画 市立千葉高校

稲毛区小仲台にある、市立千葉高校。野球部には、現在、マネージャーを含め、42人の部員が所属。最後まで粘り強く守り、全員でつなぐ攻撃が特長です。

第100回全国高等学校野球選手権記念東千葉・西千葉大会 出場校紹介動画 県立津田沼高校

昨年の夏の大会では1回戦負けに終わった津田沼高校。野球に選手全員で真剣に取り組み、今年は一戦必勝をスローガンに日々、練習を積んでいます。今年は3回戦出場を果たすことが目標です。

【高校野球2016夏 東東京大会 チーム紹介】桜丘高等学校

桜丘高校野球部のモットーは考える野球。練習では、部員全員が所有するIpadを使い、打撃練習を撮影し、フォームを確認したり、全試合データを記録して、分析することで、改善点を洗い出したりと、日々の練習に生かしています。 今年の桜丘高校野球部は、1点を確実に取りに行く、走塁中心のチーム。走塁の技を磨くために、練習時間の多くを費やしています。

[KATCH TIME30] 12月13日(木)分

愛知県西三河地域のニュースをお届けします。 ■ニュース ・春の花粉飛散予測 ・切り干し大根 生産ピーク(刈谷市) ・空手の全国大会で優勝も 市内の小中学生が表敬訪問(安城市) ・魂込めた仏像や仏画 香仏展(安城市) ・画廊じんがら 裂織展(知立市) ・クリスマスケーキの需要高まる イチゴの出荷ピーク(西尾市) ・情報誌「西尾商人」掲載店募集(西尾市) ・あすは年金支給日 特殊詐欺にご注意を!

わがまちの風景【大正区千鳥】

わたしたちの住むまちの風景を音楽とともにお届けします。

テレジンのちいさな画家たち詩人たち

皆さんはテレジンと言う言葉をご存知ですか これは第二次世界大戦中に作られたユダヤ人収容所の名前です この収容所内で書かれた子供たちの絵をたくさんの人に見てもらいたいと活動する人たちを取材しました

夏のタイラバin高知

今月の我ら海遊人は、高知県高知沖より大鯛釣りをお送りします。 なかなか番組で釣果のあがらないやのっちに、太平洋の鯛は夏が旬との情報が・・・。 タイラバを使って太平洋の大鯛と真っ向勝負!フィッシングハヤシの宮地氏をゲストに迎え、真夏の大爆釣をお届けします!

視聴者プレゼントヒーロー「チョーダイナー」#16~打ち破れ!恐怖の読心術!後編~

大得寺貰(おおとくじ・もらう)は 正義の変身ヒーロー、「チョーダイナー」である。ベイコム視聴エリアの自由と平和を守るため、悪の秘密結社・ゴーストノイズと日夜戦い続けるのだ!「視聴者プレゼントヒーロー」である彼がチョーダイナーに変身する為には、「プレゼントエネルギー」のチャージが必要である。

オトナはミナイデ! 2015年8月放送 #5

まだオトナになる一歩手前の岐阜の女の子が 放課後トークする番組。だからオトナはミナイデ!ね(笑) 2015年8月放送 #5 出演:岐阜美少女図鑑 つぐみ・そら・アマンダ・まりん

隠岐★ドキ!あまチャンネル・ドキュメントAMA「保々見の庚申祭~12年後に引き継ぐための記録~」

隠岐ドキ!あまチャンネル、今回からまた新シリーズが加わります。 名づけて「ドキュメントAMA」、隠岐海士町の産業、自然、暮らし、人、など、さまざまな分野にカメラを向けて、現在の海士町を記録に残します。 第1回目となる今月は、海士町14地区のうち、3番目に世帯数が少ない保々見地区で、しかも12年に一度しか行われないという貴重な行事「庚申祭」を追いかけました。 中国三大宗教のひとつ「道教」の説く「三尸説」によると、庚申の日の夜、人の体の中にいるという三尸(さんし)の虫が、その体から抜けだし、天に昇って天帝にその人の悪事を告げ、天帝はその罪の重さに応じて、人の寿命を決めるといわれています。 そこで、三尸の虫が体から抜け出さないよう、寝ずに夜を明かすため、かつては庚申の夜、人々が集まって、会食や談笑をしながら一夜を過ごしたそうです。これを庚申待ちと言います。 この珍しい風習が、今でもまだ行われているのか、それに興味を持ち追いかけ撮影した2年前の映像です。 じつはこれ、「庚申祭は何のためにするのか、どうやってやるのか、また12年後忘れないように記録してほしい」と保々見地区の人に頼まれて撮影した映像なのですが、町内の多くの人にテレビで観てもらった方が良いと思い、今回番組として制作することになりました。 「庚申の日」の行事は、昔は町内すべての地区で行われていたそうですが、今では保々見地区だけになりました。 また12年後に引き継がれるように、この番組を保々見のみなさんに捧げます。