(一社)日本ケーブルテレビ連盟

eiga worldcup 2017 自由部門 変わる一歩

提供元:(一社)日本ケーブルテレビ連盟

お気に入り
  • facebook
  • twitter
  • google plus
  • LINE
番組紹介

北海道帯広緑陽高等学校

シリーズ/関連動画

この動画には関連動画があります、他も見てみませんか?

激流と闘う乙女たち ~栄光への軌跡~

第44回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード グランプリ総務大臣賞 ケーブルテレビ徳島・池田ケーブルネットワーク:制作 2017年10月、日本で初めて徳島県三好市でラフティング世界選手権が開催されました。 ラフティングとは、「ラフト」と呼ばれるゴムボートを川に浮かべ、チームで操り急流を下るウォータースポーツです。舞台は四国三郎とも呼ばれる日本三大暴れ川の一つ吉野川。「瀬」と呼ばれる激流ポイントがいくつもあり、落差は大きいもので2メートルを超えます。 その激流で世界の強豪たちに挑むのは日本代表チーム「ザ・リバーフェイス」。 メンバーは、吉野川に魅せられ、全国各地から徳島に移住してきた女性8人です。 地域の人々に支えられての日々の練習。その姿に憧れて世界大会初出場を果たした地元女子ユースチーム「TRAKT」の奮闘と成長。激しい戦いが繰り広げられるレースラフティングの世界で勝ち抜く、彼女たちの強さの秘密に迫ります。

eiga worldcup 2017 自由部門 はじまりの前に

埼玉県立芸術総合高等学校

eiga worldcup 2017 自由部門 Love Impossible

大阪府立阿倍野高等学校

ありがとう 三浦屋

ケーブルテレビ品川:制作   第42回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード コンペティション部門優秀賞   半世紀続いた北品川にある老舗天麩羅屋「船宿天ぷら 三浦屋」がのれんを下ろした。江戸前にこだわったネタと継ぎ足しのタレが人気だった三浦屋は、堀江雅子さんと娘夫婦が切り盛りしていた。生粋の品川っ子。大の神輿好きの雅子さん。閉店日は、品川神社の例大祭の最終日に決めた。番組では、この「三浦屋の最後」を追いかけました。

「やまぐちひわだ」で伝統を継ぐ

山口ケーブルビジョン:制作 第43回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード コンペティション部門奨励賞 【番組概要】 約200年前から山口県で唯一、桧の皮で寺社の屋根を葺く「桧皮葺」(ひわだぶき)を専門に請け負う「有限会社ひわだや」。番組では、「ひわだや」が初めて生産した県内産の桧皮「やまぐちひわだ」を作る過程、そして作った桧皮で30年ぶりに屋根を葺いた山口県山口市阿知須の「北方八幡宮」の本堂の屋根葺きの様子を約半年間かけて取材しました。番組では、社長で職人の佐々木さんが「やまぐちひわだ」を作るための職人不足に対応するため、「ひきこもり」の人たちを職人に育てる様子や「ひきこもり」の人たちのサポートをする様子、材料となる桧の皮を確保するため山口市内の森林を保全しながら桧の皮を採取する様子を紹介するほか、「北方八幡宮」で職人たちが竹の釘で屋根を葺く伝統的な屋根葺きの姿を紹介しながら、「やまぐちひわだ」を通し屋根葺きに関わる人たちの情熱や想いをお伝えします。 【審査員コメント】 ヒノキの皮の柔らかい手触りが、伝わってくるような作品。質感を感じ、良いきれいな作品と感じた。審査の過程でもかなり審査委員の方からの評価もあった。

編集チームおすすめ

平成30年7月豪雨 義援金募集のお知らせ

ご支援・ご協力をお願いします。

ランキング

【高校野球2018夏 西東京大会 チーム紹介】穎明館高等学校

完全な中高一貫校であるため、野球部に高校からの入部者がなく、人数が少ないのが悩みの種ですが、向上心、凡事徹底、自律心をテーマに日々の練習に取り組んできました。

STVニュースウォーカー0908放送「須坂市消防表彰」

9月8日放送のSTVニュースウォーカーから、長野県須坂市で長年消防活動に尽力された方々に感謝状が贈られた様子をご紹介します。

【高校野球2018夏 東東京大会チーム紹介】都立北豊島工業高等学校

板橋区富士見町に校舎を構える都立北豊島工業高校の野球部は、昨年の秋季大会後に主力が抜け、春季大会は辞退することに。厳しい状況でしたが、1年生が多く入部したことでチームがうまく機能するようになりました。逆境をバネにしてきた彼らのチームワークに注目です。

【高校野球2018夏 東東京大会 チーム紹介】成城高等学校

チームワークの良さがこの野球部の持ち味です。学生の自主性を尊重し、練習メニューは、すべて選手たちが決めています。

アンドロイドのやりたい12のコト 第2回 グッズがほしい!

ハイスクール漫才で日本一に輝いた高砂市在住の高校生漫才師「アンドロイド」がテレビの舞台でやってみたいことにひたすらチャレンジする番組!彼らがやってみたい12のコトとは…

あなたにおすすめ

幻覚

東京都立若葉総合高等学校 映画制作部 制作作品 ホラーとミステリーの狭間のような作品です。シリアスな演技に苦労しました。

Y017 The Other Side 予告編

eiga worldcup2016 自由部門出品作品 愛知県立昭和高等学校 映画研究部 性的少数者への差別や偏見をテーマにしました。登場人物達の抱える生きづらさがより身近に伝わるように世界観を工夫しました。

Y043 酸とアルカリ 予告編

eiga worldcup2016 自由部門出品作品 埼玉県立松山高等学校 映像制作部 この話の見どころは、タイトルの通り、酸とアルカリの中和を人間関係で表現したところです。話の急な展開にも注目していただきたいです。

Y041 映画部 予告編

eiga worldcup2016 自由部門出品作品 早稲田大学本庄高等学院 映画部 映画部とは...そんな映画です

Y057 僕らの足音(予告編)

埼玉県立芸術総合高等学校映像芸術科 制作 この作品は進路に悩む高校生を描きました。よろしくお願いします。

ピックアップ

第100回 全国高等学校野球選手権記念 東千葉・西千葉大会 出場校紹介 県立佐倉高等学校

7月11日に開幕する東千葉・西千葉大会に向けて、エリア内の主な出場校を紹介。選手・監督のインタビューや練習風景を交えながらチームの一球に込めた想いを総力取材!この夏に向けた球児たちの姿をお見逃しなく!

まるごと動物ウォッチ#6 多摩動物公園(東京)

全国各地にある動物園は、多種多様な動物の繁殖、保護、飼育と、様々な工夫を凝らした展示を行っている。そんな動物園の可愛い動物たちのありのままの生態と肉声を、高画質&高音質でじっくりとご紹介!家にいながら動物たちの姿を楽しめる、まさにバーチャル動物園。また、毎回ピックアップ動物として、1種類の動物にスポットを当ててご紹介します。 ピックアップ動物/オランウータン 多摩動物公園(東京)

2017となみ野の祭り「庄川観光祭」

砺波市庄川町で初夏の行事として行われるお祭り。庄川峡花火大会や夜高行燈を練りまわす庄川夜高行燈をメイン行事として様々なイベントが行われます。県内花火シーズンのトップ切る庄川峡花火大会は1000発以上の光の大輪が夜空を彩り、また極彩色豊かな夜高行燈26基が街を練りまわり、大行燈を勢いよくぶつけ合う「合わせ」では、「ヨイヤサ、ヨイヤサ」と若衆たちの威勢の良い掛け声が響きわたります。(2017年6月3日~4日)

【高校野球2016夏 東東京大会 チーム紹介】聖学院高等学校

北区中里にある聖学院高等学校。野球部は、創部明治41年と長い歴史を誇ります。今年は部員18名と決して多くはありませんが、2年生中心のチームで、チャレンジする気持ちが強いのが特徴です。

「高校球児の夏2016」(都立葛西南高等学校)

江戸川区南葛西にある葛西南高等学校。男子部員は10人と少ないものの、女子マネージャー6人が活動を支え、「全員野球」で夏の大会を戦います。経験の少ない1・2年生がチームの主力となることから、それぞれが、声をかけあい、少しの時間も惜しんで練習に励み、夏の大会で勝利を目指します。

STVニュースウォーカー0811放送「タンザニアの孤児が須坂で職業体験」

8月11日放送のSTVニュースウォーカーから「タンザニアの孤児が須坂で職業体験」の様子を紹介します。子ども達が新たな一歩を踏み出しました。

シーン37故郷

神奈川県立麻生総合高校 無所属

【高校野球2018夏 東東京大会 チーム紹介】日本大学第一高等学校

墨田区横網にある日本大学第一高等学校の硬式野球部は1924年に創部。現在の部員数は43人で千葉県船橋市習志野にある専用グランドにマイクロバスで通い練習を重ねています。エースピッチャーの山本航輝選手を中心とした安定感のある守備を基盤に今年は加えて攻撃力もUP。チームで長年取り組んできた筋力トレーニングの効果もあり主砲の武藤就彰選手を始めとした長打力のある打線を揃え大会での活躍を目指します。

目黒区動画ニュース(2017年9月5日更新)

目黒区内のイベントや取り組みなどをご紹介する 「目黒区動画ニュース」 8月6日、広島に原爆が落とされた午前8時15分に合わせて 目黒区総合庁舎の前にある公園で黙祷が捧げられました。 昭和60年に平和都市であることを宣言した目黒区は、 核兵器のない平和を築き、次の世代に継承するため 様々な取り組みを行っています。 この日、目黒区民センターでは、 「平和祈念のつどい」が開かれ 会場には、およそ400人の区民や関係者が集まりました。 そして目黒区民センター公園では、 「平和の鐘」の打鐘が行われ、 およそ70人がそれぞれの思いをこめて鐘を鳴らしました。 終戦から72年を迎え参加者は、 平和への礎を築いてきた人たちに感謝するとともに、 今後の平和を願い、気持を新たにしていました。

神保シェフと茨城をたべよう(2月号)vol.11

ケーブルテレビJWAYで放送中の『神保シェフと「茨城をたべよう」』提供:東京ガス 毎回、皆さんのリクエストに応えて、日立市や茨城県で採れる旬の食材を使って、〝神保­佳永シェフ”のオリジナル<簡単レシピ>をご紹介する番組(全12回)