(一社)日本ケーブルテレビ連盟

eiga worldcup 2017 自由部門 1年後

提供元:(一社)日本ケーブルテレビ連盟

お気に入り
  • facebook
  • twitter
  • google plus
  • LINE
番組紹介

埼玉県立芸術総合高等学校

シリーズ/関連動画

この動画には関連動画があります、他も見てみませんか?

eiga worldcup 2017 地域部門 岡山の魅力

岡山県立岡山東商業高等学校

eiga worldcup 2017 自由部門 閃光はなびく

埼玉県立芸術総合高等学校

eiga worldcup 2017 自由部門 Love Impossible

大阪府立阿倍野高等学校

品川に生きる

ケーブルテレビ品川:制作 第43回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード コンペティション部門優秀賞 【番組概要】 2020年東京五輪に向けて開催準備の動きが加速し、日本の表玄関としても期待が高まるまち、品川。JR山手線大崎駅周辺地区では近代的ビル群が誕生し、街が生まれ変わろうとしている。一方で、旧東海道周辺の街並みは歴史の面影や江戸風情を残し、そこに住む人には、下町気質や人情、近隣とのふれあいなど今も変わらずに根付いているものがある・・・。そんな歴史と文化のまち品川を、そこに生きる人々にスポットを当て、まちの息づかいを伝えていく試みが本企画制作の狙いです。開局20周年を迎えたケーブルテレビ品川が積み重ねてきた映像制作の実績と地域とのネットワークを活かし、地域に根ざしたメディアとして当社ならではの特別番組を制作。 【審査員コメント】 品川という町の奥行きを感じる作品で訪れたくなった。一眼レフのカメラで撮られた表情とナレーターがマッチしていて温かい雰囲気を出している。4部構成だが4つの作品のクオリティーのばらつきは感じた。1、2本目は人の表情なども丁寧に取られていて好感が持てた。それに比べると3、4本目は、ナレーションありきで流れてしまった印象。全体的には街や人を描くというケーブルの大事なテーマをしっかり捉えている作品かと思う。

幸福のカタチ Report to the UN ~from the happiness city~ 夢を追いものづくりのまちに移住 ~子育て世帯 移住幸福度日本一 福井で暮らす~

丹南ケーブルテレビ:制作 第43回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード コンペティション部門奨励賞 【番組概要】 番組では、丹南地域で、“幸福のカタチとは?”“女性が輝く社会とは何か” を探訪し、取材から感じたそのヒントを国連女性問題の第一人者アンワルル K チャウドリー国連大使(元国連事務次長、国連の友アジアパシフィック会長)にレポート。国連NY本部ハイレベルフォーラムやUNWOMAN、UNFPAなど関係機関にて報告を行う番組を掘り下げるファシリテーターに、国連の友アジアパシフィックと提携している日本歌手協会より、歌手で女優の大場久美子さんと、早見優さんを起用。進行役のモデレーターには、国連の友アジアパシフィックの小松田有理が担当。毎回二人の女性が、地域のデータを元に、地域で輝く様々な人に出会い、協働・持続可能な社会発展への考え方や施策、道筋などを探求し、そのヒントを探って行く。今回応募した番組は、「夢を追いものづくりのまちに移住~子育て世帯 移住幸福度日本一福井で暮らす~」と題し、高校卒業と同時に越前市に移住し、打刃物職人としての道を歩みはじめた山本直さんに、移住へのきっかけや、職人としての想い、地域の人との関わりについて話を聞いた。 【審査員コメント】 インタビューとスタジオトークの番組だが、事前リサーチがしっかりしていたのかインタビューが濃く、早見優さんのようなタレントさんを使うと善し悪しもあるが、出過ぎずに良い役割をしていた。全体構成として移住してきたご主人の仕事から入り、奥様の目線での移住生活、子育てなど住まう方の気持ちに沿っており好感が持てる。女性や高齢者が輝く社会が大事だが、このような形で情報発信が重要になっていくと思う。

編集チームおすすめ

激流と闘う乙女たち 栄光への軌跡

第44回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード グランプリ総務大臣賞に輝いた作品をどうぞご覧ください。

ランキング

福丸がゆく2017年11月27日放送 大阪市福島区福島

福丸がゆく2017年11月27日放送 大阪市福島区福島

【高校野球2017夏 東東京大会 チーム紹介】都立小松川高等学校

江戸川区にある「都立小松川高等学校」。 昨年創立100周年を迎えた伝統校です。 野球部の部員は総勢30人。夏の大会では、一昨年2回戦 昨年は4回戦進出と徐々に実力をつけ、今大会では大きな飛躍を目指します。 特に、11人いる三年生は、一年生から誰一人やめることなく最後の大会を迎えるそうで 一日でも長く、チームメイトと野球を続けるため、守備や打撃、それぞれの選手が 高い意識を持って練習に取り組んでいます。

【高校野球2018夏 西東京大会 チーム紹介】都立町田工業高等学校

広いグラウンドを擁する恵まれた環境を生かし、週末には都立校や神奈川の県立校と練習試合を行なっている都立町田工業高校・野球部。今年は、11人の部員達が、6年前から遠ざかっている夏の大会での勝利に向けて日々練習に取り組んでいます。

UP!アップ!関ガール シーズン2 vol.94.MXF

関西のケーブルテレビを応援するために結成されたアイドルユニット「関ガール」が毎回、過酷な企画にチャレンジするバラエティ。

2017となみ野の祭り「井波よいやさ祭り」

天保4年(1833年)商売繁盛・家内安全を祈願する神事として始まった南砺市井波地域のお祭。若衆が担ぐ神輿は3基あり、子ども神輿と合わせて6基の神輿が威勢のいい掛け声とともに町内を練り歩きます。獅子舞の獅子頭は地元井波彫刻の技が光る勇壮な表情。(2017年5月3日)

あなたにおすすめ

J006 寺門呪音の診断~吸血鬼の血~

神奈川県立大和南高等学校引中OBs 制作 除霊怪薬師それは、陰陽師やエクソシストとは違い、薬を調合することで、除霊・および怪異を退治する人達のことを指す。そんな除霊怪薬師の一人、寺門呪音はとある奇妙な依頼を受ける。

山木 貴裕

日本大学鶴ヶ丘高等学校 NTH Family 制作作品 運命は誰が決めますか?運命とは何ですか?運命に左右される人生は嫌いですか?あなたの人生は運命という言葉がまとわりついて、そして絡み合っています。運命の渦の中でもがく少年は光を目指して、もがき続ける。

eiga worldcup 2017 自由部門 夏風のくじら

茨城県立並木中等教育学校

ケスノート

日本工業大学駒場高校 映画愛好会 制作作品 謎のノート「ケスノート」。書いた言葉が消えてしまうとてもミステリアスなノートを使った事件(笑)が、始まるぜ!!!

J029 サイコロ

埼玉県立坂戸高等学校放送部 制作 「おまえ本当に運が悪いね!サイコロで喩えたら、ハズレばかりのサイコロだね!」……部室でのそんなやりとりの中、誕生した作品です。というわけで、常日頃から不運に苛まれる部員が、ヒロイン役を演じています。

ピックアップ

ならカフェめぐり「いとをかし」奈良市 Shizu Cafe

奈良にはお洒落で可愛いカフェがたくさんあります。おいしい料理やスイーツ、素敵な店内や雑貨など、カフェの『いとをかし』な魅力をのんびりご紹介する番組です。。(放送:2015年8月)

UP!アップ!関ガール シーズン2 vol.93.MXF

関西のケーブルテレビを応援するために結成されたアイドルユニット「関ガール」が毎回、過酷な企画にチャレンジするバラエティ。

【高校野球2017夏 神奈川大会 チーム紹介】高津高等学校(川崎市高津区)

高津高等学校(川崎市高津区) スローガン・意気込み「初戦突破」

第46回魁星旗争奪全国高校勝抜剣道大会 境 対 横浜商大

2017年3月29日から31日にかけて、秋田県立武道館で開催された熱戦の模様をご覧ください。

NAGASAKI水中散歩#9「川で鮎の産卵を観察しよう」

海に囲まれた長崎の海に生きるたくさんの生き物たち。 その姿を日々観察する水中観察家の中村拓朗さんと一緒に 水中を散策します。 4Kカメラでの制作となった「NAGASAKI水中散歩」 今回のテーマは、初めての川での撮影 秋の川で見ることができる「鮎の産卵」を見つめます

UP!アップ!関ガール シーズン2 vol.111.MXF

関西のケーブルテレビを応援するために結成されたアイドルユニット「関ガール」が毎回、過酷な企画にチャレンジするバラエティ。

なるほど!聞きコミテレビ#28戸出地域

高岡ケーブルネットワークアナウンサー、菅野もえが、 富山県高岡市のことをもっと知り、市民ともっと親しくなるべく、 皆さんの住む地域や市内のイベントにおじゃまします。 “聞きコミ”とは“聞いてコミュニケーション”の略。 身近な話題から時事の話題まで、毎週さまざな質問を携え、 いろいろな場所でインタビューします。

あしたもてんきになぁれ(予告編)

埼玉県立芸術総合高等学校 映像芸術科 制作作品 あぁ、もうめんどくさい 正直何でもいい あの人はどうするんだろう…

どーでもネタ百科 第23回 野草を食べてみよう!

どうでもいいけど何か気になる・・・街にあふれるそんな話題を徹底取材!明日からすぐに使える「話のネタ」をご提供します。

【高校野球2018夏 西東京大会 チーム紹介】都立久留米西高等学校

東久留米市にある都立久留米西高等学校。 野球部は1974年に設立。現在の部員は1年生11人、2年生3人、3年生13人の合計27人。 「継続は力なり」をモットーに、勉強と部活の文武両道を実践。 東京都ベスト16を目指し、練習にも力が入ります。