(一社)日本ケーブルテレビ連盟

eiga worldcup 2017 自由部門 ダルマ落とし

提供元:(一社)日本ケーブルテレビ連盟

お気に入り
  • facebook
  • twitter
  • google plus
  • LINE
番組紹介

千葉県立小金高等学校

シリーズ/関連動画

この動画には関連動画があります、他も見てみませんか?

川越まつり

ジュピターテレコム:制作 川越まつりは、10月14日に氷川神社が執行する「例大祭」を根源に「神幸祭」「山車行事」から成り立つ。慶安元年(1648)に、当時の川越藩主、松平伊豆守信綱が氷川神社に神輿・獅子頭・太鼓等を寄進して祭礼を奨励したことに始まり、慶安4年(1651)から華麗な行列が氏子域の町々を巡行し、町衆も随行するようになった。これが「川越まつり」の起源とされる。以来、360年以上にわたって川越の文化として脈々と受け継がれている祭礼行事である。

eiga worldcup 2017 自由部門 私達の40日

埼玉県立芸術総合高等学校

eiga worldcup 2017 自由部門 1年後

埼玉県立芸術総合高等学校

米子が生んだ心の経済学者~宇沢弘文が遺したもの~

中海テレビ放送:制作 第43回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード コンペティション部門審査員特別賞 【番組概要】 鳥取県米子市出身で2014年9月に亡くなった東京大学名誉教授の宇沢弘文さん。「心を持った経済学者」として、経済成長至上主義の社会の在り方を批判し続けた宇沢さんは、「人間の心を大切にする経済学」を追求し続けた経済学者であった。番組では、宇沢さんのプロフィールや功績を紹介するとともに、「宇沢理論」を継承する経済学者、さらには家族らの証言なども交えながら宇沢さんの人物像を探っていく。 【審査員コメント】 宇沢弘文さんは日本を代表する経済学者でシカゴ大学で教員をしていたが、米国の自由主義的な経済学が異を感じ帰国、自動車問題や晩年は成田闘争にも関られた。非常に優しく、経済学の学問を武器にしつつ人々に分け入っていく人だった。その方の生涯を優しく番組として作られており、かつ、宇沢さんの仕事と米子をうまく入り込みながら番組にし、丁寧な人物記になっている。

佐伯なぜ旅漫遊記 蒲江編

ケーブルテレビ佐伯:制作 第42回日本ケーブルテレビ大賞番組 コミュニティ部門奨励賞   平成の大合併により、大分県佐伯市も一市八町村がひとつの市として生まれ変わりましたが、新しい佐伯市民は、合併前の隣町隣村の歴史・風土に驚くほど無知だったのです。「佐伯なぜ旅漫遊記」は、このような状況を踏まえ、新佐伯市の各地域の歴史や風土を紹介する番組です。ドローンによる、日頃見ることの出来ない上空からの映像も番組に特色を出しています。

編集チームおすすめ

激流と闘う乙女たち 栄光への軌跡

第44回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード グランプリ総務大臣賞に輝いた作品をどうぞご覧ください。

ランキング

第101回全国高等学校野球選手権千葉大会 出場校紹介動画 県立清水高校

清水高校野球部は1年生5人、2年生人4人の計9人で構成。 去年の夏は関宿高校、船橋豊富高校との合同チームで出場し、初戦で市立船橋に敗退しました。 今年は「1つ1つのプレーを大切に!」をスローガンに掲げ、基本練習を積み重ね、単独出場します。 チームキャプテンは2年生でファーストの堀本選手。 去年の合同チームでの経験を生かし、率先して声を出すことで、1年生を引っ張りチームを盛り上げます。 注目選手は1年生ショートを守る鶴谷選手、3度の飯より野球が大好きな明るい彼のプレーがチームに笑顔と勝利を導きます。

福丸がゆく2017年11月27日放送 大阪市福島区福島

福丸がゆく2017年11月27日放送 大阪市福島区福島

【高校野球2017夏 東東京大会 チーム紹介】日体大荏原

大田区池上にある日本体育大学荏原高等学校。 野球部員数は1年生50人、2年生48人、3年生18人、マネージャー1人の計117人です。 今年のチームは1番から9番までのどこからでも打っていける打線と 出塁後は確実に塁を進め点数を取っていける機動力が大きな特徴です。 今年の春の大会では帝京高校に惜しくも敗れましたが、 この試合での経験で自分たちの得意な勝ち方が分かってきました。 あれから成長したチームの実力を夏の大会で遺憾なく発揮し、 東東京大会優勝、そして甲子園出場を目指します。

UP!アップ!関ガール シーズン2 vol49

関西のケーブルテレビを応援するために結成されたアイドルユニット「関ガール」。この番組はそんな彼女たちが毎回ゆる~いチャレンジを繰り返しながらアイドルとして成長していくバラエティ!

【高校野球2017夏 東東京大会 チーム紹介】日出高等学校

守備を中心に粘り強くたたかい、最後まであきらめないで一戦一戦勝ち抜いて勝利につなげたい。目標はベスト32。

あなたにおすすめ

J003 ゆめそら

北海道シュタイナー高等学園いずみの学校映画研究部 制作 「それぞれのゆめ、絶対叶えようね!」大人になったとき、少女達の友情とゆめの行方は、、、?ぜひ観てください。

J003 Flush!!

eiga worldcup2016 自由部門出品作品 東京都立若葉総合高等学校 映画制作部 この話は青春学園物語です。青春といえば友情ものや恋愛を想像しがちですが、この話はちょっとズレた青春物語となっています。きっと今まで見たこともない青春になったと思います。楽しんでいただければ幸いです。

Y054 君が笑ってくれるなら(予告編)

埼玉県立芸術総合高等学校映像芸術科 制作 愛と勇気と友情のつよさ、だささ。笑いながらも、心のどこかで感動できる作品です。お願いします。

C015 私のまち

eiga worldcup2016 地域部門出品作品 福岡県立修猷館高等学校 映画制作部 大した特徴もない町。でも、そんな町にもいいところはある。どこにでもあるような、親近感の湧く町を舞台にした温かい作品です。

醒めない夢

神奈川県立麻生総合高校 塚ノ森プロダクション 制作作品

ピックアップ

【高校野球 2017夏 西東京大会チーム紹介】國學院大學久我山高等学校

昭和20年に創部した國學院大學久我山高等学校野球部。 春・夏あわせて5回の甲子園出場経験をもつ都内屈指の強豪校です。 今年の久我山の武器は、守備力。失点を最小限に抑え 攻撃へのリズムをつくることで試合の主導権を握ります。

ほんでミーゴ 2018年11月15日

岩井・澤井の2人が県内のいろいろな場所を散策しながら、『ほんでミーゴ』を合言葉に皆さんに街のこと、人のことを根掘り葉掘り聞いちゃいます。今週も奈良市ならまちを散策しています。

第101回全国高等学校野球選手権千葉大会 出場校紹介動画 県立柏の葉高校

県立柏の葉高校野球部は1年生4人、2年生6人、3年生7人の総勢17人。 今年は例年になく投打のバランスがよく、どこからでもヒットが出せるチームです。 チームをまとめるのは、ピッチャーとファーストを任されている下村千輝キャプテン。 注目選手は、レフトを守る佐藤幹太選手。 チーム内で特にバッティングが光る選手です。 また、キャッチャーの志摩蓮斗選手は、視野が広く、選手への声がけも頻繁にするチームの影のまとめ役。 今回は試合で力を発揮すると意気込んでいました。

Y014 メッケ犬 秘伝 予告編

eiga worldcup2016 自由部門出品作品 学校法人羽黒学園羽黒高等学校 ITメディアサイエンスクラブ 地元に伝わるメッケ犬伝説をアレンジした物語です。撮影では「るろうに剣心」「おしん」などで使われた庄内オープンセットを使用させて頂きました。色んな苦労を乗り越えて、約1年かけて作り上げた作品です。

J015 神様がいた。

東京都立若葉総合高等学校映画制作部 制作 へんな助っ人が出てくるお話です。自分の友人に対しての想いを込めた作品にしました。登場人物の心情を表現するためにカメラワークにこだわりました。しかし、音質はあまりいいものではないです。よろしくです。

ヒットの兆し(teizenこう㐂)

新たなビジネスで岐阜を盛り上げようとしている企業、岐阜の地で頑張る仕事人を紹介します。 今回は、「teizenこう㐂」の高見 直樹さんを紹介します。

【2019夏・高校野球 埼玉大会 チーム紹介】埼玉県立南稜高等学校

戸田市美女木にある埼玉県立南稜高等学校。野球部は開校と同時に創部しました。現在の部員数は21人。日々、練習に励んでいます。南稜高校野球部のスローガンは「闘魂無き者は去れ!」鍛え上げた守備で辛抱強く試合を進め、訪れたチャンスを逃さずに得点を重ねる。そんな粘り強さがチームの特徴です。大会を前にした練習では、バントや、バッティングに磨きをかけるとともに、精神面のさらなる強化を図っています。過去には夏の大会でベスト4入りしたこともある南稜高校。今年は、ベスト16を目標に大会に挑みます。

錦鯉発祥の地 越後長岡 ~受け継ぐ若き鯉師たち~

「クールジャパン」として世界各国で愛好家が増えている「錦鯉」。 その発祥の地は長岡市・小千谷市です。 約200年前から続く錦鯉の養殖は今、若い生産者に受け継がれています。生産者の一年を追いました。

福丸がゆく2018年9月24日放送 大阪市港区市岡元町・南市岡

今回は福丸さんの地元、大阪市港区市岡元町と南市岡を散策。 市岡元町から散策をスタートし、 美味しいからあげ屋さんや水槽に珍しい魚を飼っている鉄工所など、 ユニークな出会いを重ねました!

万照の岐阜発!!音楽のチカラ 2018年2月放送 Track44「万照と愉快な楽市JAZZ楽団」

岐阜出身のプロサックスプレイヤー「野々田万照」 がお送りする音楽番組。 夏は鮎漁師、音楽スクールの校長先生など多彩な顔がある万照さん。 番組では岐阜だけでなく世界各国でのコンサートの裏話など 「ギョーカイ」の裏話も交えて楽しく語ってくれています。 2018年1月放送 Track44「万照と愉快な楽市JAZZ楽団」