となみ衛星通信テレビ(株)

2018となみ野の風景「桜の季節」

提供元:となみ衛星通信テレビ(株)

お気に入り
  • facebook
  • twitter
  • google plus
  • LINE
番組紹介

桜の季節。となみ野の南砺市、小矢部川の桜も満開です。長い冬を越え今年も美しい花を咲かせてくれた桜。枝の下ではその優しさに包まれる人たちがいます。水のせせらぎ 風に揺れる桜 季節の移ろいとともに流れる時間。いつまでも見つめていたい春の風景です。(2018年4月)

シリーズ/関連動画

この動画には関連動画があります、他も見てみませんか?

2018となみ野の風景「いのくち椿まつり」

南砺市の春の風物詩、南砺いのくち椿まつり。雪どけのこの時期に、春の喜びを感じてもらいたいと毎年開かれ、会場を彩る350種1000点の椿が来場者をむかえます。(2018年3月)

2018となみ野の風景「石動曳山祭」

小矢部市石動愛宕神社春季祭礼として行われる石動曳山祭は、江戸時代中期から続く伝統ある祭。桃山時代の推移を集めた十一本の絢爛豪華な曳山。かつて宿場町として栄えた石動の街をゆっくりと進む曳山は情緒を感じる小矢部の春の風景です。(2018年4月29日)

2018となみ野の風景「初夏の訪れ」

黄金色に輝いた麦が刈り取りの時期を迎え、水田の稲の緑も日に日に濃くなります。砺波市庄川町では観光祭が行われ、色鮮やかな夜高行燈が街を練り廻り、花火が打ち上げられます。祭りが終わると本格的な夏がやってきます。(2018年6月)

2017となみ野の風景「相倉合掌造り集落の田植え」

春の世界遺産相倉合掌造り集落は緑一色につつまれます。世界遺産の景観を維持しようと棚田の保全活動が行われています。田植えは昔ながらの手植えで機械を一切使わず行われました。子供から大人まで大自然の中、農業の苦労や喜びを体験し、集落には賑やかな声が響いていました。(2017年5月)

2017となみ野の風景「花しょうぶ」

富山県砺波市の県民公園頼成の森には北陸最大級の水生植物園があります。梅雨の季節に開かれる花しょうぶまつりは600品種70万株の花しょうぶが咲き誇ります。花しょうぶの花言葉は「うれしいしらせ」「やさしさ」。(2017年6月)

2018となみ野の風景「クロスランドからの冬景色」

富山県小矢部市のランドマーク、クロスランドタワーからの景色。辺りは一面の銀世界。除雪車が雪を掻き分け真っ白な大地に人々の生活道路の線を描きます。冬でしか見ることのできない景色に出会います。(2018年2月)

編集チームおすすめ

平成30年7月豪雨 義援金募集のお知らせ

ご支援・ご協力をお願いします。

ランキング

ブルーにこんがらがって(予告編)

法政大学第二中・高等学校 映画研究部 制作作品 高校時代特有の悩みや葛藤などを描きました。一番の見所はラストにかけての戦闘シーンです。SDカードは返して欲しいです。

壱岐の名水をたずねて第4話

全5話。第4話峰井(みねごう)と鍋の窪の湧水(なべのくぼのゆうすい)を紹介します。 長崎県壱岐市。玄界灘に浮かぶ小さな島。豊かな穀倉地帯があり、昔から豊富な水源に恵まれていました。米や麦、大豆などが栽培され、さらには麦焼酎が作られ、いまでは壱岐の特産品のひとつでもあります。壱岐には大きな川があるわけではありません。島なのになぜ水が豊富なのか、人々はどうやって水を得て暮らしてきたのか、壱岐の名水をたずねながら、その謎に迫ります。

【高校野球2018夏 東東京大会 チーム紹介】成城高等学校

チームワークの良さがこの野球部の持ち味です。学生の自主性を尊重し、練習メニューは、すべて選手たちが決めています。

ベイコム・地元ニュース(兵庫版)2018年5月29日号

特集 市民ランナーの夢 グランドスラムに挑む(西宮・大阪) JCカップU-11少年少女サッカー大会(西宮) みこころ幼稚園 マリア祭(尼崎) A-Lab Artist Gate2018(尼崎) アゲハの飼育講習会(伊丹)

第100回 全国高等学校野球選手権記念 東千葉・西千葉大会 出場校紹介 千葉学芸高等学校

7月11日に開幕する東千葉・西千葉大会に向けて、エリア内の主な出場校を紹介。選手・監督のインタビューや練習風景を交えながらチームの一球に込めた想いを総力取材!この夏に向けた球児たちの姿をお見逃しなく!

あなたにおすすめ

白井貴子のTAKUMI匠JAPAN~こしの都 手仕事めぐり~ 第三回 越前漆器 1500年 麗しき漆の技

シンガーソングライターの白井貴子さんが福井県丹南地域の伝統産業を支える職人たちを訪ね、その手仕事を学び体験し、ものづくりすばらしさを伝える「白井貴子のTAKUMI匠JAPAN~こしの都 手仕事めぐり~」 第三回目は、越前漆器の産地、鯖江市河和田地区を巡ります。越前漆器は1500年の歴史を持ち、特に室町時代から報恩講などの仏事に盛んに使われるようになったといいます。木地づくり・塗り・加飾の分業制となっている漆器づくりのそれぞれの現場をめぐります。

人と地域の物語~長野電鉄屋代線~

2012年3月31日、90年の歴史に幕を閉じ、廃線となった長野電鉄屋代線。屋代線と共に人生を歩み、深くかかわった4人を追いました。 消えゆく地域の公共交通に対する思いや地域への影響、そして言葉にできないそれぞれの思いを伝えます。

「高校球児の夏2018」正則学園高等学校

千代田区神田錦町の正則学園は、1986年に東東京大会を制覇し、甲子園に出場しています。あれから30年が過ぎました。今年こそ、古豪復活なるか!今年の中心選手3人を紹介します。

教えて!ホームドクター「貧血と女性の病気」

よくある病気の悩みについて鳥取県立中央病院の医療スタッフが詳しく解説します。今回は女性に多い貧血と関連する女性の病気について内科と産婦人科の医師が説明するほか、貧血予防の食事について管理栄養士が紹介します。

ながさき水中散歩#6「イカシバを作ろう!」

海に囲まれた長崎の海に生きるたくさんの生き物たち。 その姿を日々観察する水中観察家の中村拓朗さんと一緒に 水中を散策します。 今回のテーマは、イカの産卵場となるイカシバを作り海に沈めること 仲間たちとともに山に入り木を切り出し、イカシバを作ります。 イカたちが喜ぶようなものができたのでしょうか

ピックアップ

第100回全国高等学校野球選手権記念東千葉・西千葉大会 出場校紹介動画 拓殖大学紅陵高等学校

「人生開拓」を理念に活躍を誓う拓殖大学紅陵高校野球部。平成4年に行われた第74回夏の全国高等学校野球選手権大会では準優勝を成し遂げた強豪校です。1球1球を大切にプレーし、一人一人が夏に向けて積み重ねてきた成果を全力で出し切り甲子園を目指します。

第100回全国高等学校野球選手権記念東千葉・西千葉大会 出場校紹介動画 市立松戸高等学校

市立松戸高校野球部は、現在選手32年マネージャー3人の総勢35人が所属し、日々練習に励んでいます。チームのスローガンは意志の力。選手たちが自ら考え行動することで、より高いレベルでのプレーを目指しています。夏に向けて着実に力をつけている市立松戸高校野球部。強い意志を持って大会に臨みます。

【高校野球2018夏 東東京大会 チーム紹介】都立つばさ総合高等学校

大田区本羽田にある都立つばさ総合高等学校。野球部員数は、1年生7人、2年生4人、3年生9人、マネージャー3人の合計23人。つばさ総合高校では、他の部活との兼ね合いがあり、グラウンドを使える日があまり多くありません。しかしその分、基礎練習や走塁練習に力を入れ、基本的な技術と体力をしっかりと身につけています。キャプテンでピッチャーの松本選手は負けず嫌いの努力家。常にチーム全体に気を配り、みんなをひとつにまとめています。新チームのモットーは、常に全力疾走。初回から目の前の相手に対し全力を出し切り、一つずつ勝利を重ねていくことが夏の大会の目標です。

J057 僕らの足音

埼玉県立芸術総合高等学校映像芸術科 制作 この作品は進路に悩む高校生を描きました。よろしくお願いします。

SMILE~美容師間俊輔~

長崎市でちいさな美容室を営む間俊輔さん 日々の感謝を忘れず様々なことにチャレンジする美容師間俊輔さんを取材しました

Y020 探偵同好会VS怪盗同好会 予告編

eiga worldcup2016 自由部門出品作品 昭和第一高等学校 映画制作同好会 人間の心情を表した作品となっております。喜怒哀楽、様々な感情が渦巻き非常な現実を突きつけられる。そんな中で彼らはどう行動するのか?最後に意外な結末が・・・。上映時間20分で疲れることなくご覧出来ます。

シオン(予告編)

開智高等学校 にゃ---んず 制作作品 ー夏、2人の少女が、出会うー   にゃ---んずがお贈りする感動の夏のストーリー「シオン」お楽しみください。

だめんずきっちん(2015年6月放送)

アラフォーの男たちが最も苦手な料理に挑戦する恥的料理番組。 勝てば天国負ければ地獄!罰ゲームでハリセンを食らうのは一体誰なのか? 素人5人衆のハチャメチャなガチ料理対決に乞うご期待!

グレイシュブルー(予告編)

名古屋大学教育学部附属高等学校 映像演劇サークル 制作作品 夢を見ること、支えるということ、何事もきれいに行かないこと。むなしくて全部から逃げたくなること。青春特有の寂寥感の色、グレイシュブルーを味わってください。

2018となみ野の風景「ハウス栽培のチューリップ」

富山県砺波市は日本一のチューリップの球根出荷量を誇る地として知られています。百年前から行われている球根栽培は冬の積雪の自然条件を活かした産業として発展してきました。ハウス栽培のチューリップはおよそ 45日で花をつけ県内外縁と出荷されます。(2018年2月)