J:COM

第100回全国高等学校野球選手権記念東千葉・西千葉大会 出場校紹介動画 県立我孫子高等学校

提供元:J:COM

お気に入り
  • facebook
  • twitter
  • google plus
  • LINE
番組紹介

昭和53年、平成3年に続き、今大会で3度目の甲子園を狙う我孫子高校野球部。3年生を中心とした49人の部員が声をかけあいながら日々練習に励んでいます。チーム一丸となって「考えて動く野球」を実践し、汗を流した日々の努力と運を味方に、3度目の甲子園を目指します。

シリーズ/関連動画

この動画には関連動画があります、他も見てみませんか?

【高校野球2017夏 東東京大会 チーム紹介】立正大学付属立正高等学校

夏の東東京大会で3回戦まで勝利ち残った実績がある 昭和5年創部の立正大学付属立正高校 野球部。 現在マネージャーを含め110人の部員が所属しています。 今年は投手陣がテンポの良い投球で打ち取ることが特徴。 また思い切った投球が持ち味で相手チームを翻弄します。

【高校野球2017夏 東東京大会 チーム紹介】都立赤羽商業高等学校

北区西が丘、国立スポーツ科学センターの向かいにある赤羽商業高校野球部は、おととし創部して今年で3年目。総勢12人のメンバーで夏の大会に挑みます。チームのモットーは”one for all all for one” 。3年生は夏の大会が最後になるので悔いのないよう戦います。

【高校野球2018夏 西東京大会チーム紹介専修大学付属高等学校

昭和6年に創部となった伝統ある専修大学付属高等学校野球部。校内の基礎練習と、週3回程、多摩一本杉球場でのグラウンド練習で、日々の厳しい練習を効率的に行います。

【高校野球2016夏 西東京大会 チーム紹介】玉川学園高等部

新チームが始まってからバッティング重視の練習を重ねてきました。どこからでもチャンスをつくり得点出来る打線で、一戦必勝で勝ち上がることが目標です。

第100回全国高等学校野球選手権記念東千葉・西千葉大会 出場校紹介 県立国府台高校

バッティングを中心としたチームで例年に比べて勝負強い選手が多く、 全員でつなぐ野球で点を取りにいきます。 支えてくれている周りの人たちへの感謝の気持ちを忘れない国府台高校。 全員野球で夏の大会に挑みます。

【高校野球2017夏 西東京大会 チーム紹介】都立八王子北高等学校

今年から新たに黒土を入れたグラウンドで、守備を鍛えてきた八王子北野球部。守備からリズムを作る野球で躍進を目指す

編集チームおすすめ

激流と闘う乙女たち 栄光への軌跡

第44回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード グランプリ総務大臣賞に輝いた作品をどうぞご覧ください。

ランキング

コロコロチキチキペッパーズの 「やっべぇぞ!!」(広陵町立真美ケ丘中学校 ソフトボール部)

漫才コンビ「コロコロチキチキペッパーズ」がお届けする番組 「やっべぇぞ!!」 日々練習に励む学校の部活や、地元のサークルに突撃してガチンコ対決。 今回は「広陵町立真美ケ丘中学校 ソフトボール部」に突撃。ヒガシ逢ウサカ「高見」も登場。

わがまちの風景【伊丹市大鹿】

わたしたちの住むまちの風景を音楽とともにお届けします。

高校野球2017夏 東東京大会 チーム紹介 郁文館高等学校

文京区向丘の郁文館は、ある有名人が野球部に所属していました。 その先輩が成しえなかった甲子園を目指し、練習に励みます。 今年の中心選手に選手同士でどんな選手か紹介していただきました。

検証!屋島源平合戦 ~源義経軍の足跡を追う~

第44回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード コンペティション部門奨励賞 ケーブルメディア四国:制作 源義経が源平合戦の終盤に大きく活躍した「屋島の戦い」において、大坂を出発した義経軍が徳島に入ってから、どのようなルートを経て屋島(香川)までに至ったのか、実際のルートを大学の先生とたどりつつ、解説を加えながら紹介しました。 ルートの要所では、「各地に残る伝説」と「実際の歴史」を対比させ、定説とは異なる新たな考察から新しいルートを紹介し、最終章では、屋島で行われた戦いであったにも関わらず、屋島の対岸に多くの伝説が残っている理由を推測しました。 さらに、視聴者が同じルートを辿ることを想定し、現地への行き方、休憩場所としてランチの紹介を加えました。

高校野球2018 小倉高校

2018年の高校野球、福岡県の注目校を紹介。

あなたにおすすめ

【高校野球2018夏 東東京大会チーム紹介】大東文化大学第一高等学校

板橋区高島平にある大東文化大学第一高等学校。野球部は1961年に創部し、現在は53人で活動しています。夏の大会では去年、一昨年と三回戦敗退。新チームになってから公式戦での勝利はまだありませんが、「まず一勝」を目標にチーム一丸となって練習に取り組んでいます。

【高校野球2018夏 東東京大会 チーム紹介】芝高等学校

東京タワーを見上げるグラウンドで、練習に励む、中高一貫教育校の芝高野球部。就任26年目となる田中央監督は、進学校として学業を第一としながら野球に真剣に打ち込む選手たちの心の成長を求め指導しています。

「高校球児の夏2016」(都立淵江高等学校)

足立区東保木間にある都立淵江高等学校。野球部員は29人。近隣の中学校から多くの生徒が集まり、地域に根差した明るさが持ち味のチームです。春季大会ではブロック大会の決勝まで駒を進め、「粘り強く全力で戦う」野球で甲子園を目指します。

【高校野球2017夏 神奈川大会 チーム紹介】元石川高等学校(横浜市青葉区)

元石川高等学校(横浜市青葉区) スローガン・意気込み「つなぐ」

【第100回全国高等学校野球選手権記念東東京大会 出場チーム紹介】足立新田高校

環七通りから一本路地を入った場所にある足立新田高等学校。野球部員はマネージャーを含む総勢66人の大所帯。2006年には東東京大会ベスト4まで勝ち進んだ経歴を持つ足立区の強豪校です。今年の足立新田は打撃のチーム。打線をつなぎ相手に打ち勝つ野球で大会に挑みます。狙うは下克上!あきらめない粘り強い野球で勝利を目指します!

ピックアップ

めざせ!甲子園2018 小山台高校

夏の甲子園出場をめざす品川区内の高校野球部を紹介する「めざせ!甲子園2018」。大会を直前に控えた各チームの練習風景や主将・監督のインタビューをお届けします。 小山台高校のスローガン・意気込み: 甲子園行くぞ! ケーブルテレビ品川 高校野球特設サイト http://www.cts.ne.jp/special/18baseball/

なるほど!聞きコミテレビ#13古府

東京出身のアナウンサー、菅野もえが、富山県高岡市のことをもっと知り、市民ともっと親しくなるべく、皆さんの住む小学校下におじゃまします。 “聞きコミ”とは“聞いてコミュニケーション”の略。 身近な話題から時事の話題まで、毎週さまざな質問を携え、いろいろな場所でインタビューします。 「みんなで!校歌♪」のコーナーでは、小学校を訪ねて子どもたちに話を聞き、校歌を披露してもらいます。

Kパラnext Tuesday2017年9月5日

奈良で放送中! スタジオから飛び出し、MC藤原・中村が今話題のスポットから送りする番組です。 何が起こるかハラハラドキドキな中継番組。皆さんもテレビの前に釘付け間違いなしですよ!ぜひご覧ください!!(中継:あすかぶどう園)

失われていないふるさと

東京都立新宿山吹高等学校 映画クラブ・放送部 制作作品 ふるさとは決して失われていはいません。誰もが持っている大切なものを描きました。

繋がりが風を起こす~ゲストハウスイレブンヴィレッジ吹屋誕生物語~

ベンガラ色の町並みが美しい高梁市成羽町吹屋。ここには廃墟となっていた「旧国際交流ヴィラ」があったが、この度「ゲストハウス吹屋」として生まれ変わった。 発起人は、2年前大阪から高梁へ移住してきた田川寿一さん。 彼の夢は、「人と人とのつながりが深く、あったかい、一つの家族のような村をつくること」ゲストハウスづくりはその夢の第一歩である。番組では田川さんが、地域の人達と歩み寄る様子を伝える。果たして地域にどんな新しい風を吹かせるのか。

【高校野球2018夏 西東京大会 チーム紹介】都立田無高等学校

西東京市向台町にある都立田無高等学校。 取材当日はあいにくの雨。 外での練習ができない中、39人の部員は、シンデレラ階段の下で汗を流していました。 チームのモットーは、常に試合に勝って笑いたいという意味の「常勝常笑」 粘り強い野球で神宮を目指します!

ほんでミーゴ 2018年7月19日

岩井・澤井の2人が県内のいろいろな場所を散策しながら、『ほんでミーゴ』を合言葉に皆さんに街のこと、人のことを根掘り葉掘り聞いちゃいます。今回も近鉄奈良駅周辺を散策しています。

それいけ爆釣中!vol.12

平成26年4月放送「今宵おきゃくで盛り上がれ編」 初めての中土佐町釣行。釣れなかったw

万照の岐阜発!!音楽のチカラ 2015年1月放送 Track17 「ゲスト 粥川なつ紀」

岐阜出身のプロサックスプレイヤー「野々田万照」 がお送りする音楽番組。 夏は鮎漁師、音楽スクールの校長先生など多彩な顔がある万照さん。 番組では岐阜だけでなく世界各国でのコンサートの裏話など 「ギョーカイ」の裏話も交えて楽しく語ってくれています。 2015年1月放送 Track17「ゲスト 粥川なつ紀」

なるほど!聞きコミテレビ#32高岡法科大学大学祭(前編)

高岡ケーブルネットワークアナウンサー、菅野もえが、富山県高岡市のことをもっと知り、市民ともっと親しくなるべく、皆さんの住む地域や市内のイベントにおじゃまします。 “聞きコミ”とは“聞いてコミュニケーション”の略。 身近な話題から時事の話題まで、毎週さまざな質問を携え、いろいろな場所でインタビューします。 第32回:高岡法科大学大学祭(前編) テーマ「2016年 あなたのトップニュース」