J:COM

第100回全国高等学校野球選手権記念東千葉・西千葉大会 出場校紹介動画 県立沼南高柳高等学校

提供元:J:COM

お気に入り
  • facebook
  • twitter
  • google plus
  • LINE
番組紹介

43人の部員が所属する柏市の沼南高柳高校野球部。去年の夏の大会では3回戦まで進出していて、今年は「愛される野球」をモットーに日々練習を重ねています。今年のチームはどの打順からでも足を絡めて点を取れる攻撃的なチームとなっていて、夏の大会ではチーム一丸となって一勝でも多く勝ち抜いていきます。

シリーズ/関連動画

この動画には関連動画があります、他も見てみませんか?

第100回全国高等学校野球選手権記念東千葉・西千葉大会 出場校紹介動画 県立柏高等学校

16人の部員が所属する柏市の県立柏高校野球部。今年は「愛される野球部」をスローガンに去年以上の成績を目指します。今年のチームの特徴として、攻撃面では足で点を稼いでき、守備面では周りが互いにフォローしあいながら守りを固めています。チームワークでこの夏の大会を勝ち抜いていきます。

【高校野球 2017夏 東東京大会チーム紹介】目白研心高等学校

3年生10人を筆頭に総勢38人 チームのエースは、 内角外角へと安定したコントロールが持ち味の2年生、石黒選手。 抑えの守護神はキャプテンの入江選手。 チーム一丸となって、悲願の甲子園進出を目指します。

【高校野球2016夏 東東京大会 チーム紹介】板橋高等学校

板橋区・大谷口にある都立板橋高校。部員数は全部で27人。 高校は現在、校舎の建て替えのためグラウンドの半分に仮設校舎が建っている中、限られた練習スペースで、生徒達は工夫しながら練習にはげみます。 チームワーク抜群の今年の野球部は、一戦必勝、一球一球を大切に、全員野球で夏の大会に挑みます。

第100回全国高等学校野球選手権記念東千葉・西千葉大会 出場校紹介動画 あずさ第一高校

千葉市中央区弁天に千葉キャンパスを持つ、あずさ第一高校。 複数の都道府県で生徒募集を行う広域通信制普通科の高校です。 野球部には、現在19人が所属しています。指導する石浦監督によると、 今年は1番から9番までチャンスメイクできる打撃力のチーム。 特に上位打線は長打もあり、大量得点が狙えるとのことです。 2016年夏大会での4回戦進出が過去最高の成績というあずさ第一高校。 今年はそれを上回る5回戦進出を目指します。

【高校野球2018夏 西東京大会チーム紹介】調布南高校

「ちょうなん」の愛称で知られる都立調布南高校。去年秋と今年春の公式戦では一次予選初戦で敗退しましたが、その悔しさをバネに、基本練習や走り込みを繰り返し行い、チーム力を高めてきました。集大成の夏に躍進を目指します。

【高校野球2017夏 東東京大会チーム紹介都立橘高等学校】

墨田区立花にある都立橘高校野球部。 創部は、2007年で2015年、夏の3回戦進出がこれまでの最高成績です。 部員は、女子マネージャーを含め20人。 今年は、「不撓不屈」をスローガンにこれまでよりも上位を目指します。 チームを指導するのは、就任3年目の幕田一也監督。 学校の教員でもあり、日頃から明るい雰囲気で選手たちを指導しています。 現在のチームの課題は、「集中力」。 新チームになってから試合の後半に守備が乱れ、 大量失点につながった試合が目立つことから 現在、守備練習に最も力を入れています。 その守備練習の中で、誰よりも声を出しているのが キャプテン、青木稜選手。 司令塔としてキャッチャーをつとめ大きな声でチームをまとめます。 その青木選手とバッテリーを組むのが2年生の工藤海音選手。 カーブやスライダーなど様々な変化球を投げ分け 打たせて取るピッチングで大会に挑みます。

編集チームおすすめ

激流と闘う乙女たち 栄光への軌跡

第44回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード グランプリ総務大臣賞に輝いた作品をどうぞご覧ください。

ランキング

【高校野球2017夏 東東京大会 チーム紹介】帝京高等学校

帝京高等学校・野球部は、夏の甲子園に12回出場し、 平成元年と平成7年に2回優勝。 春の選抜には、過去14回出場し、 平成4年に全国制覇を果たすなど、 全国にその名を轟かせる高校野球の伝統校です。 部員数は現在、58人。 長打力のあるバッターがクリーンナップに並ぶ爆発力がある打線、 バリエーション豊富な投手陣、 安定した守備を武器に、 甲子園出場、全国制覇を目標に掲げます。

福丸がゆく2018年11月5日放送 伊丹市西台・行基町

今回は、兵庫県伊丹市西台と行基町を散策しました。 伊丹西台商店会の会長の写真屋さんから、前会長の中華料理屋さん、 そしてその向かいの眼鏡屋さんと数珠つなぎ的に訪問し、 この地域の取り組みなどをお伺いすることが出来ました。

【高校野球2018夏 西東京大会 チーム紹介】都立上水高等学校

秋、春と1回戦負けを喫しているため、その悔しさを夏の大会で晴らしたいと日々練習に取り組んでいます。

犬山祭の車山行事

1635年に始まって以来、今日まで継承されている「犬山祭」。 祭りの主役は三層から成る豪華な13輌の車山。 車山の上では江戸時代から伝わるからくり人形が操られ、様々な演技が奉納されます。

第100回全国高等学校野球選手権記念東千葉・西千葉大会 出場校紹介動画 県立津田沼高校

昨年の夏の大会では1回戦負けに終わった津田沼高校。野球に選手全員で真剣に取り組み、今年は一戦必勝をスローガンに日々、練習を積んでいます。今年は3回戦出場を果たすことが目標です。

あなたにおすすめ

第99回全国高等学校野球選手権千葉大会 出場校紹介動画 県立千葉北高校

千葉市稲毛区にある県立千葉北高校。男女共学の普通科高校で、 進取・創造・友愛の校訓の基、生徒の個性を引き出す教育がモットーの学校です。 また、近隣の小中学校との連携にも貢献しています。 千葉北高校野球部は、練習でも気を抜かず、ひとつひとつのプレーを 大事にする事で試合でもチカラが出せるように日々、心掛けています。 渡辺キャプテンを中心に走攻守がそろったチームには、 女子部員・浅尾選手も所属。 「凡事徹底」の精神を掲げ、大会での勝利を目指します。

秋田商業高校

いよいよ、夏の甲子園出場校を決める「第98回全国高校野球選手権秋田大会」が 12日に開幕しました。甲子園をかけた球児たちのアツイ思いをお伝えします。 今回は秋田市立秋田商業高校を紹介します。

【高校野球2018夏 東東京大会チーム紹介】墨田工業高等学校

野球部の方針…高い意識で日々の鍛錬に励み、レベルの高い「心・技・体」の習得に努める。 どんな野球部…個性が強く、元気が持ち味の野球部です。 ここは負けない…ここぞという場面での集中力と爆発力です。 好きな応援曲…墨田工業高校第一応援歌『蒼き空に』 主将の決意…強豪校相手でも臆せず戦い、目標に向かってガンガン攻めて勝ち進みたいと思います。

【高校野球2017夏 東東京大会 チーム紹介】日本ウェルネス高等学校

板橋区成増に本部を構える日本ウェルネス高等学校は、 全国にキャンパスを持つ通信制の高校です。 清瀬市にある野球部の練習グラウンドでは、 84人の部員が練習に励んでいます。 夏の大会に備え、連携プレーなどの細かい動作の指導にも 力を入れて指導しています。

「高校球児の夏2016」(都立葛西南高等学校)

江戸川区南葛西にある葛西南高等学校。男子部員は10人と少ないものの、女子マネージャー6人が活動を支え、「全員野球」で夏の大会を戦います。経験の少ない1・2年生がチームの主力となることから、それぞれが、声をかけあい、少しの時間も惜しんで練習に励み、夏の大会で勝利を目指します。

ピックアップ

Y058 運命の出逢い 予告編

eiga worldcup2016 自由部門出品作品 愛知県立旭丘高等学校 映画製作部 『緑の風が花々を包み込む、その場所で、二人は出会った_。私が私に出逢う、3億分の1の運命』いのちってなんだろう?私たちの思いをぶつけた作品です。

ぎふでないと(柳ケ瀬ビアガーデン)

岐阜の夜の街。スマホ片手に“いちはしだいすけ(45)”が西へ東へ気の向くままに歩きます!大きなTVカメラはありません!すべてをスマホで撮影する番組です。是非、「岐阜の夜」をスマホ感覚でご覧下さい。 今回は岐阜市神田町にある「柳ケ瀬ビアガーデン」にぶらり立ち寄ります。

ほんでミーゴ 2018年9月20日

岩井・澤井の2人が県内のいろいろな場所を散策しながら、『ほんでミーゴ』を合言葉に皆さんに街のこと、人のことを根掘り葉掘り聞いちゃいます。今回も近鉄新大宮駅周辺を散策しています。

味のふるさと

埼玉県立芸術総合高等学校 映像芸術科 制作作品 家に帰るといつもあたたかいご飯がまっている。ただおいしいだけでなく、こんなに安心し、ほっとするのは…そう、おうちのご飯は味のふるさとです。

なるほど!聞きコミテレビ#63野村校下

“聞きコミ”とは“聞いてコミュニケーション”の略。 身近な話題から時事の話題まで、毎週さまざな質問を携え、いろいろな場所でインタビューします。 第63回:野村校下 テーマ「コミュニティチャンネル見ていますか?」

ドッペルゲンガー

日本工業大学駒場高等学校 映画愛好会制作作品 お前、ドッペルゲンガーって知ってるか?出会うと死ぬと言われるドッペルゲンガー伝説の裏・・・

Y016 秋の日(予告編)

東京都立若葉総合高等学校映画制作部 制作 見どころとしては短くかつシンプルに友人の大切さを描いたところです。回りくどい描写が少ない分、伝えたいことがわかりやすくなっているのでテーマを理解しやすくできているのがこの作品の見所です。

なるほど!聞きコミテレビ#48平米校下

高岡ケーブルネットワークアナウンサー、菅野もえが、富山県高岡市のことをもっと知り、市民ともっと親しくなるべく、皆さんの住む地域や市内のイベントにおじゃまします。 “聞きコミ”とは“聞いてコミュニケーション”の略。 身近な話題から時事の話題まで、毎週さまざな質問を携え、いろいろな場所でインタビューします。 第48回:平米校下 テーマ「お祭りの思い出」

What a beautiful place!~なんて素敵な場所でしょう!~

次世代映像4Kで撮影した信州須坂の風景美をお楽しみください。~春の訪れふきのとう 峰の原高原スキー場からの風景 米子不動寺の護摩厳修~

ヒットの兆し(CHA-CHA NOTE 伊奈葉、水の音 カフェ&ギャラリー)

新たなビジネスで岐阜を盛り上げようとしている企業、岐阜の地で頑張る仕事人を紹介します。 今回は、「CHA-CHA NOTE 伊奈葉、水の音 カフェ&ギャラリー」の板倉 倫子さんを紹介します。