J:COM

【高校野球2018夏 西東京大会 チーム紹介】桜美林高等学校

提供元:J:COM

お気に入り
  • facebook
  • twitter
  • google plus
  • LINE
番組紹介

春の大会4回戦で小山台高校を相手に守備の乱れから大量得点を許しコールド負けに終わった桜美林高校。
大会後は徹底的に守備力を強化してきました。 
目立った選手はいないかわりに、全員が注目選手という桜美林高校。春の雪辱を夏の大会で晴らします。

シリーズ/関連動画

この動画には関連動画があります、他も見てみませんか?

【高校野球2016夏 西東京大会 チーム紹介】和光高等学校

公式戦で実力が発揮できる度胸の良さがあるチーム。先制すると勢いがある。昨年のメンバーが半数残り、昨年よりパワーアップした3年生引っ張る。エースを中心に有終の美を飾りたい。

【高校野球2019夏 西東京大会 チーム紹介】都立小平南高等学校

小平市上水本町にある都立小平南高等学校。 野球部のモットーは、常に明るく元気よくプレイをすること。また、バッティングでも守備でも1人1人が責任を持って考えながらプレイすることを常に心がけているそうです。チームの売りは組織力。今年はリーダーシップがとれる選手も多く自分達でミーティングなどを行い一丸となって戦うチームワークがあります。鈴木キャプテンを中心に自慢の打撃力を爆発させ先手必勝でまずは神宮球場でプレイすることを目指します。

第101回全国高等学校野球選手権大会 千葉大会出場校紹介動画「市川学園市川高校」

ピッチャーを中心に試合のリズムを作るスタイルが持ち味の市川学園市川高校。 今年は「一戦必勝」をスローガンに掲げ練習を続けてきました。

地域の逸品 ~高知県・しまんと紅茶~

日本各地には、まだまだ知られていない隠れた逸品が存在する… この番組は、逸品が生まれるまでの様々なドラマと生産者たちの熱い想いに迫ります。 今回紹介するのは、限界集落と言われた高知県・四万十町で生まれた「しまんと紅茶」。自分たちのあしもとにある地域資源を再確認し、その地域で経済が循環する仕組み、そしてその取り組みの中で生まれた商品のストーリーを紹介します。

【高校野球2019夏 西東京大会 チーム紹介】都立武蔵村山高等学校

「大きな愛に生きる人であれ」を教育目標に掲げる都立武蔵村山高等学校。総勢32人の野球部員は、公式戦直前を除いてできる限り全員が同じ練習をという方針のもと頑張ってきました。「夏は打ち勝つ」という合言葉のもと、冬から徹底的に振り込んできた武蔵村山ナイン。上位から下位まで小技も使いながら得点することが出来る打線に注目です。

【高校野球2016夏 西東京大会 チーム紹介】都立大泉高等学校

部員数は、マネージャーを含め13人と少ないですが、「一連托生」をモットーに、「全員野球」で勝利を目指します。

編集チームおすすめ

激流と闘う乙女たち 栄光への軌跡

第44回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード グランプリ総務大臣賞に輝いた作品をどうぞご覧ください。

ランキング

KCN情報発信スタジオ Kスタ!(2019/01/15)

【トピックス】・奈良コレクション(1/12 なら100年会館)  【お知らせ】1/19~ 映画「かぞくわり」全国順次ロードショー 塩崎祥平監督出演  【ピックアップTHEなら】いのしし年に黒滝村でぼたん鍋(黒滝・森物語村)リポーター:新田佳津子

第101回全国高等学校野球選手権 千葉大会 出場校紹介動画 県立木更津高校

県立木更津高校野球部は 選手40人、マネージャー7人の総勢47人が在籍しています。 昨年夏の大会では50年ぶりに ベスト8まで勝ち上がる大躍進をしました。 ボールをバットでとらえるイメージを養うため、 バドミントンのシャトルを使用した打撃練習など、 工夫したトレーニングで夏の大会に全力で立ち向かいます。

わがまちの風景【伊丹市昆陽池】

わたしたちの住むまちの風景を音楽とともにお届けします。

第101回全国高等学校野球選手権 千葉大会 出場校紹介動画 明聖高校

千葉県初の私立通信制高校として 平成12年に開校した明聖高校。 緑区平山町にある総合グランドで 元プロ野球選手の高橋監督と 二見部長の指導の元 マネージャーを含む39人の野球部員が 夏の大会に向け日々練習に励んでいます。 経験豊富な指導者と選手全員が それぞれの持てる力を発揮し、 全力で夏の大会に臨みます。

高校野球2019夏 西東京大会 チーム紹介「成蹊高校」

武蔵野市吉祥寺北町にある成蹊高校。 学園敷地内にある 専用グラウンドで練習を行う野球部は 創部90年を超える名門で 現在は41人の部員が所属しています。 「和をもって全力を尽くす」を モットーに、打倒シード校を掲げ 練習を重ねる成蹊高校。 目指すは優勝、甲子園です。

あなたにおすすめ

第101回全国高等学校野球選手権大会 千葉大会出場校紹介動画「県立浦安高校」

県立浦安高校は、総勢32人。 3年生を中心としたチームで大会に臨みます。 今年、チームは、「成功を信じる心があれば困難も乗り切れる」をスローガンに 結束力を高めています。

高校球児の夏2019【福岡工業高校】

第101回全国高等学校野球選手権 福岡大会 注目校【福岡工業高校】を紹介します。

【高校野球2017夏 神奈川大会 チーム紹介】元石川高等学校(横浜市青葉区)

元石川高等学校(横浜市青葉区) スローガン・意気込み「つなぐ」

高校球児の夏2019【飯塚高校】

第101回全国高等学校野球選手権 福岡大会 注目校【飯塚高校】を紹介します。

【高校野球2018夏 西東京大会チーム紹介】明星学園高校

三鷹市牟礼にある明星学園高校。去年夏は連合チームでの出場でしたが、今年は1年生9人が入部し、単独での出場が叶いました。ミスを恐れないのびのびプレイで、初戦突破を目指します。

ピックアップ

高校野球2017夏 東東京大会 チーム紹介 正則学園高等学校

千代田区神田錦町の正則学園は、1986年に東東京大会を制覇し、甲子園に出場しています。 あれから30年、今年こそ、古豪復活なるか! 今年の中心選手に選手同士でどんな選手か紹介していただきました。

山木 貴裕(予告編)

日本大学鶴ヶ丘高等学校 NTH Family 制作作品 運命は誰が決めますか?運命とは何ですか?運命に左右される人生は嫌いですか?あなたの人生は運命という言葉がまとわりついて、そして絡み合っています。運命の渦の中でもがく少年は光を目指して、もがき続ける。

J:COMpark 2016年12月後半号「J:COMpark2016総集編」前編

J:COMpark12月後半号は、2016年の総決算! J:COMpark2016総集編の前編!今年もいろいろありましたねぇ・・・ 今年の初回放送は・・・そして4月からは放送エリアも拡大! さらに2016年もKC,sさんとのコラボグッズ作りました! さらには山登りにもチャレンジしたし、大阪城周辺に突如現れた施設で遊び、たつをもメロメロのお姉さんにも出会いました。 いや~23分じゃ足りないよぉ~ WEB:http://c.myjcom.jp/jch/p/jpa/ ブログ:http://jcomch-kansaiobp.blogspot.jp/ フェイスブック:https://www.facebook.com/jcompark/ ツイッター:https://twitter.com/JCOMPark

【高校野球2019夏 西東京大会 チーム紹介】都立松が谷高等学校

八王子市の多摩ニュータウン地域にある都立松が谷高等学校。マネージャーを含め、30人の野球部員が夏の大会を目指して日々ひたむきに練習に励んでいます。松が谷ナインに代々引き継がれるチームのモットーは「感謝・努力・闘志」。日頃から緊張感を持って練習し試合で最大限の力を発揮したいという都立松が谷。西東京大会ベスト8を目指して夏の大会に挑みます。

ボウリングアカデミー#14

「ボウリング」は近年、運動不足の解消に効果的で自分の体力にあわせて続けられることなどから、男女・年齢を問わず気軽に楽しめる『健康スポーツ』としても注目されています。この番組では、ボウリングをよりいっそう楽しめるよう、ボウリングの楽しさをお伝えします。『フォーム拝見』のコーナーは1年前にも安嶋プロの指導を受けたボウリング歴3年6カ月10歳女性のフォームをチェックします。『安嶋プロのワンポイントレッスン』は視聴者からの質問について解説します。

目黒区動画ニュース(2016年1月26日更新)

目黒区の様々な情報をお届けする目黒区動画ニュース。 今回は、1月11日(月・祝)にめぐろパーシモンホールで行われた 「目黒区成人の日のつどい」の様子をお届けします。 式典の様子とともに、晴れ着やスーツに身を包んだ 新成人のインタビューもお届けします。 ぜひご覧ください。

【高校野球2018夏 西東京大会チーム紹介】松原高校

世田谷区桜上水にある都立松原高校。マネージャーを含めて総勢12人という少数精鋭で夏の大会に臨みます。キャプテンでチームのエースでもある髙橋投手は、上から投げ下ろす130キロを超える直球と、中学生の時に身につけたアンダースローの投球を織り交ぜる異色のピッチャー。変幻自在の投球で初戦突破を目指します。

それいけ爆釣中!vol.33

平成28年1月放送「1月恒例総集編」 毎年一月は都合により総集編をお届けする。 見所は眉毛勝負に負けたディレクターの断髪式ならぬ「剃眉式」 予想外の結末を見逃すな!!

【高校野球2017夏 東東京大会 チーム紹介】東京学園高等学校

部員は1人。都大会に出場するために周辺高校の4連合チームで出場。東京学園の最後の試合になりますが、連合チームで出場して先輩の伝統を受け継いで最後まであきらめないで頑張りたいと思います。

【高校野球2018夏 西東京大会チーム紹介】聖徳学園高校

学校創立以来90年以上の歴史を持つ、武蔵野市の聖徳学園高校。野球部は三鷹市井口の第2キャンパスにあるグラウンドで、日々の練習に励んでいます。去年の夏の大会では2勝をあげて4回戦に進出。今年は35人の部員が一致団結して、さらなる飛躍を目指します。