J:COM

【高校野球2018夏 西東京大会 チーム紹介】都立小川高等学校

提供元:J:COM

お気に入り
  • facebook
  • twitter
  • google plus
  • LINE
番組紹介

都立小川高校は1980年に開校しました。
野球部はその時以来続いている部活動で、
現在はグラウンドをサッカー部や陸上部と
共有しながら、日々練習に励んでいます。

シリーズ/関連動画

この動画には関連動画があります、他も見てみませんか?

【高校野球2018夏 西東京大会 チーム紹介】都立小平南高等学校

小平市上水本町にある都立小平南高等学校 過去の夏の大会最高成績は、2007年のベスト8。 現在野球部員は、マネージャーを含めて1年生11人、2年生13人、 3年生12人 合計43人が須澤キャプテンを中心に 目指すは、神宮球場。

高校野球2019夏 東東京大会 チーム紹介「都立淵江高等学校」

足立区東保木間にある淵江高等高校。野球部員は三年生9人、二年生6人 一年生7人、マネージャー2人の総勢24人。 昨年から公式戦に出場していた3年生も多く、その経験を活かしつつ 勢いと一体感をもって今大会に臨みます。

【高校野球2017夏 東東京大会 チーム紹介】日体大荏原

大田区池上にある日本体育大学荏原高等学校。 野球部員数は1年生50人、2年生48人、3年生18人、マネージャー1人の計117人です。 今年のチームは1番から9番までのどこからでも打っていける打線と 出塁後は確実に塁を進め点数を取っていける機動力が大きな特徴です。 今年の春の大会では帝京高校に惜しくも敗れましたが、 この試合での経験で自分たちの得意な勝ち方が分かってきました。 あれから成長したチームの実力を夏の大会で遺憾なく発揮し、 東東京大会優勝、そして甲子園出場を目指します。

【高校野球2016夏 東東京大会 チーム紹介】都立大田桜台高等学校

平成21年の学校創立とともに創部した都立大田桜台高等学校野球部。 現在、マネージャーを含め、15人の部員が所属しています。 「全員野球で最後まで全力プレーで臨む」を スローガンにベスト16を目指します。

【高校野球2018夏 西東京大会チーム紹介】大東学園高校

世田谷区船橋にある大東学園高校。17人の部員たちは、常に目的意識を持って練習に取り組み、レベルアップを図ってきました。広角打法でチームを牽引する中松キャプテンを軸に、少ないチャンスを得点につなげる「スモールベースボール」で初戦突破を目指します。

ふわっと・・・欣様 -What? KIN-SAMA- 11月前半号

ふわっと・・・欣様 -What? KIN-SAMA- さてさて、今回、私たちがお伺いしたのは、羽曳野市でーす。 ブドウ栽培や古墳などの古代史跡の多い羽曳野市で、 欣様はヨガやパーソナルトレーニングの体験を行いました。 今回は、運動能力が決して高くはない欣様の奮闘ぶりを たっぷり視聴者の皆さんにご覧頂きたいと思います。

編集チームおすすめ

激流と闘う乙女たち 栄光への軌跡

第44回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード グランプリ総務大臣賞に輝いた作品をどうぞご覧ください。

ランキング

コロコロチキチキペッパーズの 「やっべぇぞ!!」(バウンドテニス さくら【橿原市】)

漫才コンビ「コロコロチキチキペッパーズ」がお届けする番組 「やっべぇぞ!!」 日々練習に励む学校の部活や、地元のサークルに突撃してガチンコ対決。 今回は橿原市のバウンドテニスクラブ「 さくら」に突撃。ヒガシ逢ウサカ「高見」も登場。

おしえて!奈良医大11

奈良医大の先生に「知っておきたい病気のあれこれ」や「気になる体のあれこれ」について、わかりやすく教えていただく番組です。 今回は「子宮内膜症からの癌化を見逃さないコツ」について伺います。

8月7日の語り部~記憶の継承者たち~

中部ネーブルネットワーク:制作 第42回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード コンペティション部門奨励賞   豊川市にあった豊川海軍工廠(こうしょう)は、機銃・弾丸の製造を行い、東洋随一の規模と言われていましたが、昭和2 0 年8 月7 日の爆撃により壊滅的な被害を受け、2 , 5 0 0 名以上の尊い命が奪われました。「語り部」、「戦争体験者の絵」、「空襲の劇」、「2 , 5 0 0 人での空襲再現」の4 つの視点で市民の取り組みを追っていくドキュメンタリー番組です。

UP!アップ!関ガール シーズン2 vol.1

関西のケーブルテレビを応援するために結成された アイドルユニット「関ガール」が、様々な企画にチャレンジする アイドル成長バラエティ!

コロコロチキチキペッパーズの 「やっべぇぞ!!」(奈良大学附属高校 チアリーダー部)

お笑いコンビ「コロコロチキチキペッパーズ」がお届けする番組 「やっべぇぞ!!」 日々練習に励む学校の部活や、地元のサークルに突撃してガチンコ対決。 今回は「奈良大学附属高校 チアリーダー部」に突撃。ヒガシ逢ウサカ高見も登場!

あなたにおすすめ

レーシングスピリット 2018年9月号(SUZUKA10H参戦 ARN RACING)

初開催の鈴鹿10時間耐久レース(SUZUKA 10H)参戦の地元チーム「ARN RACING」(三重県四日市市)の活動に密着。スーパー耐久で王者に輝き、フェラーリで優勝を狙うこのチームのレースと、今後のビジョンに迫ります。

【高校野球2017夏 西東京大会 チーム紹介】都立国分寺高等学校

国分寺市新町にある都立国分寺高等学校。 限られた時間で集中し勉強もしっかりこなす文武両道のチームです。 部員数は、1年生10人、2年生25人、3年生16人、マネージャー6人の総勢57人で甲子園を目指しています。 日々の練習で心身ともに鍛え上げてきた国分寺高校 野球部。 自分たちの力を信じチーム一丸となって甲子園を目指します。

「高校球児の夏2016」(都立葛西南高等学校)

江戸川区南葛西にある葛西南高等学校。男子部員は10人と少ないものの、女子マネージャー6人が活動を支え、「全員野球」で夏の大会を戦います。経験の少ない1・2年生がチームの主力となることから、それぞれが、声をかけあい、少しの時間も惜しんで練習に励み、夏の大会で勝利を目指します。

【高校野球2017夏 東東京大会 チーム紹介】目黒学院高等学校

チームのモットーは『目黒魂の復活』。練習が終わった後も主将が部員を集めて数時間、自主練習を行っている。今年はその成果が出れば、良い結果を出せそう。

【高校野球2018夏 西東京大会チーム紹介】成蹊高校

創立100年以上の歴史を持つ、武蔵野市の成蹊高校。部員たちは「和をもって全力を尽くす」をはじめ、代々受け継がれてきた部訓のもと、日々練習に励んでいます。今年は打倒シード校を掲げ、さらなる躍進を目指します。

ピックアップ

[KATCH TIME30] 8月23日(金)分

愛知県西三河地域のニュースをお届けします。 ■特集 わがまちクイズでボウサイ 刈谷市編 ■生中継 「三河安城フェスタ」前夜祭会場から生中継 ■今日のラインナップ ◇技能五輪国際大会 ロシアで開幕 ◇農業初心者向け「野菜づくり入門コース」開校式(安城市) ◇西尾市立看護専門学校見学会(西尾市) ◇体に障がいを持ちながらも絵を描き続ける後藤さん(高浜市) ◇市役所に「Cラボ西尾」開設(西尾市) ◇先生がモノづくり企業を見学(安城市) ◇宙を奏でる点描曼荼羅画の作品展(知立市)

だめんずきっちん2015年8月放送

アラフォーの男たちが最も苦手な料理に挑戦する恥的料理番組。 勝てば天国負ければ地獄!罰ゲームでハリセンを食らうのは一体誰なのか? 素人5人衆のハチャメチャなガチ料理対決に乞うご期待!

【高校野球2018夏 西東京大会 チーム紹介】明治学院東村山高等学校

明治学院東村山高等学校・硬式野球部は、創部54年目。 今年は、49人のメンバーで、夏の大会に挑みます。 この日は、ピッチングマシンを使ったバッティング練習と、 シートノックによる守備練習などを行っていました。

UP!アップ!関ガール シーズン2 vol.99.MXF

関西のケーブルテレビを応援するために結成されたアイドルユニット「関ガール」が毎回、過酷な企画にチャレンジするバラエティ。

シーン37故郷

神奈川県立麻生総合高校 無所属

粋、日本橋 老舗あるき♯4

日本橋の老舗の魅力をご紹介。今回は江戸時代は版元・扇子とうちわの伊場仙に注目。また、高嶋家の鰻重、うぶけやの毛抜き、川から眺める舟めぐりの風景も必見です。

【高校野球2017夏 西東京大会 チーム紹介】都立小川高等学校

チームのスローガンは「機動力野球」。学年問わず仲がよく、それが長所でもあり、弱さでも。

【完全版】特別番組 「高校球児の夏2019」

高校球児応援特番!“あらぶんちょ地区”(荒川・文京・千代田)で東東京大会に出場する野球部15校をご紹介します! 三連覇を目指す二松學舎大学附属高校を始め、今年も注目校がたくさん! 出場校の特徴を練習風景、選手や監督へのインタビューで紹介します。

第46回魁星旗争奪全国高校勝抜剣道大会 秋田 対 酒田西

2017年3月29日から31日にかけて、秋田県立武道館で開催された熱戦の模様をご覧ください。

【高校野球2019夏 西東京大会 チーム紹介】都立第五商業高等学校

「人づくり夢づくりのまなびや」のモットーを掲げる都立第五商業高等学校。1962年には、東京都ベスト4を果たしています。現在の部員は21人でそのうち3年生は6人。少ない人数ながら情熱とチームワークで、50年ぶりの四回戦進出を目指します。部員それぞれが勝利への意志を硬く持ち、サンドボールやテニスボールでのバッティングなど工夫を凝らした練習を取り入れています。右腕のエース鮫島投手とキャプテンの阿曽選手にとってこれが最後の夏。一球一球の投げ込みの音がカウントダウンのように校庭に響き渡ります。