J:COM

【高校野球2018夏 東東京大会 チーム紹介】大森学園高等学校

提供元:J:COM

お気に入り
  • facebook
  • twitter
  • google plus
  • LINE
番組紹介

昭和20年に創部し、73年の歴史を誇る大森学園高等学校野球部。去年の夏の東東京大会では4回戦まで進み、東海大高輪に2対3で惜しくも敗れました。今年はチャンスでの1本など試合のポイントを意識した練習の結果を出し、甲子園を目指します。監督によるとケガや故障した選手も復帰しチーム体制は万全。今年に入って打率5割を超える不動の1番長尾選手からクリーンナップの佐々木選手・竹田選手を中心とした打線がチームの要になると話していました。エースピッチャーは田中選手。130キロ台の威力のあるストレートと、落差のある変化球を武器に相手打線を押さえます。

シリーズ/関連動画

この動画には関連動画があります、他も見てみませんか?

【高校野球2017夏 西東京大会 チーム紹介】都立石神井高等学校

練馬区関町北にある都立石神井高等学校。 野球部員数は、1年生17人、2年生8人、3年生8人、マネージャー4人の、あわせて37人です。 今年のチームの強みは、打撃力。 オフシーズンから素振りと下半身の強化を行い、どの打順からでもヒットを打って流れを作り 打ち勝つことができるチームに仕上げてきました。 チームのモットーは 「凡事徹底)」。 当たり前のことを徹底的に行うという精神で、日々の練習にも真剣に取り組んでいます。 夏の大会は、全員野球で一戦一戦しっかりと戦い、甲子園出場を目指します。

第100回全国高等学校野球選手権記念東千葉・西千葉大会 出場校紹介動画 東葉高校

創部史上最多、54人の部員が夏の大会に向けて連日汗を流している東葉高校野球部は、昨年の秋の大会、今年の春の大会、ともに県大会に出場し初戦突破。今、勢いに乗っているチームです。今年のスローガンは常笑野球。ねばり強く全員野球で甲子園を目指します。

【高校野球2017夏 東東京大会 チーム紹介】修徳高等学校

葛飾区青戸にある「修徳高等学校」。 埼玉県の八潮市のグランドに、気合の入った声が響きます。 野球部員は96名。 学校の名に恥じない戦いをするため、厳しい練習に取り組みます。 組織力と攻撃力で勝負するのがこの学校の強み。 グラウンドには屋根のある施設もあり、常に十分な練習ができます。 96名が即戦力という選手層の厚いチームがさらに力をつけています。

【高校野球2017夏 東東京大会 チーム紹介】日体大荏原

大田区池上にある日本体育大学荏原高等学校。 野球部員数は1年生50人、2年生48人、3年生18人、マネージャー1人の計117人です。 今年のチームは1番から9番までのどこからでも打っていける打線と 出塁後は確実に塁を進め点数を取っていける機動力が大きな特徴です。 今年の春の大会では帝京高校に惜しくも敗れましたが、 この試合での経験で自分たちの得意な勝ち方が分かってきました。 あれから成長したチームの実力を夏の大会で遺憾なく発揮し、 東東京大会優勝、そして甲子園出場を目指します。

第100回全国高等学校野球選手権記念東千葉・西千葉大会 出場校紹介動画 県立柏陵高等学校

39人の部員が所属する柏市の県立柏陵(はくりょう)高校野球部。今年は1番から9番までどこでも長打を狙えるチームで、打撃で得点を重ね試合の流れをつかみます。去年の夏は2回戦敗退でしたが今年は「エンジョイベースボール」スローガンに掲げ、常に笑顔を心掛け、全力でプレーを楽しみ、夏の大会ではベスト16を目指します。

【高校野球2018夏 西東京大会チーム紹介】聖徳学園高校

学校創立以来90年以上の歴史を持つ、武蔵野市の聖徳学園高校。野球部は三鷹市井口の第2キャンパスにあるグラウンドで、日々の練習に励んでいます。去年の夏の大会では2勝をあげて4回戦に進出。今年は35人の部員が一致団結して、さらなる飛躍を目指します。

編集チームおすすめ

激流と闘う乙女たち 栄光への軌跡

第44回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード グランプリ総務大臣賞に輝いた作品をどうぞご覧ください。

ランキング

【高校野球2018夏 東東京大会 チーム紹介】都立両国高等学校

墨田区江東橋にある両国高校野球部の創部は1945年。 部員数は、マネージャーを含めて21人です。 先輩・後輩の分けへだてがなく、チームワークの良さが強み。 野球部の伝統「文武両道」を目指し日々練習に打ち込んでいます。 チームを率いるのは、OBで2010年から采配を振る石川敏雄監督です。 今年のチームは、クリーンナップ以外にも長打を狙える選手がそろい、 打線の爆発に期待を寄せています。 そんな両国打線の主軸を担うのが、3年生の高橋大和選手。 選球眼が良く、長打力を持ち合わせています。 キャプテンは、3年生の丸山知晃選手。 「走・攻・守」三拍子そろった、力のある選手です。 今年のチームスローガン、「一球入魂」を掲げ、 まずは、初戦突破を目指します。

【高校野球 2017夏 東東京大会チーム紹介】広尾学園高等学校

今年のモットーは、「凡事徹底」。 今大会に向けて一年間、基礎練習を徹底的に行ってきました。 大会への準備が整った広尾学園ナイン。まずは、初戦突破を目指します。

【広報きりしまとMCTのコラボ番組】国立公園を一望 韓国岳山頂へ

霧島市の市報「広報きりしま」と南九州ケーブルテレビネットのコラボ番組です。今回は、冠雪した韓国岳(標高1700m)に登ってきました。

わがまちの風景【大阪市九条南】

わたしたちの住むまちの風景を音楽とともにお届けします。

第20回関西アカペラジャンボリー~KAJa2017~

約150組の応募の中から勝ち抜いた12組のアマチュアアカペラバンドの歌声が披露された日本最大級のアカペラストリートイベント

あなたにおすすめ

【高校野球2018夏 東東京大会 チーム紹介】都立大田桜台高等学校

今年で学校創立10年目となる都立大田桜台高等学校。夏の大会出場は軟式野球部から硬式野球部となって6回目となります。選手が8人しかいない大田桜台高校野球部では今大会、立正大立正から2人の選手派遣を受けての出場となります。チームのスローガンは「常笑野球」。どんなつらい時でも笑顔でプレーしピンチを乗り越える、そんなチームの最大の武器はバッティング。週末には一日に2000本のティーバッティングを行うなど、バットの振り込みはどこにも負けない自信があるそうです。

【高校野球2018夏 西東京大会 チーム紹介】都立農業高等学校

府中市寿町にある都立農業高等学校。 部員数は、マネージャーを含め7人ですが、 都立片倉高校から部員を派遣してもらい、今年は、単独での出場となります。 この日は、練習試合の予定でしたが、あいにくの雨で中止に。 選手たちは、筋力トレーニングなどの室内練習で汗を流しました。

第99回全国高等学校野球選手権千葉大会出場校紹介動画「県立八千代西高校」

昨年夏の大会初戦にて、大差のコールドゲームで相手校を下し、 2回戦まで駒を進めた県立八千代西高校。 部員数が11人と少人数ですが、負けん気の強い3年生を 中心に勝ちにこだわる試合を目指すチームが仕上がりました。 この夏の大会は、3年生4人を軸とした打線で、 チャンスを確実に生かし、元島監督の采配の元、 足をからめたヒットエンドランやランエンドヒットからの 得点をものにする攻撃で、まずは1勝を目指します。

第100回全国高等学校野球選手権記念東千葉・西千葉大会出場校紹介 昭和学院高校

秋の大会で創部以来、春夏合わせて初のベスト16に進出した昭和学院高校は今、勢いのあるチームです。 今回、西千葉大会の選手宣誓を見事引き当てた昭和学院高校。 勢いそのままに甲子園を目指します。

「太陽生命ウィメンズセブンズシリーズ2017」第1戦 秋田大会 カ・ラ・ダファクトリー Rugirl-7 対 千葉ペガサス

5月13日・14日に秋田市のあきぎんスタジアムで開催された第1戦 秋田大会の試合をお送りします。エキサイティングなゲームをお見逃しなく!

ピックアップ

Departure of girl

東京家政大学附属女子高等学校 映画部 制作作品 私たちの学校の中庭の自然を取り入れてみました!

【第100回全国高等学校野球選手権記念東東京大会】都立葛西工業高校

江戸川区一之江にある都立葛西工業高等学校。「真理を愛し、勤労をたっとび、責任を重んずる」を校訓にものづくりを通した人づくりを実践している高校です。野球部員は総勢11人。チームを率いるキャプテンはエースナンバーを背負う野村選手。得意なカーブを武器にエースとしてチームを引っ張ります。センターラインの守備力の高さと個々の役割をしっかり果たし、まずは初戦。葛西工業らしさを生かし夏を目指します。

第100回全国高等学校野球選手権記念東千葉・西千葉大会 出場校紹介動画 県立京葉工業高校

稲毛区穴川にある京葉工業高校。高い教養力、社会に適応する工業技術者を育成することを掲げている学校です。京葉工業高校・野球部には、「千葉県一の五か条」があります。挨拶や礼儀、全力疾走など、千葉県一の部訓を胸に日頃から練習に取り組んでいます。

【第100回全国高等学校野球選手権記念東東京大会 出場チーム紹介】都立農産高校

葛飾区西亀有にある都立農産高校。部員数は総勢15人です。単独での夏の大会出場は2014年以来、4年ぶりの出場となります。部員が少ないこともあり、1年生から3年生まで仲の良いこのチーム。主将でエースピッチャーの鈴木雄太選手がチームを引っ張ります。

【高校野球2017夏 東東京大会 チーム紹介】都立葛西工業高等学校

江戸川区一之江にある都立葛西工業高等学校。 「真理を愛し、勤労をたっとび、責任を重んずる」を校訓に ものづくりを通した人づくりを実践している高校です。 野球部員はマネージャー1人を含む総勢16人。 ことしは、保護者の方たちも横断幕などを作成してくれており、応援側も準備万端。 センターラインの守備力の高さとクリーンナップの勝負強さで夏に挑みます。

【高校野球2017夏 東東京大会 チーム紹介】大森学園高等学校

大田区大森西にある大森学園高等学校。 野球部員数は1年生17人、2年生23人、3年生24人、マネージャー3人の 合計67人です。 春の大会までは自分たちの実力が思うように発揮できず 初戦・2回戦敗退という悔しい想いをしました。 夏の大会では、その雪辱を果たすべく一戦一戦をしっかりと戦い 東東京大会優勝、そして甲子園出場を目指します。

第100回全国高等学校野球選手権記念東千葉・西千葉大会 出場校紹介動画 船橋啓明高校

船橋啓明高校は、ベスト8入りを目指し、日に日にリーダーシップが増しているキャプテンの中村選手を中心に練習に励んでいます。 ピッチャー、バッターともに頼もしい選手がいるほか、足の速い選手が揃っていることから、足を使ったプレーにも注目です。

【高校野球2018夏 西東京大会 チーム紹介】聖パウロ学園高等学校

ダイワハウススタジアムをかりて練習を重ねてきた野球部。今年のテーマは足を絡めた攻撃。テンポのいい守備から攻撃に繋げ、粘り強く戦います。

Y039 プロットツイスト 予告編

eiga worldcup2016 自由部門出品作品 東京都立戸山高等学校 3年C組 物語の展開を伝える役割を担う、ナレーション。もしそれが、主人公に聞こえていたら。物語の筋-プロットは歪曲し、予想を超えた展開に...?主人公とナレーションの軽妙な掛け合い、個性豊かな友人たちにご注目。