東京ベイネットワーク(株)

【高校野球2018夏 東東京大会チーム紹介】科学技術高校・かえつ有明高校

提供元:東京ベイネットワーク(株)

お気に入り
  • facebook
  • twitter
  • google plus
  • LINE
番組紹介

【かえつ有明】
野球部の方針…部員7名ながら、文武両道を目標にし、合同チームにより初の2勝を目指します。
どんな野球部…年齢関係なく声を掛け合うことができる元気のあるチームです。
ここは負けない…チーム全体を盛り上げる元気の良さとチームワーク。
好きな応援局…We will rock you
主将の決意…今年は目標である2勝を果たすことができるように、チームに貢献していきたいです。

【都立科学技術】
野球部の方針…少ない人数で自分たちで工夫して楽しく練習。連合チームでコミュニケーションをうまくとること。
好きな応援曲…ジョック・ロック
主将の決意…私たちのチームは連合ということもありため、そろって練習ができる時間が多くありません。そのために限られた時間で頭を使い自主性をもって練習に取り組んでいます。試合でも自分たちで考えて勝利をつかみ取りたいと思います。

シリーズ/関連動画

この動画には関連動画があります、他も見てみませんか?

【高校野球2017夏 東東京大会 チーム紹介】かえつ有明・科学技術・浅草合同チーム

かえつ有明・科学技術・浅草合同チームを紹介します!

【高校野球2018夏 東東京大会チーム紹介】墨田工業高等学校

野球部の方針…高い意識で日々の鍛錬に励み、レベルの高い「心・技・体」の習得に努める。 どんな野球部…個性が強く、元気が持ち味の野球部です。 ここは負けない…ここぞという場面での集中力と爆発力です。 好きな応援曲…墨田工業高校第一応援歌『蒼き空に』 主将の決意…強豪校相手でも臆せず戦い、目標に向かってガンガン攻めて勝ち進みたいと思います。

編集チームおすすめ

激流と闘う乙女たち 栄光への軌跡

第44回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード グランプリ総務大臣賞に輝いた作品をどうぞご覧ください。

ランキング

週刊スポーツハイライト

第43回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード コミュニティ部門優秀賞 【番組概要】 番組は毎週、当週に行われたスポーツ大会の結果を1時間番組で制作しています。 2015年4月からスタートし、まもなく100回放送を越えます。取材本数も多いときは、15本を超える週もあります。(年間約450本の大会・取材)中では、地域に関わる小学生から社会人、プロスポーツの話題を幅広く取り扱っています。全国大会がかかった大一番や、民放などが取り上げない地域のスポーツも徹底取材しています。その他、注目選手の特集や全国大会などに出場する選手らも取り上げ取材しています。また、地元出身のプロ選手やオリンピアンとの対談コーナーなども企画しました。中高生アスリートが目標とする、中総体は全16競技を取材し特別枠で放送。高総体は、この番組で培ったノウハウを生かし、生中継番組も行っています。 【審査員コメント】 毎週1時間のスポーツ番組は驚き、ソフト、剣道、相撲、バスケ、ドッジ、陸上、プロサッカー、どの試合も見事な映像と注目選手のインタビュー。泣けるのは、高校野球補欠選手の3年生引退試合の活写。スポーツ好きの子供から大人まで心を掴んで離さない。

【高校野球2018夏 東東京大会 チーム紹介】海城高等学校

文武両道を掲げる海城高校野球部は総勢41人。チームを率いて7年目となる梶監督は、選手の自主性を大切にしています。

【高校野球2017夏 東東京大会 チーム紹介】立志舎高等学校

墨田区太平の立志舎高校、これまで夏の大会でのチーム最高成績は、2013年夏の4回戦進出。新チームになってから、間もなく1年を迎えますが公式戦ではまだ1勝しか挙げていません。 現在、7人の3年生を中心に32人が日々の練習に励んでいます。 チームのキャプテンは3年生の上森大成選手。練習の時は厳しいですが普段は明るく部員たちからも慕われています。 ピッチング練習に励むのはエースの前薗龍之介選手。ストレートとカーブを武器に 打たせてとるプレイを得意とします。 攻撃の要、4番を務めるのは2年生の西原魁士選手。今年の立志舎高校は、個々の能力に期待するのではなくチーム全体の総合力を高めシンプルな野球を武器に初戦突破をめざします。

福丸がゆく2018年6月4日放送 大阪市大正区千島

今回は大正区千島を散策! 標高33メートルの昭和山にのぼってみたり、船着き場を訪れてみたり、 街の方と温かいふれあいを重ねながら、千島ならではの景色を心に刻んでいく福丸さん。 千島の魅力を探して、隅々まで歩きます!

2017となみ野の祭り「井波よいやさ祭り」

天保4年(1833年)商売繁盛・家内安全を祈願する神事として始まった南砺市井波地域のお祭。若衆が担ぐ神輿は3基あり、子ども神輿と合わせて6基の神輿が威勢のいい掛け声とともに町内を練り歩きます。獅子舞の獅子頭は地元井波彫刻の技が光る勇壮な表情。(2017年5月3日)

あなたにおすすめ

【高校野球2018夏 西東京大会 チーム紹介】都立翔陽高等学校

去年夏の1点差で初戦敗退という悔しさを今大会にぶつけるべく、3年生を軸にした繋ぐ打撃と、投手を中心とした堅実な守備力を強化してきました。

【高校野球2018夏 西東京大会 チーム紹介】都立大泉高等学校

練馬区東大泉にある都立大泉高等学校。 野球部員は1年生4人、2年生8人、3年生3人の合計15人。 少ない人数ですが、謙虚な気持ちと一蓮托生の気持ちで厳しい練習にも耐え、 夏の大会に挑みます。

第100回全国高等学校選手権記念東東京大会 出場校紹介動画 都立葛飾野高校

葛飾区亀有にある都立葛飾野高校。野球部の部員数はマネージャーを含む総勢46人。この夏はチーム一丸となってこれまでの最高成績ベスト16超えを目指します。攻撃の中心は長打が打てる4番・5番の伊東選手、細谷選手を中心に全員が力強いスイングで相手を圧倒します。守りのカナメは最速130キロの切れのあるストレートが武器の有馬選手、多彩な変化球とコントロールで三振も取れる輪島選手を中心に様々なタイプの投手が揃いました。この夏はチーム一丸となってこれまでの最高成績ベスト16超えを目指します。

【高校野球2017夏 東東京大会 チーム紹介】立正大学付属立正高等学校

夏の東東京大会で3回戦まで勝利ち残った実績がある 昭和5年創部の立正大学付属立正高校 野球部。 現在マネージャーを含め110人の部員が所属しています。 今年は投手陣がテンポの良い投球で打ち取ることが特徴。 また思い切った投球が持ち味で相手チームを翻弄します。

第100回全国高等学校野球選手権記念東千葉・西千葉大会 出場校紹介動画 市立柏高等学校

去年の夏はべスト8の成績を残している市立柏高校野球部。去年の夏を戦った選手も多く、誰が出場しても戦える選手層の厚さがチームの特徴です。今年は「超える」をチームのスローガンに掲げ、選手全員がそれぞれの限界を超えて去年以上の成績を目指します。

ピックアップ

おすすめ!グルメ図鑑2016年04月号

誰にでもありそうな「お腹はすいているのに、何を食べたいのかわからない…」という時。そんな時にぴったり!?なお店を見取り図がご紹介!メニューの数は130以上!名前だけではどんな料理が出てくるのかちょっと想像ができないメニューも!

洛西いきものグラフティVol.3

京都市が誇る生物多様性のまち、「洛西ニュータウン」。 自然と人が共に生きるこのまちの四季を通じて、生物多様性の重要さを再発見します。 Vol.3は、秋のニュータウン「ラクサイ紅葉」。草木が色づく洛西ニュータウン、落ち葉との付き合い方、樹木の多様性に魅せられる人たちの活動に迫りました。

ふわっと・・・欣様 -What? KIN-SAMA- 4月前半号

ふわっと・・・欣様 -What? KIN-SAMA- さてさて今回は、八尾市にお伺いしました。 この番組の記念すべき第一回目の放送で訪れた 恩智神社の近くにある古民家にお伺いしたり、 古民家で会席料理がいただける素敵なお店をご紹介したりしながら 地域の魅力をお届けしたいと思います。

第33回魁星旗争奪全国高校女子剣道大会 花巻北 対 希望ヶ丘

2017年3月29日から31日にかけて、秋田県立武道館で開催された熱戦の模様をご覧ください。

Y063 見えゆく景色(予告編)

埼玉県立芸術総合高等学校映像芸術科 制作 あのとき彼が見ていた景色は見えているようで見えていなかった。高校時代の恋愛なんて呆気ないけど友情はかけがえのないもの。

万照の岐阜発!!音楽のチカラ 2016年12月放送 Track36「平成のおんなギター流し おかゆ」

岐阜出身のプロサックスプレイヤー「野々田万照」 がお送りする音楽番組。 夏は鮎漁師、音楽スクールの校長先生など多彩な顔がある万照さん。 番組では岐阜だけでなく世界各国でのコンサートの裏話など 「ギョーカイ」の裏話も交えて楽しく語ってくれています。 2016年12月放送 Track36「平成のおんなギター流し おかゆ」

高校野球2018 小倉高校

2018年の高校野球、福岡県の注目校を紹介。

米子大瀑布の四季 信州須坂

長野県須坂市米子大瀑布の四季をご覧ください

PACいちのみや

打合せから撮影・編集まで、市民ボランティアが手掛ける「市民制作番組」です。 今回は「尾西南部生涯学習センター 生涯学習講座 絵手紙」をご紹介します。

「高校球児の夏2016」(都立小松川高等学校)

文武両道を校訓に創設100年を迎えた都立小松川高等学校。野球部員はマネージャー3人を含む総勢32人。チームのモットーは「ワンプレーを大切に」。チームメンバーがお互いフォローし合い1球1プレーを大切にする気持ちを常に持ち、野球に取り組んでいます。一人一人が積み重ねてきた成果を、この夏、全力で出し切ります