J:COM

【高校野球2018夏 西東京大会 チーム紹介】都立上水高等学校

提供元:J:COM

お気に入り
  • facebook
  • twitter
  • google plus
  • LINE
番組紹介

秋、春と1回戦負けを喫しているため、その悔しさを夏の大会で晴らしたいと日々練習に取り組んでいます。

シリーズ/関連動画

この動画には関連動画があります、他も見てみませんか?

【高校野球2018夏 西東京大会チーム紹介】松原高校

世田谷区桜上水にある都立松原高校。マネージャーを含めて総勢12人という少数精鋭で夏の大会に臨みます。キャプテンでチームのエースでもある髙橋投手は、上から投げ下ろす130キロを超える直球と、中学生の時に身につけたアンダースローの投球を織り交ぜる異色のピッチャー。変幻自在の投球で初戦突破を目指します。

高校野球2018 小倉高校

2018年の高校野球、福岡県の注目校を紹介。

【高校野球2017夏 東東京大会 チーム紹介】都立青井高等学校

足立区青井にある都立青井高校。 三年生4人、二年生3人、一年生4人の合計11人。 「野球が好きだ」という気持ちがつないだチームメイト。 一球一球に思いをこめて、練習に取り組みます。 まずは、1勝。実践的な練習を繰り返し、動きを体に叩き込みます。

【高校野球2016夏 西東京大会 チーム紹介】都立田無高等学校

野球部員は、1年生14人、2年生19人、3年生15人、マネージャー5人の計53人。 チームのモットーは、『常勝常笑』 今年の夏は、全力で1点を取りに行く泥臭い野球で、目標の甲子園へ向けて1歩ずつ登って行きます!

【高校野球2016夏 東東京大会 チーム紹介】都立六郷工科高等学校

12年前の平成16年に創部の都立六郷工科高等学校野球部。 現在、マネージャーを含め13人の部員が所属しています。 平日で、グラウンドが全面使用できるのは、 週1回の水曜日、午後4時からの1時間。 部員たちは、その貴重な時間を効率よく使い、一生懸命練習しています。 六郷工科ナインは、思いを一つにし、全力で初戦突破を目指します。

【高校野球2018夏 東東京大会 チーム紹介】都立日本橋高等学校

墨田区八広の都立日本橋高校。去年夏の新チーム発足以来公式戦での勝利はまだありませんが、就任2年目の豊田監督のもと、19人の部員がチーム一丸となって練習に励んでいます。

編集チームおすすめ

激流と闘う乙女たち 栄光への軌跡

第44回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード グランプリ総務大臣賞に輝いた作品をどうぞご覧ください。

ランキング

ひがタン! 第2回

兵庫県東播磨県民局発 情報発信番組。地域の魅力を楽しく探検しながら再発見していきます。

【高校野球2017夏 西東京大会 チーム紹介】日本学園高等学校

130年の歴史を持つ伝統校。野球部は、長打力と広角に打ち分ける技術をもつ主力打者を筆頭に、次につなげる打撃を強みとします。今年は先輩たちがつくったベスト16の壁を越え、ベスト8を目指します!

第100回全国高等学校野球選手権記念東千葉・西千葉大会 出場校紹介動画 君津青葉高等学校

自分達で考える野球がモットーの県立君津青葉高校。普段からムードを盛り上げ、声を掛け合って練習を行っています。チーム全体でムード作りを大切にし、笑顔で試合が出来る県立君津青葉高校。守備を堅実にこなし、少ないチャンスをものにして、初戦突破を全力で目指します。

【高校野球2018夏 東東京大会 チーム紹介】都立大田桜台高等学校

今年で学校創立10年目となる都立大田桜台高等学校。夏の大会出場は軟式野球部から硬式野球部となって6回目となります。選手が8人しかいない大田桜台高校野球部では今大会、立正大立正から2人の選手派遣を受けての出場となります。チームのスローガンは「常笑野球」。どんなつらい時でも笑顔でプレーしピンチを乗り越える、そんなチームの最大の武器はバッティング。週末には一日に2000本のティーバッティングを行うなど、バットの振り込みはどこにも負けない自信があるそうです。

第100回全国高等学校野球選手権記念東千葉・西千葉大会出場校紹介 昭和学院高校

秋の大会で創部以来、春夏合わせて初のベスト16に進出した昭和学院高校は今、勢いのあるチームです。 今回、西千葉大会の選手宣誓を見事引き当てた昭和学院高校。 勢いそのままに甲子園を目指します。

あなたにおすすめ

【高校野球2018夏 東東京大会チーム紹介】都立王子総合高等学校

都立王子総合高校野球部はマネージャーを含め54人が所属しています。彼らの練習着には「常笑」の二文字。きつい練習や試合で苦しい時も常に笑顔を絶やさず、野球に臨む・・・それが王子総合の伝統です。

【高校野球2017夏 東東京大会 チーム紹介】都立高島高等学校

2012年秋の東京都大会ではベスト8、 去年の夏の大会では東東京大会でベスト16に入るなど、活躍を見せる都立高島高校。 チームのスローガン「一球の緊張感」を掲げ、日々の練習に励んでいます。

めざせ!甲子園2018 文教大学付属高校

夏の甲子園出場をめざす品川区内の高校野球部を紹介する「めざせ!甲子園2018」。大会を直前に控えた各チームの練習風景や主将・監督のインタビューをお届けします。 文教大学付属高校のスローガン・意気込み: 絶対勝つぞ!! ケーブルテレビ品川 高校野球特設サイト http://www.cts.ne.jp/special/18baseball/

【高校野球2017夏 西東京大会 チーム紹介】都立練馬工業高等学校

練馬区早宮に校舎を構える都立練馬工業高等学校。 今年、校舎の工事が終了し、新しいグランドで練習に励んでいます。 野球部員は、3年生が2名、2年生8名、1年生4名、マネージャー1名の14名です。 練馬工業ナインは、「全員野球」をモットーに初戦突破を目指します!

【高校野球2017夏 西東京大会 チーム紹介】都立神代高等学校

昨年に続いて、府中市の都立農業高校と連合チームで出場。野球部の部員は、両校であわせて15人。昨年は2回戦で敗退しましたが、今年は初勝利を目指します!

ピックアップ

【高校野球 2017夏 東東京大会チーム紹介】都立中野工業高等学校

今年就任3年目の 深谷(ふかや)健(けん)介(すけ)監督率いる 都立中野工業高等学校野球部。 現在、11人の部員が所属しています。 これまでの最高は、 14年の夏に1回戦突破。 去年の大会は、勝つことができず、 1回戦で退いています。 今年のモットーは、 「出来る事を全力でやる」。 少数精鋭で、 まずは1回戦突破を目指します。

うらら結城・筑西版1月28日号

栃木エリア(栃木市・壬生町・下野市)、群馬エリア(館林市、邑楽郡)、茨城エリア(結城市・筑西市)のお店、企業、気になるスポット、活躍している皆さんをう・ら・らリポーターが取材、体験リポートする番組。「Wish you Luck and Laughter」、名づけて「う・ら・ら」! 今週は、結城市の「Dining Cafe DAIZO」と筑西市の「焼きそば よづ家」をご紹介します!「う・ら・ら」専用サイトでも動画配信中です→ulala-tv.jp

海遊人

今月は高知県宿毛市で開催された「第1回宿毛チヌパラダイスカップ」に参戦した模様をお送りします。大会前日の華やかなセレモニーとは一転、当日は雨中の戦いとなりました。全国でも名だたるチヌの名手が集結するなか、素人やのっちは上位に食い込むことができるのか!?宿毛マッスルチヌとのガチンコ勝負!果たしてその結果は・・・?

ふわっと・・・欣様 -What? KIN-SAMA- 7月前半号

ふわっと・・・欣様 -What? KIN-SAMA- 今回は八尾市にある大阪府立八尾高校にお伺いして、体育館で開催された、 男子プロバレーボールクラブチーム 堺ブレイザーズと 市内の中学生とのふれあい練習に参加させていただいたり、 素敵なお店をご紹介したりしながら、地域の魅力をお伝えします。

おしえて!獅子舞テレビ 特別編「菅野もえの体験コーナー総集編」

1400年の歴史を持つ日本の民俗芸能。獅子舞。 中でも富山県は1170の地区で舞が伝承されていて、獅子舞の数が日本一だといわれています。 おしえて!獅子舞テレビは地域の宝として受け継がれてきた獅子舞の魅力を富山県高岡市から発信する日本初の獅子舞エンターテインメント番組です。 ★特別編:菅野もえの体験コーナー 総集編  #1 キリコ  #2 天狗の道具  #3 舞い方の種類  #4 笛  #5 獅子方

【高校野球2018夏 西東京大会 チーム紹介】都立第五商業高等学校

夏の西東京大会で50年間1勝もできないという不名誉な記録が続いている第五商業。古豪復活なるか、第五商業野球部は50年ぶりの勝利を目指します

26NAGASAKI水中散歩#26 シロウオと漁礁の観察

春の風物詩としてシロウオの踊り食いがありますが、 シロウオはハゼの仲間だということをご存知ですか? 今回は水中観察家の中村さんにシロウオについてご紹介いただきます

【高校野球2018夏 西東京大会 チーム紹介】私立武蔵高等学校

練馬区豊玉上にある私立武蔵高等学校。 部員数は、1年生12人、2年生7人、3年生6人の合わせて25人。 3年前にベスト16、昨年はベスト32に食い込むなど、 ここ数年、夏の大会で結果を残してきました。 チームを引っ張るのは、打線の主軸、3番を任され、長打が魅力の野田選手。 そしてエースの堀内投手は珍しいアンダースロー。変化球を織り交ぜ、打者を翻弄します。

この坂のぼれば 3月総集編

坂の街長崎の坂道を一本一本歩きながら、そこに住む人たちに 町の話を聞くこの坂のぼれば。 今回は一年間を振り返ります

掲示“番”7月後編

「掲示“番”」は、地域の皆様に出演いただき、1分間でイベント告知やメンバー募集などのお知らせを自由にしていただくことができる、地域住民参加型の番組です。また、毎週月曜日~金曜日に放送しているニュース番組、CACかわら“番”のコーナーとしても放送しています。 イベントや発表会の告知、出演者やスタッフの募集、各種サークル・教室の生徒募集、新商品のご案内、新店舗オープンのお知らせ、ご家族・ご友人に宛てたお祝いのメッセージ、特技の披露などなど何でもOK! 出演は随時受付中!あなたの伝えたいことを地域の人々に向けて発信してみませんか? 詳しくはこちら(http://www.cac12.jp/cac-channel/keijiban.html)