J:COM

第100回全国高等学校野球選手権記念東千葉・西千葉大会 出場校紹介動画 県立検見川高校

提供元:J:COM

お気に入り
  • facebook
  • twitter
  • google plus
  • LINE
番組紹介

去年の夏の大会ではベスト4に残った県立検見川高校。
チームが一体となって取り組む全員野球で、
常に仲間同士支え合う野球を心がけています。
スローガンは「全員野球」。
今年の夏は甲子園出場を目指し、チーム一丸となって試合に臨みます。

シリーズ/関連動画

この動画には関連動画があります、他も見てみませんか?

第100回全国高等学校野球選手権記念東千葉・西千葉大会 出場校紹介動画 県立柏南高等学校

県立柏南高校野球部には現在67人が所属し、今年は全力プレーを心掛けてまずは一回戦突破を目指します。今年のチームは特に投手陣の層が厚く、選手全員で戦う布陣が日々整えられています。ハクナンナインが一丸となって夏の大会を戦います。

第100回全国高等学校野球選手権記念東千葉・西千葉大会 出場校紹介動画 敬愛学園高校

かたい守り、そして攻撃力が自慢の敬愛学園高校。昨年の夏、4回戦で負けた悔しさを晴らすべく、3年生を中心に、部員一丸となり練習に励んでいます。一戦一勝を合言葉に、チーム一丸となり、勝利をつかみ取ります。

【高校野球2018夏 西東京大会 チーム紹介】都立小平南高等学校

小平市上水本町にある都立小平南高等学校 過去の夏の大会最高成績は、2007年のベスト8。 現在野球部員は、マネージャーを含めて1年生11人、2年生13人、 3年生12人 合計43人が須澤キャプテンを中心に 目指すは、神宮球場。

第100回全国高等学校野球選手権記念東千葉・西千葉大会 出場校紹介動画 県立沼南高柳高等学校

43人の部員が所属する柏市の沼南高柳高校野球部。去年の夏の大会では3回戦まで進出していて、今年は「愛される野球」をモットーに日々練習を重ねています。今年のチームはどの打順からでも足を絡めて点を取れる攻撃的なチームとなっていて、夏の大会ではチーム一丸となって一勝でも多く勝ち抜いていきます。

【高校野球2016夏 東東京大会 チーム紹介】高島高等学校

板橋区・高島平にある都立高島高校・硬式野球部は、昭和49年に創部し、今年で42年目。 失点やエラーなど、守備に関して「0(ゼロ)」にこだわり練習に励む高島高校は、チームを率いて4年目の島監督のもと、甲子園出場を目指します。 チームのスローガンは、「一球の緊張感」。 練習は、試合本番の緊張感を意識しながら行われ、1球1球を大事にする精神を養っています。

三ツ木清隆の散策のすすめ 「真鶴半島・贅沢散策 絶景!歴史ロマン!グルメ!」

神奈川県の西部に位置する真鶴半島。 大海原の絶景と、自然の恵みを求めて 多くの人々が訪れる散策エリアです。 そんな真鶴を訪ねるのが三ツ木清隆さん。 ワクワクドキドキの体験と絶品グルメに舌鼓。 さらに人々との触れ合いに大感激。 真鶴半島、 絶景あり歴史あり海の幸ありの贅沢散策です!

編集チームおすすめ

平成30年7月豪雨 義援金募集のお知らせ

ご支援・ご協力をお願いします。

ランキング

奈良イチ研究所<生産量日本一 二輪菊>奈良県葛城市

奈良にある「一番」のものをなんでも「奈良イチ」として取り上げる『奈良イチ研究所』。番組では、「奈良イチ」の凄さや魅力、込められた想いなどを研究員が県内を駆け回って調べます。

コロコロチキチキペッパーズの 「やっべぇぞ!!」(生駒市 スタジオノン)

漫才コンビ「コロコロチキチキペッパーズ」がお届けする番組 「やっべぇぞ!!」 日々練習に励む学校の部活や、地元のサークルに突撃してガチンコ対決。 今回は「生駒市 スタジオノン」に突撃。ヒガシ逢ウサカ「高見」も登場。

やっべぇぞ!!ハラが減っては戦はできぬ第12回

漫才コンビ「コロコロチキチキペッパーズ」が、奈良の美味しいグルメを堪能。 お腹いっぱいになった2人は部活やサークルに突撃してガチンコ対決を挑みます。 今回は、Gabliccio(ガブリッチョ/奈良市)と、生駒市立上中学校ハンドボール部を訪ねました。

【高校野球2017夏 東東京大会 チーム紹介】青稜高等学校

スローガンは「常笑(じょうしょう)」。練習は厳しく、でも試合ではいつも笑顔で楽しく野球ができる雰囲気のチーム。目標はベスト32。

ベイコム・地元ニュース(大阪版)2018年7月24日号

安心安全なネット利用に向けたシンポジウム(中央) 西淀川区老人福祉センター 自衛消防訓練(西淀川) 水あそびしチャオ!(港) 三社神社 夏祭り(港) 蓄音機コンサート(西) 松通公園あそびの広場(西成) 今宮戎神社「こどもえびす」(浪速)

あなたにおすすめ

【高校野球2018夏 西東京大会 チーム紹介】都立山崎高等学校

都立山崎高校・野球部は、 秋と春に連合チームで出場しましたが、 その後、新入生を迎えてチームが整い、 15名の単独チームで夏の大会に挑みます。

第100回全国高等学校野球選手権記念東千葉・西千葉大会 出場校紹介動画 県立千城台高校

若葉区千城台にある県立千城台高校。「自律」「調和」「貢献」の校訓の下、向上発展に取り組む高校です。野球部には、1年生11人、2年生5人、3年生6人、マネージャー8人の30人が所属。「戦う集団であれ」を合言葉に中村監督の下、日々、練習に取り組んでいます。ここ数年は、守りのミスで初戦敗退が続いていることから守備練習にチカラを入れ、今年の夏こそ、初戦突破を狙います。

めざせ!甲子園2018 世田谷学園高等学校

夏の甲子園出場を目指すイッツコムエリアの高校野球部をご紹介する「めざせ!甲子園2018」。大会を直前に控えた各チームの練習風景や主将・監督のインタビューをお届けします。 世田谷学園高等学校のスローガン・意気込み:「チームの為に自分で心を繋ぐ」 【イッツコム夏の高校野球 特設サイト】 https://www.itscom.net/089

【高校野球 2017夏 東東京大会チーム紹介】都立戸山高等学校

明治21年創立、今年130周年を迎える。 現在、マネジャーを含む36人の部員が所属しています。 今年のモットーは、「一戦必勝」。 守備力で試合を作り初戦突破を目指します。

第100回 全国高等学校野球選手権記念 東千葉・西千葉大会 出場校紹介 県立佐倉高等学校

7月11日に開幕する東千葉・西千葉大会に向けて、エリア内の主な出場校を紹介。選手・監督のインタビューや練習風景を交えながらチームの一球に込めた想いを総力取材!この夏に向けた球児たちの姿をお見逃しなく!

ピックアップ

だめんずきっちん2015年3月放送

アラフォーの男たちが最も苦手な料理に挑戦する恥的料理番組。 勝てば天国負ければ地獄!罰ゲームでハリセンを食らうのは一体誰なのか? 素人5人衆のハチャメチャなガチ料理対決に乞うご期待!

C034 あいいろ

eiga worldcup2016 地域部門出品作品 神奈川県立藤沢清流高等学校 自主映画製作同好会 主人公である歩が、少しずつながら確実に成長していくところです。一夏という短さながら、男と出逢い、少年が男に変わる瞬間を見ていただければと思います。

Back Revenge(予告編)

大阪学園大阪高等学校 映画部 制作作品 三年の引退作品になるので一生懸命力を入れて撮影しました。今回の作品は沢山の人に友情出演していただいたので、楽しく撮影できました。編集にも力を入れましたので楽しんで観ていただけたらと思います。

ながさき水中散歩#7 夏のベラ達の産卵

海に囲まれた長崎の海に生きるたくさんの生き物たち。 その姿を日々観察する水中観察家の中村拓朗さんと一緒に 水中を散策します。 今回のテーマは、ベラの産卵を撮影すること。 ベラたちの熱い夏を撮影できたのでしょうか

ふわっと・・・欣様 -What? KIN-SAMA- 12月前半号

ふわっと・・・欣様 -What? KIN-SAMA- さてさて、今回も私たちがお伺いしたのは、羽曳野市でーす。 そして、今回は番組始まって以来のとーても素敵なゲスト・ 羽曳野市の北川嗣雄(きたがわつぐお)市長に 番組ご出演いただくことになりましたー。 これまでにないスタッフに囲まれながらも欣様は あいも変わらずふわっと番組をお届けするのでしょうか~!

バンディブレーカーズ 第1回

加古川市を拠点に活動するサッカーチーム バンディオンセ加古川応援番組。 バンディオンセ加古川は、全国に9つある地域リーグの一つ「関西サッカーリーグ」に所属し、JFL昇格を目指しています。 番組では試合結果や選手の素顔などをご紹介しています!

NAGASAKI水中散歩#16 タツノオトシゴのハッチアウト

長崎の中心に位置する大村湾 そこで水中観察家の中村拓朗さんが毎年時間をかけて観察を行うのが タツノオトシゴ!オスが卵をお腹の袋に持ち子供たちが孵るまで子育てをするタツノオトシゴのハッチアウト(孵化)の様子は とても神秘的でとてもダイナミック。 2016年、のタツノオトシゴの孵化を見つめました

【高校野球2018夏 東東京大会 チーム紹介】都立日本橋高等学校

墨田区八広の都立日本橋高校。去年夏の新チーム発足以来公式戦での勝利はまだありませんが、就任2年目の豊田監督のもと、19人の部員がチーム一丸となって練習に励んでいます。

【高校野球2018夏 東東京大会チーム紹介】聖学院高等学校

聖学院高校野球部は12人が所属。3年生、2年生のみの少人数のチームですが、勝利へ向かう姿勢はどのチームにも負けません。モットーは「いつも喜び、全てに感謝!!」。

【高校野球2018夏 東東京大会 チーム紹介】都立大田桜台高等学校

今年で学校創立10年目となる都立大田桜台高等学校。夏の大会出場は軟式野球部から硬式野球部となって6回目となります。選手が8人しかいない大田桜台高校野球部では今大会、立正大立正から2人の選手派遣を受けての出場となります。チームのスローガンは「常笑野球」。どんなつらい時でも笑顔でプレーしピンチを乗り越える、そんなチームの最大の武器はバッティング。週末には一日に2000本のティーバッティングを行うなど、バットの振り込みはどこにも負けない自信があるそうです。