J:COM

【高校野球2018夏 西東京大会チーム紹介】都立武蔵高校

提供元:J:COM

お気に入り
  • facebook
  • twitter
  • google plus
  • LINE
番組紹介

武蔵野市境にある、都立武蔵高校。今年のチームはバッテリーをはじめ、安定したセンターラインが特徴です。18人の部員が一致団結して、固い守備力で夏の大会に挑みます。

シリーズ/関連動画

この動画には関連動画があります、他も見てみませんか?

第101回全国高等学校野球選手権千葉大会 出場校紹介動画 二松学舎大学附属柏高校

二松学舎大学付属柏高等学校野球部は47人で構成、去年の夏は2回戦で市立船橋高校に敗退、今年は「得点力強化!」をモットーに練習を積み重ねて打力もアップ! 去年以上の結果が期待されます。 チームキャプテンは3年生サードの野澤選手。去年の夏もレギュラー出場した経験豊富な選手で、初球から打って出るファイター的な存在です。 注目選手は3年生ピッチャーの川上選手。去年は背番号11番で夏の大会に出場、今年はさらにパワーアップして1番エースとして大会に臨みます。

【高校野球2017夏 西東京大会 チーム紹介】工学院大学付属高等学校

創部以来70年近い歴史を持つ野球部。総勢64人の部員たちが一丸となって、甲子園初出場を目指す!

【高校野球2016夏 西東京大会 チーム紹介】日本大学第三高等学校

バッテリーを中心に守って少ないチャンスをものに出来るチーム。「最後まで諦めない」、「練習は嘘をつかない」を合言葉に西東京大会優勝を目指します。

高校球児の夏2019【福岡大学附属大濠高校】

第101回全国高等学校野球選手権 福岡大会 注目校【福岡大学附属大濠高校】を紹介します

高校野球2019夏 東東京大会 チーム紹介「正則高等学校」

正則のキーマンはキャプテンの松岡徹郎選手。 捕手として4番打者として攻守の要となっています。 チーム全体を把握している松岡キャプテンですが、 岸本監督いわくチャンスでのバッティングが課題とのこと。 この夏はチャンスで打って、チームを勝利に導けるか。

「高校球児の夏2016」(都立淵江高等学校)

足立区東保木間にある都立淵江高等学校。野球部員は29人。近隣の中学校から多くの生徒が集まり、地域に根差した明るさが持ち味のチームです。春季大会ではブロック大会の決勝まで駒を進め、「粘り強く全力で戦う」野球で甲子園を目指します。

編集チームおすすめ

激流と闘う乙女たち 栄光への軌跡

第44回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード グランプリ総務大臣賞に輝いた作品をどうぞご覧ください。

ランキング

まるごと動物ウォッチ#15 東武動物公園(埼玉)

テレビで楽しめるバーチャル動物園番組!今回は、東武動物公園をご紹介。2015年1月に生まれたホワイトタイガーの赤ちゃんたちも今ではすっかり大きくなりました。

わがまちの風景【大阪市九条南】

わたしたちの住むまちの風景を音楽とともにお届けします。

【高校野球2017夏 東東京大会 チーム紹介】都立王子総合高等学校

北区滝野川にある王子総合高等学校野球部は今年で7年目のチーム。 部員数は現在47人で2年生が多く荒削りなところはあるものの勢いがつくと大きい力を出す攻撃型のチームです。夏は3年続けて3回戦で敗退。今年の夏はその壁を破り、チーム一丸となって甲子園出場、背中に掲げる「日本一」を目指します。

【高校野球 2017夏 西東京大会チーム紹介】中央大学杉並高等学校

昭和38年に創部した中央大学杉並高等学校・野球部。 部員数は現在、マネージャーを含めて40人です。 専用のグラウンドを持たず実戦的な守備の練習ができない分、 バッティングの強化に力を入れています。

【高校野球2017夏 東東京大会 チーム紹介】多摩大学目黒高等学校

チームのスローガンは「全員野球」。早打ちやバランスボードを使用してのバッティングなど練習方法を工夫してチームを強化。

あなたにおすすめ

【高校野球2016夏 東東京大会 チーム紹介】東京実業高等学校

東京実業高校野球部は現在、116人の部員が所属しており、 3年前の夏の東東京大会ではベスト4まで勝ち進んだ実績があります。 波に乗ると甲子園の常連校を下すこともあり、 チームの爆発力には定評があります。

「高校球児の夏2016」(都立荒川商業高等学校)

足立区小台にある都立荒川商業高校。大正7年に夜間の商業補習学校として始まった伝統高です。野球部の部員数は総勢18人と少ないながら、選手一人一人のパフォーマンス、特に守備力には自信を持っています。夏の大会に向けては、石川監督の指導の下、投手力と攻撃力の強化に取り組んできました。

【高校野球 2017夏 西東京大会チーム紹介】中央大学杉並高等学校

昭和38年に創部した中央大学杉並高等学校・野球部。 部員数は現在、マネージャーを含めて40人です。 専用のグラウンドを持たず実戦的な守備の練習ができない分、 バッティングの強化に力を入れています。

【2019夏・高校野球 埼玉大会 チーム紹介】埼玉県立南稜高等学校

戸田市美女木にある埼玉県立南稜高等学校。野球部は開校と同時に創部しました。現在の部員数は21人。日々、練習に励んでいます。南稜高校野球部のスローガンは「闘魂無き者は去れ!」鍛え上げた守備で辛抱強く試合を進め、訪れたチャンスを逃さずに得点を重ねる。そんな粘り強さがチームの特徴です。大会を前にした練習では、バントや、バッティングに磨きをかけるとともに、精神面のさらなる強化を図っています。過去には夏の大会でベスト4入りしたこともある南稜高校。今年は、ベスト16を目標に大会に挑みます。

高校野球2018夏 東東京大会 チーム紹介】東亜学園高等学校

総勢98名の東亜学園高校野球部は、一昨年、準優勝、昨年ベスト4という実績を残しています。今年は、「勝ち切ることができなかった」という苦い経験から、常にチャレンジ精神で今までの結果を越えようと夏の大会に挑みます

ピックアップ

【高校野球2017夏 東東京大会 チーム紹介 岩倉高等学校】

岩倉高等学校野球部は創部1960年の伝統校です。 84年の春のセンバツ、そして97年の夏と2回甲子園に出場。 84年のセンバツでは初出場で初優勝を飾っています。 注目選手は、去年よりクリーンナップを打ち 走力はチームナンバーワンと監督が信頼をよせるエースの三田知樹選手です。  3年生でキャプテンの森本克哉選手。 重度の腰痛治療のためおよそ4ヶ月をリハビリに費やし、見事に復帰ました。

海士X(アマックス)自然保護編

日本海の離島、隠岐・海士町が、島を元気にするために挑戦しているさまざまな取り組みについて紹介する番組「海士X(アマックス)」第3作目です。 地球誕生の歴史を直(じか)に見ているような、ダイナミックで豊かな自然に恵まれた隠岐諸島。 その隠岐の4つの有人離島のひとつ、島前中ノ島・海士町で「小さな島だからこそ人の手によって環境が急激に変わりやすい」と、この島の自然環境の現状について警鐘を鳴らす人が今回のキーパーソンです。 「環境保全」は人間のために自然を守ることですが、「自然保護」は自然のために自然を守ること。 島の宝であるこの豊かな自然を守り、さらには島の活性化へとつなげるための取組みは、まだ始まったばかりです。

高校野球2019夏 東東京大会 チーム紹介 都立板橋高等学校

都立板橋高等学校は、校舎の改修工事のためグラウンドが使用できず、空きスペースやテニスコートで練習を行っています。そんな練習環境が制限された中で、都立勢として夏の大会で2年連続4回戦に進出する快進撃をみせた板橋高校。練習環境のせいにせず、本気で練習に打ち込み、大切な仲間と頂点を目指します。

ほんでミーゴ@Kパラnext 2018年3月22日

岩井・澤井の2人が県内のいろいろな場所を散策しながら、『ほんでミーゴ』を合言葉に皆さんに街のこと、人のことを根掘り葉掘り聞いちゃいます。今回は近鉄下田駅周辺を散策しています。

うらら栃木版 2月11日号

栃木エリア(栃木市・壬生町・下野市)、群馬エリア(館林市、邑楽郡)、茨城エリア(結城市・筑西市)のお店、企業、気になるスポット、活躍している皆さんをう・ら・らリポーターが取材、体験リポートする番組。「Wish you Luck and Laughter」、名づけて「う・ら・ら」! 今週は、下野市の「玉子屋てっちゃん。」と栃木市の「青竹手打ち佐野ラーメン  麺屋 てつ」をご紹介します! 「う・ら・ら」専用サイトでも動画配信中です→ulala-tv.jp

ジレンマ Selection of life(予告編)

東洋英和女学院 映像制作部 制作作品 進路の問題で喧嘩をしてしまった主人公とその友人。相手を思う心、素直になれない心の狭間で苦しむ主人公の最後の選択とは?

Y025 夢土竜(予告編)

日本工業大学駒場高等学校映画愛好会 制作 子曰く、衆之を悪むも必ず察し、衆之を好むも必ず察す。

万照の岐阜発!!音楽のチカラ 2018年7月放送 Track46「おかゆと万照ブラザーズ」

岐阜出身のプロサックスプレイヤー「野々田万照」 がお送りする音楽番組。 夏は鮎漁師、音楽スクールの校長先生など多彩な顔がある万照さん。 番組では岐阜だけでなく世界各国でのコンサートの裏話など 「ギョーカイ」の裏話も交えて楽しく語ってくれています。 2018年7月放送 Track46「おかゆと万照ブラザーズ」

【2016夏・高校野球 埼玉大会 チーム紹介】桶川高等学校

1972年に創部した野球部に所属する63人は、その多くが学校の半径5キロメートル圏内に住む、地元の選手たち。子どもの頃から顔見知りと言う選手も多く、選手同士の結束がより固いことが強みです。

繋がりが風を起こす~ゲストハウスイレブンヴィレッジ吹屋誕生物語~

ベンガラ色の町並みが美しい高梁市成羽町吹屋。ここには廃墟となっていた「旧国際交流ヴィラ」があったが、この度「ゲストハウス吹屋」として生まれ変わった。 発起人は、2年前大阪から高梁へ移住してきた田川寿一さん。 彼の夢は、「人と人とのつながりが深く、あったかい、一つの家族のような村をつくること」ゲストハウスづくりはその夢の第一歩である。番組では田川さんが、地域の人達と歩み寄る様子を伝える。果たして地域にどんな新しい風を吹かせるのか。