J:COM

【高校野球2018夏 西東京大会 チーム紹介】日本大学第二高等学校

提供元:J:COM

お気に入り
  • facebook
  • twitter
  • google plus
  • LINE
番組紹介

立川市にあるグラウンドで日々練習に励む日本大学第二高等学校。チームのモットーは『振りまかす野球』強力打線を武器に攻撃力を強化して昨年の夏はベスト4入り。

シリーズ/関連動画

この動画には関連動画があります、他も見てみませんか?

ふわっと・・・欣様 -What? KIN-SAMA- 3月前半号

さてさて、今回、私たちがお伺いしたのは、羽曳野市でーす。 歴史と文化が交差する街・羽曳野市で、 欣様とカメラマンは、今回も素敵な素敵な出会いをさせていただきましたー。 地域で輝く人、そして、そんな方々が創る拘りの品をご紹介しまーす。

【高校野球2017夏 西東京大会 チーム紹介】明治大学付属明治高等学校

これまでに7回の甲子園出場実績がある明大明治の野球部。制球力を強みとする投手を要に、今年は総勢54人で甲子園出場を目標に夏の大会に挑みます。応援してくれるすべての人への感謝の気持ちも込めて大会に出場します。

【高校野球2019夏 西東京大会 チーム紹介】早稲田大学高等学院

練馬区上石神井にある早稲田大学高等学院。 秋、春の大会と、投手力に課題がありましたがこの春、試合を作れる1年生投手が3人入り、投手力に厚みが生まれました。怪我をして投げられなかった友貞投手も復帰しチームの士気も高まります!念願の西東京を制覇して初の甲子園を目指します。

【高校野球2019夏 西東京大会 チーム紹介】都立石神井高等学校

練馬区関町北にある都立石神井高等学校。 今年のチームは、先制されても取り返す気持ちが強く打撃練習に力を入れてきました。モットーである全力疾走と自ら考えて行動し、人間力を高めるという「考動」をテーマにし、一戦必勝で戦います!チームの目標ベスト8進出。気合は十分です!

高校野球2019夏 東東京大会 チーム紹介「都立大森高等学校」

3年生6人を含む、総勢32人で活動している大森高校野球部。 チームを率いる江黒監督によれば、今年はとにかく野球が大好きなメンバーがそろっていて、毎日元気に練習に励んでいるとのこと。 練習試合でも順調に勝ちを重ねていて、 チーム内にも徐々に自信が芽生えてきており、 初戦敗退した昨年の雪辱を狙っています。

【高校野球2018夏 西東京大会 チーム紹介】都立東村山高等学校

東村山市恩多町にある都立東村山高等学校。 野球部員数は、1年生1名、2年生5名、3年生4名の、合計10名です。 人数は少ないですが、その分、チームワークがとても良いのが特徴です。 学年の垣根を越えて全員が一つにまとまり、一生懸命毎日の練習に取り組んでいます。

編集チームおすすめ

激流と闘う乙女たち 栄光への軌跡

第44回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード グランプリ総務大臣賞に輝いた作品をどうぞご覧ください。

ランキング

【終】鮎の棲む川~長良川ストーリー~♯11「若手川漁師の挑戦!~平工顕太郎~」

長良川の最年少川漁師、平工顕太郎さん(35歳)。 これまでこの番組にレギュラー出演し、レポーターの竹枝さんに長良川の文化や川魚について教えてくださいました。 最終回では、そんな平工さんの素顔に迫ります! 平工さんはどんな想いで川漁師を志し、どんな活動をしているのでしょうか。

J003 ゆめそら

北海道シュタイナー高等学園いずみの学校映画研究部 制作 「それぞれのゆめ、絶対叶えようね!」大人になったとき、少女達の友情とゆめの行方は、、、?ぜひ観てください。

アカムツ狙いin足摺岬沖 前編

今月の海遊人は、毎年恒例アカムツのジギングをお送りします。 足摺岬沖の水深250メートルがアカムツのポイント。 強風、うねりとコンディションが悪く、本命ポイントに入れず苦戦必至。 シーフロアコントロールの弘田さんと貴重な1匹を釣り上げるため、奮闘します!

日田祇園祭

KCVコミュニケーションズ:制作 日田祇園祭は、大分県日田市豆田町の八阪神社、隈の八坂神社、および竹田若八幡宮で行われる曳山行事を含む厄除け神事。京都の祇園祭を手本とした祭りのひとつで、曳山行事は7月に行われる。 山鉾は合計10基があり、その高さや絢爛豪華さを競い、男衆が町内を曳き廻す。山鉾の中に乗り込んで演奏される祇園囃子が祭りを盛り上げ、夜にはたくさんの提灯をつけて提灯山(晩山)として曳き廻す。

アジングin愛媛県 佐田岬

今月の我ら海遊人は、愛媛県西部よりシーズン最盛期のアジングをお送りします。 今年もTICTのトミーさんを迎え、30cmオーバーの大型アジを狙います。 トミーさんのアジングテクニック満載!! はたして大型アジを仕留めることができたのか!?

あなたにおすすめ

【2016夏・高校野球 埼玉大会 チーム紹介】正智深谷高等学校

閑静な住宅街に位置する正智深谷高等学校。1976年創部の硬式野球部は、甲子園出場経験こそないものの、一昨年は夏の県大会でベスト4に進出。当時1年生だったメンバーが3年生となりチームを引っ張ります。

【高校野球2018夏 東東京大会 チーム紹介】実践学園高等学校

中野区にある実践学園高等学校野球部は、総勢77人。抜群のチームワークを活かした守備で、去年の春夏大会ではベスト16まで勝ち上がりました。練習のスタートは、あいさつから。「あいさつ日本一」を掲げ、その日の練習が始まります。

【高校野球2018夏 東東京大会 チーム紹介】正則高等学校

港区のシンボル 、東京タワーに見守られながら、練習を行うのは、正則(せいそく)高等学校野球部。1901年に創部されたこの歴史ある野球部は現在、部員33人で活動。校舎に囲まれた、人工芝のグランドで日々汗を流しています。

第100回 全国高等学校野球選手権記念 東千葉・西千葉大会 出場校紹介 県立佐倉南高等学校

7月11日に開幕する東千葉・西千葉大会に向けて、エリア内の主な出場校を紹介。選手・監督のインタビューや練習風景を交えながらチームの一球に込めた想いを総力取材!この夏に向けた球児たちの姿をお見逃しなく!

【高校野球2016夏 東東京大会 チーム紹介】都立大森高等学校

大森高校野球部は、創部70年以上という伝統あるチーム。 今年は、去年手応えをつかんだ「打って勝つスタイル」に磨きをかけました。 今年は野球部の歴史上、越えられなかった壁に挑みます。

ピックアップ

日田祇園祭

KCVコミュニケーションズ:制作 日田祇園祭は、大分県日田市豆田町の八阪神社、隈の八坂神社、および竹田若八幡宮で行われる曳山行事を含む厄除け神事。京都の祇園祭を手本とした祭りのひとつで、曳山行事は7月に行われる。 山鉾は合計10基があり、その高さや絢爛豪華さを競い、男衆が町内を曳き廻す。山鉾の中に乗り込んで演奏される祇園囃子が祭りを盛り上げ、夜にはたくさんの提灯をつけて提灯山(晩山)として曳き廻す。

【高校野球2017夏 東東京大会 チーム紹介】都立北豊島工業高等学校

板橋区富士見町の住宅街にある 都立・北豊島工業高等学校野球部は、 創部して今年で8年目。 15人の部員が、夏の大会に向けて 練習に励んでいます。 選手1人1人が勝ちにこだわり、 意識を高く持つことが、チームのモットーです。

C059 いつもの風景

埼玉県立芸術総合高等学校映像芸術科 制作 いつも、学校へ向かうときに家から最寄り駅までの道のり、いわばいつも見ているふるさとをとりました。

UP!アップ!関ガール シーズン2 vol.94.MXF

関西のケーブルテレビを応援するために結成されたアイドルユニット「関ガール」が毎回、過酷な企画にチャレンジするバラエティ。

北信濃の美景~Amazing Place~

高精細映像の4Kカメラで収録した北信濃の素晴らしい景色をゆったりとお伝えします。今回は北信濃の秋の景色をお送りいたします

第101回全国高等学校野球選手権千葉大会 出場校紹介動画 県立松戸馬橋高校

県立松戸馬橋高校 野球部は総勢52人。 「本気で野球をやる」をスローガンに掲げ、「シード校を倒す」ことを目標に日々の練習に取り組んでいます。 チームキャプテンはセンターの設楽選手。 常に全力プレーでチームを引っ張ります。 投手陣をまとめるのは3年生の白津選手。 緩急をつけたピッチングで相手打線を翻弄し、打たせて捕る戦法で戦います。 攻撃の要はファーストを守る吉岡選手。 長打が武器のパワーヒッターです。 去年は二回戦で敗退した松戸馬橋高校。 今年はキャプテンを中心に「打倒!シード校」で戦います。

ひがタン! 第6回

兵庫県東播磨県民局発 情報発信番組。地域の魅力を楽しく探検しながら再発見していきます。

やっべぇぞ!!ハラが減っては戦はできぬ第3回

漫才コンビ「コロコロチキチキペッパーズ」が部活やサークルに突撃してガチンコ対決!その後、お腹をすかした二人は奈良のおいしいグルメを堪能します。 今回は、奈良市立三笠中学校 卓球部と、奈良市薬師堂町にあるリストランテ リンコントロを訪ねます。

J057 僕らの足音

埼玉県立芸術総合高等学校映像芸術科 制作 この作品は進路に悩む高校生を描きました。よろしくお願いします。

高校野球2019夏 西東京大会 チーム紹介「國學院大學久我山高等学校」

過去5回の甲子園出場を果たしている國學院大學久我山高等学校野球部。 現在、66人の部員が所属し、大会に向け日々練習に励んでいます。 去年の夏の大会では、4回戦に進出。 また新チームになって、公式戦8勝2敗と勝率は8割!の勢いのあるチームです。 好成績の原動力は「チーム一丸となって総合力で勝つ」意識の高さ。 大会まではあと少し、甲子園を目指してさらに意識を高め練習に取り組みます。