J:COM

【2018夏・第100回全国高等学校野球選手権記念南埼玉・北埼玉大会 チーム紹介】春日部共栄高等学校

提供元:J:COM

お気に入り
  • facebook
  • twitter
  • google plus
  • LINE
番組紹介

春日部市上大増新田にある春日部共栄高等学校。
野球部は1980年に創部、現在、選手、マネージャー合わせて130人で活動しています。
「闘志躍動」、「より高みへの挑戦」を目標に部員が一丸となって、全国制覇に向けて練習に取り組んでいます。
春季埼玉県大会で1回戦で敗れた苦い経験がチームを一回り成長させました。
勝敗のカギを握るのは投手陣。相手打線に合わせた、打たせて取る巧みな投球とバックの固い守りで勝利を掴みます。
攻撃面では、クリーンナップを中心にどこからでも得点を狙える粘り強いパッティングがチームの持ち味で全員野球で甲子園出場を目指します。

シリーズ/関連動画

この動画には関連動画があります、他も見てみませんか?

地域の逸品 ~長野県・杏都ブランド~

日本各地には、まだまだ知られていない隠れた逸品が存在する… この番組は、逸品が生まれるまでの様々なドラマと生産者たちの熱い想いに迫ります。 今回は「日本一のあんずの里」として知られる長野県千曲市の地域活性化プロジェクトに密着。そのプロジェクトではこの地を“杏都”と名付け、「杏都ブランド」としての新商品開発に力を入れています。果たして、そこにはどんなストーリーがあるのでしょうか?

【高校野球2018夏 西東京大会 チーム紹介】工学院大学付属高等学校

週4回、大学グラウンドを借りて練習を行う野球部。今年はどこからでも得点につなげることができる打線が魅力。『泥臭く貪欲に』を合言葉に大会へ挑みます。

【高校野球2016夏 東東京大会 チーム紹介】北豊島工業高等学校

住宅街の中にある都立北豊島工業高等学校。 近隣住民への配慮から、バットの音を少なくするカバーを付けて、打撃練習を行ったり、選手同士の掛け声の大きさに注意したりと、工夫をしながら練習に励んできました。 攻撃力の中でも、打撃に強みがあると語る小椋監督。春の大会で3勝をあげた実績をバネに、この夏の大会で、更なる飛躍をと、チームを指導しています。

【高校野球2017夏 西東京大会 チーム紹介】都立小平南高等学校

小平市上水本町にある都立小平南高等学校。 現在、校舎が改修中ということで、練習は、学校から自転車で40分ほどの多摩川沿いにある関戸公園野球場で行っています。 部員数は、マネージャーを含めて1・2年生がそれぞれ13人と3年生8人の、合計34人。 近年の夏の大会では2回戦敗退と悔しい思いを続けてきましたが、今年は、下位打線からでも得点することができる『全員野球』で、目標の神宮球場を目指します。

【高校野球2017夏 西東京大会 チーム紹介】東京都立町田工業高等学校

町田工業高等学校は、3年生が3人、2年生が1人とこれまでは連合チームで大会に出場していましたが、7人の1年生が加わり、単独チームとしてこの夏は大会に挑みます。念願の単独チームとしての大会出場。1つでも多くの勝ち星をあげるため、3年生を中心に、チームは猛練習に励んでいます。

【高校野球2018夏 西東京大会 チーム紹介】都立日野高等学校

高校野球の強豪私学がひしめく東京で、「都立の雄」として、2013年、夏の西東京大会準優勝。その他、選抜大会の21世紀枠、候補に3度選ばれる強豪校です。体力強化をベースに、時間やスペースを効率よく使いながら日々の練習に励んでいます。

編集チームおすすめ

平成30年7月豪雨 義援金募集のお知らせ

ご支援・ご協力をお願いします。

ランキング

福丸がゆく2017年1月30日放送 尼崎市立花町

福丸がゆく2017年1月30日放送 尼崎市立花町

テクノ探検隊 小さな力で大きくゆすろう!-振動の不思議-

新潟県長岡市にある長岡技術科学大学企画番組。 世界的な最先端技術の研究開発と教育を行っている長岡技術科学大学に小学生のテクノ探検隊が潜入。科学技術の専門家に果敢に挑戦し、科学のナゾに迫る小学生。専門用語を封印して奮闘する教授。異色のサイエンス番組。 今回のテーマ 「小さな力で大きくゆすろう!-振動の不思議-」

わがまちの風景【大正区千鳥】

わたしたちの住むまちの風景を音楽とともにお届けします。

ならカフェめぐり「いとをかし」橿原市 cafe-tamon

奈良にはお洒落で可愛いカフェがたくさんあります。おいしい料理やスイーツ、素敵な店内や雑貨など、カフェの『いとをかし』な魅力をのんびりご紹介する番組です。(放送:2018年2月)

UP!アップ!関ガール シーズン2 vol.74.MXF

関西のケーブルテレビを応援するために結成されたアイドルユニット「関ガール」が毎回、過酷な企画にチャレンジするバラエティ。

あなたにおすすめ

【高校野球2018夏 西東京大会 チーム紹介】都立杉並高等学校

今年で創部65年を迎える都立杉並高等学校野球部。今年のチームテーマは「下剋上」。1番から9番までの切れ目のない打線で、打倒シード校の目標を掲げています。

【高校野球2018夏 東東京大会 チーム紹介】都立大田桜台高等学校

今年で学校創立10年目となる都立大田桜台高等学校。夏の大会出場は軟式野球部から硬式野球部となって6回目となります。選手が8人しかいない大田桜台高校野球部では今大会、立正大立正から2人の選手派遣を受けての出場となります。チームのスローガンは「常笑野球」。どんなつらい時でも笑顔でプレーしピンチを乗り越える、そんなチームの最大の武器はバッティング。週末には一日に2000本のティーバッティングを行うなど、バットの振り込みはどこにも負けない自信があるそうです。

第100回全国高等学校野球選手権記念東千葉・西千葉大会 出場校紹介動画 県立松戸馬橋高等学校

松戸市の松戸馬橋高校野球部は現在選手・マネージャー合わせて56人が所属し、チーム一丸となって日々練習に励んでいます。地域では「馬っこ野球部」と呼ばれるなど明るく親しまれているチームで、地域力で夏の大会に臨み上位進出を狙います。

第100回 全国高等学校野球選手権記念 東千葉・西千葉大会 出場校紹介 県立佐倉西高等学校

7月11日に開幕する東千葉・西千葉大会に向けて、エリア内の主な出場校を紹介。選手・監督のインタビューや練習風景を交えながらチームの一球に込めた想いを総力取材!この夏に向けた球児たちの姿をお見逃しなく!

第99回全国高等学校野球選手権千葉大会 出場校紹介動画「市立習志野高校」

市立習志野高校野球部は、春、夏の大会を合わせて11回の甲子園出場を果たし、 2度の全国制覇を成し遂げている千葉県を代表する名門です。 春の大会はベスト8で優勝に手の届くところの敗戦に選手達は悔しい思いをしてきましたが、 春の敗戦で生まれた危機感を原動力に換え、練習では打撃強化に取り組みました。 ミーティングでは選手から活発的に意見がでるようになり、 強豪校との練習試合では粘り強さが表れ、春の大会の敗戦は、習志野高校を更に成長させました。 習志野高校は、夏の大会で活躍してきたことから「夏の習志野」の異名で呼ばれています。 12回目の甲子園出場にむけて習志野高校の夏が熱くなりそうです。

ピックアップ

【高校野球2017夏 東東京大会 チーム紹介】都立大崎高等学校

チームのモットーは「常に感謝の気持ちを忘れないこと」。創部4年目で、公式戦では一度も勝てていないので、まずは一勝を目標に頑張っています。

ニュースウォーカー0120放送「どんど焼き~須坂市横町・中町合同開催」

1月20日放送のSTVニュースウォーカーから須坂市横町・中町の「どんど焼き」の様子を紹介します。少子化で子どもが減る中、今年は初の合同開催により、参加者が増えにぎやかに行われました。

うらら栃木版5月7日号

栃木エリア(栃木市・壬生町・下野市)、群馬エリア(館林市、邑楽郡)、茨城エリア(結城市・筑西市)のお店、企業、気になるスポット、活躍している皆さんをう・ら・らリポーターが取材、体験リポートする番組。「Wish you Luck and Laughter」、名づけて「う・ら・ら」! 今週は、栃木市の「すし文」と壬生町の「おとや Acoustic Live Bar A LIVE STATION」をご紹介します! 「う・ら・ら」専用サイトでも動画配信中です→ulala-tv.jp

【2016夏・高校野球 埼玉大会 チーム紹介】立教新座高等学校

立教新座高等学校の野球部員はマネージャーを含めて81人です。1985年以来の、夏の甲子園出場を目指し、練習に励んでいます。疑問があれば、選手同士で話し合い、問題点を出し合うことでチームとしての一体感を生んでいます。

セナの週末トピックス 1鹿児島県徳之島伊仙町にカモン篇

壱岐市CATVのアナウンサーが壱岐はもちろん、時に島を飛び出して各地で体験したことを壱岐の人たちに紹介します。記念すべき1回目は鹿児島県徳之島伊仙町に行ってきました。 伊仙町は「長寿と子宝の町」。長崎県の壱岐と同じ離島で海も自然も美しいところです。 その魅力をAKB48の「フォーチューンクッキー」にのせてお届けします。 壱岐のみなさんだけでなく、これを見たアナタ、ぜひ一度、鹿児島県徳之島伊仙町を訪れてみてください!

放送セミナー戦後70年 「戦時下の鈴鹿市 戦争の記録と記憶」 「戦後の鈴鹿市 軍都から緑の工都へ」

ケーブルネット鈴鹿:制作 第42回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード コミュニティ部門奨励賞   戦後70 年を機に、戦中・戦後の鈴鹿市の歩みをまとめました。軍都として生まれた鈴鹿市には、多くの軍需施設が作られ、苦難の道を歩みますが、戦後は、幾多の努力と逸話を重ねて、「軍都から緑の工都へ」と変わることができました。戦中・戦後の記録と記憶。それは一人ひとりの小さな体験から、市政の舵取りまで、鈴鹿市民の心の原点なのです。

【高校野球2017夏 東東京大会 チーム紹介】都立桜修館中等教育学校

スローガンは「応援される野球部」で、学校生活も含めて、すべて全力で挑んでいる。去年の夏の成績がベスト16なので、今年はそれを越えるのが目標。

おしえて!奈良医大08

奈良医大の先生に「知っておきたい病気のあれこれ」や「気になる体のあれこれ」について、わかりやすく教えていただく番組です。 今回のテーマは「糖尿病で大切なこと」です。

福丸がゆく2016年3月28日放送 西宮市名塩

福丸がゆく2016年3月28日放送 西宮市名塩

第33回魁星旗争奪全国高校女子剣道大会 滝川第二 対 横浜隼人

2017年3月29日から31日にかけて、秋田県立武道館で開催された熱戦の模様をご覧ください。