J:COM

【2018夏・第100回全国高等学校野球選手権記念南埼玉・北埼玉大会 チーム紹介】秩父高等学校

提供元:J:COM

お気に入り
  • facebook
  • twitter
  • google plus
  • LINE
番組紹介

秩父高等学校は、全校生徒700人。野球部は1943年創部、過去に2回県大会ベスト8に入りました。今年の部員数は36人です。
進学校ということもあり、文武両道を目指しています。また、土地柄、祭り好きの部員が多くいます。週3回の7時間授業の時は練習時間が短いため、効率的な練習を心がけています。
児玉監督は、本気で一生懸命取り組める人間になってほしいと指導しています。
秩父高校は、鍛えられた粘り強い守備に加え、打ち勝つ野球でベスト8を目指します。

シリーズ/関連動画

この動画には関連動画があります、他も見てみませんか?

【2018夏・第100回全国高等学校野球選手権記念南埼玉・北埼玉大会 チーム紹介】川越市立川越高等学校

川越市旭町にある川越市立川越高等学校。 野球部は、旧・川越商業高校時代から数えると90年以上の歴史を持ち、1989年には、夏の甲子園出場を果たしています。 「公立の雄」として、近年はコンスタントに好成績を残してきましたが、今年のチームは、当初、なかなか力を発揮できずにいました。 そこで初心に帰り、徹底的な基礎練習と選手たちが率先して自主練習を繰り返したことで、徐々にチーム力が向上。 秋の県大会では浦和学院など強豪校を破り、準優勝に輝きました。 持ち前の投手力と守備力に加え、打線がうまくかみ合えば、およそ30年ぶりの甲子園出場も見えてきます。

【高校野球2017夏 東東京大会 チーム紹介】足立学園高等学校

足立区千住旭町にある「足立学園高校」。校内に十分なスペースがないため 埼玉県三郷市の番匠免運動公園で日々練習に励んでいます。 野球部員はマネージャを含む40人。 中高一貫校のため、昔からの顔なじみも多く、チームワークは抜群です! チームの持ち味は粘り強い全員野球。選手が一丸となり、勝利をつかみます。 狙うは、夢の舞台 甲子園…チームのために一人一人が 自分のできる最高のプレーをして勝利を目指します。

【高校野球2017夏 西東京大会 チーム紹介】都立小平高等学校

小平市仲町にある都立小平高等学校。 野球部員数は、1年生12人、2年生26人、 3年生12人、マネージャー4人の、合計54人です。 チームの雰囲気は、とても明るく、全体がよくまとまっています。選手皆が大きな声を出して積極的に練習に参加しています。

【高校野球2018夏 東東京大会 チーム紹介】日本体育大学荏原高等学校

多摩川の河川敷にある野球部専用グラウンドで練習に励んでいる日本体育大学荏原高校。野球部は1904年の学校創立と同時に誕生。113年の歴史を誇ります。今年の選手数はなんと131人。たった20人のベンチ入りを目指して、熾烈な戦いが繰り広げられています。地元からの期待も大きく、練習場に見学に来る地域の人も多いのだとか。街の応援を受け、1976年以来の甲子園出場を目指します。

【高校野球2018夏 東東京大会 チーム紹介】都立新宿高等学校

JR新宿駅から歩いて3分、新宿御苑のすぐ隣にある新宿高校。部員たちのモットーは、「考える」ということ。文武両道を掲げる新宿高校らしく、頭を使う野球に取り組んでいます

【高校野球2016夏 西東京大会 チーム紹介】都立府中高等学校

部員数は21人。 粘り強いピッチングが特徴の キャプテンでピッチャーの古木選手を中心に 夏の大会、一勝へ向けて、 全員野球、全力疾走で臨みます!

編集チームおすすめ

平成30年7月豪雨 義援金募集のお知らせ

ご支援・ご協力をお願いします。

ランキング

第33回魁星旗争奪全国高校女子剣道大会 東京学館浦安 対 帯広南商

2017年3月29日から31日にかけて、秋田県立武道館で開催された熱戦の模様をご覧ください。

やっべぇぞ!!ハラが減っては戦はできぬ第12回

漫才コンビ「コロコロチキチキペッパーズ」が、奈良の美味しいグルメを堪能。 お腹いっぱいになった2人は部活やサークルに突撃してガチンコ対決を挑みます。 今回は、Gabliccio(ガブリッチョ/奈良市)と、生駒市立上中学校ハンドボール部を訪ねました。

天邪鬼

神奈川県立大和南高等学校 引中ob 制作作品 女性がいなくても、がんばるぞ!!今年の目標は一次予選突破ただそれだけ機材は整ってないけどやる気と情熱は満タン少しでも面白いと言ってもらえれば幸いです。まだまだ未熟ですがよろしくお願いします。

隠岐★ドキ!あまチャンネル・アーカイブ Vol.15(2017年6月放送)

2017年6月に放送した隠岐★ドキ!あまチャンネルVol.15です。 「すすめ!アイランダース」シリーズの中でも、これぞ「すすめ!アイランダース」という楽しい番組に仕上がりました。 いつも番組に協力していただいている『隠岐しぜんむら』が主催する自然体験型宿泊プラン『島暮らしの休日』を、出演アイランダーがまるごと体験! 普通の観光名所を巡るツアーじゃなく、短い期間だけど島の自然に溶け込んで島の暮らしを味わえるとても楽しいプログラムを徹底的に紹介します。

あなたにおすすめ

【2018夏・第100回全国高等学校野球選手権記念南埼玉・北埼玉大会 チーム紹介】浦和学院高等学校

さいたま市緑区代山にある浦和学院高等学校。 硬式野球部の甲子園出場回数は22回を数えます。 そのうち平成25年の春の選抜では全国制覇を成し遂げている埼玉県屈指の強豪校です。チームがテーマとして掲げているのは「総合力」。 今年は右・左、タイプの違うピッチャー6人がバランスよく揃い、また打撃面ではどの打順でも各選手が自分の役割を果たせるよう練習を重ねてきました。 去年の夏は花咲徳栄高校に決勝で敗れ、さらに埼玉県勢初の夏の甲子園優勝を 先に実現された浦和学院。悲願である夏の全国制覇に向け準備は万端です。

【高校野球2016夏 東東京大会 チーム紹介】順天高等学校

2年連続で、予選大会ベスト32の 順天高校。今年は、その記録を超えるベスト16を目指し、全力で練習に励んでいます。 今年は、1、2年生の人数が多い若いチーム。基本に忠実に、守備を中心とした、1点を確実に取りに行く 野球で甲子園を目指しています。

第33回魁星旗争奪全国高校女子剣道大会 大館鳳鳴 対 山本学園

2017年3月29日から31日にかけて、秋田県立武道館で開催された熱戦の模様をご覧ください。

第100回全国高等学校野球選手権記念東千葉・西千葉大会 出場校紹介動画 県立柏の葉高等学校

総勢21人でこの夏の大会に挑む柏市の柏の葉高校。今年は「凡事徹底」をスローガンに基礎練習を徹底的に積み重ね、まずは初戦突破を目指します。2年生投手を軸に、声掛けやナイスプレーでチーム全体を盛り上げ、一戦必勝で夏の大会を戦います。

「高校球児の夏2018」郁文館高等学校

文京区向丘の郁文館は、ある有名人が野球部に所属していました。その先輩が成しえなかった甲子園を目指し、練習に励む!今年の中心選手3人を紹介します。

ピックアップ

JICFuSムービー:計算科学最前線

計算基礎科学連携拠点(JICFuS)は、素粒子・原子核・宇宙物理を大規模計算により探求する研究組織です。本番組は、その活動の様子を紹介した動画「JICFuSムービー」をお借りし、放送用に再編集したものです。

福丸がゆく2017年9月18日放送 伊丹市奥畑・寺本

福丸がゆく2017年9月18日放送 伊丹市奥畑・寺本

ならカフェめぐり「いとをかし」橿原市 今井町 Hack berry

奈良にはお洒落で可愛いカフェがたくさんあります。おいしい料理やスイーツ、素敵な店内や雑貨など、カフェの『いとをかし』な魅力をのんびりご紹介する番組です。(放送:2016年5月)

ベイコム・地元ニュース(大阪版)2018年4月17日号

着物で作る和菓子(住之江) ウォルト・ディズニー・アーカイブス展 ミッキーマウスから続く、未来への道(北) 春のハンギングバスケット展(鶴見) パイロット体験講座(西淀川) 空に泳がせようボクのこいのぼり(住之江) 西明寺花まつり キッズサンガ(港) 筆供養祭・献茶祭(港)

C035 心の思い出

eiga worldcup2016 地域部門出品作品 愛知県立旭丘高等学校 映画制作部 南海トラフが発生してから、8年後の物語です。故郷はなくなってしまっても、心の中にある。誇りである田舎の自然の素晴らしさをお楽しみください。

しあわせの黄色いトラック(2018年5月)

漫才コンビ『コンパス』の二人が行くしあわせの黄色いトラック。今回はたくさんの来場者で賑わう「となみチューリップフェア」におじゃま。プリンセスチューリップにフェアの見どころを教えてもらったり、来場者と触れ合ったり、砺波特産の大門素麺を味わったりと、砺波市の魅力を満喫しました。

福丸がゆく2016年12月19日放送 大阪市此花区西九条

福丸がゆく2016年12月19日放送 大阪市此花区西九条

【高校野球2016夏 西東京大会 チーム紹介】都立練馬高等学校

現在の部員数は、53人。2009年の西東京大会はベスト16の好成績を残しましたが、それ以降はなかなか勝ち進めていません。しかし今年は、持ち前の団結力を生かし、全員野球で夏の大会に臨みます。

ずっとそこに、ある

日本大学鶴ヶ丘高等学校 KIKIFILM 制作作品 いろいろな顔を持った吉祥寺の街をご鑑賞ください。

めざせ!甲子園2018 広尾高等学校

夏の甲子園出場を目指すイッツコムエリアの高校野球部をご紹介する「めざせ!甲子園2018」。大会を直前に控えた各チームの練習風景や主将・監督のインタビューをお届けします。 広尾高等学校のスローガン・意気込み:「甲子園1勝」 【イッツコム夏の高校野球 特設サイト】 https://www.itscom.net/089