J:COM

【高校野球2018夏 西東京大会 チーム紹介】中央大学附属高等学校 

提供元:J:COM

お気に入り
  • facebook
  • twitter
  • google plus
  • LINE
番組紹介

小金井市貫井北町にある中央大学附属高等高校。
部員数は、1年生10人、2年生10人、
3年生12人の合わせて32人。
昨年の秋の大会では、一次予選を通過、
本大会でもベスト32に食い込みました。

シリーズ/関連動画

この動画には関連動画があります、他も見てみませんか?

【高校野球2018夏 西東京大会 チーム紹介】都立小平高等学校

小平高校野球部は、1年生11人、2年生14人、3年生25人の計50人で、西東京大会に挑みます。 特に3年生が多く、レギュラー争いも熾烈です。 「一戦必勝」を合言葉に、目の前の試合に勝つことの大切さを伝えているそうです。

【高校野球2017夏 西東京大会 チーム紹介】都立久留米西高等学校

東久留米市野火止にある都立久留米西高等学校。 野球部員数は、1年生5人、2年生13人、 3年生7人、マネージャー2人の、合計27人です。 チームのモットーは「全員野球」。 攻撃では、つなぐ野球を意識し、全員がヒットを打てるような練習を行っています。 夏の大会では、全員野球のチームワークを武器に、全力で試合に挑みます。

【高校野球2016夏 西東京大会 チーム紹介】都立小川高等学校

走塁や守備で主導権を取り、有意に試合を進めれば勝機があります。個々の力が劣る分、チームワークでこの夏1勝を目指します。

粋、日本橋 老舗あるき♯2

日本橋の老舗の魅力をご紹介。今回は、トロの名前が生まれた吉野鮨本店が登場。また、日本橋長門、さんぽMAPをご紹介。便利な無料バス・メトロリンク日本橋もご案内。

第100回全国高等学校野球選手権記念東千葉・西千葉大会 出場校紹介動画 東葉高校

創部史上最多、54人の部員が夏の大会に向けて連日汗を流している東葉高校野球部は、昨年の秋の大会、今年の春の大会、ともに県大会に出場し初戦突破。今、勢いに乗っているチームです。今年のスローガンは常笑野球。ねばり強く全員野球で甲子園を目指します。

「高校球児の夏2017」#1福岡大学附属大濠高校(福岡県)

小郡市野球場で開催の夏の高校野球福岡大会、5回戦(ベスト16)全8試合の模様を7月20日からジェイコムチャンネルで実況生中継!「高校球児の夏2017」では、福岡大会出場の【福岡大学附属大濠高校】を紹介します。

編集チームおすすめ

激流と闘う乙女たち 栄光への軌跡

第44回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード グランプリ総務大臣賞に輝いた作品をどうぞご覧ください。

ランキング

奈良イチ研究所<生産量日本一 二輪菊>奈良県葛城市

奈良にある「一番」のものをなんでも「奈良イチ」として取り上げる『奈良イチ研究所』。番組では、「奈良イチ」の凄さや魅力、込められた想いなどを研究員が県内を駆け回って調べます。

【高校野球2018夏 西東京大会 チーム紹介】都立井草高等学校

練馬区上石神井にある都立井草高等学校 1941年に、創設され1951年に硬式野球部が創部しました。 過去夏の大会最高成績は、2004年のベスト16。 現在部員数は、1年生4人、2年生3人、 3年生2人の、合計で9人です。 少ない人数ではありますが、チーム一丸となって夏の大会に挑みます。

【高校野球2018夏 東東京大会 チーム紹介】東京高等学校

今大会、「革命」をスローガンにかかげる東京高等学校。マネージャーを含む74人の部員が一丸となって練習に励んでいます。最後の夏となる今年の3年生は25人中24人が辞めずに共に汗を流してきました。キャプテンの宗像選手は春に鼻を複雑骨折しましたが、手術後すぐにフェイスガードをして試合に復帰するガッツを見せ、チームから熱い信頼を寄せられています。そんなキャプテンを中心に、2014年夏のベスト8を超えるベスト4を目指します。

「高校球児の夏2016」(都立江戸川高等学校)

江戸川区松島にある「都立江戸川高等学校」。春季大会ではベスト16に進出を果たした都立の強豪校です。野球部員は、マネージャーを含む三年生29人、二年生27人、一年生21人の総勢77人。 今年の江戸川は打撃のチーム。「甲子園で勝ち続ける」をチームの目標に特徴である打ち勝つ野球に更なる磨きをかけ、甲子園を狙います!

シーバス狙いin高松&海遊人の思い出

今月の我ら海遊人は、香川県高松市よりシーバスのルアー釣りをお送りします。 当初の予定では、愛媛県で鯛を釣る予定でしたが、天候不良のため急遽ターゲット変更。非常に厳しい釣りが予想される中、はたして番組は成立するのか??

あなたにおすすめ

【高校野球2018夏 東東京大会 チーム紹介】上野学園高等学校

台東区東上野にある上野学園高校の硬式野球部は2007年に創部。 現在の部員数は55人で週に6日、茨城県つくば市にある専用グラウンドにバスで通い練習を重ねています。夏の大会は一昨年が2回戦敗退、去年は準々決勝に勝ち進みました。上野学園の特徴がスーパーブレイントレーニング、略してSBT。 メンタルトレーニングの一種で成信力、苦楽力、多喜力、という3つを合言葉に バス移動などで話し合いを行いプラス思考な状態で練習に臨んでいます。 スローガンは「レボリューション」チームの活躍によって地元を活性化させたいという思いも。精神力を磨き、粘り強い守備を武器に大会での更なる躍進を狙います。

「高校球児の夏2016」(都立足立工業高等学校)

足立区西新井にある都立足立工業高校。野球部員は16人。夏の大会を控え、主将を中心にまとまり、急成長を遂げています。公式戦で1勝を目指して大会に臨みます。

【高校野球2017夏 西東京大会 チーム紹介】都立練馬工業高等学校

練馬区早宮に校舎を構える都立練馬工業高等学校。 今年、校舎の工事が終了し、新しいグランドで練習に励んでいます。 野球部員は、3年生が2名、2年生8名、1年生4名、マネージャー1名の14名です。 練馬工業ナインは、「全員野球」をモットーに初戦突破を目指します!

第100回全国高等学校野球選手権記念東千葉・西千葉大会出場校紹介 県立浦安南高校

毎年、1回戦を勝ち抜くことが課題になっている浦安南高校野球部。 今年は例年以上に強い心で最後まで粘り強く戦っていこうと日々の練習に励んできました。 スローガンの「挑戦心を持って」夏に挑みます。

【高校野球2018夏 西東京大会 チーム紹介】都立南平高等学校

自立を重んじ、選手、自らがメニューを決めて練習に励んでいます。今年は『バッティングの強化』をテーマに選手全員でバットを振り続けてきました。

ピックアップ

ほんでミーゴ 2018年8月30日

岩井・澤井の2人が県内のいろいろな場所を散策しながら、『ほんでミーゴ』を合言葉に皆さんに街のこと、人のことを根掘り葉掘り聞いちゃいます。今回は近鉄郡山駅周辺を散策しています。

「高校球児の夏2016」(都立南葛飾高等学校)

葛飾区にある都立南葛飾高等学校。野球部の部員数は総勢20人。昨年夏の大会で3回戦まで進んだメンバーがほぼ残り、全ての面でレベルアップしています。 今年は特に、足を絡めた攻撃に力を入れていて、昨年以上の意気込みで夏の大会に挑みます。

Akita Dog Movie ハタハタ編

CNA秋田ケーブルテレビでは、CNA社員の秋田犬「し~なだいすけとさくら」が全世界に向けて、秋田をPRする動画コンテンツを発信しています。最新作は「秋田犬×ハタハタ」です。ぜひご覧ください!

「高校球児の夏2016」(都立足立新田高等学校)

足立区新田にある都立足立新田高校。今年は3年生27人、2年生28人、1年生29人の総勢84人の大所帯で夏の大会を戦います。 堅い守備でリズムを作り、1番から9番までどこからも得点できる打力を持つチームで今大会を戦います。

第100回全国高等学校野球選手権記念東千葉・西千葉大会 出場校紹介動画 県立土気高校

千葉市緑区内で唯一の高校である県立土気高校野球部には、 部員とマネージャー合わせて24人が所属。 平日には授業後に3時間、休日にも選手全員で声を掛けあって 盛り上げながら練習に取り組んでいます。 小川監督と中田部長の指導のもと、野球部全員が 一丸となって大会では初戦突破を目指します。

第100回全国高等学校野球選手権記念東千葉・西千葉大会出場校紹介 市川学園市川高校

今年の市川学園市川高校野球部はピッチャーを中心に 最少失点に抑えながら守備で流れをつかみ、 チャンスをものにしていくスタイルの野球で強豪チームとも戦ってきました。 目標の甲子園に向かって一戦一戦戦っていきます!

STVニュースウォーカー0414「急増する特殊詐欺被害」

4月14日放送のSTVニュースウォーカーから、須高地区で被害が急増している特殊詐欺をご紹介します。

第100回全国高等学校野球選手権記念東千葉・西千葉大会 出場校紹介動画 県立磯辺高校

千葉市美浜区磯辺にある県立磯辺高校。 野球部には、マネージャーを含め40人が所属。 三年生の多くが去年の夏の大会を経験しているチームです。 全力疾走、全力発声の「磯辺プライド」を掲げ、この夏の大会に挑みます。

【高校野球2018夏 西東京大会チーム紹介】武蔵野北高校

武蔵野市八幡町にある都立武蔵野北高校。クラブ活動が盛んで、今年は陸上部と男子バレーボール部が関東大会出場を果たしています。他のクラブの活躍に負けじと「凡事徹底」をスローガンに掲げ、日々懸命に練習に励んできた選手たち。一致団結して勝利を目指します。