J:COM

【高校野球2018夏 西東京大会 チーム紹介】早稲田実業学校

提供元:J:COM

お気に入り
  • facebook
  • twitter
  • google plus
  • LINE
番組紹介

1903年に創部した早稲田実業学校・硬式野球部。
部員数は93人と、100人に迫ります。
去年は、決勝戦で東海大菅生に敗れ、惜しくも甲子園の切符を逃してしまいました。
あと一歩だった悔しさをバネに、この夏は、3年ぶりの優勝を目指します。
チームの中心は、1年生からレギュラーで活躍し、今年は主将としてチームをまとめる野村選手です。

シリーズ/関連動画

この動画には関連動画があります、他も見てみませんか?

第100回全国高等学校野球選手権記念東千葉・西千葉大会 出場校紹介動画 市立千葉高校

稲毛区小仲台にある、市立千葉高校。野球部には、現在、マネージャーを含め、42人の部員が所属。最後まで粘り強く守り、全員でつなぐ攻撃が特長です。

【高校野球 2017夏 西東京大会チーム紹介】都立西高等学校

「明るく、楽しく、元気良く」のスローガンのもと 初の甲子園出場を目指す都立西高等学校野球部。 現在、マネージャーを含む20人の部員が所属し、 日々、練習に汗を流しています。 専用グランドがない環境は、決して恵まれているとは言えませんが 監督と選手が一丸となって練習に取り組んでいます。

高校野球2019夏 西東京大会 チーム紹介「松蔭高校」

世田谷区北沢にある松蔭高校。 現在、硬式野球部は14人の部員で活動しています。 平日は、学校のグラウンドで 基礎トレーニングを積み、 休日は、神奈川県厚木市にある 松蔭大学の湘南グラウンドで、 バッティングや、守備の連携などを深める 実戦的な練習に取り組んでいます。 去年の夏の大会は 1回戦で、完封負けを喫した松蔭高校。 今年は、4回戦突破・ベスト16を目指します。

【2016夏・高校野球 埼玉大会 チーム紹介】川越高等学校

埼玉県立川越高等学校野球部の創部は明治34年。昭和6年と、昭和34年の2回、甲子園出場を果たしている古豪です。 今年はズバリ、粘り強いチーム。 投手力を含めて守りながらリズムを作り得点のチャンスを伺います。

ふわっと・・・欣様 -What? KIN-SAMA- 8月前半号

ふわっと・・・欣様 -What? KIN-SAMA- 今年もPR大使を務める欣様がデイリーニュースかわちの 三野キャースターとともに9月9日と10日に八尾市の久宝寺緑地で 開催される「第40回八尾河内音頭まつり」のPRをかねて 地域を練り歩きながら町の魅力をふわっとご紹介します。

ふわっと・・・欣様 -What? KIN-SAMA- 4月前半号

さてさて、今回、私たちがお伺いしたのは、八尾市でーす。 文化、歴史遺産が豊かで商業も盛んな八尾市にお伺いして 欣様は、ハンバーガーを食べ歩きします。 色んなお店の拘りのハンバーガーとオススメメニューもご紹介しますよ! お楽しみに~

編集チームおすすめ

激流と闘う乙女たち 栄光への軌跡

第44回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード グランプリ総務大臣賞に輝いた作品をどうぞご覧ください。

ランキング

第101回全国高等学校野球選手権 千葉大会 出場校紹介動画 県立泉高校

県立泉高校 野球部は、 昭和54年の学校創立と同時に活動を開始し、 今年で40年目を迎えました。 現在、選手5人が所属し、 夏の大会では、大網高校との連合チームを組んで挑みます。 昨年叶わなかった初戦突破を狙い、 ひたむきに練習を重ねてきた成果を発揮します。

【高校野球2018夏 西東京大会チーム紹介】成城学園高校

世田谷区にある成城学園高校。夏の大会では過去6年続けて3回戦で敗れていますが、今年は飛躍が期待されます。チームの中心となるのは、最速142キロ右腕のエース・佐藤キャプテン。うなりを上げる剛速球を武器に、この夏どんな輝きを放つのか楽しみです。

【高校野球2018夏 東東京大会チーム紹介】深川高等学校

野球部の方針…感謝の気持ちを忘れず、常に野球部としての誇りをもって全力でプレーする どんな野球部…基礎力を重視した、常に全力プレーの野球部です。 ここは負けない…諦めない執念と、終盤ここぞという時の粘り強さ 好きな応援曲…We will Rock you 主将の決意…声・プレー・気持ちの面でチーム全体を引っ張り、一戦一戦を全力で勝ち抜きます。

ドラマ 池上線#2

ケーブルテレビ品川が送るオリジナルドラマ!品川の商店街を舞台に、8人の若者が地域を盛り上げるべく悪戦苦闘する姿を描きます。 【#2あらすじ】 変わらない良さが残る品川。しかし、世代が変わって行く中、親父たちと同じことをやっていてこの街は本当に生き残っていけるのか。商店街の若者たちは暗中模索するなか、ある街おこし策を考えつく。それにはしげるの力が不可欠なのだが・・・。

FC岐阜応援番組 緑の話を聞け!#1

リーグ参入12年目を迎えたFC岐阜!チームの新たな歴史の幕開けとなる今シーズンを、番組ではチームの戦い・魅力を紹介します!

あなたにおすすめ

【高校野球2017夏 東東京大会 チーム紹介】都立足立東高等学校

足立区大谷田にある「都立足立東高等学校」。 グランドの一角で練習しているのは、1年生1人、2年生3人、3年生2人のわずか6人の野球部。 足立東高野球部は、部員の不足から昨年までは、連合チームでの大会出場を続けていましたが、 今年は、近隣の高校の野球部から部員を借りて大会参加する単独廃校ルールを申請し、 平成13年以来、4年ぶりの単独チームでの出場となります。

【高校野球2017夏 西東京大会 チーム紹介】都立小平西高等学校

小平市小川町にある『都立小平西高校』。 今年 野球部は46年目。 部員は1年生21人、2年生12人3年生8人の合わせて41人です。 独自のトレーニング方法を取り入れ送球力を高めてきました。全員で手堅く守り確実にチャンスをモノにしたいところ。 小平西野球部、全員野球で夏に挑みます!!

高校野球 2017夏 東東京大会チーム紹介】都立中野工業高等学校

今年就任3年目の 深谷(ふかや)健(けん)介(すけ)監督率いる 都立中野工業高等学校野球部。 現在、11人の部員が所属しています。 これまでの最高は、 14年の夏に1回戦突破。 去年の大会は、勝つことができず、 1回戦で退いています。 今年のモットーは、 「出来る事を全力でやる」。 少数精鋭で、 まずは1回戦突破を目指します。

レーシングスピリット 2018年2月号(往年のF1メカニック 新井靖夫氏)

1970年代に伝説の日本F1チーム「マキ」でメカニックを務め、現在は三重県鈴鹿市でカーボンパーツの製造を行う新井靖夫さんを特集。新井さんが約40年ぶりに出会った思い出のF1マシンとは。そのストーリーに迫ります。

「高校球児の夏2018」獨協高等学校

文京区関口の獨協高校のチームスローガンは、独りが己を磨き、互いを助け協力する。これが獨協野球なり。1戦1戦大事に、まずは4回戦進出を目指す!今年の中心選手3人を紹介します。

ピックアップ

【高校野球2019夏 西東京大会 チーム紹介】明治学院東村山高等学校

東村山市富士見町にある明治学院東村山高等学校。 今年のチームは、選手それぞれの個性が豊かで、各々が自分の役割を果たしながら試合展開を進めていきます。特にバッティングには力を入れていて、チャンスをものにし果敢に打って点を取っていく攻めの野球を心がけています。マネージャーを含め、チーム全員気持ちを一つにまとめて夏の大会に挑みます。

Y066 聞こえる(予告編)

神奈川県立大磯高等学校SF研究部 制作 ある日突然、人とは違う力を手に入れた主人公の日常と非日常。そして価値観の対立を意識して作りました。

ボウリングアカデミー#8

「ボウリング」は近年、運動不足の解消に効果的で自分の体力にあわせて続けられることなどから、男女・年齢を問わず気軽に楽しめる『健康スポーツ』としても注目されています。この番組では、ボウリングをよりいっそう楽しめるよう、ボウリングの楽しさをお伝えします!「めざせ!ボウリングヒーロー」ではノースランドボウル黒部で対決!「ワンポイントレッスン」は視聴者からの質問に安嶋プロがお答えします!

J039 プロットツイスト

eiga worldcup2016 自由部門出品作品 東京都立戸山高等学校 3年C組 物語の展開を伝える役割を担う、ナレーション。もしそれが、主人公に聞こえていたら。物語の筋-プロットは歪曲し、予想を超えた展開に...?主人公とナレーションの軽妙な掛け合い、個性豊かな友人たちにご注目。

【高校野球2019夏 西東京大会 チーム紹介】都立府中西高等学校

府中市日新町にある都立府中西高等学校。 選手それぞれの個性にあわせた野球を信条に現在、チーム作りが行われています。チームをまとめるのは、捕手で6番打者の川端キャプテン。エースの今田投手はツーシームをはじめ、変化球を駆使します。

第99回全国高等学校野球選手権千葉大会 出場校紹介動画 県立佐倉南高等学校

7月11日に開幕する千葉大会に向けて、主な出場校をダイジェストでご紹介。選手・監督インタビューや練習風景を交えながらチームの一球に込めた想いを総力取材!この夏に向けた球児たちの姿をお見逃し無く!

【高校野球2017夏 東東京大会 チーム紹介】都立蒲田高等学校

都立蒲田高校は三年生4人をふくむ部員8人の小さな野球部。 今年、新チームになってから公式戦は2戦2敗と勝ちに恵まれてはいませんが、 小さいチームならではのチームワークの良さで夏の大会にのぞみます。 この夏エースとしてマウンドにたつのが小松優介選手。 気持ちが強くマウンド度胸の良さには定評があります。 また、その球を受けるキャッチャーが小松優一選手。 そう、二人はなんと双子のバッテリーなんです。

出雲のほそ道

ふるさと出雲のありのままの姿から 出雲地方の言葉や文化をたどります。

J049 明日からの教室

飛鳥未来高等学校広島キャンパス有機部’s 制作 グループ発足後、初の作品です。生きるということを高校生なりに考えた作品になっていると思います。

北信濃の美景~Amazing Place~

高精細映像の4Kカメラで収録した北信濃の素晴らしい景色をゆったりとお伝えします。今回は北信濃の秋の景色をお送りいたします。