J:COM

【高校野球2018夏 西東京大会 チーム紹介】私立武蔵高等学校

提供元:J:COM

お気に入り
  • facebook
  • twitter
  • google plus
  • LINE
番組紹介

練馬区豊玉上にある私立武蔵高等学校。
部員数は、1年生12人、2年生7人、3年生6人の合わせて25人。
3年前にベスト16、昨年はベスト32に食い込むなど、
ここ数年、夏の大会で結果を残してきました。
チームを引っ張るのは、打線の主軸、3番を任され、長打が魅力の野田選手。
そしてエースの堀内投手は珍しいアンダースロー。変化球を織り交ぜ、打者を翻弄します。

シリーズ/関連動画

この動画には関連動画があります、他も見てみませんか?

第100回全国高等学校野球選手権記念東千葉・西千葉大会 出場校紹介動画 千葉英和高校

千葉英和高校野球部は、おととしの秋の大会で強豪木更津総合高校に勝利し、ベスト8まで進出しました、 現在は、順調な仕上がりを見せている投手陣を中心に、夏の大会に向けて日々練習に励んでいます。

【高校野球2016夏 東東京大会 チーム紹介】都立大田桜台高等学校

平成21年の学校創立とともに創部した都立大田桜台高等学校野球部。 現在、マネージャーを含め、15人の部員が所属しています。 「全員野球で最後まで全力プレーで臨む」を スローガンにベスト16を目指します。

【高校野球2018夏 西東京大会チーム紹介】神代高校

調布市若葉町にある都立神代高校。最近2年間は部員不足のために、都立農業高校と連合チームを組んで夏の大会に出ていましたが、この4月に1年生9人が入部し、今回は3年ぶりに単独チームで臨みます。唯一の3年生・有山キャプテンを中心に、抜群のチームワークで初戦突破を目指します。

【2016夏・高校野球 埼玉大会 チーム紹介】川越工業高等学校

埼玉県立川越工業高等学校野球部。昭和21年に創部。公立高校ながら過去2度の甲子園出場を果たした実績を持ち、昭和48年には全国ベスト4にまで進出しました。3年生が主体で経験豊富な上級生が引っ張り走攻守共にバランスの取れたチームです。今年のスローガンは「全力意識」常に全力でプレーします。

【高校野球2017夏 西東京大会 チーム紹介】五日市・瑞穂・明星の連合チーム

あきる野市の五日市高校、瑞穂町の瑞穂農芸高校、三鷹市の明星学園高校と連合チームで出場。安定した中軸の打線で得点し、悲願の初戦突破を目指します!

【高校野球2016夏 東東京大会 チーム紹介】桜丘高等学校

桜丘高校野球部のモットーは考える野球。練習では、部員全員が所有するIpadを使い、打撃練習を撮影し、フォームを確認したり、全試合データを記録して、分析することで、改善点を洗い出したりと、日々の練習に生かしています。 今年の桜丘高校野球部は、1点を確実に取りに行く、走塁中心のチーム。走塁の技を磨くために、練習時間の多くを費やしています。

編集チームおすすめ

平成30年7月豪雨 義援金募集のお知らせ

ご支援・ご協力をお願いします。

ランキング

【高校野球2016夏 西東京大会 チーム紹介】和光高等学校

公式戦で実力が発揮できる度胸の良さがあるチーム。先制すると勢いがある。昨年のメンバーが半数残り、昨年よりパワーアップした3年生引っ張る。エースを中心に有終の美を飾りたい。

【高校野球2017夏 西東京大会 チーム紹介】明法高等学校

東村山市富士見町にある明法高等高校。 部員数は、1年生9人、2年生11人、3年生10人の合わせて30人。 昨年の夏、初戦で逆転サヨナラ負けを喫し、 その悔しさを胸に日々練習に励んできました。 新チームになってから公式戦での勝利はまだありませんが、キャプテンを中心にまず、一回戦突破の思いで、夏のリベンジに燃えています。

【高校野球 2017夏 東東京大会チーム紹介】都立三田高等学校

今年で創部10年目の比較的新しいチームですが、 昨年、夏の大会で2勝したことで目標を高く持って練習に臨んでいます。

UP!アップ!関ガール シーズン2vol.25

関西のケーブルテレビを応援するために結成されたアイドルユニット「関ガール」が、様々な企画にチャレンジするアイドル成長バラエティ!

「高校球児の夏2018」獨協高等学校

文京区関口の獨協高校のチームスローガンは、独りが己を磨き、互いを助け協力する。これが獨協野球なり。1戦1戦大事に、まずは4回戦進出を目指す!今年の中心選手3人を紹介します。

あなたにおすすめ

第100回全国高等学校野球選手権記念東千葉・西千葉大会出場校 県立市川南高校

マネージャーを含め全部員32人のうち、最後の夏となる3年生が半数以上の 18人と多い県立市川南高校は、守備からリズムを作る野球を掲げ 日々の練習に取り組んでします。 市川南の初戦の相手は3月までこのグラウンドで指導を受けていた前監督がいる県立船橋東高校です。 夏の大会を前にチームが一つになった今、前監督にもその成長を見せられる最高の場面が7月15日、地元市川国府台球場を舞台に整いました。

【高校野球2017夏 西東京大会 チーム紹介】都立小川高等学校

チームのスローガンは「機動力野球」。学年問わず仲がよく、それが長所でもあり、弱さでも。

第100回 全国高等学校野球選手権記念 東千葉・西千葉大会 出場校紹介 県立佐倉西高等学校

7月11日に開幕する東千葉・西千葉大会に向けて、エリア内の主な出場校を紹介。選手・監督のインタビューや練習風景を交えながらチームの一球に込めた想いを総力取材!この夏に向けた球児たちの姿をお見逃しなく!

【高校野球2018夏 西東京大会 チーム紹介】日本大学鶴ヶ丘高等学校

3回の甲子園出場を果たしている日本大学鶴ケ丘高等学校野球部。今年のチームはバットを振る強さ、フィジカル面での強さがあり攻撃面では文句なし。また投手陣も充実。

第100回全国高等学校野球選手権記念東千葉・西千葉大会 出場校紹介動画 流通経済大学付属柏高等学校

去年の夏はベスト32の成績だった私立 流通経済大学付属柏高校野球部。今年はピッチャーを中心に守備でリズムを作り、野手がきっちり得点して勝ちにこだわるチーム。現在77人の部員たちは「思いっきり、元気なプレー」をモットーに去年以上の成績、そして甲子園出場を目指します。

ピックアップ

ぎふでないと(カマラズカ)

番組紹介文 岐阜の夜の街。スマホ片手に“いちはしだいすけ”が西へ東へ気の向くままに歩きます!大きなTVカメラはありません!すべてをスマホで撮影する番組です。是非、「岐阜の夜」をスマホ感覚でご覧下さい。 今回は岐阜市若宮町にある「カマラズカ」にぶらり立ち寄ります

KCN情報発信スタジオ Kスタ!(2018/11/13)

【トピックス】 ・ウインターカップ2018 奈良県予選 女子決勝 奈良文化高校vs奈良女子高校  男子決勝 奈良育英高校vs天理高校 ・御所まち霜月祭/WSMA ・奈良県高等学校総合文化祭 吹奏楽部門       【ピックアップTHEなら】 長谷寺の紅葉情報(桜井市)リポーター:市川まゆ

ぎふでないと(美のぶ)

番組紹介文 岐阜の夜の街。スマホ片手に“いちはしだいすけ”が西へ東へ気の向くままに歩きます!大きなTVカメラはありません!すべてをスマホで撮影する番組です。是非、「岐阜の夜」をスマホ感覚でご覧下さい。 今回は美殿町にある「美のぶ」にぶらり立ち寄ります。

赤い花(予告編)

神奈川県立大磯高等学校 SF研究部 制作作品 今までと少し違う切り口で、私たちらしさを出しました。特に、画面作りと、心情に合わせた話の緩急に気を配りました。

なくしもの(予告編)

埼玉県立狭山緑陽高等学校 映画部 制作作品 監視カメラが、そこらじゅうにある世界。誰も自分が見られてるとは思っていないけど・・・。

KCN情報発信スタジオ Kスタ!(2018/10/16)

【トピックス】 ・奈良県立美術館 特別展 ブラティスラヴァ世界絵本原画展・天空の國のせ川モノがたり ・橿原夢の森フェスティバル ・KCN杯 奈良県民囲碁大会       【ピックアップTHEなら】 高取かかし祭り リポーター:葉山ひまり

本條秀太郎のJ:COMシャミ専科~テレビでお稽古⑲~

楽譜は番組ページからダウンロードできます。【シャミ専科】で検索 http://www.myjcom.jp/tv/channel/kanto/shamisenka.html この番組は、三味線演奏家・作曲家の本條流家元の本條秀太郎を講師に迎え、テレビの前で実際の教室さながらの三味線の稽古が受けられる番組です。【2016年3月後半放送】

防災特番 あの日からの私たち~船橋・習志野・八千代~(ダイジェスト)

ジェイコム船橋習志野:制作 第43回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード コミュニティ部門優秀賞 【番組概要】 2011年3月11日の記憶はそれぞれにある。何を感じ、考え、どうしたのか? 番組では「命を守るために」「帰宅困難に備えよう」「生活のベースを確保しよう」「地域とつながろう」「情報収集」の5つのテーマをベースに、あの日を振り返りながら東日本大震災を教訓に進められている各自治体や各団体の備えの取り組みを紹介。保育所では「あの日」、何人もの子ども達の迎えが来られずにいた。そして先生達は泊まりで子ども達をあずかる事を決断。食事は? 寝床は? 親との連絡は? ・・・。あの日、気がついた多くの事は今の備えに活かされていた。備蓄倉庫や災害時の体制等、行政でもあの日を教訓に様々な備えが進んでいる。自治会や近所付き合いが希薄といわれているマンションでも災害時に共助を可能とする備えが進んでいた。残念ながら「あの日」は、また、やって来る。様々な取り組みの紹介を通して『今』だから備えられる事例を盛り込みながら、あの日からの私たちを紹介する。 【審査員コメント】 これほど優れた地域防災番組を見たことがない。観念的でなく実務的な知恵と知識と実例が報告されている。液状化現象など首都圏では最も過酷な被害体験が自治体を動かし、メディアがそれを増幅した成果である。J:COMは日本全体でキャンペーンすべきだ。

ここで終わり

西大和学園高等学校 映画研究部 制作作品