(株)ベイ・コミュニケーションズ

ベイコム・地元ニュース(兵庫版)2018年7月10日号

提供元:(株)ベイ・コミュニケーションズ

お気に入り
  • facebook
  • twitter
  • google plus
  • LINE
番組紹介

小田公民館市民企画講座「おだのまなびヤ!」(尼崎)
本の修理工房(尼崎)
ブルーベリー摘みとり農園(伊丹)
ママのアトリエ「ぴかぴか玉を作ろう」(西宮)
潜水する海鳥「エトピリカ」(大阪市港区)

シリーズ/関連動画

この動画には関連動画があります、他も見てみませんか?

ベイコム・地元ニュース(大阪版)2018年7月17日号

に~よんステーション TABUNKA(西淀川) 外国人留学生の七夕まつり(港) さざんか南港緑協議会 盆踊り大会(住之江) 大阪港夕陽レストラン(港) サンクス平尾 ルンウキマーケット(大正)

ベイコム・地元ニュース(大阪版)2018年7月10日号

琉球ドラゴンプロレスリング なんくるないサーキットin大阪2018(大正) 敷津浦地区ふれあい学習会(住之江) きらめきセンター「七夕まつり」(福島) 潜水する海鳥「エトピリカ」(港) 松之宮子どもみこし巡行(西成)

ベイコム・地元ニュース(兵庫版)2018年7月3日号

風船バレーを楽しもう(尼崎) 戦国武将 山中鹿介ファンが伊丹を訪問(伊丹) 「親子で手を洗おう」キャンペーン(尼崎) 夏野菜の収穫とクッキング(尼崎) ジモレキTV 講演会(西宮) 越木岩神社 夏越大祓(西宮)

HYPER DASH基地#4【ジャパンカップ2016大阪大会??エンペラー・タケモトが??】

この世のどこかに存在するHYPER DASH基地。笑いあり!涙あり!レーサーに必要な情報あり!“ミニ四駆”にかけたあの頃の熱い想いを持った大人達必見!心のスイッチをONにするのは今だ!

ベイコム・地元ニュース(兵庫版)2018年8月28日号

《阪急・阪神 ゆめ・まちチャレンジ隊》 ・憧れのホテルサービスをお届けしよう!(大阪市北区) ・世界に一枚だけのポスターを作ろう!(大阪市北区) きらら夏まつり(伊丹) 体感型防災アトラクション(西宮) 大庄中学校吹奏楽部 たそがれコンサート(尼崎) なるほど医学体験 HANSHIN健康メッセ(大阪市北区)

福丸がゆく2018年1月15日放送 大阪市港区築港

今回訪れたのは、浪速区築港。 海遊館で有名なエリアで、それだけじゃない魅力を求めて散策しました!! ユニークな趣味をお持ちの方や地域の歴史が残る神社など 興味深い出会いの連続でした!

編集チームおすすめ

平成30年7月豪雨 義援金募集のお知らせ

ご支援・ご協力をお願いします。

ランキング

8月 ロックフィッシュ狙いin愛南町

今月の海遊人は、愛媛県愛南町が舞台。Tict軍団とオオモンハタなどの根魚を狙います。型・数ともに好釣果が期待できるシーズン。はたして大物を釣り上げることができたのか!?夏の海のライトゲームを満喫します!!

【広報きりしまとMCTのコラボ番組】冬山登山を楽しもう!

霧島市の市報「広報きりしま」と南九州ケーブルテレビネットのコラボ番組です。今回は、冬山登山で霧氷や韓国岳の白く輝く景観を楽しんできました。

【高校野球2018夏 西東京大会チーム紹介】明大明治高校

春夏合わせて7度の甲子園出場経験を持つ、古豪・明大明治高校。今年春の都大会では2回戦で、強豪・国士舘高校に敗れ、悔しい思いを味わいました。投手と捕手をこなす能登キャプテンを中心に、「凡事徹底」をスローガンに掲げ、自らを鍛えてきた選手たち。目標のべスト16進出に向けて闘志を燃やします。

コロコロチキチキペッパーズの 「やっべぇぞ!!」(生駒中学校 吹奏楽部)

漫才コンビ「コロコロチキチキペッパーズ」がお届けする番組 「やっべぇぞ!!」 日々練習に励む学校の部活や、地元のサークルに突撃してガチンコ対決。 今回は「生駒中学校 吹奏楽部」に突撃。

第100回全国高等学校野球選手権記念東千葉・西千葉大会 出場校紹介動画 県立沼南高等学校

柏市の沼南高校野球部には28人の部員が所属。今年は「全力で走る」をスローガンに掲げ、1試合5得点を目標に日々練習に取り組んでいます。去年の夏の大会を経験した選手も多く、攻守のバランスが良いのがチームの特徴です。菅井キャプテンを中心に一勝でも多く高みを目指します。

あなたにおすすめ

ほんでミーゴ@Kパラnext 2017年5月18日

岩井・澤井の2人が県内のいろいろな場所を散策しながら、『ほんでミーゴ』 を合言葉に皆さんに街のこと、人のことを根掘り葉掘り聞いちゃいます。

ニュースウォーカー1125放送「ふじ祭り」

11月25日放送のSTVニュースウォーカーから、毎年大人気の「ふじ祭り」を紹介します。大行列の先には・・・?

この坂のぼれば 2017年7月

今回はたくさんの人が知る出島をスタートして ドンの山を目指します

ほんでミーゴ 2018年11月1日

岩井・澤井の2人が県内のいろいろな場所を散策しながら、『ほんでミーゴ』を合言葉に皆さんに街のこと、人のことを根掘り葉掘り聞いちゃいます。今週も近鉄真菅駅周辺を散策しています。

目黒区動画ニュース(2017年7月4日更新)

目黒区内のイベントや取り組みなどをご紹介する 「目黒区動画ニュース」 目黒区は、震災対策の一環として 区内の防災区民組織に「小型消防ポンプ」を配布しています。 町会・自治会のメンバーで結成された各防災区民組織は、 いざという時、迅速に火災に対応できるよう 小型消防ポンプを使った訓練を定期的に行っています。 6月11日・日曜日、区立第十中学校で 各防災区民組織に日頃の訓練の成果を披露してもらおうと 目黒区主催の「小型消防ポンプ操法演技発表会」が開催されました。 毎年行われるこの大会は、3人編成で小型消防ポンプを扱うD級と、 一回り大きめのポンプを6人編成で扱うC級の2つのクラスがあり D級は35組、C級は5組が参加しました。

ピックアップ

クイズここはど~こだ!

中央大学附属横浜高等学校写真同好会制作 部長の地元をクイズ形式で出題しました。新入部員たちが、いい味を出しています。

川に捨てたゴミ

山村学園オーディオビジュアル部 制作作品 今回初めて、自由部門・規定部門に応募しました。自分たちの個性を、「eigakoushien worldcup2014」を通じて表現したいと思います。

Daisuke & Sakura went to the "Sea of Japan"

CNA秋田ケーブルテレビでは、CNA社員の秋田犬「し~なだいすけとさくら」が全世界に向けて、秋田をPRする動画コンテンツを発信しています。最新作は「Daisuke & Sakura went to the "Sea of Japan"」です。ぜひご覧ください!

eiga worldcup 2017 地域部門 スターゲイザー

茨城県立並木中等教育学校

J064 キラキラ

鹿児島県松陽高等学校美術科映像専攻 制作 ここに登場する「夢」は、ほとんどが本物です。その「夢」たちと、私たちが抱える将来の不安や悩みをスクリーンに描きました。「夢」に向けて「キラキラ」した姿、青春の一コマが、貴方の瞳の奥へ届きますように。

わがまちの風景【大阪市西淀川区御幣島】

わたしたちの住むまちの風景を音楽とともにお届けします。

掲示“番”5月後編

「掲示“番”」は、地域の皆様に出演いただき、1分間でイベント告知やメンバー募集などのお知らせを自由にしていただくことができる、地域住民参加型の番組です。また、毎週月曜日~金曜日に放送しているニュース番組、CACかわら“番”のコーナーとしても放送しています。 イベントや発表会の告知、出演者やスタッフの募集、各種サークル・教室の生徒募集、新商品のご案内、新店舗オープンのお知らせ、ご家族・ご友人に宛てたお祝いのメッセージ、特技の披露などなど何でもOK! 出演は随時受付中!あなたの伝えたいことを地域の人々に向けて発信してみませんか? 詳しくはこちら(http://www.cac12.jp/cac-channel/keijiban.html)

UP!アップ!関ガール シーズン2 vol.111.MXF

関西のケーブルテレビを応援するために結成されたアイドルユニット「関ガール」が毎回、過酷な企画にチャレンジするバラエティ。

巨樹・巨木の物語

かえるが好き!いきものが好き!そして自然が大好き! かえる先生と歩くといろいろないきものたちの姿が見えてきます。 見つけたよ!かえる先生のいきもの交遊録。今回は巨樹・巨木の物語です。 長崎の巨樹・巨木を見つめました。

隠岐★ドキ!あまチャンネル・ドキュメントAMA「保々見の庚申祭~12年後に引き継ぐための記録~」

隠岐ドキ!あまチャンネル、今回からまた新シリーズが加わります。 名づけて「ドキュメントAMA」、隠岐海士町の産業、自然、暮らし、人、など、さまざまな分野にカメラを向けて、現在の海士町を記録に残します。 第1回目となる今月は、海士町14地区のうち、3番目に世帯数が少ない保々見地区で、しかも12年に一度しか行われないという貴重な行事「庚申祭」を追いかけました。 中国三大宗教のひとつ「道教」の説く「三尸説」によると、庚申の日の夜、人の体の中にいるという三尸(さんし)の虫が、その体から抜けだし、天に昇って天帝にその人の悪事を告げ、天帝はその罪の重さに応じて、人の寿命を決めるといわれています。 そこで、三尸の虫が体から抜け出さないよう、寝ずに夜を明かすため、かつては庚申の夜、人々が集まって、会食や談笑をしながら一夜を過ごしたそうです。これを庚申待ちと言います。 この珍しい風習が、今でもまだ行われているのか、それに興味を持ち追いかけ撮影した2年前の映像です。 じつはこれ、「庚申祭は何のためにするのか、どうやってやるのか、また12年後忘れないように記録してほしい」と保々見地区の人に頼まれて撮影した映像なのですが、町内の多くの人にテレビで観てもらった方が良いと思い、今回番組として制作することになりました。 「庚申の日」の行事は、昔は町内すべての地区で行われていたそうですが、今では保々見地区だけになりました。 また12年後に引き継がれるように、この番組を保々見のみなさんに捧げます。