(株)Goolight

STVニュースウォーカー0728放送「須坂みんなの花火大会」.MXF

提供元:(株)Goolight

お気に入り
  • facebook
  • twitter
  • google plus
  • LINE
番組紹介

07月28日放送のSTVニュースウォーカーから、「須坂みんなの花火大会」を紹介します。須坂の夜空を彩る夏の風物詩をご覧ください。

シリーズ/関連動画

この動画には関連動画があります、他も見てみませんか?

STVニュースウォーカー0728放送「須坂市消防団ラッパ隊~県大会2連覇」

07月28日放送のSTVニュースウォーカーから、「須坂市消防団ラッパ隊~県大会2連覇」の話題を紹介します。過去10連覇果たしたこともあるラッパ隊の強さの秘密とは・・・?

STVニュースウォーカー0714「須坂東高校祭」

7月14日放送のSTVニュースウォーカーから、須坂東高校祭の話題をお送りします。

STVニュースウォーカー0714「ママさんバレーボール コスモスが優勝」

7月14日放送のSTVニュースウォーカーから、ママさんバレーボール コスモスが優勝の話題をお送りします。

おぶせチャンネル7月号「小布施見にマラソン」

おぶせチャンネル7月号「小布施見にマラソン」紹介VTRです!

STVニュースウォーカー0901放送「ワンデイシェフランチ」

09月1日放送のSTVニュースウォーカーから、「ワンデイシェフランチ」を紹介します。

STVニュースウォーカー

2015年2月1日放送。 長野県須高エリアの旬の話題や情報をお届けします。

編集チームおすすめ

激流と闘う乙女たち 栄光への軌跡

第44回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード グランプリ総務大臣賞に輝いた作品をどうぞご覧ください。

ランキング

【高校野球2017夏 東東京大会 チーム紹介】立志舎高等学校

墨田区太平の立志舎高校、これまで夏の大会でのチーム最高成績は、2013年夏の4回戦進出。新チームになってから、間もなく1年を迎えますが公式戦ではまだ1勝しか挙げていません。 現在、7人の3年生を中心に32人が日々の練習に励んでいます。 チームのキャプテンは3年生の上森大成選手。練習の時は厳しいですが普段は明るく部員たちからも慕われています。 ピッチング練習に励むのはエースの前薗龍之介選手。ストレートとカーブを武器に 打たせてとるプレイを得意とします。 攻撃の要、4番を務めるのは2年生の西原魁士選手。今年の立志舎高校は、個々の能力に期待するのではなくチーム全体の総合力を高めシンプルな野球を武器に初戦突破をめざします。

【高校野球2018夏 東東京大会チーム紹介】芝浦工業大学附属高等学校

野球部の方針…生活・勉強・野球いずれにおいても、仲間と共に和を大切に、逆境においても前向きに取り組む精神力を鍛えること どんな野球部…上下関係はしっかりしつつにぎやかな野球部 ここは負けない…冬のトレーニングで鍛え上げたパワー 好きな応援曲…狙い撃ち 主将の決意…相手がどこであろうと自分たちの徹底事項をきちんとやって勝ちます。

オトナはミナイデ! 2018年2月放送 #17

まだオトナになる一歩手前の岐阜の女の子が 放課後トークする番組。だからオトナはミナイデ!ね(笑) 2018年2月放送 #17 出演:岐阜美少女図鑑 ふう・あおみ・らら

第100回全国高等学校野球選手権記念東千葉・西千葉大会 出場校紹介動画 昭和学院秀英高校

千葉市美浜区にある中高一貫教育を掲げる昭和学院秀英高校。 難関大学の現役合格率が県内トップクラスの学校です。 学校の教育方針で、限られた練習時間とグラウンドを使用しながら、 3年生を中心に22人の部員が、川本監督のアドバイスも受けつつ、 自分たちで練習メニューを考えながら力を高めています。 攻撃的な野球で、まずは1勝を目指し、全員野球で臨みます。

アンドロイドのやりたい12のコト 第9回 滑舌を良くしたい!!

ハイスクール漫才で日本一に輝いた高砂市在住の高校生漫才師「アンドロイド」がテレビの舞台でやってみたいことにひたすらチャレンジする番組!彼らがやってみたい12のコトとは…

あなたにおすすめ

ベイコム・地元ニュース(兵庫版)2018年11月20日号

厄神文楽(西宮) 100均材料でDIY(伊丹) 全国運河サミットin尼崎2018 にぎわいイベント(尼崎) 自然と文化の森協会 収穫祭(尼崎) 甲山農業塾 収穫祭(西宮)

粋、日本橋 老舗あるき♯3

日本橋の老舗の魅力をご紹介。今回は毎年1000柄の浴衣・竺仙が登場。また、つくだ煮「鮒佐」の“寿々め焼”、さるやの辻占楊枝、140年の明治座をご紹介。

ニュースウォーカー0421放送「100匹のこいのぼり」

4月21日放送のSTVニュースウォーカーから、毎年恒例となっている須坂市百々川上空を泳ぐ100匹のこいのぼりの話題をご紹介します。

特集 「木に息吹を~樹木医 久保田健一~」

山王神社の被爆クスノキや 樹齢千年あまりのハクモクレンなど、 長崎にとって大切な木に携わる樹木医、久保田健一さん。 木のお医者さんによる診断や治療などを通して 樹木と向き合う姿を取材しました。

コロコロチキチキペッパーズの「やっべぇぞ!!」(広陵中学校 柔道部)

漫才コンビ「コロコロチキチキペッパーズ」がお届けする番組 「やっべぇぞ!!」 日々練習に励む学校の部活や、地元のサークルに突撃してガチンコ対決。 今回は「広陵中学校 柔道部」に突撃。

ピックアップ

J009 Leap of faith

群馬県立伊勢崎高等学校放送部 制作 世界、日本の社会、政治、歴史への怒りのラブレター。初監督作になりますが、自分の好きな映画へのオマージュとともにそれらを表現してみました。ご鑑賞下さい。

カナメの宅配ひとり旅 ~さかな・さかな・さかな!~ 2018年10月放送

今回はたくみ稜さんをゲストに10月でちょうど5周年を迎えた 香川県中讃地域の魚市場「海の幸ふれあい市場」におじゃましました。活きのいいオリーブハマチから惣菜まで楽しく紹介します!カラオケは「マリン」(林田町)からです

隠岐★ドキ!あまチャンネル・アーカイブ Vol.23 ドキュメントAMA「保々見の庚申祭~12年後に引き継ぐための記録~」(2018年2月放送)

2016年2月。海士町14地区のうち、3番目に世帯数が少ない保々見地区で、しかも12年に一度しか行われないという貴重な行事「庚申祭」が行われました。 中国三大宗教のひとつ「道教」の説く「三尸説」によると、庚申の日の夜、人の体の中にいるという三尸(さんし)の虫が、その体から抜けだし、天に昇って天帝にその人の悪事を告げ、天帝はその罪の重さに応じて、人の寿命を決めるといわれています。 そこで、三尸の虫が体から抜け出さないよう、寝ずに夜を明かすため、かつては庚申の夜、人々が集まって、会食や談笑をしながら一夜を過ごしたそうです。これを庚申待ちと言います。 この珍しい風習が、今でもまだ行われているのか、それに興味を持ち追いかけ撮影した2年前の映像です。 じつはこれ、「庚申祭は何のためにするのか、どうやってやるのか、また12年後忘れないように記録してほしい」と保々見地区の人に頼まれて撮影した映像なのですが、町内の多くの人にテレビで観てもらった方が良いと思い、今回番組として制作することになりました。 「庚申の日」の行事は、昔は町内すべての地区で行われていたそうですが、今では保々見地区だけになりました。 また12年後に引き継がれるように、この番組を保々見のみなさんに捧げます。

AM 07:15

東洋英和女学院高等部 映像制作部 制作作品 純粋で無垢だった小学生時代にできていたはずなのに、年を重ねると毎日会うあの人に挨拶ができなくなる。朝の挨拶、減ってはいませんか。

Y023 ウィーアー☆ヒーローズ 予告編

eiga worldcup2016 自由部門出品作品 共立女子中学高等学校 映画部 非公認の部活で活動する5人の活動風景から、自分で自分の意思を決定することの重要さ、自分を受け入れてくれる人が周りにいることの大切さを感じでください。

NAGASAKI水中散歩#9「川で鮎の産卵を観察しよう」

海に囲まれた長崎の海に生きるたくさんの生き物たち。 その姿を日々観察する水中観察家の中村拓朗さんと一緒に 水中を散策します。 4Kカメラでの制作となった「NAGASAKI水中散歩」 今回のテーマは、初めての川での撮影 秋の川で見ることができる「鮎の産卵」を見つめます

おと

法政大学第二高等学校 映画研究部 制作作品 自ら「おと」を聞くことをやめた少年がいた。彼は、何を求め、何を探すために自らを振り返るのか。日常の見識の優美と音のハーモニーをテーマとし、問題提起をします。

【高校野球2016夏 東東京大会 チーム紹介】都立蒲田高等学校

1度、打ち出したら止まらない事から 名づけられた「ウルトラマシンガン打線」が、ウリの蒲田高校野球部。 注目選手は、高校野球漫画「タッチ」のような双子のバッテリー。 部員達を陰で支える浅倉南ちゃん的存在のマネージャーを 甲子園に連れて行く為に、「蒲高ナイン」は大会に挑みます。

J038 僕らの友情

早稲田大学本庄高等学院映画部 制作 何気ない日常を送る高校生たちが突然宇宙人と対峙することになります。非日常を目の前にしたとき、われわれ人間はどのような選択をするのでしょうか。主人公ジャックと親友トミーの友情あふれる物語です。

【2016夏・高校野球 埼玉大会 チーム紹介】浦和学院高等学校

浦和学院高等学校野球部が目指すのは常に「優勝」の2文字。強豪校、浦和学院とあって、レギュラー枠を狙える1年生部員がいる今年のチームです。その存在がチームに刺激を与え、全体のレベルアップへとつながっています。