(株)秋田ケーブルテレビ

太陽生命ウィメンズセブンズシリーズ2018秋田大会【#7-12】

提供元:(株)秋田ケーブルテレビ

お気に入り
  • facebook
  • twitter
  • google plus
  • LINE
番組紹介

5月26日にあきぎんスタジアム(秋田県秋田市)で開催された、今シーズン2戦目となる秋田大会の#7-12試合の模様をお届けします。

シリーズ/関連動画

この動画には関連動画があります、他も見てみませんか?

太陽生命ウィメンズセブンズシリーズ2018秋田大会【#30-34】

5月27日にあきぎんスタジアム(秋田県秋田市)で開催された、今シーズン2戦目となる秋田大会の#30-34試合の模様をお届けします。

太陽生命ウィメンズセブンズシリーズ2018秋田大会【#24-29】

5月26日・27日にあきぎんスタジアム(秋田県秋田市)で開催された、今シーズン2戦目となる秋田大会の#24-29試合の模様をお届けします。

太陽生命ウィメンズセブンズシリーズ2018秋田大会【#1-6】

5月26日にあきぎんスタジアム(秋田県秋田市)で開催された、今シーズン2戦目となる秋田大会の#1-6試合の模様をお届けします。

第46回魁星旗争奪全国高校勝抜剣道大会 八戸工大一 対 秋田北鷹

2017年3月29日から31日にかけて、秋田県立武道館で開催された熱戦の模様をご覧ください。

第33回魁星旗争奪全国高校女子剣道大会 聖光学院 対 山村国際

2017年3月29日から31日にかけて、秋田県立武道館で開催された熱戦の模様をご覧ください。

「太陽生命ウィメンズセブンズシリーズ2017」第1戦 秋田大会 ARUKAS KUMAGAYA 対 北海道バーバリアンズディアナ

5月13日・14日に秋田市のあきぎんスタジアムで開催された第1戦 秋田大会の試合をお送りします。エキサイティングなゲームをお見逃しなく!

編集チームおすすめ

平成30年7月豪雨 義援金募集のお知らせ

ご支援・ご協力をお願いします。

ランキング

西三河フォークジャンボリー2016 #3

2016年4月に愛知県刈谷市の「ハイウエイオアシス刈谷」で開催された「西三河フォークジャンボリー2016」の模様をお届けします。 懐かしの70年代フォークソングから、80年代のニューミュージック、そしてロックまで、名曲の数々をお届けします! 登場アーティスト 11:ガッサンプロジェクト(愛知県高浜市) 曲:落陽/たどりついたらいつも雨降り 登場アーティスト 12:ユングフラウ(愛知県名古屋市) 曲:ファイト!/地上の星 登場アーティスト 13:みこと&Wカホンズ(愛知県岡崎市) 曲:花嫁/走れコータロー 登場アーティスト 14:かんくろう(愛知県一宮市) 曲:唇をかみしめて/Blowin'the wind

【高校野球 2017夏 東東京大会チーム紹介】都立鷺宮高校

中野区の都立鷺宮高校は、マネージャーを含む総勢32人が 日々練習に励んでいます。 今年は変化球のコンビネーションを得意とする投手陣がチームの武器。 打撃陣も打線を繋ぐ攻撃で試合の流れを生み出します。

高岡御車山祭2016ダイジェスト

高岡御車山祭は、絢爛豪華な山車7基が伝統的な街並みを練り歩きます。 今年は、5年ぶりの日曜開催で昨年開業した北陸新幹線の影響もあり、ここ10年で最多の見物客でにぎわいました。 番組では、祭り当日の様子と合わせ、事前準備や宵祭の様子を含め、ダイジェストで放送しています。

【高校野球2017夏 東東京大会 チーム紹介】都立篠崎高等学校

江戸川区の「都立篠崎高等学校」。 江戸川河川敷で大きな声を出しながら練習をしています。 野球部員は総勢62人。「誰からも応援されるチーム」を チームの活動方針に掲げ、全員が全力で野球に取り組んでいます。 おととし2015年には東東京大会ベスト4に進出。 投手陣が充実している今年は、「守り勝つ野球」を磨き、甲子園出場を目指します。

UP!アップ!関ガール シーズン2 vol.90.MXF

関西のケーブルテレビを応援するために結成されたアイドルユニット「関ガール」が毎回、過酷な企画にチャレンジするバラエティ。

あなたにおすすめ

【高校野球2017夏 東東京大会 チーム紹介】城北高等学校

板橋区東新町にある城北高等学校は、創部して65年。 32人の部員が、東東京大会でベスト8を目指し練習に励んでいます。 チームのモットーは、 守備からリズムを作ってバッティングに繋いでいく、流れを大事にした野球です。

「高校球児の夏2016」(都立小松川高等学校)

文武両道を校訓に創設100年を迎えた都立小松川高等学校。野球部員はマネージャー3人を含む総勢32人。チームのモットーは「ワンプレーを大切に」。チームメンバーがお互いフォローし合い1球1プレーを大切にする気持ちを常に持ち、野球に取り組んでいます。一人一人が積み重ねてきた成果を、この夏、全力で出し切ります

【第100回全国高等学校野球選手権記念東東京大会 出場チーム紹介】足立学園高校

足立学園高校は、毎日学校が終ると専用バスで移動し、埼玉県で練習をしています。昨年秋と今年の春の大会は1回戦敗退悔しい結果に終ったこのチーム。そんなチームをまとめるのは、主将で4番を任されている上田陽介選手。通算10本以上のホームランを打っている強打者で、打撃でチームを引っ張ります。今大会に向け基礎から練習を見直し鍛えなおした足立学園野球部。秋、春の悔しさをバネに大会では足立学園旋風を巻き起こします。

第46回魁星旗争奪全国高校勝抜剣道大会 境 対 横浜商大

2017年3月29日から31日にかけて、秋田県立武道館で開催された熱戦の模様をご覧ください。

第100回全国高等学校選手権記念東東京大会 出場校紹介動画 都立葛飾野高校

葛飾区亀有にある都立葛飾野高校。野球部の部員数はマネージャーを含む総勢46人。この夏はチーム一丸となってこれまでの最高成績ベスト16超えを目指します。攻撃の中心は長打が打てる4番・5番の伊東選手、細谷選手を中心に全員が力強いスイングで相手を圧倒します。守りのカナメは最速130キロの切れのあるストレートが武器の有馬選手、多彩な変化球とコントロールで三振も取れる輪島選手を中心に様々なタイプの投手が揃いました。この夏はチーム一丸となってこれまでの最高成績ベスト16超えを目指します。

ピックアップ

偽曲(予告編)

愛知県立千種高校映画研究部 チキンカレーに幸あれ 制作 「あと一カ月で完成する。」という言葉は聞き飽きたことでしょう。いやぁ、僕自身が知らぬ間に映画に寄生していたようでして、ついのめり込んでしまいました。協力者に感謝します。

醒めない夢(予告編)

神奈川県立麻生総合高校 塚ノ森プロダクション 制作作品

第100回全国高等学校野球選手権記念東千葉・西千葉 出場校紹介動画 県立八千代高校

県立八千代高校はチームワークがよく、打撃のチームとして大量得点を狙います。選手みんなで決めたテーマは、常に笑うと書いて『常笑(じょうしょう)』。どんな状況でもポジティブに諦めずプレーをし、ベスト4を目指します!

隠岐★ドキ!あまチャンネル12月号『歴史と伝説の島々~海士町御波のエメズドさん~

隠岐ドキ!あまチャンネル「歴史と伝説の島々」シリーズの2回目。 今回は、隠岐中ノ島・海士町御波地区に伝わる『エメズドさん』の伝説を、地元の住民を訪ねて隠岐ドキ・ナビゲーター石倉真樹子がご案内します。 昔から、隠岐島前三島で最も小さな村であった太井の山中に、なぜか130基もの五輪塔や宝篋印塔(ほうきょういんとう)が建っている場所があります。 そこに屋根がけをして祭られている「エメズドさん」と呼ばれる2つの五輪塔。 なんとも不思議な響きを持つこの呼び名はどこからきたのか? そして何のために建てられたのか? 五輪塔や宝篋印塔(ほうきょういんとう)のルーツから、奈良時代末期、有名な後鳥羽上皇の御配流よりもさらに400年以上も前に隠岐に流されたという大伴家持の一族の話にも及び、もしかするとここが大伴一族遠流の地だったのではないかという推理も展開します。

こんにちワッケンローShow<海のない奈良にビーチ登場・かき氷ファイト>

ロックンロールなたこ焼き屋さん「フトマル」を舞台に、店主とゆかいな仲間たちが番組作りに挑戦!人気番組への夢をかなえるベく立ち上がったエンターテイナー達の番組です。

第100回全国高等学校野球選手権記念東千葉・西千葉大会 出場校紹介動画 拓殖大学紅陵高等学校

「人生開拓」を理念に活躍を誓う拓殖大学紅陵高校野球部。平成4年に行われた第74回夏の全国高等学校野球選手権大会では準優勝を成し遂げた強豪校です。1球1球を大切にプレーし、一人一人が夏に向けて積み重ねてきた成果を全力で出し切り甲子園を目指します。

第100回全国高等学校野球選手権記念東千葉・西千葉大会 出場校紹介動画 県立小金高等学校

県立小金高校は現在選手21人、マネージャー6人の総勢28人が所属しています。今年のスローガンは「全員粘勝(ぜんいんねんしょう)」。相手の隙をつく攻撃や走塁など、細部にまでこだわった粘り強い野球で接戦をものにします。去年は過去最高の4回戦に進出した小金高校。念願の甲子園に向けて夏の大会を戦いぬきます。

【高校野球2018夏 西東京大会 チーム紹介】都立保谷高等学校

西東京市住吉町にある都立保谷高等学校。 野球部員数は、1年生13人、2年生10人、3年生19人、 マネージャー2人の、あわせて44人です。 今年のチームの特徴は、なんといっても打撃力。 全員が打って次につなげることができ、試合でもしばしばコールド勝ちをしてきました。

【高校野球2018夏 西東京大会 チーム紹介】帝京八王子高等学校

野球部のモットーは「文武両道で大学進学する」。 冬には、心と体を追い込むトレーニングで、春・夏に向け心も体もレベルアップしてきました。