第99回全国高等学校野球選手権西東京大会 出場校紹介動画

第99回全国高等学校野球選手権西東京大会 出場校紹介動画

提供元:J:COM

公開日:2017年6月2日 ~ 2018年6月1日

特集紹介

西東京大会に参加するJ:COMエリア内のチームを紹介! 練習風景をはじめ、チームの意気込みに迫ります。

特集番組一覧

【高校野球2017夏 西東京大会 チーム紹介】日本大学第三高等学校

【高校野球2017夏 西東京大会 チーム紹介】日本大学第三高等学校

提供元:J:COM

公開日:2017年7月14日 ~

優勝候補の呼び声高い強豪日大三高。春にはセンバツ出場も果たしましたが、69名の部員が目指すのはライバル早稲田実業を下しての甲子園出場です。切れ目のない打線が強みの日大三高。打線が爆発すれば早実からの白星をものにできます。ピッチャーでの登板も予定している金成選手と、エース櫻井選手。最後の夏の戦いに注目です。

【高校野球2017夏 西東京大会 チーム紹介】東京都立町田工業高等学校

【高校野球2017夏 西東京大会 チーム紹介】東京都立町田工業高等学校

提供元:J:COM

公開日:2017年7月12日 ~

町田工業高等学校は、3年生が3人、2年生が1人とこれまでは連合チームで大会に出場していましたが、7人の1年生が加わり、単独チームとしてこの夏は大会に挑みます。念願の単独チームとしての大会出場。1つでも多くの勝ち星をあげるため、3年生を中心に、チームは猛練習に励んでいます。

【高校野球2017夏 西東京大会 チーム紹介】国際基督教大学高等学校

【高校野球2017夏 西東京大会 チーム紹介】国際基督教大学高等学校

提供元:J:COM

公開日:2017年7月3日 ~

小金井市にある国際基督教大学高等学校。 海外に暮らしていた帰国生が、3分の2を占める学校です。 野球部員は、27人。 夏の大会は、全員野球で、ひとつでも多くの勝利を目指します。

【高校野球2017夏 西東京大会 チーム紹介】都立立川高等学校

【高校野球2017夏 西東京大会 チーム紹介】都立立川高等学校

提供元:J:COM

公開日:2017年7月8日 ~ 2018年6月1日

定時制を併設しているため、約1時間半という限られた練習時間ながら、密度の濃い練習に励んできた立川高校。強力打線で「立高旋風」を起こせるか?

【高校野球2017夏 西東京大会 チーム紹介】都立第五商業高等学校

【高校野球2017夏 西東京大会 チーム紹介】都立第五商業高等学校

提供元:J:COM

公開日:2017年7月8日 ~ 2018年6月1日

かつては強豪として鳴らした「五商」。一時は野球部が休部状態となった時期があったが、ブランクを経て復活。今回は11人の部員が心を1つに勝利を目指す

【高校野球2017夏 西東京大会 チーム紹介】都立成瀬高等学校

【高校野球2017夏 西東京大会 チーム紹介】都立成瀬高等学校

提供元:J:COM

公開日:2017年7月10日 ~

都立成瀬高校は、部員27名が牧野監督指導の下、練習に励んでいます。 チームのために心を一つにして戦おうというスローガンを掲げ、試合に挑みます。 エース加藤選手を中心に試合を組み立て、どこからでも点が狙える打線で勝負! 開校40周年の節目の年。成瀬高校は昨年の3回戦を上回る勝利を目指します。

【高校野球2017夏 西東京大会 チーム紹介】都立東大和高等学校

【高校野球2017夏 西東京大会 チーム紹介】都立東大和高等学校

提供元:J:COM

公開日:2017年7月8日 ~ 2018年6月1日

過去、西東京大会では準優勝を果たした実績を持つ「元祖都立の星」。今年のチームは積極的な走塁が持ち味。部員たちが一丸となって悲願の甲子園を狙う。

【高校野球2017夏 西東京大会 チーム紹介】都立東大和南高等学校

【高校野球2017夏 西東京大会 チーム紹介】都立東大和南高等学校

提供元:J:COM

公開日:2017年7月8日 ~ 2018年6月1日

今年春の都大会ではシード校を相手に、1点差まで詰め寄る接戦を演じた東大和南。全員野球でこの夏は、さらなるジャンプアップを目指す!

【高校野球2017夏 西東京大会 チーム紹介】桐朋高等学校

【高校野球2017夏 西東京大会 チーム紹介】桐朋高等学校

提供元:J:COM

公開日:2017年7月8日 ~ 2018年6月1日

毎年多くの国公立大学合格者を輩出する進学校の桐朋。「挑戦甲子園」をキャッチフレーズに掲げ、文武両道の精神で夏の大会に臨む!

【高校野球2017夏 西東京大会 チーム紹介】昭和第一学園高等学校

【高校野球2017夏 西東京大会 チーム紹介】昭和第一学園高等学校

提供元:J:COM

公開日:2017年7月8日 ~ 2018年6月1日

選手として甲子園出場経験を持つ監督のもと、厳しい練習に励んできた昭和第一学園。創部70周年の節目の年にジャンプアップを狙う!