洛西ケーブルビジョン株式会社

UP!アップ!関ガール シーズン2 vol.120.MXF

提供元:洛西ケーブルビジョン株式会社

お気に入り
  • facebook
  • twitter
  • google plus
  • LINE
番組紹介

関西のケーブルテレビを応援するために結成されたアイドルユニット「関ガール」が毎回、過酷な企画にチャレンジするバラエティ。

シリーズ/関連動画

この動画には関連動画があります、他も見てみませんか?

UP!アップ!関ガール シーズン2 vol.119.MXF

関西のケーブルテレビを応援するために結成されたアイドルユニット「関ガール」が毎回、過酷な企画にチャレンジするバラエティ。

UP!アップ!関ガール シーズン2 vol.121.MXF

関西のケーブルテレビを応援するために結成されたアイドルユニット「関ガール」が毎回、過酷な企画にチャレンジするバラエティ。

UP!アップ!関ガール シーズン2 vol.122.MXF

関西のケーブルテレビを応援するために結成されたアイドルユニット「関ガール」が毎回、過酷な企画にチャレンジするバラエティ。

UP!アップ!関ガール  シーズン2 vol39

関西のケーブルテレビを応援するために結成されたアイドルユニット「関ガール」。この番組はそんな彼女たちが毎回ゆる~いチャレンジを繰り返しながら アイドルとして成長していくバラエティ!

UP!アップ!関ガール シーズン2vol55

関西のケーブルテレビを応援するために結成されたアイドルユニット「関ガール」。この番組はそんな彼女たちが毎回ゆる~いチャレンジを繰り返しながらアイドルとして成長していくバラエティ!

UP!アップ!関ガール シーズン2 vol.124.MXF

関西のケーブルテレビを応援するために結成されたアイドルユニット「関ガール」が毎回、過酷な企画にチャレンジするバラエティ。

編集チームおすすめ

激流と闘う乙女たち 栄光への軌跡

第44回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード グランプリ総務大臣賞に輝いた作品をどうぞご覧ください。

ランキング

UP!アップ!関ガール シーズン2 vol.107.MXF

関西のケーブルテレビを応援するために結成されたアイドルユニット「関ガール」が毎回、過酷な企画にチャレンジするバラエティ。

UP!アップ!関ガール シーズン2 vol.67.MXF

関西のケーブルテレビを応援するアイドルユニット「関ガール」が 様々な企画に挑戦するアイドル成長バラエティ!

病院は何処へ 地域医療を考える(ダイジェスト版)

伊万里ケーブルテレビジョン:制作 第43回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード 準グランプリ 【番組の概要】  へき地医療を担ってきた公的病院が老朽化のため移転新築を計画していることがわかった。過疎化が進む現地では黒字が見込めないとして建て替えはせず、伊万里市中心部か隣県の松浦市へ移転するという。伊万里市は公的病院の流出を防ごうと市内移転を推進するが、医師会は医療圏内で統合したばかりの自治体病院と競合するとして猛反対。一方、救急告示病院のない長崎県松浦市も誘致を表明、事実上の誘致合戦に発展した。しかしこの移転は、国が進める地域医療構想に逆行する様々な問題をはらんでいた。専門家や関係者の意見を聞きながら、過剰病床、救急救命、医師・財源不足など、地域医療の課題を考察する。 【審査員コメント】 ・すごく優れた作品。病院問題は、全国どこでもある問題だが丁寧に描いている。病院、医師会、議会、行政を多角的に分かり易く描かれている。記者会見とインタビュー中心の構成ながら普通のドラマより緊迫感があり、ドラマチックで構成力が優れている。 ・問題意識が良い。今伝えるべきことを今伝えるというジャーナリズムに挑む姿勢が素晴らしい。 ・導入部、複雑な話を分かり易く入った。気配りが生き届いた作品。 ・3つ学んだ。公立病院の経営が厳しく統廃合が進んでいること。国は緊急医療に力を入れている。医師会が依然として力を持っている。 ・日常から市、医師会に対し積極的に取材してきたことがこのような番組の制作を可能としたと思う。  ・ケーブルテレビのジャーナリズム性を提起している。

Y039 NEW STEP(予告編)

東京都立晴海総合高等学校映画同好会 制作 新しいことを始めるには何事も勇気がいるものです。廃部寸前の演劇同好会が歩んだ一歩とは…。

ドラマ 池上線#4

ケーブルテレビ品川が送るオリジナルドラマ!品川の商店街を舞台に、8人の若者が地域を盛り上げるべく悪戦苦闘する姿を描きます。 【#4あらすじ】 幼馴染から荒療治を受けたしげる。昔を思い出し素の自分をとりもどしつつあることに気づく。これからのこの街、この商店街を仲間たちとどうしていくのか。何をやるべきなのかに気づく。それは派手や奇抜なものではない俺たちらしいことだった。

あなたにおすすめ

福丸がゆく2018年8月20日放送 伊丹市緑ヶ丘

今回も前回に引き続き、伊丹市緑ヶ丘を散策しました。 この地で60年以上営業している自転車屋さんから紹介していただいた 薬局のご主人がヨット界では有名な方!などなど。 偶然の出会いから、たくさんの触れ合いにつながりました。

なるほど!聞きコミテレビ#62戸出七夕まつり

高岡ケーブルネットワークアナウンサー、菅野もえが、富山県高岡市のことをもっと知り、市民ともっと親しくなるべく、皆さんの住む地域や市内のイベントにおじゃまします。 “聞きコミ”とは“聞いてコミュニケーション”の略。 身近な話題から時事の話題まで、毎週さまざな質問を携え、いろいろな場所でインタビューします。 第62回:戸出七夕まつり テーマ「七夕の願い事 何ですか?」

コロコロチキチキペッパーズの 「やっべぇぞ!!」(奈良情報商業高校 カヌー部)

漫才コンビ「コロコロチキチキペッパーズ」がお届けする番組 「やっべぇぞ!!」 日々練習に励む学校の部活や、地元のサークルに突撃してガチンコ対決。 今回は「奈良情報商業高校 カヌー部」に突撃。ヒガシ逢ウサカ「高見」も登場。

UP!アップ!関ガール シーズン2 vol.3

関西のケーブルテレビを応援するために結成された アイドルユニット「関ガール」が様々な企画にチャレンジする アイドル成長バラエティ!

福丸がゆく2017年10月9日放送 尼崎市田能・椎堂

福丸がゆく2017年10月9日放送 尼崎市田能・椎堂

ピックアップ

J057 僕らの足音

埼玉県立芸術総合高等学校映像芸術科 制作 この作品は進路に悩む高校生を描きました。よろしくお願いします。

こんにちワッケンローShow<ロックンたこ焼き フトマル/地元アーティスト アーリア>

ロックンロールなたこ焼き屋さん「フトマル」を舞台に、店主とゆかいな仲間たちが番組作りに挑戦!人気番組への夢をかなえるベく立ち上がったエンターテイナー達の番組です。

桐原冬夜の生録大自然の旅「信越トレイルの一年を追う」9話

長野と新潟県境の里山を巡る全長80kmの「信越トレイル」 豊な自然と歴史・文化を感じる国内第一号の本格的ロングディスタンスハイキングコースです。 6日間を要するこのコースにはたくさんの動物や植物が生息しています。 自然大好きなパーソナリティー桐原冬夜がこのトレイルを一年間かけて追います。 全11話

繋がりが風を起こす~ゲストハウスイレブンヴィレッジ吹屋誕生物語~

ベンガラ色の町並みが美しい高梁市成羽町吹屋。ここには廃墟となっていた「旧国際交流ヴィラ」があったが、この度「ゲストハウス吹屋」として生まれ変わった。 発起人は、2年前大阪から高梁へ移住してきた田川寿一さん。 彼の夢は、「人と人とのつながりが深く、あったかい、一つの家族のような村をつくること」ゲストハウスづくりはその夢の第一歩である。番組では田川さんが、地域の人達と歩み寄る様子を伝える。果たして地域にどんな新しい風を吹かせるのか。

コロコロチキチキペッパーズの 「やっべぇぞ!!」(奈良大学附属高校 チアリーダー部)

お笑いコンビ「コロコロチキチキペッパーズ」がお届けする番組 「やっべぇぞ!!」 日々練習に励む学校の部活や、地元のサークルに突撃してガチンコ対決。 今回は「奈良大学附属高校 チアリーダー部」に突撃。ヒガシ逢ウサカ高見も登場!

ボウリングアカデミー#14

「ボウリング」は近年、運動不足の解消に効果的で自分の体力にあわせて続けられることなどから、男女・年齢を問わず気軽に楽しめる『健康スポーツ』としても注目されています。この番組では、ボウリングをよりいっそう楽しめるよう、ボウリングの楽しさをお伝えします。『フォーム拝見』のコーナーは1年前にも安嶋プロの指導を受けたボウリング歴3年6カ月10歳女性のフォームをチェックします。『安嶋プロのワンポイントレッスン』は視聴者からの質問について解説します。

福丸がゆく2017年10月30日放送 大阪市西淀川区御幣島

福丸がゆく2017年10月30日放送 大阪市西淀川区御幣島

このまち夢いっぱい 6月1日号(♯5)

~~~~~~~~~~~~~~~~~ 災害への備えと、災害の記憶を風化させないための活動 ・NPO法人日本災害救援ボランティアネットワーク ・ボランティアグループ「ゆりの会」 ~~~~~~~~~~~~~~~~~ 災害への備えと、災害の記憶を風化させないための活動をしている 「NPO法人日本災害救援ボランティアネットワーク」 「ボランティアグループゆりの会」 をご紹介します。

第100回全国高等学校野球選手権記念東千葉・西千葉大会 出場校紹介動画 県立千城台高校

若葉区千城台にある県立千城台高校。「自律」「調和」「貢献」の校訓の下、向上発展に取り組む高校です。野球部には、1年生11人、2年生5人、3年生6人、マネージャー8人の30人が所属。「戦う集団であれ」を合言葉に中村監督の下、日々、練習に取り組んでいます。ここ数年は、守りのミスで初戦敗退が続いていることから守備練習にチカラを入れ、今年の夏こそ、初戦突破を狙います。