となみ衛星通信テレビ(株)

2018となみ野の風景「夏の水田」

提供元:となみ衛星通信テレビ(株)

お気に入り
  • facebook
  • twitter
  • google plus
  • LINE
番組紹介

夏の風景。となみ野の水田の稲が夏の朝日を浴びて輝いています。青青とした水田に心地よい風が吹き抜け、自然の模様が誕生しています。水田の稲は夏の強い日差しを受けて今年も実りの秋を変えようとしています。(2018年8月)

シリーズ/関連動画

この動画には関連動画があります、他も見てみませんか?

2018となみ野の風景「日本遺産木彫刻のまち井波」

南砺市の井波別院瑞泉寺の門前町八日町通りには井波彫刻師たちの工房が並んでいます。瑞泉寺の歴史と大きくかかわっている井波彫刻。彫刻の街として歴史を刻み多くの文化を育み続ける井波は大切な文化遺産です。(2018年7月)

2018となみ野の風景「ひまわり畑」

一面の花の絨毯。南砺市土生新の田んぼにはひまわりが育っています。まぶしい黄色い花が真夏の太陽に向かい日差しを受けています。このひまわりからはひまわりオイルが抽出されます。芳醇な香りと風味が特徴で、南砺の恵みとして多くの人を元気づけています。(2018年8月)

2018となみ野の風景「秋雨」

季節は夏から秋へ。夏の空気と秋の空気のせめぎ合い。大気の状態が不安定になり前線が居座ることで長雨を降らせます。これが秋雨。夏から秋へ昼間の時間も少しずつ短くなってきました。(2018年9月)

しあわせの黄色いトラック(2018年6月)

漫才コンビ『コンパス』の二人が行くしあわせの黄色いトラック。今回は「五箇山を行く」南砺市五箇山地域をコンパスの二人が満喫します。山奥で山菜取りに挑戦し、道の駅では五箇山伝統の和紙すき体験、そして世界遺産相倉合掌造り集落におじゃまして山里の幸を味わいました。

2017となみ野の風景「イチゴ」

イチゴの季節。砺波市庄川町ではイチゴのハウス栽培が行われています。暖かくなるとハウスの中ではミツバチたちが忙しそうに飛び回ります。ミツバチは受粉係。春の日差しをたっぷりと受け受け育つイチゴ。最盛期にむけハウスの中は甘い香りいっぱいになります。(2017年3月)

2017となみ野の風景「蕎麦の花」

一面に広がる蕎麦畑。真っ白な花が輝きます。蕎麦の花言葉には懐かしい思い出とよろこび、悲しみ、あなたを救うという言葉があります。可憐で小さな花ですが畑一面満開になるとまるで雪が振ったような光景が広がります。(2017年9月)

編集チームおすすめ

激流と闘う乙女たち 栄光への軌跡

第44回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード グランプリ総務大臣賞に輝いた作品をどうぞご覧ください。

ランキング

【高校野球2018夏 西東京大会チーム紹介】明星学園高校

三鷹市牟礼にある明星学園高校。去年夏は連合チームでの出場でしたが、今年は1年生9人が入部し、単独での出場が叶いました。ミスを恐れないのびのびプレイで、初戦突破を目指します。

【高校野球2017夏 西東京大会 チーム紹介】創価高等学校

小平市たかの台にある『創価高校』 練習は毎日、学校が終わってから東大和市のグラウンドで行っています。 2007年の甲子園出場以来あと一歩甲子園への道が遠く昨年は準決勝敗退です。 そんな状況を打破するべく、今年は安定感ある守備に加えて、厚みを増した打線と足を使った戦術で力をつけてきています。

C037 雲を恋う

eiga worldcup2016 地域部門出品作品 独立行政法人国立高等専門学校機構 米子工業高等専門学校 放送部 これは寮生活をし、実家を離れている僕の実体験に基づく話です。僕にとってのふるさとが何かを考え直すためにも制作しました。ただし約20%は妄想でできています。シスコンで何が悪い。

【高校野球 2017夏 東東京大会チーム紹介】海城高等学校

文武両道を掲げる海城高校野球部は総勢46名。 チームの大事なムードメーカーとして名前が挙がるのが 昨年、足を骨折してレギュラーからはずれてしまった荒木選手。 レギュラー復帰に燃えつつチームを盛り上げます。

UP!アップ!関ガール シーズン2 vol.108.MXF

関西のケーブルテレビを応援するために結成されたアイドルユニット「関ガール」が毎回、過酷な企画にチャレンジするバラエティ。

あなたにおすすめ

2018となみ野の風景「桜の季節」

桜の季節。となみ野の南砺市、小矢部川の桜も満開です。長い冬を越え今年も美しい花を咲かせてくれた桜。枝の下ではその優しさに包まれる人たちがいます。水のせせらぎ 風に揺れる桜 季節の移ろいとともに流れる時間。いつまでも見つめていたい春の風景です。(2018年4月)

特集 「木に息吹を~樹木医 久保田健一~」

山王神社の被爆クスノキや 樹齢千年あまりのハクモクレンなど、 長崎にとって大切な木に携わる樹木医、久保田健一さん。 木のお医者さんによる診断や治療などを通して 樹木と向き合う姿を取材しました。

わがまちの風景【住之江区御崎】

わたしたちの住むまちの風景を音楽とともにお届けします

NAGASAKI水中散歩#31「夜の海で生き物観察」

今回の水中散歩は夜の海!!海に入る前にアカテガニの放卵を観察します!

ながさき水中散歩#1ウミガメに会いに行こう!

長崎の海で意外と知られていないのが、ウミガメ! 実は長崎の海でも見ることができるんです。 今回は、水中観察家の中村さんのマル秘ポイントでウミガメを探したいと思います。

ピックアップ

ニュースウォーカー0331放送「豊丘で羊の赤ちゃんが生まれました」

3月31日放送のSTVニュースウォーカーから、須坂市の豊丘地区で生まれた羊の赤ちゃんたちが元気に飛び回る様子をご紹介します。

ふわっと・・・欣様 -What? KIN-SAMA- 2月前半号

さてさて、今回、私たちがお伺いしたのは、松原市でーす。 まずはじめは~素敵な素敵なセレクトショップにお伺いしました。 そして、そのお店で開催されていてたある催しとは・・・。 その後、欣様は大阪府生菓子青年クラブの幹事長様の拘りのお店に伺いします。 そこで、一級菓子製造技能士の店主が作るおいしー和菓子を堪能しました。

OH YEAH ぐっjob vol10

開高明日香とゆりやんレトリィバァが、様々な企画をひっさげてあべのハルカスを紹介する番組。 今回はグランドオープンから1周年を迎えるハルカスの探検ツアーに、ゆりやんが潜入レポ。

2018となみ野の風景「越中一宮高瀬神社」

新しい年を迎えた2018年。南砺市高瀬にある高瀬神社には多くの初詣客が訪れます。ゆく年くる年を幾度と経験してきた人々。新年の訪れはすべての人に希望と勇気を与えてくれます。(2018年1月)

福丸がゆく2018年5月14日放送 大阪市此花区伝法

前回に引き続き此花区伝法を散策する福丸さん。 伝法の史跡や旧跡をめぐりながら伝法の隅々を練り歩きます! 意外と知らなかった町の魅力を次々に発見!

【高校野球2018夏 西東京大会チーム紹介】調布北高校

調布市深大寺にある都立調布北高校。春の大会では一次予選の初戦で敗れたものの、10点ビハインドから粘り強い攻撃で、8点を返す激戦を演じました。キャプテン・南選手を中心に、「つなぐ野球」にさらに磨きをかけ、ジャンプアップを目指します。

なるほど!聞きコミテレビ#15福岡

東京出身のアナウンサー、菅野もえが、富山県高岡市のことをもっと知り、市民ともっと親しくなるべく、皆さんの住む小学校下におじゃまします。 “聞きコミ”とは“聞いてコミュニケーション”の略。 身近な話題から時事の話題まで、毎週さまざな質問を携え、いろいろな場所でインタビューします。 「みんなで!校歌♪」のコーナーでは、小学校を訪ねて子どもたちに話を聞き、校歌を披露してもらいます。

「太陽生命ウィメンズセブンズシリーズ2017」第1戦 秋田大会 チャレンジチーム 対 千葉ペガサス

5月13日・14日に秋田市のあきぎんスタジアムで開催された第1戦 秋田大会の試合をお送りします。エキサイティングなゲームをお見逃しなく!

それいけ爆釣中!vol.45

平成29年1月放送「今年も最初は総集編」 今年もやっぱり最初は1年を振り返る総集編。 酉年ということで、なお君が鳥に変身しましたw 最後には視聴者からの質問コーナーも用意!! お見逃しなく^^

週刊スポーツハイライト

第43回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード コミュニティ部門優秀賞 【番組概要】 番組は毎週、当週に行われたスポーツ大会の結果を1時間番組で制作しています。 2015年4月からスタートし、まもなく100回放送を越えます。取材本数も多いときは、15本を超える週もあります。(年間約450本の大会・取材)中では、地域に関わる小学生から社会人、プロスポーツの話題を幅広く取り扱っています。全国大会がかかった大一番や、民放などが取り上げない地域のスポーツも徹底取材しています。その他、注目選手の特集や全国大会などに出場する選手らも取り上げ取材しています。また、地元出身のプロ選手やオリンピアンとの対談コーナーなども企画しました。中高生アスリートが目標とする、中総体は全16競技を取材し特別枠で放送。高総体は、この番組で培ったノウハウを生かし、生中継番組も行っています。 【審査員コメント】 毎週1時間のスポーツ番組は驚き、ソフト、剣道、相撲、バスケ、ドッジ、陸上、プロサッカー、どの試合も見事な映像と注目選手のインタビュー。泣けるのは、高校野球補欠選手の3年生引退試合の活写。スポーツ好きの子供から大人まで心を掴んで離さない。