海士町

隠岐★ドキ!あまチャンネル・アーカイブ Vol.21「歴史と伝説の島々~海士町御波のエメズドさん~」(2017年12月放送)

提供元:海士町

お気に入り
  • facebook
  • twitter
  • google plus
  • LINE
番組紹介

隠岐ドキ!あまチャンネル「歴史と伝説の島々」シリーズの2回目。
今回は、隠岐中ノ島・海士町御波地区に伝わる『エメズドさん』の伝説を、地元の住民を訪ねて隠岐ドキ・ナビゲーター石倉真樹子がご案内します。

昔から、隠岐島前三島で最も小さな村であった太井の山中に、なぜか130基もの五輪塔や宝篋印塔(ほうきょういんとう)が建っている場所があります。
そこに屋根がけをして祭られている「エメズドさん」と呼ばれる2つの五輪塔。
なんとも不思議な響きを持つこの呼び名はどこからきたのか?
そして何のために建てられたのか?
五輪塔や宝篋印塔(ほうきょういんとう)のルーツから、奈良時代末期、有名な後鳥羽上皇の御配流よりもさらに400年以上も前に隠岐に流されたという大伴家持の一族の話にも及び、もしかするとここが大伴一族遠流の地だったのではないかという推理も展開します。

シリーズ/関連動画

この動画には関連動画があります、他も見てみませんか?

隠岐★ドキ!あまチャンネル・アーカイブ Vol.20「ふるさと映像ライブラリー~海士の秋~」(2017年11月放送)

隠岐の今を未来に伝達するための番組、「ふるさと映像ライブラリー」。今回のテーマは、「海士の秋」。 はるか昔の火山活動で海中に形成された隠岐島前カルデラには、元々広い平地はありませんでした。 それが、約280万年前に中ノ島の明屋海岸で起きた火山の噴火で、海士に広い平野が誕生しました。 これは、後にこの島の歴史を変えるような大きな奇跡でした。 豊かな実りに恵まれた島の秋。 しかし、その実りを与えてくれる生きものにとっては、命がけで己の生に決着をつける、海士弁でいうところの『だめつめ』の季節でもあります。 番組では、植物や昆虫の『だめつめ』のはなしを軸に、秋の風景の中を散策しながら隠岐の地質や歴史についてもご紹介します。

隠岐★ドキ!あまチャンネル・アーカイブ Vol.22「お正月だよ!アポなし突撃よいよいロケ」(2018年1月放送)

2016年1月に放送した「月刊あまチャンネルVol.31」を、隠岐★ドキ!あまチャンネル2018年1月分としてリメイクしました。

隠岐★ドキ!あまチャンネル・アーカイブ Vol.23 ドキュメントAMA「保々見の庚申祭~12年後に引き継ぐための記録~」(2018年2月放送)

2016年2月。海士町14地区のうち、3番目に世帯数が少ない保々見地区で、しかも12年に一度しか行われないという貴重な行事「庚申祭」が行われました。 中国三大宗教のひとつ「道教」の説く「三尸説」によると、庚申の日の夜、人の体の中にいるという三尸(さんし)の虫が、その体から抜けだし、天に昇って天帝にその人の悪事を告げ、天帝はその罪の重さに応じて、人の寿命を決めるといわれています。 そこで、三尸の虫が体から抜け出さないよう、寝ずに夜を明かすため、かつては庚申の夜、人々が集まって、会食や談笑をしながら一夜を過ごしたそうです。これを庚申待ちと言います。 この珍しい風習が、今でもまだ行われているのか、それに興味を持ち追いかけ撮影した2年前の映像です。 じつはこれ、「庚申祭は何のためにするのか、どうやってやるのか、また12年後忘れないように記録してほしい」と保々見地区の人に頼まれて撮影した映像なのですが、町内の多くの人にテレビで観てもらった方が良いと思い、今回番組として制作することになりました。 「庚申の日」の行事は、昔は町内すべての地区で行われていたそうですが、今では保々見地区だけになりました。 また12年後に引き継がれるように、この番組を保々見のみなさんに捧げます。

隠岐★ドキ!あまチャンネル・アーカイブ Vol.21「歴史と伝説の島々~海士町御波のエメズドさん~」(2017年12月放送)

隠岐ドキ!あまチャンネル「歴史と伝説の島々」シリーズの2回目。 今回は、隠岐中ノ島・海士町御波地区に伝わる『エメズドさん』の伝説を、地元の住民を訪ねて隠岐ドキ・ナビゲーター石倉真樹子がご案内します。 昔から、隠岐島前三島で最も小さな村であった太井の山中に、なぜか130基もの五輪塔や宝篋印塔(ほうきょういんとう)が建っている場所があります。 そこに屋根がけをして祭られている「エメズドさん」と呼ばれる2つの五輪塔。 なんとも不思議な響きを持つこの呼び名はどこからきたのか? そして何のために建てられたのか? 五輪塔や宝篋印塔(ほうきょういんとう)のルーツから、奈良時代末期、有名な後鳥羽上皇の御配流よりもさらに400年以上も前に隠岐に流されたという大伴家持の一族の話にも及び、もしかするとここが大伴一族遠流の地だったのではないかという推理も展開します。

隠岐★ドキ!あまチャンネル・アーカイブ Vol.14「広瀬貫川の絵を訪ねて」(2017年5月放送)

今回は、雑誌「アンアン」や「ポパイ」「オリーブ」など、数多くの雑誌のアートディレクションに携わったデザイナーで、現在は生まれ故郷の海士町に暮らす新谷雅弘さんをアイランダースの一員にお迎えし、昭和初期に商業デザイナーの草分けとして全国的に活躍した、海士町出身の広瀬貫川氏の絵を訪ねて町内をめぐりました。

隠岐★ドキ!あまチャンネル・アーカイブ Vol.3「八雲の足跡をたどる~海士と松江縁結びリポート」(2016年6月放送)

明治の文豪ラフカディオ・ハーン(小泉八雲)が、その著書「知られぬ日本の面影」の中で、ここで暮したいと書いた隠岐中ノ島(海士町)の菱浦には、ハーンと節夫人の銅像があります。 またその本の中で、日本で最も古く他のどこの地方とも違う美しいメロディの子守唄を菱浦で聴いた、と記しています。 番組では中ノ島菱浦でのハーンの軌跡と、最近再現されたハーンが聴いたとされる海士の子守唄の演奏もご覧いただきます! 番組後半はハーンが暮した松江と海士との縁結びリポートということで、番組ディレクターがノープランで松江ロケを慣行。 そこでなんと縁結びの奇跡が!

編集チームおすすめ

激流と闘う乙女たち 栄光への軌跡

第44回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード グランプリ総務大臣賞に輝いた作品をどうぞご覧ください。

ランキング

【高校野球2017夏 西東京大会 チーム紹介】駒澤大学高等学校

チームのスローガンは「日本一 バカになってやる」。それくらい野球に打ち込むということ。

テクテク鬼コ「おやさい食堂カラコマ」

盛岡市上ノ橋町にある「おやさい食堂カラコマ」。和食やマクロビオティックを勉強してきた店主の三浦さんは、東日本大震災をきっかけに夫婦でキッチンカーを始める。被災地でのあたたかい料理の提供、その後岩手県内でのイベントに出店しながら口コミで広まり人気店となった。お客さんにゆっくり食べてもらえる環境を整えたいと、お店を出すことに。マクロビオティックをベースにした料理とその店内の雰囲気について紹介。

CCJ三重×新潟 みりょく探訪リレー ~日本初のビール醸造家 中川清兵衛~

日本人初のビール醸造家・中川清兵衛についてお伝えします。 幕府の禁を破って海外へ渡航した清兵衛は、 わずか2年半で本場ドイツのビール醸造を極めました。 その技術は現在のサッポロビールの基礎となっています。 清兵衛を突き動かした答えを探しに 出身地・長岡市与板地域を訪ねました。

防災特番 あの日からの私たち~船橋・習志野・八千代~(ダイジェスト)

ジェイコム船橋習志野:制作 第43回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード コミュニティ部門優秀賞 【番組概要】 2011年3月11日の記憶はそれぞれにある。何を感じ、考え、どうしたのか? 番組では「命を守るために」「帰宅困難に備えよう」「生活のベースを確保しよう」「地域とつながろう」「情報収集」の5つのテーマをベースに、あの日を振り返りながら東日本大震災を教訓に進められている各自治体や各団体の備えの取り組みを紹介。保育所では「あの日」、何人もの子ども達の迎えが来られずにいた。そして先生達は泊まりで子ども達をあずかる事を決断。食事は? 寝床は? 親との連絡は? ・・・。あの日、気がついた多くの事は今の備えに活かされていた。備蓄倉庫や災害時の体制等、行政でもあの日を教訓に様々な備えが進んでいる。自治会や近所付き合いが希薄といわれているマンションでも災害時に共助を可能とする備えが進んでいた。残念ながら「あの日」は、また、やって来る。様々な取り組みの紹介を通して『今』だから備えられる事例を盛り込みながら、あの日からの私たちを紹介する。 【審査員コメント】 これほど優れた地域防災番組を見たことがない。観念的でなく実務的な知恵と知識と実例が報告されている。液状化現象など首都圏では最も過酷な被害体験が自治体を動かし、メディアがそれを増幅した成果である。J:COMは日本全体でキャンペーンすべきだ。

2018となみ野の祭り「となみ夜高まつり」

砺波市に大正時代から続く豊年満作を祈る田祭。若衆の力が結集され、大小合わせて約20本の夜高行燈が街を練りまわり絢爛豪華を競います。また2日目の突き合わせでは、2台の大行燈が左右に分かれ、勢いよく走ってきた両者の行燈が激しくぶつかり合い、会場は熱気に満ち溢れます。(2018年6月8日~9日)

あなたにおすすめ

What a beautiful place!~なんて素敵な場所でしょう!~

須坂市内から見える朝焼けの風景をお届けします。

Kパラnext Tuesday2018年3月6日

奈良で放送中! スタジオから飛び出し、MC藤原・中村が今話題のスポットから送りする番組です。 何が起こるかハラハラドキドキな中継番組。皆さんもテレビの前に釘付け間違いなしですよ!ぜひご覧ください!(中継:ことのまあかり)

なるほど!聞きコミテレビ #4下関

東京出身のアナウンサー、菅野もえが、富山県高岡市のことをもっと知り、市民ともっと親しくなるべく、皆さんの住む小学校下におじゃまします。 “聞きコミ”とは“聞いてコミュニケーション”の略。 身近な話題から時事の話題まで、毎週さまざな質問を携え、いろいろな場所でインタビューします。 「みんなで!校歌♪」のコーナーでは、小学校を訪ねて子どもたちに話を聞き、校歌を披露してもらいます。 第4回:下関校下 テーマ「好きな富山弁」

福丸がゆく2016年11月14日放送 尼崎市次屋・浜

福丸がゆく2016年11月14日放送 尼崎市次屋・浜

UP!アップ!関ガール  シーズン2 vo.37

関西のケーブルテレビを応援するために結成されたアイドルユニット「関ガール」。この番組はそんな彼女たちが毎回ゆる~いチャレンジを繰り返しながら アイドルとして成長していくバラエティ!

ピックアップ

やっべぇぞ!!ハラが減っては戦はできぬ第12回

漫才コンビ「コロコロチキチキペッパーズ」が、奈良の美味しいグルメを堪能。 お腹いっぱいになった2人は部活やサークルに突撃してガチンコ対決を挑みます。 今回は、Gabliccio(ガブリッチョ/奈良市)と、生駒市立上中学校ハンドボール部を訪ねました。

神々の島 壱岐ウルトラマラソン2018 ゴールスペシャル

長崎県の離島 壱岐島で10月20日(土)に行われた『神々の島 壱岐ウルトラマラソン』。100km、50kmの感動のゴールシーンを3時間13分かけて一挙にご覧いただける長編番組です。

J033 メモリー

東洋英和女学院高等部映像制作部 制作 母校に教育実習生として戻ってきたゆかり。忘れかけていた高校時代と本当の夢を思い出させてくれたのは、2人の友達と1つのオルゴールでした。中1から高2まで部員全員が出演しているこの作品。ぜひご覧ください。

「高校球児の夏2016」(都立足立新田高等学校)

足立区新田にある都立足立新田高校。今年は3年生27人、2年生28人、1年生29人の総勢84人の大所帯で夏の大会を戦います。 堅い守備でリズムを作り、1番から9番までどこからも得点できる打力を持つチームで今大会を戦います。

channel-ccn.jp イメージ動画 岐阜美少女図鑑Ver.

channel-ccn.jp イメージ動画 岐阜美少女図鑑Ver.

インド布に魅せられて

西海市大瀬戸町でインド布に魅せられ自ら工房を開き 制作する女性を取材しました

2017となみ野の風景「秋の風景」

南砺市福光地域にあるスキー場IOXアローザゲレンデには、キバナコスモスが咲き誇ります。平野部より一足早く季節を先取りする山間の秋。秋風にゆれるキバナコスモスは美しい花の協奏曲を奏でます。(2017年9月)

UP!アップ!関ガール  シーズン2 vol43

関西のケーブルテレビを応援するために結成されたアイドルユニット「関ガール」。この番組はそんな彼女たちが毎回ゆる~いチャレンジを繰り返しながら アイドルとして成長していくバラエティ!

地域の逸品 ~福岡県・八女ジビエ~

日本各地には、まだまだ知られていない隠れた逸品が存在する… この番組では、逸品が生まれるまでの様々なドラマと生産者たちの熱い想いを紹介していきます。 今回の舞台は福岡県八女市。イノシシの農作物被害が拡大したことから、害獣駆除と昔ながらの食文化復活のためスタートした「八女ジビエ」という地域活性化プロジェクトに密着しました。