海士町

第9回中国地区番組アワ-ド生活情報・教養部門 優秀賞受賞作品「海士X(アマックス)離島キッチン編」

提供元:海士町

お気に入り
  • facebook
  • twitter
  • google plus
  • LINE
番組紹介

日本海の離島、隠岐・海士町が、島を元気にするために挑戦しているさまざまな取り組みについて紹介する番組。タイトルの海士X(アマックス)とは、海 士(あま)×(かける)・・という意味で、毎回ひとつのテーマを多面的に伝えます。
島内はもちろん島外も含めて、幅広い年代の多くの皆様に観ていただけるように、分かりやすく、ひとつのテーマをじっくり掘り下げた番組となるよう意識して制作しています。
第1作目の「海士×離島キッチン編」では、日本中の離島にネットワークを広げ、島同士が交流して離島の食文化の発信基地として共に育てていくことをコンセプトにしている「離島限定アンテナショップ型レストラン『離島キッチン』」が、どのようにして誕生し何を目指しているか、そのストーリーを紹介します

シリーズ/関連動画

この動画には関連動画があります、他も見てみませんか?

海士X(アマックス)崎みかん再生プロジェクト編

日本海の離島、隠岐・海士町が、島を元気にするために挑戦しているさまざまな取り組みについて紹介する番組「海士X(アマックス)」第2作目です。 島根半島から北へ約60キロの日本海に浮かぶ離島「隠岐中ノ島・海士町」 昭和30年代、この島では温州みかんの栽培が盛んで、特に島の最南端「崎地区」で作られたものは「崎みかん」と呼ばれ、その独特の甘酸っぱくて深みのある味わいが、町内はもとより近隣の島々でも大人気でした。 やがて、本土から安いミカンが大量に入ってきたことや、高度経済成長期に島を離れ都会で就職する若者が増え、後継者不足による生産者の高齢化などにより衰退。みかん農家の数も一気に減ってしまいました。 しかし、崎みかんの甘酸っぱくて美味しい味は島民の記憶から消えることはなく、2013年、海士町は「崎みかん再生プロジェクト」として島のみかん産業の担い手を全国に募集し、崎みかんの復活に向けての本格的な取組みを開始しました。 その呼びかけに応えてみかん農家研修生として海士町に移住した二人の男性をキーパーソンに、崎みかんの歴史、海士町住民の崎みかんへの思いなどを取材しながら、海士町の「みかん産業」復活への取組みを番組にしました。

海士X(アマックス)自然保護編

日本海の離島、隠岐・海士町が、島を元気にするために挑戦しているさまざまな取り組みについて紹介する番組「海士X(アマックス)」第3作目です。 地球誕生の歴史を直(じか)に見ているような、ダイナミックで豊かな自然に恵まれた隠岐諸島。 その隠岐の4つの有人離島のひとつ、島前中ノ島・海士町で「小さな島だからこそ人の手によって環境が急激に変わりやすい」と、この島の自然環境の現状について警鐘を鳴らす人が今回のキーパーソンです。 「環境保全」は人間のために自然を守ることですが、「自然保護」は自然のために自然を守ること。 島の宝であるこの豊かな自然を守り、さらには島の活性化へとつなげるための取組みは、まだ始まったばかりです。

隠岐★ドキ!あまチャンネル・アーカイブ Vol.10「いも代官 井戸平左衛門ものがたり」(2017年1月分)

江戸時代中期、享保の大飢饉の際に石見銀山領の代官だった平左衛門は、年貢の取り立てを減らしたり、やせた土地でも育てられるさつまいもを伝えて領民を救い、今でも「いも代官」と親しみを込めて呼ばれています。 番組では、隠岐でも石碑が多く建てられている「いも代官・井戸平左衛門」をアニメで紹介。 そして、隠岐に残る石碑に刻まれた名前が、なぜか「井戸平右衛門」になっていたり「伊藤平左衛門」になっている謎について調査します。

隠岐★ドキ!あまチャンネル・アーカイブ Vol.16「島暮らしの休日2日目」(2017年7月放送)

「島暮らしの休日1日目」に引き続き、今回も5名のアイランダースと1名のゲストアイランダーが、楽しく元気に海士の自然を満喫します。 特に今回は美味しいものがたくさん出てきます。 まずは、大昔火山島だった海士らしく、火山噴出物スコリアを練り固めて作った窯で焼いた、その名も「溶岩ピザ」 そして、自分たちで釣った魚や岩がきの燻製。 日本名水百選「天川の水」の湧水で淹れたコーヒーとお抹茶など。 ついでに余談ですが、ディレクターが自分の趣味でBGMに80年代の洋楽を16曲も使用するという力の入れよう! 音楽好きな人にぜひ観てほしい、隠岐の情報番組として自信を持っておすすめする番組に仕上がりました。

第9回中国地区番組アワ-ド生活情報・教養部門 優秀賞受賞作品「海士X(アマックス)離島キッチン編」

日本海の離島、隠岐・海士町が、島を元気にするために挑戦しているさまざまな取り組みについて紹介する番組。タイトルの海士X(アマックス)とは、海 士(あま)×(かける)・・という意味で、毎回ひとつのテーマを多面的に伝えます。 島内はもちろん島外も含めて、幅広い年代の多くの皆様に観ていただけるように、分かりやすく、ひとつのテーマをじっくり掘り下げた番組となるよう意識して制作しています。 第1作目の「海士×離島キッチン編」では、日本中の離島にネットワークを広げ、島同士が交流して離島の食文化の発信基地として共に育てていくことをコンセプトにしている「離島限定アンテナショップ型レストラン『離島キッチン』」が、どのようにして誕生し何を目指しているか、そのストーリーを紹介します

隠岐★ドキ!あまチャンネル・アーカイブ Vol.14「広瀬貫川の絵を訪ねて」(2017年5月放送)

今回は、雑誌「アンアン」や「ポパイ」「オリーブ」など、数多くの雑誌のアートディレクションに携わったデザイナーで、現在は生まれ故郷の海士町に暮らす新谷雅弘さんをアイランダースの一員にお迎えし、昭和初期に商業デザイナーの草分けとして全国的に活躍した、海士町出身の広瀬貫川氏の絵を訪ねて町内をめぐりました。

編集チームおすすめ

激流と闘う乙女たち 栄光への軌跡

第44回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード グランプリ総務大臣賞に輝いた作品をどうぞご覧ください。

ランキング

「高校球児の夏2018」都立荒川工業高等学校

荒川区南千住の荒川工業は、昨年4年ぶりに夏の1勝をあげました。2年連続で初戦突破なるか!今年の中心選手3人を紹介します。

神保シェフと茨城をたべようvol.10

★料理好き女子にオススメ★ 東京・表参道の「HATAKE AOYAMA」のオーナーシェフ・神保佳永(茨城県出身)が、毎回、視聴者のリクエストに応えて、茨城県内の農家で採れた旬の食材を使ったオリジナル”簡単レシピ”をご紹介! 第10回「ネギを使った料理」(全12回) 協力:茨城県・日立市・茨城をたべよう運動推進協議会

福丸がゆく2019年1月1日放送 西宮市石刎町

今回の「福丸がゆく」は、兵庫県西宮市・阪急苦楽園口駅から 越木岩神社の間のエリアを散策する前編、西宮市石刎町を散策します。 駅前からスタートし、創業が明治時代という酒屋さんや、 老舗のケーキ屋さん、アンティーク雑貨と看板のない自転車屋さんなど、 お店を中心に触れ合いを重ねました。

壱岐の名水をたずねて第5話

全5話。第5話殿川井戸(とんごう)御手水の滝(おちょうずの滝)犬の井(いんごう)常盤井(ときわごう)を紹介します。 長崎県壱岐市。玄界灘に浮かぶ小さな島。豊かな穀倉地帯があり、昔から豊富な水源に恵まれていました。米や麦、大豆などが栽培され、さらには麦焼酎が作られ、いまでは壱岐の特産品のひとつでもあります。壱岐には大きな川があるわけではありません。島なのになぜ水が豊富なのか、人々はどうやって水を得て暮らしてきたのか、壱岐の名水をたずねながら、その謎に迫ります。

【高校野球2017夏 西東京大会 チーム紹介】法政大学高等学校

春夏合わせて4度の甲子園出場経験を誇る伝統のある野球部。モットーは「野球は教育の一環であり、人間形成の場である」今年は走攻守バランスのとれたチームでまずは神宮を目指します!

あなたにおすすめ

CATCH UP #15 下市町平原区自治会むらづくり委員会

仕事に奮闘する人、地域を盛り上げようとがんばる人、 夢に向かって毎日がんばる人、そんな人たちが奈良にはたくさんいます。 今回は自治会が取り組む村おこしの活動を『CATCH UP』! 吉野郡下市町の西部に位置する平原(へいばら)には、27軒の家屋が点在しています。 現在の人口は67名、うち65歳以上が25名、20歳以下が4名しかいない少子高齢化の集落です。加速度的な高齢化と人口減少、限界集落へのカウントダウンがはじまっているといいます。 現在50代・60代の人たちが、「今のうちに10年先を見据えて出来ることから始めよう!!」と村の将来を考えるワークショップを繰り返し、住民の意見としてまとまった『ハーブの村構想』。 平原地区は昔から薬草の栽培が盛んだったことから、現在風にアレンジして『ハーブ』をキーワードにして村を盛り上げていこうと取り組んでいます。 住民自身が「村を護ろう」と活動する『平原区自治会むらづくり委員会』のみなさんを追いました。

2018となみ野の風景「KIRAKIRAミッション2018」

2018年12月。となみチューリップ公園は今年もイルミネーションで彩られています。およそ十万球のイルミネーション。となみの冬の風物詩。幻想的な光の世界が訪れる人に安らぎの一時を与えてくれます。(2018年12月)

奈良イチ研究所<生産量日本一 二輪菊>奈良県葛城市

奈良にある「一番」のものをなんでも「奈良イチ」として取り上げる『奈良イチ研究所』。番組では、「奈良イチ」の凄さや魅力、込められた想いなどを研究員が県内を駆け回って調べます。

What a beautiful place! ~なんて素敵な場所でしょう!~

~須高地域の秋の景色2017~ お休みになる方も、そしてお目覚めの方も、一日の始まりと終わりはこの番組で。高画質4Kカメラで撮影した北信濃の映像美をお楽しみください。

奈良イチ研究所<生産・出荷量日本一 スイカの種>奈良県田原本町

奈良にある「一番」のものをなんでも「奈良イチ」として取り上げる『奈良イチ研究所』。番組では、「奈良イチ」の凄さや魅力、込められた想いなどを研究員が県内を駆け回って調べます。

ピックアップ

【高校野球2017夏 東東京大会 チーム紹介】大東文化大学第一高等学校

板橋区高島平にある大東文化大学第一高等学校は、今年で創部56年。 総勢53人の野球部員が夏の大会に向け、練習に励んでいます。 チームのモットーは 一戦必勝で攻め勝つ野球です。 全員でしっかり守備を固め、粘り強く勝負をつかむため、一人一人が全力で役割を全うする事を心掛けています。

ニュースウォーカー0203放送「信州須坂プロモーション事業」

2月3日放送のSTVニュースウォーカーから、全国・世界で活躍する須坂にゆかりの深い首都圏在住の方々が、観光・スポーツ・地域資源などをテーマにさまざまな提案を行いました。

【広報きりしまとMCTのコラボ番組】山の温泉②

霧島市の市報「広報きりしま」と南九州ケーブルテレビネットのコラボ番組です。ナビゲーターは霧島ユニバーサルデザインフォーラムで霧島ジオガイドの西島昭治さん。妙見温泉や安楽温泉、塩浸温泉にいき、霧島山麓の温泉の魅力に迫ります。

STVニュースウォーカー0324「豊丘にオートキャンプ場オープン」

3月24日放送のSTVニュースウォーカーから、5月にオープンする須坂市豊丘のオートキャンプ場を紹介します。

WAZABITO-技人-未来に残したい匠の技術 世界初展示の舞台裏に潜入! 新江ノ島水族館

 後世に残したい伝統や技術をスタイリッシュに映像化。モノづくりに賭ける情熱、ミクロン単位のこだわり、技の背景にあるたゆみない努力と人間模様。職人達の壮絶かつ華麗な技に深く切り込んでいくドキュメンタリー番組。今回は、クラゲ展示の先駆け、新江ノ島水族館。クラゲの常設展示を可能にしたのは、繁殖と飼育のスタッフの技。そして現在、世界初のアノ生き物の展示に成功!その舞台裏に迫る!

なるほど!聞きコミテレビ#19成美

東京出身のアナウンサー、菅野もえが、富山県高岡市のことをもっと知り、 市民ともっと親しくなるべく、皆さんの住む小学校下におじゃまします。 “聞きコミ”とは“聞いてコミュニケーション”の略。 身近な話題から時事の話題まで、毎週さまざな質問を携え、 いろいろな場所でインタビューします。 「みんなで!校歌♪」のコーナーでは、小学校を訪ねて子どもたちに話を聞き、 校歌を披露してもらいます。

UP!アップ!関ガール シーズン2 vol.83.MXF

関西のケーブルテレビを応援するために結成されたアイドルユニット「関ガール」が毎回、過酷な企画にチャレンジするバラエティ。

おおむら湾水中散歩#3

長崎の不思議な里海大村湾。 九州の海でありながら冬に結氷するとても不思議な環境にあるこの海には たくさんの里海の生き物が生きています。 そんな大村湾にこだわる一人のダイバーの目を通し 長崎の生き物たちを紹介します 7月の大村湾

コロコロチキチキペッパーズの「やっべぇぞ!!」(生駒高校 空手道部)

漫才コンビ「コロコロチキチキペッパーズ」がお届けする番組 「やっべぇぞ!!」 日々練習に励む学校の部活や、地元のサークルに突撃してガチンコ対決。 今回は「生駒高校 空手道部」に突撃。

【高校野球2017夏 西東京大会 チーム紹介】都立保谷高等学校

西東京市住吉町にある都立保谷高等学校。 監督から見た今年のチームは、勢いが乗ると 面白いゲーム展開に運ぶことが出来るということです。 今大会の目標であるベスト8進出を目指し、 日々練習に励んでいます。 一戦一戦を大事にこなし 、後悔しない野球をすることを心がけて行きます。