ケーブルテレビ品川

ドラマ 池上線#3

提供元:ケーブルテレビ品川

お気に入り
  • facebook
  • twitter
  • google plus
  • LINE
番組紹介

ケーブルテレビ品川が送るオリジナルドラマ!品川の商店街を舞台に、8人の若者が地域を盛り上げるべく悪戦苦闘する姿を描きます。

【#3あらすじ】
街おこし策に乗り気でないしげるを何とかその気にさせようと幼馴染たちは策を練る。その為にはちょっとした荒療治が必要と言う結論に達する。その荒療治とは、子どもの頃にやったある遊びがヒントとなった。果たしてしげるの反応は・・・。

シリーズ/関連動画

この動画には関連動画があります、他も見てみませんか?

ドラマ 池上線#4

ケーブルテレビ品川が送るオリジナルドラマ!品川の商店街を舞台に、8人の若者が地域を盛り上げるべく悪戦苦闘する姿を描きます。 【#4あらすじ】 幼馴染から荒療治を受けたしげる。昔を思い出し素の自分をとりもどしつつあることに気づく。これからのこの街、この商店街を仲間たちとどうしていくのか。何をやるべきなのかに気づく。それは派手や奇抜なものではない俺たちらしいことだった。

ドラマ 池上線#2

ケーブルテレビ品川が送るオリジナルドラマ!品川の商店街を舞台に、8人の若者が地域を盛り上げるべく悪戦苦闘する姿を描きます。 【#2あらすじ】 変わらない良さが残る品川。しかし、世代が変わって行く中、親父たちと同じことをやっていてこの街は本当に生き残っていけるのか。商店街の若者たちは暗中模索するなか、ある街おこし策を考えつく。それにはしげるの力が不可欠なのだが・・・。

ドラマ 池上線#1

ケーブルテレビ品川が送るオリジナルドラマ!品川の商店街を舞台に、8人の若者が地域を盛り上げるべく悪戦苦闘する姿を描きます。 【#1あらすじ】 地方放送局の勤務を経て、久々に地元品川に帰ってきた主人公・しげる。時代の流れで街並みも人も変わってしまう昨今、変わらない仲間と街がここにはあった。その情緒に触れていく中しげるは、ある決意をする。

めざせ!甲子園2018 文教大学付属高校

夏の甲子園出場をめざす品川区内の高校野球部を紹介する「めざせ!甲子園2018」。大会を直前に控えた各チームの練習風景や主将・監督のインタビューをお届けします。 文教大学付属高校のスローガン・意気込み: 絶対勝つぞ!! ケーブルテレビ品川 高校野球特設サイト http://www.cts.ne.jp/special/18baseball/

めざせ!甲子園2018 青稜高校

夏の甲子園出場をめざす品川区内の高校野球部を紹介する「めざせ!甲子園2018」。大会を直前に控えた各チームの練習風景や主将・監督のインタビューをお届けします。 青稜高校のスローガン・意気込み: 革新 ケーブルテレビ品川 高校野球特設サイト http://www.cts.ne.jp/special/18baseball/

めざせ!甲子園2018 小山台高校

夏の甲子園出場をめざす品川区内の高校野球部を紹介する「めざせ!甲子園2018」。大会を直前に控えた各チームの練習風景や主将・監督のインタビューをお届けします。 小山台高校のスローガン・意気込み: 甲子園行くぞ! ケーブルテレビ品川 高校野球特設サイト http://www.cts.ne.jp/special/18baseball/

編集チームおすすめ

激流と闘う乙女たち 栄光への軌跡

第44回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード グランプリ総務大臣賞に輝いた作品をどうぞご覧ください。

ランキング

【高校野球2017夏 西東京大会 チーム紹介】東京都立町田工業高等学校

町田工業高等学校は、3年生が3人、2年生が1人とこれまでは連合チームで大会に出場していましたが、7人の1年生が加わり、単独チームとしてこの夏は大会に挑みます。念願の単独チームとしての大会出場。1つでも多くの勝ち星をあげるため、3年生を中心に、チームは猛練習に励んでいます。

ほんでミーゴ 2018年5月23日

岩井・澤井の2人が県内のいろいろな場所を散策しながら、『ほんでミーゴ』を合言葉に皆さんに街のこと、人のことを根掘り葉掘り聞いちゃいます。今週もJR郡山駅周辺を散策しています。

J022 Dreamer

eiga worldcup2016 自由部門出品作品 東京都立新宿山吹高等学校 映画クラブ 一人の女の子が夢という抽象的な世界で抗い、巡る感情を表現した作品です。彼女が苦しみに飲み込まれそうになった時何に助けられるのか、そしてなにを感じるのか考えされられる作品になっています。水中撮影を見てください 。

ベイコム・地元ニュース(大阪版)2019年2月5日号

府政学習会in公文書館(中央) ビジネスセミナー「大阪再発見のためのプログラム」(港) 安立餅つき大会(住之江) 大正区子ども文化祭(大正) 田蓑神社 節分(市淀川) 築港高野山釈迦院 節分豆まき(港) 大谷記念美術館のロウバイが見ごろ(西宮市)

わがまちの風景【大正区千鳥】

わたしたちの住むまちの風景を音楽とともにお届けします。

あなたにおすすめ

ドラマ 池上線#3

ケーブルテレビ品川が送るオリジナルドラマ!品川の商店街を舞台に、8人の若者が地域を盛り上げるべく悪戦苦闘する姿を描きます。 【#3あらすじ】 街おこし策に乗り気でないしげるを何とかその気にさせようと幼馴染たちは策を練る。その為にはちょっとした荒療治が必要と言う結論に達する。その荒療治とは、子どもの頃にやったある遊びがヒントとなった。果たしてしげるの反応は・・・。

宍粟市PR動画 本編「宍粟に恋しそう」.

市域の9割を森林が占めている宍粟市は、何といっても自然が豊富。 空気がきれいで水も美味しく、地域の方も温かい。この豊かな自然や人情、風土など、癒しが満載の宍粟市を多くの方に知っていただくため、宍粟の魅力をふんだんに取り入れた動画を制作しました。 宍粟市には、動画に登場する河原でのバーベキュー、波賀のシャワークライミング、一宮の石垣まつり、森林セラピーなどのほか、まだまだ隠れたスポットがたくさんあります。 田舎への移住・定住を考えておられる皆さん、動画に登場するような宍粟の自然や地域の中で、のんびり温かな生活を送りませんか。 ぜひ、ご覧ください。

ピックアップ

ほんでミーゴ 2018年12月13日

岩井・澤井の2人が県内のいろいろな場所を散策しながら、『ほんでミーゴ』を合言葉に皆さんに街のこと、人のことを根掘り葉掘り聞いちゃいます。今週も奈良市西大寺周辺を散策しています。

秋のタイラバin鳴門 後編

徳島県のタイラバゲーム後編です。初秋の徳島の海を攻略します!

2016松阪祗園まつり生中継15分ver.MXF

三重県松阪市を代表する祭りの一つ「松阪祇園まつり」。 この祭りの一番の見どころは、3つの神社から繰り出される神輿です。 1000人以上の担ぎ手たちが「チョーサヤ!」という掛け声をあげながら、 松阪市の中心地を練り歩きます。 きらびやかなみこし、汗が輝く担ぎ手たちの様子をご紹介します。

【高校野球2016夏 東東京大会 チーム紹介】東京高等学校

今年で創部85年目を迎える伝統校、東京高校野球部。 現在、マネージャーを含め、75人の部員が所属しています。 野球部が掲げるスローガンは、「家族」「笑顔」「向上心」。 失点を抑え、数少ないチャンスをチーム一丸となって掴み勝つ野球で戦います。

レーシングスピリット 2015年12月号(高橋裕紀選手)

鈴鹿市在住の世界的レーシングライダー、高橋裕紀選手(モリワキレーシング)のレースに密着しました。

第101回全国高等学校野球選手権大会 西東京大会出場校紹介「筑波大学附属駒場高等学校」

第101回全国高等学校野球選手権大会 西東京大会出場のイッツコムエリアの「筑波大学附属駒場高等学校」野球部を紹介します。 筑波大学附属駒場高等学校の意気込みコメント「質量転化」

「高校球児の夏2016」(都立荒川商業高等学校)

足立区小台にある都立荒川商業高校。大正7年に夜間の商業補習学校として始まった伝統高です。野球部の部員数は総勢18人と少ないながら、選手一人一人のパフォーマンス、特に守備力には自信を持っています。夏の大会に向けては、石川監督の指導の下、投手力と攻撃力の強化に取り組んできました。

だめんずきっちん 2014年02月

アラフォーの男たちが最も苦手な料理に挑戦する恥的料理番組。 勝てば天国!負ければ地獄!罰ゲームでハリセンを食らうのは一体誰なのか? 素人5人衆のハチャメチャなガチ料理対決に乞うご期待!

コロコロチキチキペッパーズの 「やっべぇぞ!!」(五條高校 ゴルフ部)

お笑いコンビ「コロコロチキチキペッパーズ」がお届けする番組 「やっべぇぞ!!」 日々練習に励む学校の部活や、地元のサークルに突撃してガチンコ対決。 今回は「五條高校 ゴルフ部」に突撃。

CATCH UP #15 下市町平原区自治会むらづくり委員会

仕事に奮闘する人、地域を盛り上げようとがんばる人、 夢に向かって毎日がんばる人、そんな人たちが奈良にはたくさんいます。 今回は自治会が取り組む村おこしの活動を『CATCH UP』! 吉野郡下市町の西部に位置する平原(へいばら)には、27軒の家屋が点在しています。 現在の人口は67名、うち65歳以上が25名、20歳以下が4名しかいない少子高齢化の集落です。加速度的な高齢化と人口減少、限界集落へのカウントダウンがはじまっているといいます。 現在50代・60代の人たちが、「今のうちに10年先を見据えて出来ることから始めよう!!」と村の将来を考えるワークショップを繰り返し、住民の意見としてまとまった『ハーブの村構想』。 平原地区は昔から薬草の栽培が盛んだったことから、現在風にアレンジして『ハーブ』をキーワードにして村を盛り上げていこうと取り組んでいます。 住民自身が「村を護ろう」と活動する『平原区自治会むらづくり委員会』のみなさんを追いました。