(株)アイ・シー・シー

PACいちのみや

提供元:(株)アイ・シー・シー

お気に入り
  • facebook
  • twitter
  • google plus
  • LINE
番組紹介

打合せから撮影・編集まで、市民ボランティアが手掛ける「市民制作番組」です。
今回は「一宮歩こう会」をご紹介します。

シリーズ/関連動画

この動画には関連動画があります、他も見てみませんか?

PACいちのみや

打合せから撮影・編集まで、市民ボランティアが手掛ける「市民制作番組」です。 今回は「ロコモヨガ138」をご紹介します。

PACいちのみや

打合せから撮影・編集まで、市民ボランティアが手掛ける「市民制作番組」です。 今回は「尾西南部生涯学習センター 生涯学習講座 絵手紙」をご紹介します。

PACいちのみや

打合せから撮影・編集まで、市民ボランティアが手掛ける「市民制作番組」です。 今回は「明るい社会づくりの会」をご紹介します。

PACいちのみや

打合せから撮影・編集まで、市民ボランティアが手掛ける「市民制作番組」です。 今回は「デモクラティクスクールまんじぇ」をご紹介します。

PACいちのみや

打合せから撮影・編集まで、市民ボランティアが手掛ける「市民制作番組」です。 今回は「一宮まごころ」をご紹介します。

PACいちのみや

打合せから撮影・編集まで、市民ボランティアが手掛ける「市民制作番組」です。 今回は「音の輪会」をご紹介します。

編集チームおすすめ

平成30年7月豪雨 義援金募集のお知らせ

ご支援・ご協力をお願いします。

ランキング

【2016夏・高校野球 埼玉大会 チーム紹介】星野高等学校

星野高等学校野球部の創部は、2012年。現在、93人の部員が日々、グラウンドで汗を流しています。創部5年目にして初めて「春の県大会」に出場しました。春の経験を選手たちの自信につなげ、守り抜く野球で、夏の大会は、1つでも上を目指します。

ならカフェめぐり「いとをかし」大和郡山市 和カフェ モリカ

奈良にはお洒落で可愛いカフェがたくさんあります。おいしい料理やスイーツ、素敵な店内や雑貨など、カフェの『いとをかし』な魅力をのんびりご紹介する番組です。(放送:2017年7月)

【高校野球2017夏 東東京大会 チーム紹介】立正大学付属立正高等学校

夏の東東京大会で3回戦まで勝利ち残った実績がある 昭和5年創部の立正大学付属立正高校 野球部。 現在マネージャーを含め110人の部員が所属しています。 今年は投手陣がテンポの良い投球で打ち取ることが特徴。 また思い切った投球が持ち味で相手チームを翻弄します。

【高校野球2018夏 東東京大会 チーム紹介】都立鷺宮高等学校

昭和43年創部の都立鷺宮高等学校野球部。現在、部員数は、マネージャーを含む、34人が所属しています。大会成績は、去年夏の大会で3回戦進出。今年のモットーは、「目の前の試合に全力を尽くす」です。就任3年目を迎える杉山真司監督のもと、鷺高ナインは、夏の大会に向け、日々練習に励んでいます。

ロックフィッシュ狙いin宿毛 前編

高知県西部よりオオモンハタなどの根魚ルアーゲームをお送りします。 梅雨時期でコンディションの悪い中、価値ある1匹を釣り上げるべく海遊人軍団が奔走!!何とか結果を残したい海遊人軍団・・・。はたして釣果はいかに!?

あなたにおすすめ

[KATCH TIME30] 10月8日(月)分

愛知県西三河地域のニュースをお届けします。 ■10月8日(月・祝)ラインナップ 今日は体育の日! ・市民体力テストで汗流す(知立) ・スポーツに力を入れる碧南市 おすすめ運動スポット! ・デンパーク来園者1200万人達成!(安城) ・パティオ池鯉鮒公開撮影 知立山車文楽がハリウッドデビュー(知立) ・佐久島の新しいアート作品(西尾) ・総合防災訓練に約1400人が参加(刈谷) ・産業振興センターで映画の舞台挨拶(刈谷) ・おまんと祭り(高浜)

CATCH UP #13 かわかみらいふ

仕事に奮闘する人、地域を盛り上げようとがんばる人、 夢に向かって毎日がんばる人、そんな人たちが奈良にはたくさんいます。 今回は「かわかみらいふ」を「CATCH UP」! 川上村で2016年夏にスタートした「かわかみらいふ」は、村民がもっと便利に楽しく元気に暮らすために「移動スーパー運行・宅配代行」や「訪問見守りお助け事業」 「出張診療所・健康教室事業」「みんなが集まる交流カフェ」などの運営を行っています。 過疎化の進む川上村のこの取り組みは、2016年秋に行われた県内市町村の職員が政策や施策を発表する『奈良県市町村政策自慢大会』で 最優秀賞を獲得するなど、大きな注目を集めています。 今回は住民自身が地域の問題を地域で解決しようと奮闘する「かわかみらいふ」の活動を追いました。

STVニュースウォーカー0428「須坂市早起き野球大会が開幕」

4月28日放送のSTVニュースウォーカーから、50周年を迎えた須坂市早起き野球大会が開幕した様子をご紹介します。

ほんでミーゴ 2018年10月11日

岩井・澤井の2人が県内のいろいろな場所を散策しながら、『ほんでミーゴ』を合言葉に皆さんに街のこと、人のことを根掘り葉掘り聞いちゃいます。今回は近鉄筒井駅周辺を散策しています。

Kパラnext Tuesday 2017年6月27日

奈良で放送中! スタジオから飛び出し、MC藤原・中村が今話題のスポットから送りする番組です。 何が起こるかハラハラドキドキな中継番組。皆さんもテレビの前に釘付け間違いなしですよ!ぜひご覧ください!!

ピックアップ

[KATCH TIME30] 10月12日(金)分

愛知県西三河地域のニュースをお届けします。 ・ナンバープレートの盗難防止 加工ネジ取付け(安城) ・絵画造形教室たけのこ展(安城) ・中日ドラゴンズ岩瀬投手ありがとうキャンペーン(西尾) ・明後日開催 一色町商工まつり(西尾) ・今月30日開催!カリアンナイト(刈谷) ・市職員 不審者対応防犯訓練(碧南) ・健康増進!ウォーキングツアー(高浜) ・15日は年金支給日 特殊詐欺対策 ■情報さいと かわら美術館と安城歴史博物館の展覧会を紹介

NAGASAKI水中散歩#9「川で鮎の産卵を観察しよう」

海に囲まれた長崎の海に生きるたくさんの生き物たち。 その姿を日々観察する水中観察家の中村拓朗さんと一緒に 水中を散策します。 4Kカメラでの制作となった「NAGASAKI水中散歩」 今回のテーマは、初めての川での撮影 秋の川で見ることができる「鮎の産卵」を見つめます

うらら結城・筑西版4月23日号

栃木エリア(栃木市・壬生町・下野市)、群馬エリア(館林市、邑楽郡)、茨城エリア(結城市・筑西市)のお店、企業、気になるスポット、活躍している皆さんをう・ら・らリポーターが取材、体験リポートする番組。「Wish you Luck and Laughter」、名づけて「う・ら・ら」! 今週は、結城市の「ゆうき図書館」と結城市の「茨城県スポーツ吹矢協会 結城中央支部」をご紹介します!「う・ら・ら」専用サイトでも動画配信中です→ulala-tv.jp

ニュースウォーカー0217放送「ふるさと信州須坂のつどい」

2月17日放送のSTVニュースウォーカーから、東京赤坂で行われた「ふるさと信州須坂のつどい」の様子をご紹介します。須坂市にゆかりがあり、様々な分野で活躍する首都圏の皆さんと、須坂市在住者が交流・情報交換を図りました。

どーでもネタ百科 第18回 謎の楽器 マトリョミンを調査!

どうでもいいけど何か気になる・・・街にあふれるそんな話題を徹底取材!明日からすぐに使える「話のネタ」をご提供します。

テクノ探検隊「ロボットは人間の声がわかるか?」

新潟県長岡市にある長岡技術科学大学企画番組。 世界的な最先端技術の研究開発と教育を行っている長岡技術科学大学に小学生のテクノ探検隊が潜入。科学技術の専門家に果敢に挑戦し、科学のナゾに迫る小学生。専門用語を封印して奮闘する教授。異色のサイエンス番組。 今回のテーマ「ロボットは人間の声がわかるか?」

出雲のほそ道

ふるさと出雲のありのままの姿から 出雲地方の言葉や文化をたどります。

きょうの木喰さん 5

なぜ、この仏たちは微笑んでいるのだろう。江戸時代の終わり、全国を巡りながら仏像を彫り残していった木喰上人の作品の数々をエピソードと一緒に紹介します。癒されること間違いなし! 5.彫りなおされた仏

掲示“番”5月後編

「掲示“番”」は、地域の皆様に出演いただき、1分間でイベント告知やメンバー募集などのお知らせを自由にしていただくことができる、地域住民参加型の番組です。また、毎週月曜日~金曜日に放送しているニュース番組、CACかわら“番”のコーナーとしても放送しています。 イベントや発表会の告知、出演者やスタッフの募集、各種サークル・教室の生徒募集、新商品のご案内、新店舗オープンのお知らせ、ご家族・ご友人に宛てたお祝いのメッセージ、特技の披露などなど何でもOK! 出演は随時受付中!あなたの伝えたいことを地域の人々に向けて発信してみませんか? 詳しくはこちら(http://www.cac12.jp/cac-channel/keijiban.html)

壱岐の名水をたずねて第2話

全5話。第2話清水井(きよみずごう)と御手水井(おちょうずごう)を紹介します。 長崎県壱岐市。玄界灘に浮かぶ小さな島。豊かな穀倉地帯があり、昔から豊富な水源に恵まれていました。米や麦、大豆などが栽培され、さらには麦焼酎が作られ、いまでは壱岐の特産品のひとつでもあります。壱岐には大きな川があるわけではありません。島なのになぜ水が豊富なのか、人々はどうやって水を得て暮らしてきたのか、壱岐の名水をたずねながら、その謎に迫ります。