eiga worldcup

J040 AYAKO

提供元:eiga worldcup

お気に入り
  • facebook
  • twitter
  • google plus
  • LINE
番組紹介

東京都立工芸高等学校全日制映画研究部 制作

私達、工芸高校の映画研究部員たちの夏の活動の結晶です。かくれんぼをテーマにした、不思議な夏の体験。個性の光る編集や演技、台詞をぜひご覧ください。おまけもあります。

シリーズ/関連動画

この動画には関連動画があります、他も見てみませんか?

曖想の先に

埼玉県立芸術総合高等学校 映像芸術科 制作作品 高校三年生。六月。不安や期待。憧れや嫉妬。さまざまな感情を抱きわたしたちは生きている。それは、ぼんやりしていてはっきりとした形を持たないもの。

J002 Deleted

eiga worldcup2016 自由部門出品作品 東京都立若葉総合高等学校 映画制作部 最底辺県立高校の旧校舎に乗り込もうとした主人公と、その尾行を企んだ三人。彼らは何者かによって旧校舎に閉じ込められてしまう。強制的にゲームを仕掛けられた彼らには、裏で意外な繋がりがあったのだが…。

古傷

神奈川県立住吉高等学校 Beginners 制作作品 この作品は去年応募した作品のアナザーストーリーになっています。テーマはなりたい自分。実際に高校二年生である私たちの限りなく本物に近い言葉を聞いて何か感じていただけたら幸いです。

Back Revenge

大阪学園大阪高等学校 映画部 制作作品 三年の引退作品になるので一生懸命力を入れて撮影しました。今回の作品は沢山の人に友情出演していただいたので、楽しく撮影できました。編集にも力を入れましたので楽しんで観ていただけたらと思います。

J043 10分先の彼女

東京都立豊多摩高等学校映画研究部 制作 一見ただの学園の青春ものですが、シリアスな部分もあり、そこは演技力や編集で表現してみました。セリフが少なくいですが役者の演技が見どころです。

C030 ともに学んで

eiga worldcup2016 地域部門出品作品 北海道旭川工業高等学校 KBS旭工放送局 開校してから34年目を迎え、今もなお多くの学生に学びの場を提供し続けている旭川青年大学。毎月講座を開き、10代から90代までの学生が通っています。そんな旭川青年大学を知ってもらいたいと思い、制作しました。

編集チームおすすめ

平成30年7月豪雨 義援金募集のお知らせ

ご支援・ご協力をお願いします。

ランキング

春日狂想

埼玉県立狭山緑陽高等学校 映画部 制作作品 みなさんは中原中也の「春日狂想」という詩をご存知ですか。 愛するのものが死んだ時には自殺しなけあなりません、とはじまるこの詩・・・。愛するものが死んだとき、少年はある行動をとった。

Kパラnext Tuesday 2017年5月2日

スタジオから飛び出し、MC藤原・中村が今話題のスポットから送りする何が起こるかハラハラドキドキな中継番組。

第100回全国高等学校野球選手権記念東千葉・西千葉 出場校紹介動画 県立八千代高校

県立八千代高校はチームワークがよく、打撃のチームとして大量得点を狙います。選手みんなで決めたテーマは、常に笑うと書いて『常笑(じょうしょう)』。どんな状況でもポジティブに諦めずプレーをし、ベスト4を目指します!

万照の岐阜発!!音楽のチカラ 2017年11月放送 Track42「ゴージャス☆モンキーズライブ その②」

岐阜出身のプロサックスプレイヤー「野々田万照」 がお送りする音楽番組。 夏は鮎漁師、音楽スクールの校長先生など多彩な顔がある万照さん。 番組では岐阜だけでなく世界各国でのコンサートの裏話など 「ギョーカイ」の裏話も交えて楽しく語ってくれています。 2017年11月放送 Track42「ゴージャス☆モンキーズライブ その②」

ニュースウォーカー1209放送「小布施見にマラソン先導車リニューアル ゲストランナーにあの人が?」

12月9日放送のSTVニュースウォーカーから、全国からも人気を集める小布施見にマラソン。先導車がリニューアルそしてゲストランナーにあの人が…?

あなたにおすすめ

J069 shutter

立教新座高等学校映画研究会 制作 将来カメラマンになりたい兄の孝は、自分が取りたくても取れなかった賞を先に弟の敏夫に取られてしまい、強い嫉妬と自身の喪失を覚えた。一度はカメラマンの夢を捨てた兄を気遣う弟は彼が夢を取り戻せるよう、思い出の土地伊豆に彼を連れ出す。青春時代の夢を自分なりに描きたいと思い撮った作品です。

Warning Call(予告編)

埼玉県立芸術総合高等学校 映像芸術科 制作作品 安息の地を求め、鈴木アキラは歩き続ける。彼はただただ歩き続ける。どんな困難が彼の歩みを止めようとしても。彼は決して歩みを止めない。そこに何が待っているのか。彼はそこを目指すのみ。「今、行きます」

涙雨ナダヌアミ(予告編)

沖縄県立開邦高等学校 映画研究部 制作作品 この作品は、とある少女と少年、それぞれの悩みを描いたメッセージ性の強い作品です。部員の力を合わせて作りました。見てくださった方の心に残れば嬉しいです。

Y029 サイコロ(予告編)

埼玉県立坂戸高等学校放送部 制作「おまえ本当に運が悪いね!サイコロで喩えたら、ハズレばかりのサイコロだね!」……部室でのそんなやりとりの中、誕生した作品です。というわけで、常日頃から不運に苛まれる部員が、ヒロイン役を演じています。

キセキの映像集2 The Petbottle Story

都立六郷工科高校 映画研究部 制作作品 放置されているペットボトルを遠くからゴミ箱に投げ入れる達人たちが登場!32回もの「キセキの映像」をご覧ください!そして、「ペットボトルの放置はやめよう」という「心の叫び」をお聞きください!

ピックアップ

隠岐★ドキ!あまチャンネルVol.30(2018年9月分)ふるさと映像ライブラリー「海士町の今、昔」

今回は「ふるさと映像ライブラリー」のシリーズでお届けします。 海士町の広報紙「広報海士」からセレクトした記事を元に、昭和30年代にまでさかのぼって、昔の海士の様子をご案内する内容で、題して「海士町の今、昔」 番組進行役は、現在の「広報海士」編集担当、海士町役場職員まりえさんと、海士町で放送中のニュース番組「週刊あまネット」キャスター、キンニャモニャ人形のキン太の二人。 ご案内する昔の記事の出来事についてよく知る住民への聞き込みVTRや、懐かしい昭和30年代の海士町の写真の数々を交えながら、島外のみなさまにも分かりやすい内容になるよう制作しました。

まるごと動物ウォッチ#15 東武動物公園(埼玉)

テレビで楽しめるバーチャル動物園番組!今回は、東武動物公園をご紹介。2015年1月に生まれたホワイトタイガーの赤ちゃんたちも今ではすっかり大きくなりました。

平成30年度宇多津町金婚記念式典

11月1日(木)、ホテルアネシス瀬戸大橋で、「平成30年度宇多津町金婚記念式典」が開かれました。 KBNいきいきワイド2018年11月1日(木)放送 (動画の公開期間は30日間程度)

【第100回全国高等学校野球選手権記念東東京大会 出場チーム紹介】都立紅葉川高校

江戸川区臨海町にある都立紅葉川高校。部員数はマネージャーを含む総勢47人。去年、一昨年の夏の大会はともにベスト32まで勝ち進むなど、都立の強豪高です。チームのモットーは「明るく、楽しく、軽快に」。キャプテンの青木選手を中心に全員が積極的に声を出しチームを盛り上げます。大会を控えた今は、守備力強化を図りながら連携プレーの確認をするなど一つのプレーを大切にしています。エースはマックス135キロの右腕・小山選手。リリーフもエース級が揃い充実した練習を行っています。一方、攻撃面では、3拍子揃った好打者・浦野選手、キャプテンで長打力のある青木選手を中心に切れ目のない打線が勝利へ導きます。

思い出を映す街

藤沢清流高校 映画同好会 制作作品 主人公が抱くミュージシャンの夢を通して故郷を表現した。藤沢市の今の姿を映像で捉え、街に流れる音、行き交う人々等、ありのままの風景を積極的に取り入れた。ラストシーンの曲の歌詞にも注目してもらいたい。

わがまちの風景【尼崎市武庫之荘東】

わたしたちの住むまちの風景を音楽とともにお届けします。

なるほど!聞きコミテレビ#58南条校下

高岡ケーブルネットワークアナウンサー、菅野もえが、 富山県高岡市のことをもっと知り、市民ともっと親しくなるべく、 皆さんの住む地域や市内のイベントにおじゃまします。 “聞きコミ”とは“聞いてコミュニケーション”の略。 身近な話題から時事の話題まで、毎週さまざな質問を携え、 いろいろな場所でインタビューします。 第58回:南条校下 テーマ「結婚式」

出雲のほそ道.MXF

ふるさと出雲のありのままの姿から 出雲地方の言葉や文化をたどります。

ふわっと・・・欣様 -What? KIN-SAMA-2016年3月前半号

2016年3月前半号、今回、欣様がお邪魔したのは藤井寺市でーす。 初心者の就職対策やシニアのパソコンライフをサポートするパソコン教室「スマイル・カフェ」で苦手なパソコン体験をさせてもらったあと、バドミントンと卓球の専門店にお伺いして様々な用品を見せていただいたり、卓球体験をさせていただいたりしました~ また、同じ施設のなかでカイロプラクティックも行っているということなので、合せてこちらも体験させていただきました~。 今回もふわっと番組をお届けしますのでみなさま最後までよろしくお願いしまーす。