eiga worldcup

Y039 NEW STEP(予告編)

提供元:eiga worldcup

お気に入り
  • facebook
  • twitter
  • google plus
  • LINE
番組紹介

東京都立晴海総合高等学校映画同好会 制作

新しいことを始めるには何事も勇気がいるものです。廃部寸前の演劇同好会が歩んだ一歩とは…。

シリーズ/関連動画

この動画には関連動画があります、他も見てみませんか?

projectФИ(プロジェクトエフイー)

小松原高等学校 演劇映画部 制作作品 非日常的な雰囲気、俊敏なアクションが見所です。

J013 栞の先に

eiga worldcup2016 自由部門出品作品 埼玉県立小川高等学校 放送部 放課後になると誰よりも早く図書館に向かう主人公 遠野さや。そこには誰にも理解できない理由があった。そこに今まで話したこともない下級生の杉崎ちひろが現れる。この二人の関係は一体どうなるのであろうか。

LIFE IS RIVER

埼玉県立芸術総合高等学校 映像芸術科 制作作品 時間は積み重ねかな?消費かな?息を吸って吐いてれば明日はくるけど そういう風に生きてきたけど いつになったら「自分」に会える?

Y056 エザリス襲来 ~幸せの切符売り~ 予告編

eiga worldcup2016 自由部門出品作品 神奈川県立藤沢清流高等学校 自主映画製作同好会 監督自ら入ったエザリスの特撮シーンです。対比させるものが少なく怪獣の巨大感を出すのに苦労しました。また、美術部総出で作ったエザリスもとても良い出来でした。

Y023 ウィーアー☆ヒーローズ 予告編

eiga worldcup2016 自由部門出品作品 共立女子中学高等学校 映画部 非公認の部活で活動する5人の活動風景から、自分で自分の意思を決定することの重要さ、自分を受け入れてくれる人が周りにいることの大切さを感じでください。

わたしたちのふるさと

埼玉県立芸術総合高等学校 映像芸術科 制作作品 役所はこの土地を墓地にしようとしている。財団は自然保護を訴えている。地権者は自分の土地を有効利用したい。ものすごく複雑で簡単には答えが見つからない。あなたなら…

編集チームおすすめ

激流と闘う乙女たち 栄光への軌跡

第44回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード グランプリ総務大臣賞に輝いた作品をどうぞご覧ください。

ランキング

【高校野球2017夏 西東京大会 チーム紹介】玉川学園高等部

3年生9名を中心とした総勢28名の部員たちが甲子園を目指しています。 守備の要は、キャッチャーでキャプテンの松本選手。 流れを作る安定した守備でチームを勝利へと導きます。

【高校野球2017夏 東東京大会 チーム紹介】都立葛飾商業高等学校

葛飾区新宿にある「都立葛飾商業高等学校」。 部員数は選手25人、マネージャー5人の総勢30人。 葛飾商業高校野球部は、バランスのとれた守備と 下位打線からも得点が取れる強力打線が特徴のチーム。 この日は、夏の大会に向けたベンチ入りメンバー20人の発表日。 チームを率いる山田監督は、ベンチ外となった選手も含めた 30人チーム全員で一丸となって勝ちに行こうと選手たちに声をかけていました。

川越まつり

ジュピターテレコム:制作 川越まつりは、10月14日に氷川神社が執行する「例大祭」を根源に「神幸祭」「山車行事」から成り立つ。慶安元年(1648)に、当時の川越藩主、松平伊豆守信綱が氷川神社に神輿・獅子頭・太鼓等を寄進して祭礼を奨励したことに始まり、慶安4年(1651)から華麗な行列が氏子域の町々を巡行し、町衆も随行するようになった。これが「川越まつり」の起源とされる。以来、360年以上にわたって川越の文化として脈々と受け継がれている祭礼行事である。

【高校野球2017夏 西東京大会 チーム紹介】都立小平西高等学校

小平市小川町にある『都立小平西高校』。 今年 野球部は46年目。 部員は1年生21人、2年生12人3年生8人の合わせて41人です。 独自のトレーニング方法を取り入れ送球力を高めてきました。全員で手堅く守り確実にチャンスをモノにしたいところ。 小平西野球部、全員野球で夏に挑みます!!

【高校野球 2017夏 東東京大会チーム紹介】都立三田高等学校

今年で創部10年目の比較的新しいチームですが、 昨年、夏の大会で2勝したことで目標を高く持って練習に臨んでいます。

あなたにおすすめ

善と悪の境目(予告編)

立教新座高等学校 映画研究部 制作作品 時が止まった演出にこだわりました。

惚れ薬と清水さんと、俺達の夏。

神奈川県立大磯高等学校 SF研究部 制作作品 「青春」を手に入れるために必死に(醜く)走り回る男子3人の姿に笑ってほしいです。海・山と、沢山自然を映したので、笑うと同時に夏を感じてくれたら嬉しいです。

BO×3

那覇国際高校 映画研究部 制作作品 箱をキーワードに人々の関係を描いた作品です。やりたいことを詰め込んだ結果、色々な挑戦をした作品になりました。時間は少し長めですが、会話の流れや展開を楽しんで観てほしいです!

J038 いる夏、いない夏。

eiga worldcup2016 自由部門出品作品 愛知県立昭和高等学校 映画研究部 転校生碧海は夏空に近づき互いに惹かれ合うがやがて碧海の存在に違和感を抱き出す夏空。言葉が紡ぐ青春SFファンタジー

ピックアップ

STVニュースウォーカー0714「ママさんバレーボール コスモスが優勝」

7月14日放送のSTVニュースウォーカーから、ママさんバレーボール コスモスが優勝の話題をお送りします。

高校野球2019夏 東東京大会 チーム紹介「都立大森高等学校」

3年生6人を含む、総勢32人で活動している大森高校野球部。 チームを率いる江黒監督によれば、今年はとにかく野球が大好きなメンバーがそろっていて、毎日元気に練習に励んでいるとのこと。 練習試合でも順調に勝ちを重ねていて、 チーム内にも徐々に自信が芽生えてきており、 初戦敗退した昨年の雪辱を狙っています。

ベイコム・地元ニュース(大阪版)2019年3月19日号

氷あそびしチャオ!(港) 海遊館特別展示「海に住んでる夢を見る」(港) ニュースポーツ体験会(浪速) たいしょう愛ランド(大正) 屋根のシート張り講習会(住之江)

「やまぐちひわだ」で伝統を継ぐ

山口ケーブルビジョン:制作 第43回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード コンペティション部門奨励賞 【番組概要】 約200年前から山口県で唯一、桧の皮で寺社の屋根を葺く「桧皮葺」(ひわだぶき)を専門に請け負う「有限会社ひわだや」。番組では、「ひわだや」が初めて生産した県内産の桧皮「やまぐちひわだ」を作る過程、そして作った桧皮で30年ぶりに屋根を葺いた山口県山口市阿知須の「北方八幡宮」の本堂の屋根葺きの様子を約半年間かけて取材しました。番組では、社長で職人の佐々木さんが「やまぐちひわだ」を作るための職人不足に対応するため、「ひきこもり」の人たちを職人に育てる様子や「ひきこもり」の人たちのサポートをする様子、材料となる桧の皮を確保するため山口市内の森林を保全しながら桧の皮を採取する様子を紹介するほか、「北方八幡宮」で職人たちが竹の釘で屋根を葺く伝統的な屋根葺きの姿を紹介しながら、「やまぐちひわだ」を通し屋根葺きに関わる人たちの情熱や想いをお伝えします。 【審査員コメント】 ヒノキの皮の柔らかい手触りが、伝わってくるような作品。質感を感じ、良いきれいな作品と感じた。審査の過程でもかなり審査委員の方からの評価もあった。

ふわっと・・・欣様 -What? KIN-SAMA- 1月後半号

さてさて、今回、私たちがお伺いしたのは、 東大阪市でーす。 近鉄電車の河内小阪駅から番組をスタートし、 市内の素敵なお店などをご紹介しながら地域の魅力をふわっとご紹介しまーす。

J:COMpark2016年3月後半号「特別企画!!KC,sとコラボグッツを作ろう!!」

番組紹介文 J:COMpark(ジェイコムパーク)2016年3月後半号、 今回は特別企画!!KC,sとコラボグッツを作ろう!!! WEB:http://c.myjcom.jp/jch/p/jpa/ ブログ:http://jcomch-kansaiobp.blogspot.jp/ フェイスブック:https://www.facebook.com/jcompark/ ツイッター:https://twitter.com/JCOMPark

【高校野球2017夏 東東京大会 チーム紹介】都立紅葉川高等学校

江戸川区臨海町ある「都立紅葉川高等学校」。 部員数はマネージャーを含む総勢59名。 一昨年の夏の大会はベスト16過去にはベスト8まで勝ち残った実績のある都立の強豪高です。 今年のチームは、昨年の秋の大会で、チャンスを生かせず逆転された 悔しい経験から、例年以上にバッティングを強化してきました。 一方、守備面では、チームの大黒柱でエース右腕の吉本投手に期待がかかります。 チームのモットーは「明るく、楽しく、軽快に」。 キャプテンを務める岸選手を中心に全員が積極的に声を出しチームを盛り上げます。

目黒区動画ニュース(2015年11月3日更新)

目黒区内のイベントや取り組みなどをご紹介する 「目黒区動画ニュース」 10月24日土曜日、 中目黒駅前にある中目黒GTを会場に 「第12回めぐろ地域福祉のつどい」が開催されました。 地域で福祉活動に取り組む団体を知ってもらおうと開かれたもので、 会場には、区内のボランティアグループ、 福祉施設が一堂に集まりました。 障がいを持つ人たちが作った製品の販売や活動の紹介のほか バザーやステージなどもあり、多くの人でにぎわっていました。 来場者にとっては、地域で福祉活動に取り組む人たちと触れ合い、 それぞれの活動を知る機会となっていました。

第98回全国高等学校野球選手権長崎大会シード校紹介「長崎総合科学大学附属高校」

第98回全国高等学校野球選手権長崎大会シード校紹介「長崎総合科学大学附属高校」