eiga worldcup

J042 星空が落ちる前に

提供元:eiga worldcup

お気に入り
  • facebook
  • twitter
  • google plus
  • LINE
番組紹介

独立行政法人国立高等専門学校機構米子工業高等専門学校放送部 制作

美しい星空は周りの人の作り出した光に隠され、見えません。しかし、それらの星々だって輝いているに違いないのです。そんな、高校生の「埋もれている」感覚を大切にして作りました。綺麗な夜空を見上げてください。

シリーズ/関連動画

この動画には関連動画があります、他も見てみませんか?

J060 two

eiga worldcup2016 自由部門出品作品 東京都立杉並総合高等学校 三年有志 杉並総合高校で史上初となるこの大会への挑戦は、ミステリー作品です。有志ということで、かかる費用や予定は全て自分たちに降りかかる中で最高のものを作り上げました。「two」の意味を考えながらご覧ください。

ブルーにこんがらがって(予告編)

法政大学第二中・高等学校 映画研究部 制作作品 高校時代特有の悩みや葛藤などを描きました。一番の見所はラストにかけての戦闘シーンです。SDカードは返して欲しいです。

シーン37故郷

神奈川県立麻生総合高校 無所属

思い出を映す街

藤沢清流高校 映画同好会 制作作品 主人公が抱くミュージシャンの夢を通して故郷を表現した。藤沢市の今の姿を映像で捉え、街に流れる音、行き交う人々等、ありのままの風景を積極的に取り入れた。ラストシーンの曲の歌詞にも注目してもらいたい。

Back Revenge(予告編)

大阪学園大阪高等学校 映画部 制作作品 三年の引退作品になるので一生懸命力を入れて撮影しました。今回の作品は沢山の人に友情出演していただいたので、楽しく撮影できました。編集にも力を入れましたので楽しんで観ていただけたらと思います。

Y030 WEtuber(予告編)

北海道旭川工業高等学校KBS旭工放送局 制作  とある高校の少年二人が動画投稿に興味を持ち動画を作っていく、しかし、その中で、ある出来事が起き二人の関係が悪くなってしまう。二人の少年の感情の変化がこの作品の見所になっています。

編集チームおすすめ

激流と闘う乙女たち 栄光への軌跡

第44回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード グランプリ総務大臣賞に輝いた作品をどうぞご覧ください。

ランキング

ほんでミーゴ@Kパラnext 2017年5月25日

岩井・澤井の2人が県内のいろいろな場所を散策しながら、『ほんでミーゴ』を合言葉に皆さんに街のこと、人のことを根掘り葉掘り聞いちゃいます。

神保シェフと茨城をたべよう SEASON4 #3

ケーブルテレビJWAYで放送中の 『神保シェフと「茨城をたべよう」』提供:東京ガス 毎回、皆さんのリクエストに応えて、日立市や茨城県で採れる旬の食材を使って、〝神保­佳永シェフ”のオリジナル<簡単レシピ>をご紹介する番組(全12回) ■ホームページ http://jway.info/1CSuIzB ■Facebook https://www.facebook.com/jway.hitachi ■Twitter https://twitter.com/jway_hitachi 【出演】 HATAKE AOYAMA 神保佳永 http://www.hatake-aoyama.com/profile/ 石塚美咲 http://plaza.rakuten.co.jp/misaki0121/ 向縄由佳莉(ゆかりん) 【第3回】  ピーマンのクリームブリュレ  メロンソーダゼリー

NAGASAKI水中散歩#20 泥場のいきもの

長崎の中央にある超閉鎖性水域の大村湾 水の入れ替わりが少ない大村湾にも様々ないきもの住んでいます。 今回は、この大村湾の湾口近くに堆積した泥場にはどんな生き物がいるのかを観察します

ひがタン! 第1回

兵庫県東播磨県民局発 情報発信番組。地域の魅力を楽しく探検しながら再発見していきます。

【高校野球2018夏 西東京大会 チーム紹介】都立町田高等学校

町田駅の繁華街からほど近い所にある 都立町田高校は、昭和初期の開校以来 地域住民に親しまれ、  自主・自立を重んじる教育方針として  知られています。 その精神をうける野球部でも 「考える野球」を大切にし、 部員総数28名、日々充実した練習を 行っています。

あなたにおすすめ

たのしい!妄想物語

国立筑波大学附属坂戸高等学校 Itsuki Project 制作作品 この物語はものすごいスピードで時が変異していく超短編恋愛コメディです。カットをたくさん使い、強調させたい部分に視線を誘導できるように工夫したつもりです。是非見てみてください!

いつの時も青かった空(予告編)

東京都立青井高等学校 映像研究会 制作作品 空が青いことの意味を考えたことがあるだろうか。当たり前のこと、大切なことに気づけずに人は生きている。主人公は、幼馴染に起こったある出来事をきっかけに、空が青いことの意味をはじめて考えた。

ちば♪うみ

屋久島おおぞら高等学校 映画研究部 制作作品 千葉といえばきれいな海!そしてその海の恩恵を受けあたたかい心を持った人たちが暮らしています。天気は悪くても、海は荒れていても、気持ちが沈んでいても、あたたかい心はそこにあります。

紙芝居「私の故郷」

実践学園高等学校 映画同好会 制作作品 東の国と西の国。2つの国に翻弄された男の半生を描いた物語を、紙芝居を用いて語ります。故郷とはいったいなんなのか。私なりの結論を出しました。

グレイシュブルー

名古屋大学教育学部附属高等学校 映像演劇サークル制作作品 夢を見ること、支えるということ、何事もきれいに行かないこと。 むなしくて全部から逃げたくなること。 青春特有の寂寥感の色、グレイシュブルーを味わってください。

ピックアップ

【高校野球2017夏 西東京大会 チーム紹介】明治学院東村山高等学校

東村山市富士見町にある明治学院 東村山高等高校。 部員数は、1年生16人、2年生14人、3年生21人の、合わせて51人。 チーム史上最高成績のベスト8を目標に、昨年改修された真新しい天然芝のグラウンドで、日々練習に励んでいます。

掲示“番”4月前編

「掲示“番”」は、地域の皆様に出演いただき、1分間でイベント告知やメンバー募集などのお知らせを自由にしていただくことができる、地域住民参加型の番組です。また、毎週月曜日~金曜日に放送しているニュース番組、CACかわら“番”のコーナーとしても放送しています。 イベントや発表会の告知、出演者やスタッフの募集、各種サークル・教室の生徒募集、新商品のご案内、新店舗オープンのお知らせ、ご家族・ご友人に宛てたお祝いのメッセージ、特技の披露などなど何でもOK! 出演は随時受付中!あなたの伝えたいことを地域の人々に向けて発信してみませんか? 詳しくはこちら(http://www.cac12.jp/cac-channel/keijiban.html)

第46回魁星旗争奪全国高校勝抜剣道大会 米沢 対 立教池袋

2017年3月29日から31日にかけて、秋田県立武道館で開催された熱戦の模様をご覧ください。

UP!アップ!関ガール シーズン2 vol.112.MXF

関西のケーブルテレビを応援するために結成されたアイドルユニット「関ガール」が毎回、過酷な企画にチャレンジするバラエティ。

オトナはミナイデ! 2015年10月放送 #7

まだオトナになる一歩手前の岐阜の女の子が 放課後トークする番組。だからオトナはミナイデ!ね 2015年10月放送 #7 出演:みりおん えりこ・MAIPU・もやし・ERIPISU

どーでもネタ百科 第26回 BANBANラジオはどこまで聞こえる…?

どうでもいいけど何か気になる・・・街にあふれるそんな話題を徹底取材!明日からすぐに使える「話のネタ」をご提供します。

なるほど!聞きコミテレビ#64高岡七夕まつり 前編

高岡ケーブルネットワークアナウンサー、菅野もえが、 富山県高岡市のことをもっと知り、市民ともっと親しくなるべく、 皆さんの住む地域や市内のイベントにおじゃまします。 “聞きコミ”とは“聞いてコミュニケーション”の略。 身近な話題から時事の話題まで、毎週さまざな質問を携え、 いろいろな場所でインタビューします。 第64回:高岡七夕まつり 前編 テーマ「夏の思い出」

なるほど!聞きコミテレビ#35ふれあい福祉センター

高岡ケーブルネットワークアナウンサー、菅野もえが、 富山県高岡市のことをもっと知り、市民ともっと親しくなるべく、 皆さんの住む地域や市内のイベントにおじゃまします。 “聞きコミ”とは“聞いてコミュニケーション”の略。 身近な話題から時事の話題まで、毎週さまざな質問を携え、 いろいろな場所でインタビューします。 第35回:ふれあい福祉センター テーマ「捨てられないもの」

【高校野球2017夏 東東京大会 チーム紹介】帝京高等学校

帝京高等学校・野球部は、夏の甲子園に12回出場し、 平成元年と平成7年に2回優勝。 春の選抜には、過去14回出場し、 平成4年に全国制覇を果たすなど、 全国にその名を轟かせる高校野球の伝統校です。 部員数は現在、58人。 長打力のあるバッターがクリーンナップに並ぶ爆発力がある打線、 バリエーション豊富な投手陣、 安定した守備を武器に、 甲子園出場、全国制覇を目標に掲げます。

【高校野球2017夏 東東京大会 チーム紹介】都立蒲田高等学校

都立蒲田高校は三年生4人をふくむ部員8人の小さな野球部。 今年、新チームになってから公式戦は2戦2敗と勝ちに恵まれてはいませんが、 小さいチームならではのチームワークの良さで夏の大会にのぞみます。 この夏エースとしてマウンドにたつのが小松優介選手。 気持ちが強くマウンド度胸の良さには定評があります。 また、その球を受けるキャッチャーが小松優一選手。 そう、二人はなんと双子のバッテリーなんです。