高岡ケーブルネットワーク(株)

イイモノウレシ #5 ドライブ×プロダクト

提供元:高岡ケーブルネットワーク(株)

お気に入り
  • facebook
  • twitter
  • google plus
  • LINE
番組紹介

高岡発!クラフトショートムービー
「高岡鋳物と漆器」をテーマに高岡市内を旅します。

■第5話 ドライブ×プロダクト
高岡市内をドライブする3人。ショッピングを楽しんだあとは、
高岡名物「吉宗のカレーうどん」と「宮田のたいやき」でお腹いっぱい。
そのあとは、山町筋のクラフトギャラリーに立ち寄って鋳物体験。
砂型に融けた錫を流し込んで、ぐい呑みを作ります。
高岡のオアシス・古城公園動物園を巡った3人だったが、気付くとそこは高岡駅・・・

シリーズ/関連動画

この動画には関連動画があります、他も見てみませんか?

イイモノウレシ #4 着色×お茶

高岡発!クラフトショートムービー ■第4話 着色×お茶 鋳物の街・高岡を象徴する高岡大仏を訪れた3人。その大きさにびっくり。 このあと訪れた町屋でお茶席体験をします。 着色技法でさまざまな模様が浮かび上がった花器や時計がある室内で、 3人はお点前を習ってお茶をいただきます。

イイモノウレシ #3 螺鈿×酒

高岡発!クラフトショートムービー ■第3話 螺鈿×酒 高岡市内の居酒屋を訪れた3人は、漆塗りの酒器で乾杯します。 赤や黒の漆塗の器には、富山湾でとれた鮮魚や料理が盛り付けられます。 周りに居合わせた先客とともに、高岡の夜を楽しみます。

イイモノウレシ #2 真鍮×祭り

高岡発!クラフトショートムービー ■第2話 真鍮×祭り 高岡市金屋町で開かれる御印祭を訪れた3人。高岡クラフトを扱う石畳通りの町屋を訪ねます。 店内で鋳物製品の説明をうけた後、真鍮製のフォークで和菓子をいただきます。 弥栄節踊りの町流しがあると聞いた3人は外へ出て、祭りの雰囲気を楽しみます。

高岡しっとる検定#28 文苑堂福田本店検定

富山県高岡市に関するさまざまな話題を“検定クイズ”形式で取り上げます。 出演は、高岡市出身の津軽三味線芸人、中山孝志と安藤有希子。 ディープな高岡ネタ満載のトークバラエティです。

おしえて!獅子舞テレビ #27長慶寺(前編)

1400年の歴史を持つ日本の民俗芸能。獅子舞。 中でも富山県は1170の地区で舞が伝承されていて、獅子舞の数が日本一だといわれています。 おしえて!獅子舞テレビは地域の宝として受け継がれてきた獅子舞の魅力を富山県高岡市から発信する日本初の獅子舞エンターテインメント番組です。 ★第27回:長慶寺(前編) ・とやま獅子舞百選 ・獅子頭チェック ・カヤに人がいなくなる!? ・お面チェック ・5分でわかる獅子舞講座「氷見の獅子舞」ほか

高岡しっとる検定#11 楽器検定

富山県高岡市に関するさまざまな話題を“検定クイズ”形式で取り上げます。 出演は、高岡市出身の津軽三味線芸人、中山孝志と安藤有希子。 ディープな高岡ネタ満載のトークバラエティです。

編集チームおすすめ

激流と闘う乙女たち 栄光への軌跡

第44回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード グランプリ総務大臣賞に輝いた作品をどうぞご覧ください。

ランキング

人生の教科書 絆がつなぐ秋田学習旅行40周年

秋田県仙北市は、自然と文化と観光の町。この町で40年続く行事があります。それは、人と人とがつなぐ絆の物語です。 東京都町田市にある和光中学校は、2年生の秋になると秋田を訪れ、文化と農業体験を通じてさまざまな人と出会います。 「秋田学習旅行」。それは、人生の学びの場。「秋田学習旅行」は、農家と和光中学校とわらび座の信頼関係が築いた、長年続く行事です。 番組では、40年続いた“理由”を探ります。観光とも文化とも違う秋田の魅力がそこにありました。

第100回全国高等学校野球選手権記念東千葉・西千葉大会 出場校紹介動画 県立千葉南高等学校

中央区花輪町にある千葉南高校。野球部には、37人の部員が所属。鈴木監督指導の下、今年は、夏の大会に向けて実践を想定した練習に力を入れてきました。

【高校野球2018夏 東東京大会 チーム紹介】都立浅草高等学校

台東区にある浅草高校は単位制3部制の学校で去年硬式野球部を設立。現在の部員数は3年生の今仁武選手一人で渋谷國之監督とマンツーマンで練習しています。 浅草高校は他校との連合チームを結成し今年の春の大会は浅草・かえつ有明・科学技術・桐ヶ丘の4校で出場し初戦敗退。この夏も同じ連合チームで出場します。 今選手はチームの中で3番のクリーンナップを務める重要な役割。 小中学校で軟式野球に取り組み、浅草高校で去年から硬式野球の道に進んだ背景には「誰にも負けない野球への愛」があります。

UP!アップ!関ガール シーズン2 vol.96.MXF

関西のケーブルテレビを応援するために結成されたアイドルユニット「関ガール」が毎回、過酷な企画にチャレンジするバラエティ。

UP!アップ!関ガール シーズン2vol55

関西のケーブルテレビを応援するために結成されたアイドルユニット「関ガール」。この番組はそんな彼女たちが毎回ゆる~いチャレンジを繰り返しながらアイドルとして成長していくバラエティ!

あなたにおすすめ

C033 六本木坂めぐり

東洋英和女学院高等部映像制作部 制作 六本木、それはまさに都会のど真ん中。そんな場所にも昔から変わらないものがあります。少し足をのばしてみれば、きっと小さな発見があるはずです。

eiga worldcup 2017 自由部門 待つ

千葉県立小金高等学校

C028 あの坂、のぼれば

eiga worldcup2016 地域部門出品作品 静岡県立富士高等学校 映画研究部 あの頃はあんなに嫌だった地元が今では懐かしく、愛おしい場所になっている。いつまでも変わらない、変わってほしくない故郷があると気づくことができる映画です。

Y039 プロットツイスト 予告編

eiga worldcup2016 自由部門出品作品 東京都立戸山高等学校 3年C組 物語の展開を伝える役割を担う、ナレーション。もしそれが、主人公に聞こえていたら。物語の筋-プロットは歪曲し、予想を超えた展開に...?主人公とナレーションの軽妙な掛け合い、個性豊かな友人たちにご注目。

Y038 僕らの友情(予告編)

早稲田大学本庄高等学院映画部 制作 何気ない日常を送る高校生たちが突然宇宙人と対峙することになります。非日常を目の前にしたとき、われわれ人間はどのような選択をするのでしょうか。主人公ジャックと親友トミーの友情あふれる物語です。

ピックアップ

HYPER DASH基地#8【おたすけパーツが二人を救う!もうコースアウトなんてしたくないっ!!】

この世のどこかに存在するHYPER DASH基地。笑いあり!涙あり!レーサーに必要な情報あり!“ミニ四駆”にかけたあの頃の熱い想いを持った大人達必見!心のスイッチをONにするのは今だ!

J031 Anoter Possibility ~それは、俺たちが目指したもう一つの未来~

奈良県立奈良北高等学校コンピュータ部・映画研究部 制作 3年生にとってはこれまでの活動の集大成です。みんなで楽しく制作しました。よろしくお願いいたします。

【高校野球2018夏 西東京大会 チーム紹介】東京工業高等専門学校

今年のチームは、人数は少ないですがその分チームワークに優れており、メンバーは学年の垣根を越えて仲良くまとまっています。守備からリズムを作って得点を重ねるのが得意のスタイルです。

オトナはミナイデ! 2015年11月放送 #8

まだオトナになる一歩手前の岐阜の女の子が 放課後トークする番組。だからオトナはミナイデ!ね(笑) 2015年11月放送 #8 出演:みりおん まりん・まいぷー・かなみん・なっきー

原爆散歩-時を紡ぐ 改

現在長崎ケーブルメディアで放送中の「ながさき原爆記録全集」の番組内企画 「原爆散歩」の総集編。 長崎に数多く残る原爆写真の場所を特定解明する企画を 心地よいBGMに乗せてお届けします。 70年以上前の原爆写真と同じ場所の現在を見つめ直します。

【高校野球2017夏 西東京大会 チーム紹介】聖徳学園高等学校

文武両道の聖徳学園野球部。守り勝つ野球で小技をからめて得点を積み重ね、一戦必勝で西東京大会ベスト8を目指します!

【高校野球2018夏 西東京大会 チーム紹介】都立小平西高等学校

小平市小川町にある都立小平西高等学校。 部員はマネージャーを合わせ47人で、年々増加しています。 去年・おととしと夏の大会は3回戦で敗退。 その壁を超えるため今年はチーム1丸となって挑みます。

ふわっと・・・欣様 -What? KIN-SAMA- 9月前半号

ふわっと・・・欣様 -What? KIN-SAMA- 特別ゲストに柏原市のふけ市長をお迎えし、 ふけ市長と共に柏原市の魅力をたっぷりとご紹介しまーす。

CATCH UP #18帝塚山大学TEZUcafe(3期生)

仕事に奮闘する人、地域を盛り上げようとがんばる人、夢に向かって毎日がんばる人、そんな人たちが奈良にはたくさんいます。今回は『帝塚山大学 TEZUcafe』3期生の活動を「CATCH UP」! 道の駅吉野路大塔で4月から11月の毎日曜日に期間限定で営業している「TEZUcafe」。五條市と帝塚山大学食物栄養学科の学生が連携しレストラン就労体験型実習として五條産鹿肉、猪肉を使ったカレーやカフェメニューを提供しています。管理栄養士を目指す学生だけですべての運営を行っているこの「TEZUcafe」の取り組みは今年で3年目。今年は、地域に愛され地域に根ざした「TEZUcafe」を目指して、五條産食材を使ったレシピ開発や地元小学生への食育出前事業など、地域との連携をさらに強固にする目標の下、活動を行ってきました。今回は「TEZUcafe」3期生のみなさんの1年間の奮闘を追いました。