J:COM

さっぽろ見聞録「リニューアルされた中央図書館」

提供元:J:COM

お気に入り
  • facebook
  • twitter
  • google plus
  • LINE
番組紹介

札幌市内の様々な地域の歴史や文化、話題などを紹介しその魅力を伝えるミニ紀行番組。今回はリニューアルされた「中央図書館」を紹介します。
図書館のあり方も、いま、かたちを変えつつあります。「本の森」としてリニューアルした中央図書館では、来館して本や雑誌を読むだけでなくデジタル化された本をネットを通して見ることができます。それに加え館内も居心地の良い空間として変化。本と接する楽しさをお伝えします。

シリーズ/関連動画

この動画には関連動画があります、他も見てみませんか?

さっぽろ見聞録「見て触れて考えてみよう 札幌市青少年科学館」

札幌市内の様々な地域の歴史や文化、話題などを紹介しその魅力を伝えるミニ紀行番組。今回は新たに、天文・地域科学のコーナーが登場した「札幌市青少年科学館」を紹介します。 巨大な地球をイメージしたドームを中心に太陽系から北海道の成り立ちまでを学べる施設とともに、実演などを通して自ら触れ体験して考えることができる科学の不思議と楽しさをお伝えします。

【高校野球2018夏 東東京大会チーム紹介】東京成徳大学高等学校

東京成徳大学高校,今年のチームの柱となるのが右と左の2人のピッチャー。滝本選手は、多彩な変化球を駆使し打たせて取るピッチングで、2年生の福本選手は、キレの良いスライダーで相手打者のバットから空を奪います。守備からリズムを作り攻撃につなげる野球で100回の記念大会に挑みます。

【高校野球2017夏 東東京大会 チーム紹介】立志舎高等学校

墨田区太平の立志舎高校、これまで夏の大会でのチーム最高成績は、2013年夏の4回戦進出。新チームになってから、間もなく1年を迎えますが公式戦ではまだ1勝しか挙げていません。 現在、7人の3年生を中心に32人が日々の練習に励んでいます。 チームのキャプテンは3年生の上森大成選手。練習の時は厳しいですが普段は明るく部員たちからも慕われています。 ピッチング練習に励むのはエースの前薗龍之介選手。ストレートとカーブを武器に 打たせてとるプレイを得意とします。 攻撃の要、4番を務めるのは2年生の西原魁士選手。今年の立志舎高校は、個々の能力に期待するのではなくチーム全体の総合力を高めシンプルな野球を武器に初戦突破をめざします。

【2016夏・高校野球 埼玉大会 チーム紹介】川口高等学校

埼玉県川口高等学校の部員数はマネージャーを含め88人で、2年生が最も多く、レギュラーにも2年生が多く起用されています。一糸乱れぬ団結力と溢れる気迫が持ち味。部のモットーはずばり、「男の修行」です。

【2016夏・高校野球 埼玉大会 チーム紹介】飯能高等学校

埼玉県立飯能高等学校。野球部は1955年創部と伝統があり、過去にはプロ野球選手も輩出しています。部員数は10人。少ない人数ながらも今年の春季大会西部地区予選では10年ぶりの県大会出場を果たしました。夏の大会でもチーム一丸となって戦います。

【高校野球2018夏 西東京大会 チーム紹介】都立町田高等学校

町田駅の繁華街からほど近い所にある 都立町田高校は、昭和初期の開校以来 地域住民に親しまれ、  自主・自立を重んじる教育方針として  知られています。 その精神をうける野球部でも 「考える野球」を大切にし、 部員総数28名、日々充実した練習を 行っています。

編集チームおすすめ

平成30年7月豪雨 義援金募集のお知らせ

ご支援・ご協力をお願いします。

ランキング

わがまちの風景【尼崎市塚口町】

わたしたちの住むまちの風景を音楽とともにお届けします

【高校野球2016夏 西東京大会 チーム紹介】都立大泉高等学校

部員数は、マネージャーを含め13人と少ないですが、「一連托生」をモットーに、「全員野球」で勝利を目指します。

【高校野球2018夏 東東京大会 チーム紹介】都立大田桜台高等学校

今年で学校創立10年目となる都立大田桜台高等学校。夏の大会出場は軟式野球部から硬式野球部となって6回目となります。選手が8人しかいない大田桜台高校野球部では今大会、立正大立正から2人の選手派遣を受けての出場となります。チームのスローガンは「常笑野球」。どんなつらい時でも笑顔でプレーしピンチを乗り越える、そんなチームの最大の武器はバッティング。週末には一日に2000本のティーバッティングを行うなど、バットの振り込みはどこにも負けない自信があるそうです。

投げ釣りキス狙いin里浦海岸

今月の海遊人は、徳島県より初夏の釣り、キスの投げ釣りをお送りします。 狙うは20cmを越える大物キス!前日までは絶好調という情報で、意気揚々と徳島に乗り込んだ海遊人軍団ですが、まさかの状況に遭遇・・・。はたして徳島の海は、やのっちに微笑んだのか!?

レーシングスピリット 2015年6月号(鈴鹿8耐参戦 TSR ジョシュ・フック選手)

鈴鹿8時間耐久ロードレースを前に、地元トップチームTSRのジョシュ・フック選手に密着。全日本ロードレース開幕戦の模様や普段の生活ぶりをお届けします。

あなたにおすすめ

おしえて!獅子舞テレビ #10角(後編)

1400年の歴史を持つ日本の民俗芸能。獅子舞。 中でも富山県は1170の地区で舞が伝承されていて、獅子舞の数が日本一だといわれています。 おしえて!獅子舞テレビは地域の宝として受け継がれてきた獅子舞の魅力を富山県高岡市から発信する日本初の獅子舞エンターテインメント番組です。

妙なる島 佐渡金銀山 世界遺産への道 其の十~其の十三

日本の近代化遺産のひとつである佐渡金銀山。鉱山技術は当時の最先端が注ぎ込まれていました。世界遺産登録に向けて、今改めて佐渡金銀山の魅力に迫ります。 其の十  金の港町「小木」 其の十一 金の道 出雲崎 其の十二 天領 出雲崎 其の十三 金の道 出雲崎の暮らし

姫路の鬼追い(追儺)⑤

人々を加護する仏神の化身! ~八正寺(中村)鬼会式~

ILC科学少年団 第1話

現在日本での建設が有力視されているILC(国際リニアコライダー)その謎を追うのは、宇宙に興味を持つ少年ハルくん。広大な宇宙と、最小な素粒子、大きな世界を紐解く小さな世界を調べていきます。 ILC科学少年団Facebookページ→https://www.facebook.com/ilcboys

2017となみ野の風景「砺波出町子供歌舞伎曳山祭」

富山県砺波市の出町神明宮の春季祭礼行事「砺波出町子供歌舞伎曳山祭」2017年の演目は「壺坂霊験記」目が不自由な沢市と妻のお里の夫婦愛を描いています。情感豊かな子供たちの演技は多くの人の心を魅了しました。(2017年4月)

ピックアップ

なるほど!聞きコミテレビ#39福岡校下

高岡ケーブルネットワークアナウンサー、菅野もえが、 富山県高岡市のことをもっと知り、市民ともっと親しくなるべく、 皆さんの住む地域や市内のイベントにおじゃまします。 “聞きコミ”とは“聞いてコミュニケーション”の略。 身近な話題から時事の話題まで、毎週さまざな質問を携え、 いろいろな場所でインタビューします。 第39回:福岡校下 テーマ「夏と冬どっちが好き?」

奈良イチ研究所<生産量日本一 割り箸>奈良県下市町

奈良にある「一番」のものをなんでも「奈良イチ」として取り上げる『奈良イチ研究所』。番組では、「奈良イチ」の凄さや魅力、込められた想いなどを研究員が県内を駆け回って調べます。

まるごと動物ウォッチ#12 円山動物園(北海道)

テレビで楽しめるバーチャル動物園番組!今回は、札幌市の円山動物園をご紹介。2015年10月にニホンザルのサル山をリニューアル!より自然に近くなった姿は必見!

J060 two

eiga worldcup2016 自由部門出品作品 東京都立杉並総合高等学校 三年有志 杉並総合高校で史上初となるこの大会への挑戦は、ミステリー作品です。有志ということで、かかる費用や予定は全て自分たちに降りかかる中で最高のものを作り上げました。「two」の意味を考えながらご覧ください。

高校野球2017夏 東東京大会 チーム紹介 駒込高等学校

文京区千駄木の駒込高校は、春の都大会で昨年夏の優勝校、関東一高と大接戦! 春からの成長次第では今年の夏、東東京制覇も夢ではない! 今年の中心選手3人に選手同士でどんな選手か紹介していただきました。

ベイコム・地元ニュース(大阪版)2018年4月17日号

着物で作る和菓子(住之江) ウォルト・ディズニー・アーカイブス展 ミッキーマウスから続く、未来への道(北) 春のハンギングバスケット展(鶴見) パイロット体験講座(西淀川) 空に泳がせようボクのこいのぼり(住之江) 西明寺花まつり キッズサンガ(港) 筆供養祭・献茶祭(港)

【高校野球2017夏 東東京大会 チーム紹介】都立国際高等学校

人数が少ない分声を出し合いみんなでやっていきたい。この夏、全員野球で1勝をあげたい。

セナの週末トピックス 4消防訓練体験篇 ~その2~

壱岐市CATVのアナウンサーが壱岐はもちろん、時に島を飛び出して各地で体験したことを壱岐の人たちに紹介します。前回、壱岐市芦辺町にある消防本部を訪ねました。そこで唯一の女性消防士である下條さんに出会い、下條さんの指導のもと、特別に訓練を体験させていただきました。 今回は下條さんと、消防本部長にお話を聞きました。

2016 高校球児の夏 獨協高等学校

出演:我妻美月(オスカープロモーション)

隠岐★ドキ!あまチャンネル・ドキュメントAMA「保々見の庚申祭~12年後に引き継ぐための記録~」

隠岐ドキ!あまチャンネル、今回からまた新シリーズが加わります。 名づけて「ドキュメントAMA」、隠岐海士町の産業、自然、暮らし、人、など、さまざまな分野にカメラを向けて、現在の海士町を記録に残します。 第1回目となる今月は、海士町14地区のうち、3番目に世帯数が少ない保々見地区で、しかも12年に一度しか行われないという貴重な行事「庚申祭」を追いかけました。 中国三大宗教のひとつ「道教」の説く「三尸説」によると、庚申の日の夜、人の体の中にいるという三尸(さんし)の虫が、その体から抜けだし、天に昇って天帝にその人の悪事を告げ、天帝はその罪の重さに応じて、人の寿命を決めるといわれています。 そこで、三尸の虫が体から抜け出さないよう、寝ずに夜を明かすため、かつては庚申の夜、人々が集まって、会食や談笑をしながら一夜を過ごしたそうです。これを庚申待ちと言います。 この珍しい風習が、今でもまだ行われているのか、それに興味を持ち追いかけ撮影した2年前の映像です。 じつはこれ、「庚申祭は何のためにするのか、どうやってやるのか、また12年後忘れないように記録してほしい」と保々見地区の人に頼まれて撮影した映像なのですが、町内の多くの人にテレビで観てもらった方が良いと思い、今回番組として制作することになりました。 「庚申の日」の行事は、昔は町内すべての地区で行われていたそうですが、今では保々見地区だけになりました。 また12年後に引き継がれるように、この番組を保々見のみなさんに捧げます。