(株)ケーブルネット鈴鹿

レーシングスピリット 2016年3月号(鈴鹿8耐の父・故藤井璋美氏追悼企画)

提供元:(株)ケーブルネット鈴鹿

お気に入り
  • facebook
  • twitter
  • google plus
  • LINE
番組紹介

鈴鹿8耐を作った男、藤井璋美氏(レーシングチームTSR 名誉会長)が、昨年11月に亡くなりました。在りし日のインタビューを交え、藤井氏の功績を振り返ります。
また、TSRの最新情報もお伝えします。

シリーズ/関連動画

この動画には関連動画があります、他も見てみませんか?

レーシングスピリット 2016年4月号(女性レーシングライダー)

女性レーシングライダー、白石玲奈選手と三好菜摘選手が、地元チームから鈴鹿サンデーロードレースに出場! 彼女たちの奮闘に密着しました。

レーシングスピリット 2016年2月号(バイクショップDeLIGHTのレース活動)

イタリアンバイク、ドゥカティを扱うバイクショップ「DeLIGHT」(鈴鹿市)のレース活動に密着。NGK杯サンデーロードレースでイタリア車初のチャンピオンを狙う戦いを追いました。

レーシングスピリット 2016年1月号(フヂイエンヂニアリング)

三重県鈴鹿市に拠点を移したレーシングチーム「フヂイエンヂニアリング」のレースに密着。クラブマンスポーツクラスのチャンピオンを既に決めた鈴木啓太選手が最終戦はFormula Enjoy2のレースに出場。代表の藤井充さんの個性的な車作りに対する思いにも迫ります。

レーシングスピリット 2018年4月号(スーパー耐久 バースレーシングプロジェクト)

今年、24時間耐久レースが復活し注目されるチューニングカーの耐久レース、「スーパー耐久」。鈴鹿サーキットでの開幕戦に挑む、バースレーシングプロジェクト(三重県鈴鹿市)に密着しました。富士スピードウエイで開催される24時間耐久レースに向けたチームの情熱に迫ります。

レーシングスピリット 2017年8月号(世界のモリワキ 鈴鹿8耐に復帰 後編)

放送開始100回記念特別企画「世界のモリワキ 鈴鹿8耐に復帰 後編」 レーシングスピリット放送開始100回を記念して、9年ぶりに鈴鹿8耐に復帰するモリワキを2回シリーズで特集。今月はMORIWAKI MOTUL RACINGの鈴鹿8耐に 密着! レースシーンをたっぷりお届けし、鈴鹿が世界に誇るモリワキの戦いぶりを徹底取材します。苦労しながら迎えた9年ぶりの鈴鹿8耐。その結果やいかに。

レーシングスピリット 2016年12月号(ST600 伊藤レーシング)

全日本ロードレース選手権ST600クラスに参戦している地元チーム「伊藤レーシング」のチャンピオン争いに迫ります。

編集チームおすすめ

平成30年7月豪雨 義援金募集のお知らせ

ご支援・ご協力をお願いします。

ランキング

ならカフェめぐり「いとをかし」奈良市 phool

奈良にはお洒落で可愛いカフェがたくさんあります。おいしい料理やスイーツ、素敵な店内や雑貨など、カフェの『いとをかし』な魅力をのんびりご紹介する番組です。(放送:2016年12月)

めざせ!甲子園2018 日本工業大学駒場高等学校

夏の甲子園出場を目指すイッツコムエリアの高校野球部をご紹介する「めざせ!甲子園2018」。大会を直前に控えた各チームの練習風景や主将・監督のインタビューをお届けします。 日本工業大学駒場高等学校のスローガン・意気込み:「挨拶と返事で日本一を目指す」 【イッツコム夏の高校野球 特設サイト】 https://www.itscom.net/089

【高校野球2017夏 西東京大会 チーム紹介】穎明館高等学校

今年はどこからでも連打が飛び出す打撃のチーム。中高一貫教育で6年間共に過ごした、固いチームワークで勝利を目指す!

探求書~古書五合庵~

長崎市入船町にある古書店五合庵 さまざまな本を扱う古書店を営むご主人が見つめる探求書を取材しました

桐原冬夜の生録大自然の旅~信越トレイルの一年を追う~ 第6話

長野と新潟県境の里山を巡る全長80kmの「信越トレイル」 豊な自然と歴史・文化を感じる国内第一号の本格的ロングディスタンスハイキングコースです。 6日間を要するこのコースにはたくさんの動物や植物が生息しています。 自然大好きなパーソナリティー桐原冬夜がこのトレイルを一年間かけて追います。

あなたにおすすめ

第100回 全国高等学校野球選手権記念 東千葉・西千葉大会 出場校紹介 千葉敬愛高等学校

7月11日に開幕する東千葉・西千葉大会に向けて、エリア内の主な出場校を紹介。選手・監督のインタビューや練習風景を交えながらチームの一球に込めた想いを総力取材!この夏に向けた球児たちの姿をお見逃しなく!

第100回全国高等学校野球選手権記念東千葉・西千葉大会出場校紹介 県立行徳高校

「懸命に粘り強く」をスローガンに、日々の練習を大切にして夏の大会に向けた準備をしています。 堅い守りで流れをつかみ、積極的なバッティングで接戦をものにしたいと、1年生主体のチームで夏の大会に臨みます。

第100回全国高等学校野球選手権記念東千葉・西千葉大会 出場校紹介動画 昭和学院秀英高校

千葉市美浜区にある中高一貫教育を掲げる昭和学院秀英高校。 難関大学の現役合格率が県内トップクラスの学校です。 学校の教育方針で、限られた練習時間とグラウンドを使用しながら、 3年生を中心に22人の部員が、川本監督のアドバイスも受けつつ、 自分たちで練習メニューを考えながら力を高めています。 攻撃的な野球で、まずは1勝を目指し、全員野球で臨みます。

【高校野球2018夏 東東京大会 チーム紹介】都立富士高等学校

大正9年に開校し、8年前の平成22年に中高一貫校として生まれ変わった都立富士高等学校。野球部の創部は平成12年。部員数は、現在、マネージャーを含め20人です。これまでの最高成績は平成19年の西東京大会ベスト8。

第46回魁星旗争奪全国高校勝抜剣道大会 中央学院 対 秋田中央

2017年3月29日から31日にかけて、秋田県立武道館で開催された熱戦の模様をご覧ください。

ピックアップ

2017となみ野の祭り「となみ夜高まつり」

砺波市に大正時代から続く豊年満作を祈る田祭。若衆の力が結集され、大小合わせて約20本の夜高行燈が街を練りまわり絢爛豪華を競います。また2日目の突き合わせでは、2台の大行燈が左右に分かれ、勢いよく走ってきた両者の行燈が激しくぶつかり合い、会場は熱気に満ち溢れます。(2017年6月9日~10日)

レーシングスピリット 2017年1月号(窪田俊浩選手)

2016年スーパー耐久レースST5クラスの王者に輝いた、三重県鈴鹿市在住のレーシングドライバー窪田俊浩選手。今回は、鈴鹿サーキットで開催された鈴鹿クラブマンレースのHonda FITによるレース参戦の模様を中心に紹介します。

デイリーニュース「2015ツール・ド・フランス さいたまクリテリウム」選手発表記者会見

9月24日、さいたま新都心にて開催された「J:COM presents 2015ツール・ド・フランス さいたまクリテリウム」選手発表記者会見の模様をJ:COM「デイリーニュース」関東全域で当日夕方生放送。 今回の大会では、J:COMは中継放送メディアとしてのみならず、プレゼンティングスポンサーとしても参加し、大会を盛り上げます。

J015 神様がいた。

東京都立若葉総合高等学校映画制作部 制作 へんな助っ人が出てくるお話です。自分の友人に対しての想いを込めた作品にしました。登場人物の心情を表現するためにカメラワークにこだわりました。しかし、音質はあまりいいものではないです。よろしくです。

Y058 少女は思い出にもならない。(予告編)

埼玉県立芸術総合高等学校映像芸術科 制作友達は自分を守るピースのひとつでしかなくて、代わりがいて、いつだって乗り換えられる。そんなわけある?そんなわけない?

ニュースウォーカー1216放送「創成高校がついに統合!」

12月16日放送のSTVニュースウォーカーから、統合し須坂創成高校となった須坂商業高校と須坂園芸高校。新校舎完成まで、別のキャンパスで学んでいた「商業科の生徒」が、須園キャンパスに初登校した話題を紹介します。

【高校野球2016夏 東東京大会 チーム紹介】都立雪谷高等学校

昭和28年創部で、 2003年の夏には甲子園出場を果たしている都立雪谷高校野球部。 現在、マネージャーを含め、100人の部員が所属しています。 今年は、投手陣が失点を少なく抑え、機動力を生かした攻撃で、 一試合一試合、着実に勝利をつかみとります。

【高校野球2017夏 東東京大会 チーム紹介】都立江戸川高等学校

江戸川区にある「都立江戸川高等学校」。 野球部の部員は総勢62人。夏の大会では、一昨年3回戦 昨年は準々決勝進出と飛躍、春の都大会では初戦敗退したものの 夏の大会を前に、課題であった打撃を中心に選手一人ひとりが力を付けてきています。 昨年のチームに比べ、小柄な選手が多い今年の江戸川。 機動力を生かし、バントやバスターでランナーを進め、チーム一丸となって一点をもぎ取ります。 その一点を、橋本監督のもと、鍛えられた堅実な守備で守り、接戦を勝ち抜きます。

【高校野球2017夏 東東京大会 チーム紹介】都立大崎高等学校

チームのモットーは「常に感謝の気持ちを忘れないこと」。創部4年目で、公式戦では一度も勝てていないので、まずは一勝を目標に頑張っています。

めざせ!甲子園2018 青山高等学校

夏の甲子園出場を目指すイッツコムエリアの高校野球部をご紹介する「めざせ!甲子園2018」。大会を直前に控えた各チームの練習風景や主将・監督のインタビューをお届けします。 青山高等学校のスローガン・意気込み:「絶対勝つぞ!」 【イッツコム夏の高校野球 特設サイト】 https://www.itscom.net/089