(株)ケーブルネット鈴鹿

レーシングスピリット 2016年5月号(Honda鈴鹿レーシングチーム 亀井雄大選手)

提供元:(株)ケーブルネット鈴鹿

お気に入り
  • facebook
  • twitter
  • google plus
  • LINE
番組紹介

本田技研工業株式会社鈴鹿製作所の社内クラブチーム「Honda鈴鹿レーシングチーム」。従業員ライダー亀井雄大選手のレースに密着しました。

シリーズ/関連動画

この動画には関連動画があります、他も見てみませんか?

レーシングスピリット 2016年6月号(新アトラクション「サーキットチャレンジャー」)

この春新たに登場した、鈴鹿サーキット国際レーシングコースを走る乗り物「サーキットチャレンジャー」。新設計のゴーカートに込めた鈴鹿サーキットの思いに迫ります。

レーシングスピリット 2016年4月号(女性レーシングライダー)

女性レーシングライダー、白石玲奈選手と三好菜摘選手が、地元チームから鈴鹿サンデーロードレースに出場! 彼女たちの奮闘に密着しました。

レーシングスピリット 2016年3月号(鈴鹿8耐の父・故藤井璋美氏追悼企画)

鈴鹿8耐を作った男、藤井璋美氏(レーシングチームTSR 名誉会長)が、昨年11月に亡くなりました。在りし日のインタビューを交え、藤井氏の功績を振り返ります。 また、TSRの最新情報もお伝えします。

レーシングスピリット 2017年3月号(外国人エンジニア フィレップ・タマス)

レーシングガレージ・フヂイエンヂニアリング(三重県鈴鹿市)で働くハンガリー出身の外国人エンジニアに密着。彼が来日してまで情熱を注ぐプロジェクトとは。そして、外国人から見た日本、鈴鹿のレースの印象も聞きました。

レーシングスピリット 2016年10月号(鈴鹿サンデーロードレース参戦 久保直諒選手)

鈴鹿サンデーロードレースJP250クラスに参戦する久保直諒選手(三重県立稲生高等学校卒業)が再び登場。優勝争いをするほどに成長した久保選手のレースに迫ります。

レーシングスピリット 2015年7月号(SUZUKA Sound of ENGINE)

5月23日・24日に鈴鹿サーキットで初開催されたヒストリックイベント「SUZUKA Sound of ENGINE」。往年の名車が一堂に会したイベントのレポートをお届けします。また、1987年、鈴鹿サーキットで初めてF1日本グランプリが開催された当時の秘話を、鈴鹿サーキット総支配人荒木正和氏が語ります。

編集チームおすすめ

巨大な男根形の「ほだれ様」は農耕の実りと人の実りを守る神様

毎年3月の第2日曜日には地区をあげて、高さ2.2m、重さ約600kgの巨大な 男根形の御神体のご利益にあやかろうとする「ほだれ祭」が催されます。

ランキング

やっべぇぞ!!ハラが減っては戦はできぬ第16回

漫才コンビ「コロコロチキチキペッパーズ」が、奈良の美味しいグルメを堪能。 お腹いっぱいになった2人は部活やサークルに突撃してガチンコ対決を挑みます。 今回は、一(奈良市)と奈良大学付属高校 剣道部を訪ねました。  

UP!アップ!関ガール シーズン2vol57

関西のケーブルテレビを応援するために結成されたアイドルユニット「関ガール」。この番組はそんな彼女たちが毎回ゆる~いチャレンジを繰り返しながらアイドルとして成長していくバラエティ!

UP!アップ!関ガールシーズン2 vol.35

関西のケーブルテレビを応援するために結成されたアイドルユニット「関ガール」。この番組はそんな彼女たちが毎回ゆる~いチャレンジを繰り返しながら アイドルとして成長していくバラエティ!

ながさき水中散歩#1ウミガメに会いに行こう!

長崎の海で意外と知られていないのが、ウミガメ! 実は長崎の海でも見ることができるんです。 今回は、水中観察家の中村さんのマル秘ポイントでウミガメを探したいと思います。

J037 King of The 青春

東京都立青井高等学校映像研究部 制作 誰もが日々の中で正解を探して生きている。いつか振り返った時に決して後悔しないように。夢を追いかけること、誰かを想うこと、ただ一生懸命に生きること。「King of The 青春」 それが答えだった。

あなたにおすすめ

秋田高校

いよいよ、夏の甲子園出場校を決める「第98回全国高校野球選手権秋田大会」が 12日に開幕しました。甲子園をかけた球児たちのアツイ思いをお伝えします。 今回は秋田県立秋田高校を紹介します。

【2016夏・高校野球 埼玉大会 チーム紹介】叡明高等学校

去年の春、さいたま市にあった小松原高等学校が、越谷レイクタウンに移転。叡明高等学校として新しく生まれ変わりました。足を使い相手をかく乱させ、「走塁」を武器とし上位を目指します。

2016夏・高校野球千葉大会チーム紹介 県立柏南高等学校

柏市の県立柏南高校の野球部員は70人、去年は3回戦で惜しくも敗退しましたが今年の目標は甲子園!言葉より態度で示しチームをまとめるキャプテンの3年、内野手の森川選手。そして注目選手は3年、ピッチャーの松野選手。投打ともに優れていてマルチに活躍する頼もしい選手です。夢を現実にするために日々練習に励んでいます。

【高校野球2016夏 西東京大会 チーム紹介】都立保谷高等学校

野球部員は、1年生14人、2年生19人、3年生15人、マネージャー5人の計53人。 チームのモットーは、『常勝常笑』 今年の夏は、全力で1点を取りに行く泥臭い野球で、目標の甲子園へ向けて1歩ずつ登って行きます!

【2016夏・高校野球 埼玉大会 チーム紹介】春日部東高等学校

1979年に創部。選手、マネージャー合わせて99人で活動し、甲子園という目標に向かって部員一丸となり、日々練習に励んでいます。勝敗のカギを握る投手陣は、右投げ、左投げ、下手投げの特徴が違う3人をそろえ、相手打線に合わせて、ストレートとスライダーを武器に打たせて取る巧みな投球と固い守りで勝利を狙います。

ピックアップ

J:COMpark 2016年7月前半号「大阪府交野市」

J:COMPark7月前半号は北河内エリア第二弾! 「大阪府交野市」を街ぶらしました!! 交野市は「星のまち」と言われておりまして 七夕伝説にまつわるものが市内に数多く点在しています。 今回は、2人がショートドラマ???にも挑戦しております! お楽しみに! WEB:http://c.myjcom.jp/jch/p/jpa/ ブログ:http://jcomch-kansaiobp.blogspot.jp/ フェイスブック:https://www.facebook.com/jcompark/ ツイッター:https://twitter.com/JCOMPark

J022 削り、生み出す~愛と希望~

埼玉県立坂戸高等学校放送部 制作 この作品は、私たちの高校の文化祭で飾るためのオブジェを作った先生と生徒さんにスポットライトを当てた作品です。オブジェの製作過程に注目しながらご覧ください!

壱岐巨樹名木物語第1話

長崎県壱岐市の巨樹・名木を草木に詳しい郷土研究家と訪ねます。長い時を超えてつなぐ命。生き残るための木々の知恵と神秘の世界を全4回に渡って紹介します。

J033 アドレッセンス

eiga worldcup2016 自由部門出品作品 国府台女子学院 映画部 中1から高2が団結し、さらに今年は演劇部にも協力してもらい作品を作り上げました。ストーリーは双子という複雑な関係をテーマとして、最後まで展開が分からない作品になっています。是非ご覧ください。

【高校野球2016夏 東東京大会 チーム紹介】攻玉社高等学校

元気のよい2年生がチームのムードをもりあげている攻玉社高校。一戦必勝を合言葉に大会に挑みます。

土崎港曳山まつり

国の重要無形民俗文化財に指定されている土崎神明社の例祭である、「土崎神明社祭の曳山行事」は、秋田の夏を熱く彩る「土崎港曳山まつり」の愛称でも親しまれています。  曳山行事は大変古くから行われていたようで、宝永2年(1705)、神輿渡御(みこしとぎょ)が行われたという記録があり、寛政元年(1789)の祭りを見た津村淙庵の「雪のふる道」に、たくさんの曳山が曳かれている様子が描かれています。

2016 高校球児の夏 二松學舍大学附属高等学校

出演:我妻美月(オスカープロモーション)

C008 みんな、日曜日。

eiga worldcup2016 地域部門出品作品 埼玉県立芸術総合高等学校 映像芸術科 カメラを持って自分の住んでいる町、隣町などへでかけて撮影をしました。そこには人、もの関係なく、みんなそれぞれの日曜日の姿がありました。

福丸がゆく20170206尼崎市 立花町・後編

福丸がゆく20170206尼崎市 立花町・後編

2016夏・高校野球千葉大会チーム紹介 県立天羽高等学校

富津市数馬にある県立天羽高校は、今年で創立114年を迎える歴史のある高校で、現在千葉県が勧める自立した社会人を育てる「地域連携アクティブスクール」にも指定されています。天羽高校野球部は現在40人が在籍。1年生から3年生までほぼ同じ内容の練習をこなし、全員野球で試合に臨んでいます。昨年からスタメンで活躍しているキャプテンの河田選手が、チームを盛り上げます。また、今大会では、長身を生かしたストレートが持ち味のピッチャー山田選手と、緩急のあるピッチングが得意な2年生ピッチャー松本選手らもチームを支えます。