J:COM

【2016夏・高校野球 埼玉大会 チーム紹介】川越高等学校

提供元:J:COM

お気に入り
  • facebook
  • twitter
  • google plus
  • LINE
番組紹介

埼玉県立川越高等学校野球部の創部は明治34年。昭和6年と、昭和34年の2回、甲子園出場を果たしている古豪です。
今年はズバリ、粘り強いチーム。
投手力を含めて守りながらリズムを作り得点のチャンスを伺います。

シリーズ/関連動画

この動画には関連動画があります、他も見てみませんか?

【高校野球2018夏 西東京大会 チーム紹介】 都立杉並工業高等学校

今年で創部35年を迎える都立杉並工業高校野球部。指導歴32年の経験を持つ井上監督は筋力トレーニングを中心に選手のからだづくりの強化に努めてきました。

【高校野球2016夏 西東京大会 チーム紹介】都立町田高等学校

投手が安定し、リズムのある投球が出来るようになってきたので、失点も少なくなってきました。打撃が繋がれば常に優位な展開が期待できます。すべての力を発揮し、神宮の舞台に立ち、頂点を目指します。

【2016夏・高校野球 埼玉大会 チーム紹介】浦和学院高等学校

浦和学院高等学校野球部が目指すのは常に「優勝」の2文字。強豪校、浦和学院とあって、レギュラー枠を狙える1年生部員がいる今年のチームです。その存在がチームに刺激を与え、全体のレベルアップへとつながっています。

第100回全国高等学校野球選手権記念東千葉・西千葉大会 出場校紹介動画 東京学館船橋高校

東京学館船橋高校野球部の部員は73人。昨年の秋季大会では、1試合に2つのホームランを含む15安打を放ったこともある、攻撃力の高い打線が持ち味です。 今年の目標は、ずばり甲子園出場!爆発的な攻撃力を武器に夏の大会に臨みます。

J:COMpark 2017年3月後半号「祝!40歳記念!たつをマイホーム計画」

J:COMpark3月後半号は、たつをくんが40歳を迎えたということで 番組が余計なお世話をした企画「祝!40歳記念!たつをマイホーム計画」。 ということで、グランフロント大阪にあるパナソニックセンター大阪にお邪魔しました! パナソニックというから電化製品が置いてあるとお思いの方も多いと思いますが、 このパナソニックセンター大阪は違います! ここは暮らし、住まいの夢を叶えてくれる場所なんです! そんなこんなで、今回はたつをくんの夢をドラマ形式で、2つのリライフストーリーをご紹介しております。 いつものJパとは一味も二味も違いまっせ! WEB:http://c.myjcom.jp/jch/p/jpa/ ブログ:http://jcomch-kansaiobp.blogspot.jp/ フェイスブック:https://www.facebook.com/jcompark/ ツイッター:https://twitter.com/JCOMPark

【2016夏・高校野球 埼玉大会 チーム紹介】桶川高等学校

1972年に創部した野球部に所属する63人は、その多くが学校の半径5キロメートル圏内に住む、地元の選手たち。子どもの頃から顔見知りと言う選手も多く、選手同士の結束がより固いことが強みです。

編集チームおすすめ

平成30年7月豪雨 義援金募集のお知らせ

ご支援・ご協力をお願いします。

ランキング

【高校野球2017夏 神奈川大会 チーム紹介】荏田高等学校(横浜市都筑区)

荏田高等学校(横浜市都筑区) スローガン・意気込み「挑戦」

【高校野球 2017夏 東東京大会チーム紹介】実践学園高等学校

マネージャーを含む56人の部員が所属する 実践学園高等学校野球部。 部活動に集中できる環境のなか日々練習に取り組んでいます。 夏の大会では、投手を中心とした守り抜く野球で甲子園出場を目指します。

【高校野球2016夏 東東京大会 チーム紹介】東京実業高等学校

東京実業高校野球部は現在、116人の部員が所属しており、 3年前の夏の東東京大会ではベスト4まで勝ち進んだ実績があります。 波に乗ると甲子園の常連校を下すこともあり、 チームの爆発力には定評があります。

J072 オモイ

沖縄県立那覇国際高等学校映画研究部 制作 やりたい事をすべて詰め込んだ作品となっています。とても楽しんで作った作品ですので、見てくださる方にも楽しんでいただければと思います。

どーでもネタ百科 第51回 加古川の市章は「かっこ川」?

どうでもいいけど何か気になる・・・街にあふれるそんな話題を徹底取材!明日からすぐに使える「話のネタ」をご提供します。

あなたにおすすめ

【高校野球2017夏 西東京大会 チーム紹介】工学院大学付属高等学校

創部以来70年近い歴史を持つ野球部。総勢64人の部員たちが一丸となって、甲子園初出場を目指す!

【高校野球2018夏 東東京大会チーム紹介】墨田工業高等学校

野球部の方針…高い意識で日々の鍛錬に励み、レベルの高い「心・技・体」の習得に努める。 どんな野球部…個性が強く、元気が持ち味の野球部です。 ここは負けない…ここぞという場面での集中力と爆発力です。 好きな応援曲…墨田工業高校第一応援歌『蒼き空に』 主将の決意…強豪校相手でも臆せず戦い、目標に向かってガンガン攻めて勝ち進みたいと思います。

【高校野球2018夏 西東京大会 チーム紹介】都立富士森高等学校

昭和39年に創部となった八王子市の富士森高等学校 野球部。チームの特徴は「団結力」の強さ。昨年以上に厳しい練習を耐え、総勢54名で心を一つにチーム力を発揮します。

【高校野球2016夏 東東京大会 チーム紹介】帝京高等学校

夏の甲子園に過去12回出場。全国にその名を知られた名門、帝京高校。 部員数は現在56人。長打力のあるバッター、駿足の選手をそろえた攻撃型のチームで、今年は内野、外野ともに守備力が向上しました。 今年こそ甲子園出場なるか?そのカギを握るのは、投手陣の完成度、と語る帝京高校の名将・前田監督。キャプテンでエースの佐藤選手に意気込みを聞きました。

【高校野球2016夏 東東京大会 チーム紹介】都立大田桜台高等学校

平成21年の学校創立とともに創部した都立大田桜台高等学校野球部。 現在、マネージャーを含め、15人の部員が所属しています。 「全員野球で最後まで全力プレーで臨む」を スローガンにベスト16を目指します。

ピックアップ

第46回魁星旗争奪全国高校勝抜剣道大会 保善 対 米沢中央

2017年3月29日から31日にかけて、秋田県立武道館で開催された熱戦の模様をご覧ください。

コロコロチキチキペッパーズの 「やっべぇぞ!!」(奈良情報商業高校 カヌー部)

漫才コンビ「コロコロチキチキペッパーズ」がお届けする番組 「やっべぇぞ!!」 日々練習に励む学校の部活や、地元のサークルに突撃してガチンコ対決。 今回は「奈良情報商業高校 カヌー部」に突撃。ヒガシ逢ウサカ「高見」も登場。

Y009 カメラを持って。 予告編

eiga worldcup2016 自由部門出品作品 鎌倉学園中学校・高等学校 映画研究同好会 新入部員によって映画部一人一人が動き、止められた映画部の時も動き出す。というところが見所です。アクションシーンにはかなりの時間を割き、役者も自分の身を削りながらも頑張りました。

ニュースウォーカー1014放送「須坂きのこ展」.MXF

10月14日放送のSTVニュースウォーカーから、須坂市のイベント「須坂きのこ展」をご紹介します。キノコ狩りの注意点は?!

わがまちの風景【西宮市段上町】

わたしたちの住むまちの風景を音楽とともにお届けします。

ボウリングアカデミー#7

「ボウリング」は近年、運動不足の解消に効果的で自分の体力にあわせて続けられることなどから、男女・年齢を問わず気軽に楽しめる『健康スポーツ』としても注目されています。この番組では、ボウリングをよりいっそう楽しめるよう、ボウリングの楽しさをお伝えします!「めざせ!ボウリングヒーロー」では立山グランドボウルで対決!「ボウリング座学」は「ターゲットライン」についてをご紹介します!

ほっとあーと ガラス作家 森康一朗

富山で活躍するアーティストを紹介しています

A Story From Concord

ConcordAcademy FilmProgram Yohtaro Abe 制作作品 僕の高校がある街の出来事。白黒・無声映画です。

C035 心の思い出

eiga worldcup2016 地域部門出品作品 愛知県立旭丘高等学校 映画制作部 南海トラフが発生してから、8年後の物語です。故郷はなくなってしまっても、心の中にある。誇りである田舎の自然の素晴らしさをお楽しみください。

ブラインド シンクロクラブ ~いつか白鳥になる~(ダイジェスト)

横浜ケーブルビジョン:制作 第43回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード コンペティション部門奨励賞 【番組概要】 2016年4月、視覚障がい者のみなさんが中心となったシンクロナイズドスイミングクラブが旭区にある神奈川県ライトセンターで立ち上がりました。 シンクロの醍醐味は振りをあわせること。メンバーが演技を成功させるためには音だけがたよりです。そんな状況の中、11月の発表の成功を信じ、練習を続けるメンバーの7か月間に迫りました。「もっと右」「向きが反対!」などプールに響く指導者の声に自分の感覚を磨いていくメンバー。少しずつ増えていく振付を習得しながら、高度な技にもチャレンジしていきます。すべての振付が完成したのはなんと「発表の1週間前」。不安を抱えながらも成功を信じ、本番直前まで練習を続けられました。そして迎えた本番・・。決してすべてがうまくいったわけではないけれど、メンバーの気持ちが一つになった瞬間、1羽の白鳥が飛び立つ姿が見えました。 【審査員コメント】 ユニークな題材。視覚障害を持つ主婦がシンクロに挑み発表会に向かう映像だが、軽やかに作られていて方が凝らない作品。さりげなく失明の心理、人生を描き、でも楽しんでいることを伝えていて、感情移入してしまった。発表会の成功を祈っていたが、フォーメーションなどあまり成功とは言えなかったかも知れないが、一羽の白鳥が飛び立つ姿が見えたというナレーション、皆頑張ったという感じですっと受け入れら、面白い作品だと思った。