J:COM

【2016夏・高校野球 埼玉大会 チーム紹介】川越工業高等学校

提供元:J:COM

お気に入り
  • facebook
  • twitter
  • google plus
  • LINE
番組紹介

埼玉県立川越工業高等学校野球部。昭和21年に創部。公立高校ながら過去2度の甲子園出場を果たした実績を持ち、昭和48年には全国ベスト4にまで進出しました。3年生が主体で経験豊富な上級生が引っ張り走攻守共にバランスの取れたチームです。今年のスローガンは「全力意識」常に全力でプレーします。

シリーズ/関連動画

この動画には関連動画があります、他も見てみませんか?

【高校野球2017夏 東東京大会 チーム紹介】日本ウェルネス高等学校

板橋区成増に本部を構える日本ウェルネス高等学校は、 全国にキャンパスを持つ通信制の高校です。 清瀬市にある野球部の練習グラウンドでは、 84人の部員が練習に励んでいます。 夏の大会に備え、連携プレーなどの細かい動作の指導にも 力を入れて指導しています。

【高校野球2016夏 西東京大会 チーム紹介】都立町田工業高等学校

選手は少ないですが、日々の練習を頑張っています。昨年まで他校との合同チームでの出場でしたが、今年は新1年生が入り、単独チームでの出場となります。まずは、1勝を目指しチーム一丸頑張ります。

【2016夏・高校野球 埼玉大会 チーム紹介】浦和学院高等学校

浦和学院高等学校野球部が目指すのは常に「優勝」の2文字。強豪校、浦和学院とあって、レギュラー枠を狙える1年生部員がいる今年のチームです。その存在がチームに刺激を与え、全体のレベルアップへとつながっています。

【高校野球2017夏 東東京大会 チーム紹介】東京実業高等学校

東京実業高校の野球部員数はマネージャーを含め総勢115名という大所帯。 この人数でもチームワークが良く練習では全員が大きな声を出し、 お互いのプレーを良く見て声を掛け合っている姿が印象に残ります。 昨年度大会は2回戦敗退でしたが今年はチームワークを活かした 全員野球で甲子園出場を狙います。

第100回全国高等学校野球選手権記念東千葉・西千葉大会 出場校紹介動画 千葉英和高校

千葉英和高校野球部は、おととしの秋の大会で強豪木更津総合高校に勝利し、ベスト8まで進出しました、 現在は、順調な仕上がりを見せている投手陣を中心に、夏の大会に向けて日々練習に励んでいます。

私立輝女学園KAGAJO.COM第1回

スターダストプロモーション芸能3部×J:COM女優育成プロジェクト「私立輝女学園」。第1回の授業はインプロ(即興劇)。即興力を鍛え、本番に強い女優を目指します!

編集チームおすすめ

平成30年7月豪雨 義援金募集のお知らせ

ご支援・ご協力をお願いします。

ランキング

ボウリングアカデミー#3

「ボウリング」は近年、運動不足の解消に効果的で自分の体力にあわせて続けられることなどから、男女・年齢を問わず気軽に楽しめる『健康スポーツ』としても注目されています。この番組では、ボウリングをよりいっそう楽しめるよう、ボウリングの楽しさをお伝えします!コーナー「めざせ!ボウリングヒーロー」は初級編[3]ストライク・スペアアングルをレクチャー!コーナー「ボウリング座学」では「ゴールドピン」についてご紹介します!

それいけ爆釣中!vol.58

平成30年2月放送「10匹釣るまで帰れまテン編」 毎年魚が釣れないこの時期に…10匹釣るまで帰れない企画を提案してきた男。 にも関わらずバラしまくる…。 そしてもう一人の男は役に立たない…。 大寒波が押し寄せ雪が降る中での実釣となった今回、果たして無事に家に帰れるのか!?

J021 CRIMISONAL

共立女子中学高等学校映画部 制作 とある女子校で起きた不可解な事件。それを解決するためにミステリー研究部が動き出す。事件解決が難航していくが、彼女達は果たして真実を見抜くことができるのか!?最後の3分、あなたの予想は裏切られる・・・

第99回全国高等学校野球選手権千葉大会出場校紹介動画「秀明八千代高校」

秀明八千代高校野球部は、マネージャーを含めて31人。 攻める姿勢を忘れず、消極的にならず、まずはしっかり守って試合を作り、 チャンスを活かして得点に繋げられるよう、日々練習に励んでいます。 チームをまとめるのは、セカンドを守る太田智之選手。 普段は温厚で優しい人柄の太田選手ですが、グランドでは大きな声を出し 仲間を盛り上げチームの士気を高めます。 甲子園出場を目指し、一戦必勝でのぞむ夏の大会。 最後まであきらめず全力疾走で挑みます。

【高校野球2017夏 神奈川大会 チーム紹介】新栄高等学校(横浜市都筑区)

新栄高等学校(横浜市都筑区) スローガン・意気込み「切磋琢磨」

あなたにおすすめ

【高校野球2017夏 西東京大会 チーム紹介】都立成瀬高等学校

都立成瀬高校は、部員27名が牧野監督指導の下、練習に励んでいます。 チームのために心を一つにして戦おうというスローガンを掲げ、試合に挑みます。 エース加藤選手を中心に試合を組み立て、どこからでも点が狙える打線で勝負! 開校40周年の節目の年。成瀬高校は昨年の3回戦を上回る勝利を目指します。

第100回全国高等学校野球選手権記念東千葉・西千葉大会 出場校紹介動画 県立千葉北高校

部員31人が一丸となって活動する県立千葉北高校野球部。今年のレギュラーメンバーは昨年から1軍として活躍する選手が多く、試合経験の豊富さが特長です。「凡事徹底」を合言葉として、目指すはベスト16。全てに徹底したプレーを心がけてシード校を倒せるよう意気込んでいます。

「高校球児の夏2018」千代田区立九段中等教育学校

千代田区九段北の千代田区立九段中等教育学校は中高一貫6年制の学校。チームの結束力はどこにも負けない!今年の中心選手3人、女子マネージャーを紹介します。

太陽生命ウィメンズセブンズシリーズ2018秋田大会【#30-34】

5月27日にあきぎんスタジアム(秋田県秋田市)で開催された、今シーズン2戦目となる秋田大会の#30-34試合の模様をお届けします。

【高校野球2017夏 西東京大会 チーム紹介】都立小平高等学校

小平市仲町にある都立小平高等学校。 野球部員数は、1年生12人、2年生26人、 3年生12人、マネージャー4人の、合計54人です。 チームの雰囲気は、とても明るく、全体がよくまとまっています。選手皆が大きな声を出して積極的に練習に参加しています。

ピックアップ

STVニュースウォーカー0915放送「100歳を迎えるご長寿さんは13人」

9月15日放送のSTVニュースウォーカーから、須坂市長がご長寿さん宅へお祝いの訪問した様子をご紹介します。

ほんでミーゴ@Kパラnext 2017年12月7日

岩井・澤井の2人が県内のいろいろな場所を散策しながら、『ほんでミーゴ』を合言葉に皆さんに街のこと、人のことを根掘り葉掘り聞いちゃいます。今回は京都府相楽郡精華町を歩いています。

第100回全国高等学校野球選手権記念東千葉・西千葉大会 出場校紹介動画 芝浦工業大學柏高等学校

現在37人が所属する私立 芝浦工業大學柏高校野球部。今年のチームの特徴は守備面ではセンターラインを中心にミスをなくすよう徹底し、攻撃面では上位打線できっちり得点につなげていくことを目標に日々練習に励んでいます。去年の夏は初戦敗退でしたが今年は「覆せ」をスローガンに掲げ、選手個人の壁やチームの壁を覆し、悲願の4回戦進出を目指します。

【2016夏・高校野球 埼玉大会 チーム紹介】本庄東高等学校

本庄東高等学校野球部は1965年に設立され、現在は83人が所属しています。限られたスペースで効率的に練習を行うため、自分たちで毎日練習メニューを決めて取り組んでいます。意見を積極的に出し合う「心のキャッチボール」をモットーに練習に励んでいます。

第100回全国高等学校野球選手権記念東千葉・西千葉大会 出場校紹介動画 関宿・清水・流山・船橋豊富連合チーム

野田市の関宿高校・清水高校、流山市の流山高校、そして船橋市の船橋豊富高校の4校で今年の夏の大会を戦い抜く合同チーム。今年の春から週末を中心に合同での練習をスタートし、徐々にチームワークも高まってきています。「一球へのこだわり」を強く持ち、一球一球大切にプレーして勝利をつかみに行きます。

どーでもネタ百科 第51回 加古川の市章は「かっこ川」?

どうでもいいけど何か気になる・・・街にあふれるそんな話題を徹底取材!明日からすぐに使える「話のネタ」をご提供します。

【高校野球2018夏 東東京大会 チーム紹介】都立鷺宮高等学校

昭和43年創部の都立鷺宮高等学校野球部。現在、部員数は、マネージャーを含む、34人が所属しています。大会成績は、去年夏の大会で3回戦進出。今年のモットーは、「目の前の試合に全力を尽くす」です。就任3年目を迎える杉山真司監督のもと、鷺高ナインは、夏の大会に向け、日々練習に励んでいます。

【高校野球 2017夏 東東京大会チーム紹介】芝高等学校

人数は少ないながらも、その分、選手同士の深い絆を養いながら1年間練習に励んできました。 1年生の時からずっとスコアラーやサードコーチなど、 主に裏方としてチームに貢献してきた吉岡選手が今年、春の大会で初めてのレギュラーを獲得。 現在、夏の大会に向けレギュラー争いをしています。

J067 IRIDESCENT

神奈川県立大磯高等学校SF研究部 制作 噛み合わない10代の気持ちを過激に描きました。

2017となみ野の風景「相倉合掌造り集落の田植え」

春の世界遺産相倉合掌造り集落は緑一色につつまれます。世界遺産の景観を維持しようと棚田の保全活動が行われています。田植えは昔ながらの手植えで機械を一切使わず行われました。子供から大人まで大自然の中、農業の苦労や喜びを体験し、集落には賑やかな声が響いていました。(2017年5月)